三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7年目を迎えた被災地
平成29年3月11日。
東日本大震災の発生から丸6年が経過。
7年目を迎えました。

今も仮設住宅で生活している人がいます。
仮設の商店街もあります。行方不明者もいます。

仮設商店街はこの春で終わりとなります。
災害公営住宅が全て完成し、移り住んでいます。
防災集団移転の為、山を切り崩して工事が行われています。

商店街は本設へ向けて建設中で、4月の完成予定。
防潮堤は全て完成してはいません。
残った仮設住宅は集約される予定となっています。

被災された方々それぞれの心の復興…。
震災からの復旧、そして復興…。活気を取り戻す街の復興…。
復興するまで、まだまだ時間が必要です。

人口が減少した今。
観光客も減少している今。
全国に被災地の現状が報道されなくなった今。

それでも遠方から訪れてくださる旅行客、
かつてボランティアで関わってくださった方、
被災地を気にかけて実際に足を運ばれている方、
三陸鉄道へ乗車したいというお客様、
もちろん地元の利用客など、様々な方が訪れる駅、
それが三陸鉄道盛駅です。
お越しくださり、本当にありがとうございます。
そして、ご利用ありがとうございました。

この日、大船渡市民文化会館リアスホールの大ホールにて、
東日本大震災六周年大船渡市犠牲者追悼式が開催されました。


献花をしてきました。

あれから6年、思うことが多いです。

これから先、どのような街になっていくのか、
それぞれの課題をどのように解決していくのか、
本当の意味での街の復興、それぞれの復興を目指して…。

<洞雲寺の東日本大震災犠牲者供養塔>


平成24年3月吉日に建立。
観音様の高さが津波の高さと言われています。


<津波記念碑>
観音様の横にあります。
「平成二十三年三月十一日十四時四十六分、
マグニチュード九の巨大地震が発生。
大船渡市には、八メートル超の大津波が押し寄せ、
犠牲者三百四十名、行方不明者八十四名、
建物被害三千六百軒以上の大災害がもたらされた。
此の歴史的大災害から得た多くの教訓を忘れることなく、
後世に伝えていかなければならない。」
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://santetsufureai.blog.fc2.com/tb.php/1361-40a010a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。