三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふれあいノート -2017年2月-
三陸鉄道南リアス線盛駅には
『ふれあいノート』があります。
震災の年から置いていて、現在は6冊目になります。

東北旅の想い出・大船渡の印象、
盛駅の様子や三陸鉄道への応援メッセージ、
被災地の現状など、ご感想でもお気軽にお書きください。
絵を描いてもよいですよ♪ご自由にどうぞ!

それでは、2017年2月の書き込みで
印象に残った内容をご紹介します。

-------------------

「大船渡市に行政視察に青森から来ました。
インフルエンザ予防接種の助成のことで
お話を聞きたくて電車乗り継ぎ乗り継ぎ―。
三陸鉄道のひな飾り、心配りには感動しました。
でも、まだまだ復旧復興の道のりの長いことを思い、
胸が痛みました。
私も一日一日を大切に生きようと改めて思います。
ホテルに1泊しました。近隣の部屋から咳が
きこえて恐らく作業員さんなのか―?
現場で働いておられる方々の健康管理も
大丈夫なのか?と色々考えてしまいました。
地域の皆さまのご健康お祈り申し上げます。」


「山梨から来ました。」

「東京から、岩手の芸能を習いに来ました。
ここで自転車とカラオケのおじさんに会いました。
滞在中に遊びに行こうかな。
良き日々になるといいです。
よろしくおねがいします。」


「学校から歩いて来た。俺!!!」

「バレンタインデーに三鉄の平日1日フリー乗車券を
かったらチョコレートをもらったらうれしかったです。
三鉄はやっぱりサイコーですよ♡
チョコレートは50げんていです♡」


「三陸の復興の様子を見るために参りました。
道中では、ここでの美味しいものを
たくさん頂いて帰ろうと思います。」


「明日は登校日!後輩にあえるー。ワーイ×2
でも3月1日は卒業式。1年に1回のはれ舞台だから
きちっと決めないと…。返事ちゃんとしなきゃなー。
絶対泣くー。」


「リアスホールで「銀河鉄道の夜」を上演するために
大船渡に来ました。劇団として3回目、個人的には
5回目の大船渡でした。これから釜石経由で花巻に
寄って帰ります。また来るぞー!」


-------------------

来客数もですが、書き込みされた方が少なくなってしまいました。
寂しいですが、それでも遠方から訪れて頂いていた
お客様がいるということが、とても嬉しく感じております。
三陸鉄道へのご乗車、ありがとうございました!

拝見すると、行政視察で青森県から来られた方、
山梨県からのお客様、東京から芸能を習いに来られた方、
三鉄盛駅バレンタインデーの企画を楽しまれた方、
地元の高校生、演劇出演者の方と、
様々なお客様が『ふれあいノート』へ記入されています♪

ノートへの書き込みは、ご自身の行動記録でもあります。

三陸鉄道に乗車したくてお越しいただいた方、
被災地の大船渡を気にかけて訪れた方、
ボランティア活動をされた地として再び立ち寄られた方、
旅行や観光で来駅された方、そして地元の方々、
ご利用ありがとうございました。

テレビでは被災地の報道はありません。
県外から被災地の状態を知るのが難しいのが現状です。
どこまで復旧・復興が進んでいるのか知りたい方は、
実際に被災地へ訪れてご自身の目で確認されることが
一番だと思います。そして、6年目になろうとしている
今を知って頂きたいです。

震災からの復興は進んでいるのかもしれません。
しかし、心の復興・本当の意味での街の復興はまだまだです。
人口が減少し、観光客も減少となると、厳しい現実となってしまいます。
少しでも交流人口を増やし、震災のことを忘れず
被災地へ訪れて頂きたいです。いつでもお気軽にお越しください。

被災地へ訪れるだけでも経済が動きますので、
街の復興のお手伝いにも繋がります。
地元の方と交流することで「旅の思い出」にもなります。
観光先・旅行先として、三陸鉄道へ乗車しながら
岩手県の魅力をいっぱい満喫してほしいと思います。


三陸鉄道は平成25年4月に一部の区間で運行を再開しました。
平成26年4月には北リアス線・南リアス線ともに復旧し、
全線で運行を再開することができました。
車両はクウェート国からのご支援により、
新潟トランシスで製造され、
南リアス線には新型車両4両が届きました。
心から感謝申し上げます。
震災後の運休状態から全線で運行再開したことで、
『復興のシンボル』といわれています。

吉浜湾の美しい絶景ポイント、被災地の現状、
車からとは違う視点から様々な景色をご覧になれます。

【吉浜湾】


吉浜駅-唐丹駅の間になります。
晴れた天候の良い日、青い空と青い海、キレイな水平線♪
広がる大自然の風景や半島の地形、港など一望できます。

そして、三陸鉄道南リアス線といえば『恋し浜駅』です!


ここは全国で4つだけ【恋】の文字がある駅の一つ!
恋愛のパワースポットになっています。
待合室には【ホタテ絵馬】が奉納されており、
現在は3万枚以上もあります!


待合室に『ホタテ絵馬』がありますので、
訪れた際に願い事を書くこともできます!


ひと鐘鳴らせば幸せが訪れると言われている
『幸せの鐘』もあります♪


ホームからの眺めはこんな感じ!


三陸鉄道南リアス線へご乗車の際は、ぜひ『恋し浜駅』へ!

三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際は旅の思い出を
『ふれあいノート』に書き残してみましょう!
その月ごとに印象に残った内容をご紹介しています。
現在の気持ち、感じたことなど、お気軽にどうぞ!
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://santetsufureai.blog.fc2.com/tb.php/1360-84aee2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。