三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第40回 三鉄 駅からウォーク
11月19日の土曜日。
この日『第40回 三鉄 駅からウォーク』を開催しました。
参加費は600円で保険料と往復乗車券代になります。
今回は17名が参加されました。ありがとうございました!

このイベントの目的は、
沿線の史跡を巡って地元の魅力を再発見すること。
歩いて体を動かす健康増進。そして三陸鉄道の利用促進などです。

今年度は年間に開催する「駅からウォーク」で、
8回以上参加された方に完歩証の表彰を行い、贈呈品を差し上げます。
(年間完歩証チャレンジ実施中!)
今回は【三陸駅】からウォーキングします。
コースは当初の予定を少し変更し、
泊の六地蔵・未音崎湾望台を散策してきました!

三陸大王杉は道路が工事中により
行くことができなくなっていました。


≪三陸大王杉≫
駅から徒歩5分。
大船渡市指定の天然記念物であり、
樹齢約数千年といわれています。
越喜来地区の成立と歴史を見てきた生き証人であり、
地区のシンボルとして存在。
落雷により損傷しながらも修復を受け続け、
八幡神社の境内で大切に守られています。
その場所は神聖な雰囲気が感じられます。

9時13分に盛駅を出発する三陸鉄道へ乗車。
三陸駅には9時42分に到着しました。


駅前広場にて休憩・準備体操後、
9時55分にウォーキング開始!

天気予報では午前の降水確率が50%。
10時頃から降り出す予報にはなっていました。

駅前からガードを通って新山神社前を通過し、
小枝柿の原木といわれている柿の木を眺めながら、
泊地区にある六地蔵を目指して歩き始めた10時30分頃、
雨がポツリポツリと降ってきました。
天気予報通りだなと覚悟はしましたが、
雨はすぐに止みましたので、よかったです。


秋の終わりから冬にかけての
寒い時期に咲く花『サザンカ』がキレイですね♪


途中で薪を見かけました。薪ストーブ用ですかね。
もう季節は冬…だいぶ寒くなってきました。


木造で出来た『結の橋』があり、渡ってみました。


歩くことで植物の季節の移り変わりを感じることができます。
また、石碑や神社・お寺など様々な発見もあります。
体を動かして健康を目指しながら楽しくウォ―キングしています♪


泊地区ある『六地蔵』に到着しました。
周辺の民家は津波で流されましたが、
六地蔵には被害なく無事にありました。

次に向かった先は『未音崎(みねざき)湾望台』です。


越喜来湾を見下ろす高台に、石碑が一つ置かれています。
もともとは、津波で今も行方が分からない方の両親が、
娘をしのび別れ場所に置いたものです。

≪未音崎湾望台≫
越喜来湾を一望できる場所に「未音崎湾望台」が
2015年に完成。越喜来地区の新しい観光スポットです。
東日本大震災の犠牲者(北里大学の犠牲者も含め)
90名への鎮魂・祈りの場所。そして、
この地を訪れた方にステキな越喜来湾を
眺めて頂けるようにと設けられました。
慰霊塔もあります。

祈りなどが書かれた石が備えてありました。


ここで少し休憩をとり、
『未音岩(みおといわ)』の前で記念の集合写真を撮影!


≪未音岩≫
大きい岩が約12トン小さい方が6トンあります。
この公園から泊方面に約300m行った処の海岸にあった
巨岩の一部を運んで設置されました。
巨岩から7~8mの海面には亀石があり、
岸の巨岩の割れ目には二本の松が寄り添って
生えていて、地元では夫婦松と呼び、
大変親しまれていました。
東日本大震災の津波により岩の割れ目が広がり、
二本の松とも生き残れませんでした。
巨岩は防潮堤用地内にあったため、砕いて取り除くこととなり、
地域では巨岩と夫婦松を偲び、巨岩の一部を運び、
夫婦松の替わりに未音岩(夫婦松)として設置しました。

『三陸大王杉』は工事中で行くことが出来ないし、
雨の心配もありましたので、予定を早めて、
11時23分に三陸駅を出発する列車へ
乗車することに変更し、三陸駅を目指して歩きました。

三陸駅へ到着すると、
職員の方から『柿の葉茶』のサービスが…!
お心遣いありがとうございました!

11月6日(日)に三陸駅のホームへ設置された
名物『柿のれん』を眺めながら、三陸鉄道へ乗車。


≪ころ柿の柿のれん≫
冬の訪れを告げる風物詩。大船渡市観光物産協会が主催し、
三陸直売組合、三陸鉄道南リアス線運行部が協力して
3000個のころ柿を設置。一か月後に回収されるとのこと。
元旦の特別列車『初日の出号』で振る舞われる予定。
ころ柿には触れずに美味しくなるよう見守ってくださいね!


盛駅には11時50分に到着し、
『第40回 三鉄 駅からウォーク』は終了となりました。
すると、本格的に雨が降り出してきました。
ご参加ありがとうございました。

次回の開催をご案内します。

『第41回 三鉄 駅からウォーク』
<期日>
12月10日(土)
<集合>
8時30分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時13分盛駅発~平田駅~15時25分盛駅着
<参加費>
1,050円(保険料・往復乗車券代)
※入館料500円は別料金
<持ち物>
弁当・飲み物
<申込締切>
12/7(水) ※事前のお申込みが必要
<内容>
沿線の史跡巡り!地元の魅力再発見!健康増進!
【平田駅】釜石大観音を散策(約6km)
≪釜石大観音≫
1970年(昭和45年)4月に
釜石市内の施主、明峰山石応禅寺(曹洞宗)によって
大平町鎌崎半島に建立されました。
その趣旨は観世音菩薩の慈愛により幽界で
迷い苦しめる霊魂に光明を与え菩提に導くこと、
並びに現世に生きる人々を苦悩から
救済することを主願とし、幽明両界の平和を
祈念する観音様です。
----
像高:48.5m
本尊:長谷川 昂 制作
棟梁:故 大野 力蔵
発願主:石応禅寺十七世 雲汀晴朗
落慶:1970年・昭和45年4月8日


<主催・お申込み先・お問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://santetsufureai.blog.fc2.com/tb.php/1329-5359391d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。