三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふれあいノート -2016年9月-
三陸鉄道南リアス線盛駅には『ふれあいノート』があります。
震災の年からノートを設置。現在は6冊目となっています。

東北旅の想い出・大船渡の印象や感想、
盛駅の様子や三陸鉄道への応援メッセージ、
被災地の現状など、お気軽にお書きください。
絵を描いても良いですよ♪ご自由にどうぞ!

それでは、2016年9月に書き込まれて
印象に残った内容をご紹介します。


-------------

「大阪からチャリンコで来ました(約1300km)
駅員である素敵なお姉様達とおしゃべり…
さんてつを利用した訳でもないのに、
とても良くしてくださり本当にありがとうございました。
ちょっと北海道まで行ってきやす!!」


「東日本震災により鉄道が再建されず
道路バス路線になっている所をみて
がんがいにふける、現実を知る、
これからこの辺のトレイルを経験する。
八戸山友会一行27名」


「海上自衛隊砕氷艦「しらせ」入港 機関科ディーゼル員」

「愛知県岡崎市から来ました。
三陸鉄道開通日乗車していらいです。
26年勤めた会社を止め、一人旅の途中です。」


「北海道からきました。新幹線にのってきました。
はじめてみる復興の姿に心が動きました。
あれから5年。時はすぎたんですね。
これからの街の活性化を切に切に望みます。」


「鹿児島市から3年連続してきました。BRTが15:36着の予定が
15:47着となり、釜石行きに、手を振って見送る事になり、
またまた予定変更です。今晩は陸前高田に宿泊予定なので
16:50発で釜石に行くと折り返しの高田着が20:05となる為、
今回は釜石行は断念です。
ひょっとすると明朝、決行するかも知れません。残念です。
嵩上げ地があちこちで見られる被災地、ダンプの往来まだまだ
復興には、この現実は、目で確認しないと決してわかりません。」


「彼氏が帰ってしまいました。(えーん)悲しいです。
でも今度の10月の東高祭くるとかなんとか…。
やったーーーーーー。今度の赤崎の復興市は11月
はやくこいこい11月♪」


「青森市から来ました。
雨、台風、また水害が。天気がいい時来たかった。」


「東京都からゼミ合宿で来ました。
台風の影響で三陸鉄道で遠回りしたのですが、
むしろ乗れてよかったです。津波や水害の被害を
目のあたりにして想像を超えていて驚きましたが、
いい経験になりました。」


「今日は丸森まで走って疲れた。リア充がサンリアに
集まって来たので、後で見返してやります。彼女募集中です。」


「今日もたくさん走った。ベジタブルな一日であった。
東高祭待ってます。Kさんの彼女様、僕と付き合ってください。」


「エタドス駅メモ部、記念カキコ。旋風の酔っ払い」

「地球は丸かった。」

「大沢桃子バンザイ」

「愛知学院大学5代目(AGUボランティアセンター)
東北で学んだことを、日進、長久手、部員それぞれの
地元の防災・減災に少しでも活かせるように!!!」


「広島から来ました。」

「また来ました。先週よりは天気いい。
平和な町でも津波があったんですよね。」


「北海道より、鹿児島からの復路で立ち寄りました。」

「北海道千歳市から来ました。
三陸鉄道南リアス線で釜石まで行って帰ってきます。
昨日は北リアス線で宮古⇔久慈往復したよ。
2年前にも来たけど、だいぶ建物が増えた感じがします。」




「埼玉から来ました。毎年必ず1回、来てますが、
来る度、新しい場所へ行き、新しい発見をさせてもらってます。
大震災で、大変な事となり、数年の年月がすぎても、
まだまだ傷はいえてないと思います。1人の岩手ファンとして
ほんの少ししか、力になれませんが、これからも足を運びたいと
思います。!!ガンバレ岩手!ガンバレ東北!」


「川崎から友人3人と来ました。
三陸鉄道にやっと乗れて嬉しいです!
その中で千葉からきた1人です。
初めて三陸鉄道に乗って色んな景色を
見ることができました!また来たいです^v^
その中の最後の1人で新潟市出身です。
ずっと来てみたいと思っていたので、
1つの夢が実現しました。
ここで素敵な思い出づくりができました!!
ありがとうございます★
VAMOS 東京工業大学バドミントンサークル」


「今日は典人会の就職試験です。頑張ります。
受かりますように…☆これで受かれば4月から社会人です。
受かりますように…☆(←またかいてる!!)
ではこのへんで」


「じーじ7人組奈良~9/25~27迄東北の旅」

「楽しい1時間の三鉄旅ができました。
ありがとうございました。この駅の待ち合い室ステキです。
これからも地域に根ざしたあたたかい場所でいてください。」


「5年分りに盛に来ました。いくらかかわっておりました。」





-------------

9月といえば暑いながらも少しずつ寒くなりだした頃ですね。
台風が多く発生して岩手県内で台風被害もありました。

今回は、大阪から自転車で旅をされている方、
青森県八戸市の八戸山友会一行、
南極観測船『しらせ』の乗組員、
愛知県の方の一人旅、北海道からのお客様、
鹿児島県から3年連続訪れている方、
青森県からのお客様、東京都からゼミ合宿で訪れた方、
愛知学院大学の方、広島県からのお客様、
北海道千歳市から2年前にも訪れていた方、
毎年1回訪れている埼玉県の方、
東京工業大学のバドミントンサークルの方、
奈良県からお越しのお客様、
千葉県から楽しい三鉄旅を満喫された方など、
たくさんの方から書き込みして頂きました。
ご記入ありがとうございました!

三陸鉄道盛駅の印象や被災地への
応援メッセージもありがとうございます。
皆様の旅のお役に立てていれば嬉しいです。

今回は大胆に絵を描かれている方もおりましたね♪

あの日から5年7ヶ月が経過しようとしています。
浸水地は嵩上げされて新しい道路も作られています。
海沿いでは新しい防潮堤が建設され始め、
高台には災害公営住宅が建ち始めました。
それでも仮設住宅も仮設商店街も存在しています。
まだまだ復旧・復興工事が続いています。
ダンプカーも重機も多く見られます。

今ではテレビで被災地の様子が報道されなくなり、
被災地の現状を知ることが難しくなりました。
ノートに記入されている内容にもありましたが、
どこまで復興したのかを知る為には
実際に足を運ぶことが一番です。

そして、ご自身の目で復興の様子、
復旧工事の進捗具合をご覧になってほしいと思います。

また被災地へ来て頂くだけでも経済がまわりますので、
復興のお手伝いにもなりますし、観光として旅行先として
訪れてみてはいかがでしょうか。
だいぶ寒くなりました。これから紅葉の季節になります♪

三陸鉄道は平成25年4月に一部の区間で運行を再開しました。
平成26年4月には北リアス線・南リアス線ともに復旧し、
全線で運行を再開することができました。
車両はクウェート国からのご支援により、
新潟トランシスで製造され、新型車両4両が届きました。
心から感謝申し上げます。
震災後の運休状態から全線で運行を再開したことで、
『復興のシンボル』といわれています。
三陸鉄道は高架を走行しています。車窓からの眺めは絶品!
街の様子を一望することができます。

オススメは『吉浜湾』です!吉浜駅-唐丹駅の間にあります。
晴れた天候の良い日、青い空と青い海、キレイな水平線♪
広がる大自然の風景や半島の地形、港も御覧になれます。


旅の思い出を『ふれあいノート』に書き残してみませんか?
今現在の気持ちを表現してみるのも良いですね♪

毎月、印象に残った内容をご紹介しています。
三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際はお気軽にどうぞ!
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://santetsufureai.blog.fc2.com/tb.php/1308-e3d52635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。