三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The North Journey 2016 さらば屋台村:2日目(最終日)
11月5日、6日の2日間。盛駅前では開催5回目になる
『The North Journey 2016 さらば屋台村』が行われました。
主催はアルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト

地元ミュージシャンも含め、約70組100名による無料ライブが
大船渡市を中心とした各地(一部は住田町)で開催されました!

<11月5日(土):ライブ会場>
大船渡屋台村    11~20時
盛駅前/MINT HOUSE 12~17時
寿限無亭      12~17時
川原アパート    13~18時
Sumita Clutch    14~18時

<11月6日(日):ライブ会場>
大船渡屋台村     11~20時
盛駅前/MINT HOUSE   11~15時
川原アパート     12~16時
ハウルの船      11~13時
恋し浜ホタテデッキ  12~15時

<フェスティバルトレイン>
【ライブ列車】6日:10時25分盛駅発~釜石駅折返し~12時30分盛駅着

それでは、2日目の最終日『盛駅前会場』の様子を報告します!

10時25分から12時30分まで、
『フェスティバルトレイン(ライブ列車)』へ乗車した為、
イベント列車到着後の盛駅会場の様子をご報告します。


司会は『ありんす』こと『岩見たかし』さんと『安蒜友昭』さんのお二人。
11時から始まりましたが朝から風が強く、寒い日となりました。


盛駅前では昨日に続き、地元NPO団体『さんさんの会』
沖縄産の料理やお菓子を扱う『ゆいま~る』が、
体の温まる美味しいお食事が販売されました♪

<さんさんの会>


<ゆいま~る>


『MINT HOUSE』
MINTさんがリーダーとなり、11時~15時まで
ノースジャーニーのグッズ販売やバザー商品、
新登場オフィシャルグッズの
『NJリストバンド』など販売されていました。


『あーきぃ&フレンズ』さん
地元枠からの初参加!明るく楽しい楽曲を披露され、
自身のお店であるキッチンカー『ゆいま~る』の歌、
作詞された『オレンジの風』は、とても素敵な内容で、
手拍子も起こって大盛り上がり♪


『中村夫妻』さん
富山県からのミュージシャン!三味線と太鼓の2人組。
NJは2014年にも参加されていました。
三味線の音色、太鼓の響きに惹きこまれました♪


『岩見たかし』さん
2012年、2013年、2015年と参加され今回で4回目。
優しい歌声で爽やかに力強く歌われていました。
最後は亡くなった方への歌「CLOSE YOUR EYES」を悲しげに
歌い上げておりました。


『安蒜友昭』さん
2012年、2013年、2014年と参加して今回で4回目。
盛駅前会場で演奏されるのは3回目。久し振りの嬉しい再会。
自虐ネタMCを挟みつつ、ステキな歌声で哀愁たっぷりで
切なげに歌い上げ、爽やかかつパワフルな演奏は最高でした!


『yasunari』さん
ハイトーンで囁くように歌われていました♪
ステキな歌声、ステキな演奏で心地良かったです!


『濱守栄子』さん
大船渡出身で地元枠の出演者!
NJは2014年にも参加されていました。
濱守さんといえばこの2曲♪
「キセキ」「国道45号線」を演奏されました!
説得力のある歌詞や切ない旋律が心に刺さってきました。


『ななたけ』さん
この二人はご夫婦です。昨年に続いての出演!
今回もMINTHOUSEのスタッフとして活躍されていました。
元気に明るく軽快なリズムでギターとパーカッションを披露!
2曲目には鼻笛も登場!「ふるさと」を演奏され、
オカリナ風の不思議な音色でした♪
3曲目は鼻笛とギターで締めくくられました。


『並木一欣』さん
NJ1回目から毎回参加され、この日に行われた
『フェスティバルトレイン』にも演奏者として乗車!
盛駅前会場では2013年、2015年以来の3回目。
激しく勢いよくパワー溢れる演奏と気迫!
いい声で力強く熱唱されていました♪


『ゾン佐々木』さん
昨日も盛駅前会場で歌われた地元枠のミュージシャン!
力強く男らしく、そして突き刺さる歌詞と
ストレートな思いを感じる演奏でした♪


『かとうひろのすけ』さん
盛駅前会場PA担当かとうさんの登場!
かとうさんは先輩とともに風邪気味の声で演奏。


最後は『タカギィ』さん
昨日に続き再び登場…私です。
エアギター&エアヴォーカルの大道芸!
この日も最後の曲の途中で本物のギターが…!
それでもエアギターを披露!


<セットリスト>
Excuse Me While I Kill Myself
Neverlasting
End Of The Road

15時になり盛駅前会場は終了となりました。
音楽のある2日間が終り、今年も楽しかったなと思える
日々を過ごせました♪また来年も音楽が聞こえる癒しの空間、
そして交流など楽しみたいですね!


5年目という節目であり、今年度で拠点となっていた
『大船渡屋台村』が終了してしまいますが、
また来年も開催してほしいですね♪
盛駅前会場には地元の方や演奏を終えた
ミュージシャンなど約85名が集まりました。
出演者もお客様もご来場ありがとうございました!

最高に楽しい2日間、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!再びお会いしましょう♪
スポンサーサイト
フェスティバルトレイン(ライブ列車)
11月5日、6日の2日間。盛駅前では開催5回目になる
『The North Journey 2016 さらば屋台村』が行われました。
主催はアルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト

地元ミュージシャンも含め、約70組100名による無料ライブが
大船渡市を中心とした各地(一部は住田町)で開催。

11月6日(日)は三陸鉄道の車両を貸し切って
『フェスティバルトレイン(ライブ列車)』が運行されました!
その様子をご報告します。

<11月6日(日):最終日>

10時から盛駅待合室の中で受付が行われ、
チケットの販売が始まりました。1枚1000円。


昨年に続き今回も、三陸鉄道の一般車両を使用♪
クウェート国からの支援により導入された新型一般車両!

乗車人数は、演奏者とお客様で合計19名が参加。
盛駅を出発したのは10時25分。
この列車は釜石駅を折り返して戻ってきます。
司会は『工場見学』の松本さん。


『並木一欣』さん
毎年NJに参加され、盛駅前会場では
2013年、2015年に歌われていました。
フェスティバルトレインの中で歌うのは初。
揺れに耐えながら勢いよく力強く演奏され、
情熱的な歌を披露。手拍子がおこり大盛り上がり!
聴いてて元気になってきます♪
「雨の日のスキャット」も歌われました。


『恋し浜駅』に10時39分に到着。
ここで約3分間の停車になります。
「幸せの鐘」を鳴らされたり、
「ホタテ絵馬」の待合室を御覧になられたり。


ホームからの眺めはこんな感じです。


列車は釜石を向けて進みます♪
車窓からは被災地の現状を知ることができます。


『三陸駅』で3分間の停車。
この日は名物『ころ柿の柿のれん』
設置が行われていました。冬の訪れを告げる風物詩!
大船渡市観光物産協会が主催し、三陸直売組合、
三陸鉄道南リアス線運行部が協力して
3000個のころ柿を設置。一か月後に回収されるとのこと。
元旦の特別列車『初日の出号』で振る舞われる予定。
ころ柿には触れずに美味しくなるよう見守ってくださいね!


『stillwater』さん
2013年から毎年参加、今回で4回目。
フェスティバルトレインでの演奏は初。
「揺れている感じがスキーの感覚」
「線路が見えていて電車でGOの逆バージョンみたい」
など話されていました。
優しさ溢れる楽曲は、とても心地良かったです♪
「旅色の風」は美しい旋律で癒しの空間。
ハワイアンな雰囲気を感じ、心が和みました。
踊り出す参加者もおりました!


三陸鉄道南リアス線の絶景ポイント『吉浜湾』です!
水平線がキレイに見えています!


今回は運転士「キクチ」さんの紹介や歓談時間もある
ゆったりとしたフェスティバルトレイン♪
景色を堪能しながらステキな音楽を聴きながらの2時間の列車旅!

『平田駅』を通過する際「釜石大観音」が見えました!


11時16分『釜石駅』に到着!約9分間の停車。
ホームに降りて記念写真を撮影!
2012年の開催時はこの釜石も会場の1つでしたね。


釜石駅を折返し出発したのは11時25分。
司会は『MOGAMI』さんへ交代。


MOGAMIさんといえば毎年恒例の『ジャンケン大会』です!


7種類の景品をご用意!
旅の思い出になればということでいよいよ始まりました!
景品は「ワカメ汁ふのり入り」
「おおふなと夢商店街のお菓子の詰合せ」
「NJラバーバンド」「京浜しお雨ラムネ味」
「三鉄ポロシャツ」などなど!


今回も大盛況!とても賑やかで楽しいひと時でした!
景品獲得おめでとうございます♪


最後は『MOGAMI』さん
毎年参加されているミュージシャンです。
1曲目はNJのイメージソング的な存在
「岩手に行こう」を元気に演奏♪
岩手の地名が沢山登場する楽曲で明るく楽しい雰囲気!
手拍子であって大盛り上がり♪


再び『吉浜湾』の様子。


三陸駅に11時48分に到着して10分間の停車。
司会の『MOGAMI』さんは、
「トンネルを抜けるとリアスなので景色がいい」
「必ず加茂神社から被災地の様子を撮影して比べている。
復興はまだまだですが、整ってきた感じがする。」
「実際に来て交流人口を増やし、お金を落とす。
経済をまわすことが大切。」「沢山の思い出は対価!」
2012年の思い出話なども話されました。
とてもいい話、ありがとうございます!

車窓から見える景色として
『ど根性ポプラ』『津浪資料館の潮目』が見えました。

<ど根性ポプラ>
駅から徒歩3分の場所。東日本大震災の大津波に耐えて
生き残っている樹齢約80年のポプラの木。
この越喜来地区の新たなシンボルとなっています。


<津浪資料館 潮目>
駅から徒歩3分。津浪襲来時の様子を
時間経過と共に写した貴重な写真を展示。
建物の横には越喜来小学校にあった非常階段も展示。
校舎の2階から逃げる為に設置された階段で、
東日本大震災はこの階段を使って全校生徒と
先生方が避難し、無事に難を逃れました。
遊び場も設置されています。


ここで震災前の写真と現在を見比べました。


最後は「ジェファーソンホテル」を
切なく哀愁たっぷりに歌われました。


12時05分『恋し浜駅』へ到着。ここでも10分間の停車。


ホームから見える『恋し浜ホタテデッキ』の会場でも
ライブが行われます。


ホームからの眺め。


ライブが始まった様子!演奏者は『秋月牧』さんです♪


盛駅には12時30分に到着。終了となりました。


皆様、普段では味わえない動く列車の中での演奏、
列車内でのライブを楽しまれました。
そして、被災地の現状、復旧工事の様子など
三陸海岸の絶景とともに車窓からご覧になり、
旅の思い出に残るステキな時間を過ごされました。
『フェスティバルトレイン(ライブ列車)』
ご利用ありがとうございました!
The North Journey 2016 さらば屋台村:1日目
11月5日、6日の2日間。盛駅前では開催5回目になる
『The North Journey 2016 さらば屋台村』が行われました。
主催はアルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト

地元ミュージシャンも含め、約70組100名による無料ライブ
大船渡市を中心とした各地(一部は住田町)で開催されました!

<11月5日(土):ライブ会場>
大船渡屋台村    11~20時
盛駅前/MINT HOUSE 12~17時
寿限無亭      12~17時
川原アパート    13~18時
Sumita Clutch    14~18時


<11月6日(日):ライブ会場>
大船渡屋台村     11~20時
盛駅前/MINT HOUSE   11~15時
川原アパート     12~16時
ハウルの船      11~13時
恋し浜ホタテデッキ  12~15時


<フェスティバルトレイン>
【ライブ列車】6日:10時25分盛駅発~釜石駅折返し~12時30分盛駅着


それでは、1日目『盛駅前会場』の様子を報告します!


今年も司会は昨年に続き「工場見学」のお二人。
毎年、盛り上げて頂きありがとうございます!


『秋月牧』さん
5年連続5回目の参加!毎年ありがとうございます!
名曲を哀愁たっぷりにスイートな歌声で歌われ、
大人の渋くて落ち着いた雰囲気があり、
とってもステキな演奏でした!


『NEKO』さん
昨年も盛駅前会場で歌われていましたね♪
2年連続2回目の参加!優しい歌声で
ノリノリでムーディな、時にはしっとりと
ブルース調な曲も披露されていました!


『SoulFM』さん
3年連続3回目の参加!盛駅前会場は2回目。
キーボードでオリジナルの曲を爽やかに披露♪
また、もの悲しげで切ない曲や軽快な曲も!
最後の曲では手拍子もあって盛り上がりました♪


『MINAMI』さん
The North Journey初回開催時の盛駅会場の司会者!
2012年、2013年、そして今年と3回目の参加!
渋く優しく、でも言葉は力強く…。
情熱的かつパワフルに熱唱する姿はカッコよかったです!
ハーモニカも吹き、切ないギターの音色が心に響きました。


『小堀有美』さん
盛駅前会場は2013年以来でしょうか…。
NJの初回にも参加されている方。
今回は劇的で儚い印象の「もののけ姫」や、
喜怒哀楽を上手に表現しながらの「高原列車は行く」を披露!
歌声には優しさと強さを感じました♪


『田中エミリ』さん
盛駅前会場は3年連続3回目!
NJは4年連続4回目の参加!再会は嬉しいですね♪
自分の独特な世界を持っていて個性的な存在!
軽快でポップな曲調や絶叫する曲もあって、
賑やかな雰囲気になり、
記憶に残る歌詞の言葉に魅了されました♪


『MKB』さん
5年連続5回目の参加!
切ない哀愁メロディを響かせ、しっとりと歌われていました。
最後は力強くパワフルな楽曲を演奏!


『タカギィ』さん
4年連続4回目の参加…私です。
エアギター&エアヴォーカルの大道芸的な存在。
洋楽3曲を披露。飛び入り共演もありました!
最後の曲では本物のギターが途中から登場!


<セットリスト>
Fortuna~Back To Back
Hard Rock Hallelujah
Excuse Me While I Kill Myself

『MINT』さん
NJ開催1回目から毎年参加のミュージシャン!
盛駅前会場では「MINTHOUSE」も行っています。
美しくもステキな音を響かせていて最高でした♪
切なく哀愁を感じる楽曲を今年も演奏され、
しっとり聴かせる切ない楽曲、心地よかったです。


『ザ・チキンズ』さん
一昨年も昨年も盛駅前会場にて歌われたユニット!
爽やかポップな楽曲でコール&レスポンス!
会場は最高に大盛り上がり!その明るい楽曲で
踊り出すお客様も…!楽しかったですね~♪


『ごぢゃっぺFlattered』さん
歌い手&演奏者は毎回参加されていますが、この名前では初参加!
ジャズのセントルイス・ブルースを披露!
深みのある渋い歌声で艶やかに歌い上げ、
ギターやパーカッションのソロ演奏も!
最後は楽しい雰囲気で銀座カンカン娘を演奏!
一番印象に残り、とてもステキな存在でした!


『ゾン佐々木』さん
岩手県ミュージシャンの地元枠での参加!NJは初出場!
男らしく力強く怒鳴りながら歌われ、圧倒的な存在感!
時には叫びつつ吠えていました!
歌詞で伝える強い意思を感じ、心に響きました♪


『マジマロ』さん
NJには毎回参加されています!
懐メロの貴公子と紹介されています♪
岩手といえば「星影のワルツ」や
ボブディランの曲をカバーされていました!
優しい歌声でしっとり切なく哀愁漂う演奏は、
聴いていて心地良かったです。


『山口敦子』さん
NJには毎年参加!しっとりと大人の雰囲気!
美しい旋律で優しく丁寧に歌いあげ、心に響く
癒しの時間でありました♪最後はマンドリンが登場し、
魅力あるステキな音色を響かせていました!


『木下拓也』さん
3年連続3回目の参加!
力強い声と演奏で、哀愁あるハーモニカを吹き、
素直な気持ちを歌詞に載せてストレートに表現!
時には悲しく切なげに歌い上げ、情熱的に熱唱する場面も!
「飲んで食べて大船渡を満喫したい」と話されていました。


『吉田テツロー』さん
NJの1回目、2回目に参加!そして今回!
大人の雰囲気でしっとりと哀愁ある歌を披露♪
セリフもあって「歌いにくるでー」「いいよー」との
掛け合いも…!盛り上がりましたね♪


『UG&C』さん
2013年、2014年に続き3回目の参加!
優しい歌声と繊細かつ爽やかな演奏で、
切なく美しいハーモニーがステキでした♪
時には元気に歌われ、最後はドキュメンタリー映画で
話している曲、想いを込めて「ヘルプ」を披露。
とても心地よかったです!


『あけみ』さん
急きょ参加の地元枠。
この時間から陽が落ち暗くなってきました。
キャラクターのステッカーが可愛らしいです♪
「糸」を美しい歌声で伸びやかに歌われていました。


『前田直弥』さん
毎年参加の5年連続5回目!再会はとても嬉しいです♪
暗くなってきてもサングラス姿がカッコいい!
優しい歌声で伸びやかに気持ちよさそうに
元気よく力強く!爽やかな楽曲を演奏されていました!
最後は「50の歌」を披露!
「岩手に来て、歌って飲んで歌って飲んで…」と
エピソードも話されていました。


1日目の盛駅前会場最後の出演者登場!

『森偉蔵』さん
4年連続4回目の参加!
メッセージの強いストレートな思いを男らしく力強く表現され、
その渋い声とともに熱い歌を披露されていました!


12時からスタートした盛駅前会場の無料ライブですが、
合わせて『MINT HOUSE』も行われました。


MINTさんがリーダーとなって、
ノースジャーニーグッズ販売やバザー商品、
2016年度オフィシャルグッズ新登場の
『NJリストバンド』などを販売され、
盛駅前会場を盛り上げておりました。



盛駅前では、地元NPO団体『さんさんの会』
沖縄産販売の『ゆいま~る』『かめちゃんキッチンカー』も登場。
それぞれの美味しいお食事が楽しめました♪

<さんさんの会>


<ゆいま~る>


<かめちゃんキッチンカー>


盛駅前会場は17時30分頃、終了となりました。

音楽を通しての復興支援。全国からミュージシャンが集まり、
心の支援、被災地への経済的支援に感謝いたします。

毎年見ていると、参加ミュージシャン同士の再会や交流、
地元の方との交流も目的に開催されているのが分かります。

今回で5回目。2012年からの毎年恒例イベントになりました!
しかし、イベントの拠点としていた『大船渡屋台村』
今年度で終わりとなります。

被災地へ実際に足を運ぶことで、ご自身の目で復旧の様子
復興の進み具合を感じられることと思います。
報道されない事実が被災地の現場にあります。
まだまだ工事は続いていますし、これからも数年かかります。
仮設住宅や仮設商店街も存在しています。
参加されるミュージシャンそれぞれに思いがありますし、
1年前との違いや変化している大船渡を知って頂くことも大切です。

年々変わって行く現状を感じていただきながら、
ミュージシャンとして楽曲を演奏するその姿は心に響きます。
5年が経過しましたが、このように訪れて頂くことで
風化防止にもつながります。

千葉県市川市にあるアルマナックハウスとのつながりある
ミュージシャンを中心に、地元枠である
岩手県のミュージシャンも加わり、5回目になる
『The North Journey 2016 さらば屋台村』
1日目が終了となりました。次回は2日目の様子を報告します。

足をとめて聴いてくださった方、団体で三陸鉄道へ乗車されたお客様、
出演者とスタッフとお客様を含め、初日は約104名が集いました!
ミュージシャンとスタッフの皆様、ありがとうございました!

第40回 三鉄 駅からウォーク
11月19日の土曜日。
この日『第40回 三鉄 駅からウォーク』を開催しました。
参加費は600円で保険料と往復乗車券代になります。
今回は17名が参加されました。ありがとうございました!

このイベントの目的は、
沿線の史跡を巡って地元の魅力を再発見すること。
歩いて体を動かす健康増進。そして三陸鉄道の利用促進などです。

今年度は年間に開催する「駅からウォーク」で、
8回以上参加された方に完歩証の表彰を行い、贈呈品を差し上げます。
(年間完歩証チャレンジ実施中!)
今回は【三陸駅】からウォーキングします。
コースは当初の予定を少し変更し、
泊の六地蔵・未音崎湾望台を散策してきました!

三陸大王杉は道路が工事中により
行くことができなくなっていました。


≪三陸大王杉≫
駅から徒歩5分。
大船渡市指定の天然記念物であり、
樹齢約数千年といわれています。
越喜来地区の成立と歴史を見てきた生き証人であり、
地区のシンボルとして存在。
落雷により損傷しながらも修復を受け続け、
八幡神社の境内で大切に守られています。
その場所は神聖な雰囲気が感じられます。

9時13分に盛駅を出発する三陸鉄道へ乗車。
三陸駅には9時42分に到着しました。


駅前広場にて休憩・準備体操後、
9時55分にウォーキング開始!

天気予報では午前の降水確率が50%。
10時頃から降り出す予報にはなっていました。

駅前からガードを通って新山神社前を通過し、
小枝柿の原木といわれている柿の木を眺めながら、
泊地区にある六地蔵を目指して歩き始めた10時30分頃、
雨がポツリポツリと降ってきました。
天気予報通りだなと覚悟はしましたが、
雨はすぐに止みましたので、よかったです。


秋の終わりから冬にかけての
寒い時期に咲く花『サザンカ』がキレイですね♪


途中で薪を見かけました。薪ストーブ用ですかね。
もう季節は冬…だいぶ寒くなってきました。


木造で出来た『結の橋』があり、渡ってみました。


歩くことで植物の季節の移り変わりを感じることができます。
また、石碑や神社・お寺など様々な発見もあります。
体を動かして健康を目指しながら楽しくウォ―キングしています♪


泊地区ある『六地蔵』に到着しました。
周辺の民家は津波で流されましたが、
六地蔵には被害なく無事にありました。

次に向かった先は『未音崎(みねざき)湾望台』です。


越喜来湾を見下ろす高台に、石碑が一つ置かれています。
もともとは、津波で今も行方が分からない方の両親が、
娘をしのび別れ場所に置いたものです。

≪未音崎湾望台≫
越喜来湾を一望できる場所に「未音崎湾望台」が
2015年に完成。越喜来地区の新しい観光スポットです。
東日本大震災の犠牲者(北里大学の犠牲者も含め)
90名への鎮魂・祈りの場所。そして、
この地を訪れた方にステキな越喜来湾を
眺めて頂けるようにと設けられました。
慰霊塔もあります。

祈りなどが書かれた石が備えてありました。


ここで少し休憩をとり、
『未音岩(みおといわ)』の前で記念の集合写真を撮影!


≪未音岩≫
大きい岩が約12トン小さい方が6トンあります。
この公園から泊方面に約300m行った処の海岸にあった
巨岩の一部を運んで設置されました。
巨岩から7~8mの海面には亀石があり、
岸の巨岩の割れ目には二本の松が寄り添って
生えていて、地元では夫婦松と呼び、
大変親しまれていました。
東日本大震災の津波により岩の割れ目が広がり、
二本の松とも生き残れませんでした。
巨岩は防潮堤用地内にあったため、砕いて取り除くこととなり、
地域では巨岩と夫婦松を偲び、巨岩の一部を運び、
夫婦松の替わりに未音岩(夫婦松)として設置しました。

『三陸大王杉』は工事中で行くことが出来ないし、
雨の心配もありましたので、予定を早めて、
11時23分に三陸駅を出発する列車へ
乗車することに変更し、三陸駅を目指して歩きました。

三陸駅へ到着すると、
職員の方から『柿の葉茶』のサービスが…!
お心遣いありがとうございました!

11月6日(日)に三陸駅のホームへ設置された
名物『柿のれん』を眺めながら、三陸鉄道へ乗車。


≪ころ柿の柿のれん≫
冬の訪れを告げる風物詩。大船渡市観光物産協会が主催し、
三陸直売組合、三陸鉄道南リアス線運行部が協力して
3000個のころ柿を設置。一か月後に回収されるとのこと。
元旦の特別列車『初日の出号』で振る舞われる予定。
ころ柿には触れずに美味しくなるよう見守ってくださいね!


盛駅には11時50分に到着し、
『第40回 三鉄 駅からウォーク』は終了となりました。
すると、本格的に雨が降り出してきました。
ご参加ありがとうございました。

次回の開催をご案内します。

『第41回 三鉄 駅からウォーク』
<期日>
12月10日(土)
<集合>
8時30分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時13分盛駅発~平田駅~15時25分盛駅着
<参加費>
1,050円(保険料・往復乗車券代)
※入館料500円は別料金
<持ち物>
弁当・飲み物
<申込締切>
12/7(水) ※事前のお申込みが必要
<内容>
沿線の史跡巡り!地元の魅力再発見!健康増進!
【平田駅】釜石大観音を散策(約6km)
≪釜石大観音≫
1970年(昭和45年)4月に
釜石市内の施主、明峰山石応禅寺(曹洞宗)によって
大平町鎌崎半島に建立されました。
その趣旨は観世音菩薩の慈愛により幽界で
迷い苦しめる霊魂に光明を与え菩提に導くこと、
並びに現世に生きる人々を苦悩から
救済することを主願とし、幽明両界の平和を
祈念する観音様です。
----
像高:48.5m
本尊:長谷川 昂 制作
棟梁:故 大野 力蔵
発願主:石応禅寺十七世 雲汀晴朗
落慶:1970年・昭和45年4月8日


<主催・お申込み先・お問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

ふれあいノート -2016年10月-
三陸鉄道南リアス線盛駅には『ふれあいノート』があります。
震災の年からノートを設置。現在は6冊目となっています。

東北旅の想い出・大船渡の印象や感想、
盛駅の様子や三陸鉄道への応援メッセージ、
被災地の現状など、お気軽にお書きください。
絵を描いても良いですよ♪ご自由にどうぞ!

それでは、2016年10月の書き込みで
印象に残った内容をご紹介します。


-------------

「大学を卒業して地元に戻り、
社会人になって、昔行った定食屋や、居酒屋で
飲み食いしてようやく地元の居心地の良さを
実感しています。転職して自分の知らない所に
行きたいと考えてはいましたが、今は地元に
残りたいという気持ちも出てきており、
どうしたのかと考える今日このごろです…。」


「11月に帰ってくるはずの彼氏が「赤崎に帰ってきた」という
情報が!!(え?マジ!?)町民運動会とか言ってましたけど
天気はあいにくの雨…。そして中止になっちゃったんだって。
くっ…。まぁ久々に彼氏の顔見れるしいいや。
♡私って超HAPPY♡←(?)」


「三陸鉄道に乗りたくて、千葉から友達5人で来ました。
のどかな風景、海のきれいさに感激しました。
早く元気な顔がたくさん見えます様に、お祈しています。」


「静岡から来ました。サンマラーメンうまかったです。」

「愛知県常滑市からやっとこの三陸鉄道に乗れて
しあわせでした。ガタンとの震動が体に伝わって
うれしいです。ずっーと電車にのっていたかったです。
景色もとても自然でうれしくなったいます。
いろいろと大変で…でも地の皆さんの笑顔がステキでした。!」






-------------

10月の書き込みはちょっと寂しく、少なかったですね…。
それでも、遠方からのお客様が書き残して頂いた
メッセージは読んでいてとても嬉しくなりました♪

そして被災地の大船渡を気にかけて
旅行で訪れて頂けただけで、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回もノートいっぱいに絵を描かれている方がいました♪
ご記入ありがとうございます!

あの日から5年8ヶ月が経過しました。
まだまだ復旧・復興工事が続いています。
ダンプカーや重機、建設現場も多いです。
防潮堤や災害公営住宅、本設される店舗などの
工事も見られます。

今ではテレビで被災地の様子が報道されなくなり、
県外で被災地の現状を知ることが難しくなりました。
どこまで復旧・復興が進んでいるのかを知る為には
実際に足を運び、ご自身の目で確認することが一番です。
復旧工事の様子をご覧になってほしいと思います。

被災地へ訪れるだけでも復興のお手伝いになります。
それだけでも経済がまわりますので、
観光として旅行先として、三陸鉄道へ乗車しながら
大船渡市を堪能してみてください。

三陸鉄道は平成25年4月に一部の区間で運行を再開しました。
平成26年4月には北リアス線・南リアス線ともに復旧し、
全線で運行を再開することができました。
車両はクウェート国からのご支援により、
新潟トランシスで製造され、新型車両4両が届きました。
心から感謝申し上げます。
震災後の運休状態から全線で運行を再開したことで、
『復興のシンボル』といわれています。
三陸鉄道は高架を走行しています。車窓からの眺めは絶品!
街の様子を一望することもできます。

オススメの景色は『吉浜湾』。吉浜駅-唐丹駅の間になります。
晴れた天候の良い日、青い空と青い海、キレイな水平線♪
広がる大自然の風景や半島の地形、港も御覧になれます。


そして三陸鉄道南リアス線といえば『恋し浜駅』です!


ここは全国で4つだけ【恋】の文字がある駅の一つ!
恋愛のパワースポットになっています。
待合室には【ホタテ絵馬】が奉納されており、
現在は3万枚以上もあります!


待合室に『ホタテ絵馬』がありますので、
訪れた際に願い事を書くこともできます!


ひと鐘鳴らせば幸せが訪れると言われている
『幸せの鐘』もあります♪


ホームからの眺めはこんな感じ!
三陸鉄道南リアス線へご乗車の際は、ぜひ『恋し浜駅』へ!


旅の思い出を『ふれあいノート』に書き残してみませんか?
現在の気持ち、感じたことなど表現してみてください♪

毎月、印象に残った内容をご紹介しています。
三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際はお気軽にどうぞ!
第80回 無料法律相談
11月13日の日曜日、『第80回 無料法律相談』を開催しました。
主催は認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウで、東京の団体になります。
地元であるNPO法人夢ネット大船渡が協力しています。
主に会場の確保・新聞記事や広告の掲載、チラシ・ポスターの作成や掲示など、
広報や受付を行っています。

今回は弁護士1名、税理士1名がいらっしゃいました。


相談会場は「三陸鉄道南リアス線運行部」
会議室をお借りして行いました。今回の相談件数は2件。
震災の年の2011年10月から続けていますが、
今回の件数を含め、延べの相談件数は360件になりました。

弁護士さんと税理士さんから感想を伺いましたのでご紹介します。

「2年振りに大船渡の相談に来させていただきました。
仮設住宅からの移転が進んでいるようで、安心しています。
大船渡の復興を心より祈念いたします。」


「弁護士に同行し参加させていただいた税理士です。
毎回40分と時間を区切ってご相談を受けさせていただいて
おりますが、ご相談の中にはその時間では解決の方向性が
決まらなかったり、新たなお悩みが生まれる場合もあります。
ご相談には複数回お越しいただいても問題ありませんので
ぜひこの相談会を積極的にご利用いただければと思います。」


東日本大震災から5年8ヶ月が過ぎました。

今でも復旧・震災から復興するには道半ばであり、
まだまだ時間が必要と感じています。
災害公営住宅が完成し、仮設住宅から移り住んでいる方もおります。
小学校や中学校の校庭に建てられた仮設住宅は解体され、
校庭として利用するには整備を終えてからになります。
それでも仮設住宅は完全になくなってはいません。
今でも生活されている方がいます。
そして、復興といえるのは一部になります。
それぞれの心の復興、被災の記憶や気持ちまで
復興したわけではありません。

大船渡市最大の仮設商店街「おおふなと夢商店街」は、
本設に向けて工事が始まります。
「大船渡屋台村」は延長が続いていましたが、
今年度で終了となるそうです。
「地の森八軒街」も3月末までとのこと…。
三陸町の「三陸サイコー商店会」は仮設商店街ごと本設されました。

今でも山を崩して高台の防災集団移転へ向けた工事が行われています。
浸水地で嵩上げされた土地の整備工事も行われています。
防潮堤の建設はだいぶ進みましたが、全ての完成には至っていません。
復旧工事は5年以上が経過しても終了とはなっていません。

それでも被災地である大船渡は、他の被災地と比べると
復旧・復興へ向けて進んでいるように思います。

これから先へ進もうとすれば課題にぶつかることがあります。
課題はその状況ごとに変化していきます。

震災に関係があってもなくても相談は可能です。
誰にも相談することができないお悩み、または、
お話しするまでもないと思い込んでいる事など
ありましたら、この法律相談の機会をご利用ください。

『無料法律相談』は何回でもご利用することができます。
どんな些細なことでも構いませんので、
何でもお気軽にご相談して頂ければと思います。
ご利用をお待ちしております。

これまでずっと課題を抱えていただけに、
専門家へお話しすることで気持ちが楽になりますよ。
解決への方向性を導いてくださることと思います。
相談を終えた方は「相談してよかった」
笑顔の方が多かったです。

次回の開催をご案内いたします。

『第81回 無料法律相談』
主催:認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
協力:NPO法人夢ネット大船渡

<日時>
12月18日(日) 10時~13時20分
<内容>
日常のささいな困り事など
何でもご相談いただければと思います。
相談時間は40分間。訪問相談も承ります。
お気軽にどうぞ! ※事前のご予約が必要


<ご予約先・お申込み先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

スイセン・彼岸花の球根を植えました。
11月12日の土曜日。
三陸鉄道南リアス線沿線にある甫嶺駅の海側の土地と
越喜来字小出の土地へ、スイセンの球根2600個と
彼岸花の球根200個を植えてきました。


これはNPO法人夢ネット大船渡が行う
『三鉄沿線花プロジェクト』の活動になります。

9時30分から甫嶺駅の海側の土地に、
地元である甫嶺地域の人達を中心に、
夢ネット大船渡の会員、三陸鉄道職員等40名で作業を行い、
2000個の球根が1時間というあっという間に植え終わりました。


近くの土地には菜の花の種を蒔いている場所があり、
既に芽が出ていましたので「来春の花の時期は楽しみですよね」と
話し合いながら最後には「三鉄沿線を花で飾ろう」看板の前で
記念写真を撮影しました。


13時30分からは三陸町越喜来字小出の土地へ
スイセンの球根800個を、ボランティア20名の参加で植え、
またキングサリの苗木も植えてきました。


こちらでも記念写真を撮影。


両会場の球根植え終了後には、
北海道富良野市の方から贈られたキングサリの苗木を、
希望者へプレゼントしました。

来年、花が咲く姿が楽しみですね♪
ご協力ありがとうございました。
アコーディオン列車
11月4日の金曜日。
この日は『アコーディオン列車』を運行しました!
参加費は1000円でケーキ・お茶と乗車券代になります。
スタッフも含め33名が参加されました。

演奏者は東京のアコーディオンサークル『風のアンサンブル』
被災地支援としての訪問は5回目とのこと。

新型レトロ調列車の中で演奏会を開催しました♪

【団体紹介】
東京で活動するアコーディオン演奏集団『風のアンサンブル』です。
地域に密着した演奏活動の中で、ブラスやボーカルとの
コラボも行っています。クラシックからタンゴ、ジャズ、
シャンソン、そしてポピュラーなどジャンルも幅広く……。
気仙沼や岩手県・気仙地方を毎年訪問して5年目。
今年は9名が駆けつけ、初のイベント列車にも乗り込みます。
演奏を聞いたり、ごいっしょに歌ったり、
楽器に触れたりと、皆さんで楽しんで頂けたら嬉しく思います。



集合時間は13時20分に三陸鉄道盛駅
受付を終えた方には車内で合唱する歌詞をお配りしました。


その後、盛駅前にて乗車前のちょっとした演奏会が行われました。
快晴の暖かい陽気の中、どこか懐かしく美しい音色を聴き、
心地よいひと時を過ごされました。


『アコーディオン列車』は14時に盛駅を出発!


参加者へケーキとお茶をお渡しして寛いで頂きました。


このイベント列車の関係者からご挨拶と、
「風のアンサンブル」の自己紹介がありました。



釜石駅までの往路では車内で演奏会が車内で行われました♪
「パリの空の下」「愛の賛歌」「チロルのアコーディオン弾き」
「パリのお嬢さん」「雨にぬれても」「いつも何度でも」
「もののけ姫」
など。その懐かしくも素敵な音色に心が癒されました。



恋し浜駅には14時14分に到着。ここで6分間の停車。


待合室には『ホタテ絵馬』が現在は3万枚以上あります。
ホタテ貝に願い事を書かれた方も…♪ありがとうございます!


この日は天候が良くて吉浜湾の景色は最高な眺め!
キレイな水平線、広がり輝く海、青い空!


14時44分に釜石駅へ到着。ここでは「こきりこ」が演奏され、
その音の世界へ惹きこまれたくらい、感動しました♪
他には「リベルタンゴ」も演奏されました。


15時10分に釜石駅を折り返して出発!
復路で最初に行われたのは【アコーディオンを体験しようコーナー】です♪

参加者へ今回の主役の楽器『アコーディオン』に触れて頂こうと、
興味のある方へ実際に持って頂いたり、弾いて頂きました。


その重量を感じながら弾いてみた感覚を楽しまれ、
優しい音色に魅了されました!


他の楽器にも触って頂き、
音を鳴らされて笑顔になっておりました。



次は【みんなで歌おうコーナー】が始まりました!


受付でお渡しした歌詞カードを見ながら
アコーディオンの伴奏に合わせて9曲ほど歌い楽しみました♪
「ああ人生に涙あり」は盛り上がりましたね♪
そして「四季の歌」、人気の「ふるさと」
大人気の「北上夜曲」、手作りウチワで盛り上げた「手のひらを太陽に」
列車の中で三鉄と替え歌交じりの「高原列車は行く」
「知床旅情」「荒城の月」
最後に「線路はつづくよどこまでも」で締めくくられ、
『アコーディオン列車』は盛駅を目指して進みました。




美しい演奏を聴きながら声を出して気持ちよく歌われ、
どなたも嬉しそうな表情を浮かべて過ごされましたね♪


盛駅には16時10分に到着。
記念写真を撮影し、ホームで2曲ほど演奏されました!


その1曲目が「あまちゃんのテーマ」でした。
三陸鉄道といえば「あまちゃん」ですね♪
軽快なリズムでいつ聴いても楽しい気持ちになります。


最後は「歓喜の歌」で締めくくられました。
やがて演奏が終り『アコーディオン列車』も終了となりました。
素晴らしい演奏に心が和み参加者は、時には歌ったり楽器を鳴らされたり、
アコーディオンのどこか懐かしく優しい音色に
心が弾み感動し、明るく楽しい癒しの空間を満喫されました♪


魅力いっぱいでステキな演奏会!ご参加ありがとうございました!

三鉄応援キャンディが登場♪
三陸鉄道盛駅オリジナル新商品が、
11月15日(火)発売開始します!

『三鉄応援キャンディ』250円


とっても可愛らしい絵がキャンディにプリントされていて、
サイダー味いちご味の2種類あります!

一般車両が描かれているのがサイダー味!




三陸鉄道のキャラクター「さんてつくん」
描かれているのが、いちご味!


一袋5個入りで、どちらもどこか懐かしい味がします♪

三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際は、
『三鉄応援キャンディ』を購入して三陸鉄道を応援しましょう!
夏の花から冬の花へ植替え作業!
11月9日(水)の午前10時から、大船渡東高校生13名と先生2名、
NPO法人夢ネット大船渡の会員4名、
大船渡市社会福祉協議会の2名の協力を得て、
三陸鉄道盛駅のホームに置いているプランターのお花を
サルビアやニチニチソウの夏の花から
冬の花であるビオラやパンジーの花苗へと植替え作業を行いました。
(花苗代は「さんりく基金」からの助成金で対応しています)

<作業の様子>


その花苗と一緒にチューリップの球根も植えました。
作業したのは合計110個のプランターです!

三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRTの利用者の心を和ませ、
癒しを提供できればと思います。


花植え作業終了後、三陸鉄道盛駅から「芋の子汁」を振る舞いました。
この日は寒かったですから体の温まる汁物は喜ばれました。


農芸科学科2年生の方は「9月上旬に鉢上げして
毎日管理し手入れしてきた苗が、三鉄ホームのプランターに
植えて頂けて嬉しい。」
と話されていました。

最後に駅舎を背景にして大船渡東高校生と記念写真を撮影。
そしてバスをお見送りしました。


大船渡東高校の先生と生徒を始め、NPO法人夢ネット大船渡の会員の方、
大船渡市社会福祉協議会の方もご協力ありがとうございました!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。