三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第35回 三鉄駅弁列車
9月22日の木曜日は「秋分の日」で祝日でした。
この日『第35回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は2,500円で駅弁と乗車券代になります。

参加人数はスタッフ3名を含めて27名が乗車。
定期列車ではなかなか乗車できる機会の少ない
昭和初期の雰囲気漂う『新型レトロ調列車』
貸切って行いました!その内装の豪華な造り、
高貴な紫色の車体など注目のステキな車両です!

11時25分に盛駅を出発しますが、
盛駅のホームから職員がお見送り♪
参加者は手を振り返して、いざ出発です!


盛駅を運営しているNPO法人夢ネット大船渡
岩城理事長が最初に挨拶され、
その後、駅弁とお茶をお配りしました。

駅弁は、碁石給食(株)様のご協力により
『いわて恵みづくし弁当』をご提供しております。
その内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬け。
海の幸がたくさん入った豪華なお弁当で大好評♪


海産物が苦手な方には別のお弁当をご用意しました。


今回参加された方は、岩手県盛岡市の方、
地元大船渡市と陸前高田市の方でした。ご利用ありがとうございます!


往路は岩城理事長による被災地・観光地ガイドを行いました。
ガイドは南リアス線沿線の各場所ごとに説明しています。
東日本大震災での被災状況、過去の大津波で被災したお話、
その歴史や石碑、災害公営住宅が建設された場所、
復旧工事の様子(防潮堤工事、嵩上げ工事、
防災集団移転への工事)などです。
また、観光情報も併せてご案内しました。


『恋し浜駅』には11時43分に到着し、
10分間ほど停車しました。
ここは観光として有名な恋愛のパワースポット!
全国で『恋』の文字が入った駅は4か所のみ!
その1ヶ所になります。


待合室には現在、約30,000枚以上になる
『ホタテ絵馬』が奉納されています♪
お立ち寄りの際はぜひご覧ください。
お時間がありましたら願い事を書いて奉納してみましょう!

また、ホームには『幸せの鐘』があります!
「ひと鐘ならせば幸せが訪れる」と言われています♪


記念写真を撮影されたりホタテ絵馬を奉納されたり
幸せの鐘を鳴らしてみたり。それぞれの楽しみ方で
恋し浜駅の停車時間を満喫!

折返しの釜石駅には12時30分に到着。
到着しましたら、参加者が海側も山側も
どちらの景色も御覧になれるよう座席を交換しております。

釜石駅は12時45分に出発!
復路では岩城理事長が得意のマジックショーが始まりました!


今回は破った紙が復活するマジックやヒモを使ったマジックを披露!
ときどき失敗することもありますがそれはご愛嬌!


お客様にもお手伝い頂き、体験するような形でも楽しませ、
笑い声や拍手が起こる明るく和やかな時間を過ごされました♪


盛駅には13時40分に到着して、ホームでは記念の集合写真を撮影!
これにて『三鉄駅弁列車』は終了となりました。


地産地消の美味しい駅弁を堪能され、
車窓からの眺めも最高で、特に吉浜湾は絶景です!
青く広がる水平線と空、緑の木々、
港や湾の様子など自然の雄大さを感じます。

実際に車窓から5年以上が経過した被災地の現状、
震災当時の様子や復旧・復興工事の様子、
そして過去の津波被害の説明やその石碑をご覧になられました。

三陸鉄道南リアス線の魅力や新型レトロ調列車へ乗車され、
約2時間の列車旅を満喫されました♪
参加者へ素敵な思い出をご提供できたことと思います。
ご利用ありがとうございました!

それでは感想をご紹介します。

「初めて三鉄に乗りました、娘と息子と乗りました。
中1のお姉ちゃんも楽しそうで、連れてきてよかったです。
10ヶ月の息子は帰りは汽車にゆられ、寝て帰りました。
語りべのおじちゃんも楽しくて、あきませんでした。
おばちゃんたちのおもてなしも心温まりました。
ありがとうございました。」


「海の幸がたっぷり入った「いわて恵みづくし弁当」は、
ボリュームあり、大変おいしかったです。
又、車掌さんのガイドもすばらしく、楽しかったです。
仙台では、味わい出来ない最高なイベントでした。
又、乗りたい気持ちになりました。」


「お弁当もでて、恋し浜や釜石駅で止まってくれてすごく
利用しやすかったです。帰りは運転室(?)で運転手さんの
ながめを体験できて楽しかったです。いい思い出になりました。」


「地域のおはなしはなかなか聞く機会がないので
おはなしもとても楽しく聞かせていただきました。
お弁当もとてもボリュームがあって食べごたえがありました。
ワイン列車とビール列車に乗ったことはありましたが、
夜だったので昼に乗ると景色も楽しめて良かったです!!」


「ガイド付きでお弁当食べながらのプチ旅行楽しかったです。
恋し浜駅でホタテに願いごとも書いたし、釜石駅にも
降りて満喫できました。これからも色々な企画を計画してください。」


「司会の方がいたので
あきずに列車の旅を楽しめました。
またイベントがあれば参加したいと思います。
個人的にも貸切も考えております。」


「最近通ることがなかった三陸を久しぶりに見て、
結構町が変わっていてびっくりした。
お弁当もおいしくて、ゆったりとして楽しい旅でした。」


「・お弁当、おいしかったです。
・普段は乗る事のない立派な列車に
乗る事が出来て、良かったです。
・おじいさんががんばって
手品をしているのが、ほほえましかったです。
・また乗りたいと思いました。」


「おいしいお弁当と楽しい話で盛り上げていただき
ありがとうございました。詳しいガイド、手品、
岩城さん多才ですね!本当にありがとうございました。」


「私は初めて乗りました。とても楽しかったです。
弁当も美味しかったです。お世話してくれたガイドさんも
おもしろかったです。皆さん有難うございました。」


「始めてのイベント列車楽しかったです。
またきかいがあれば参加したいです。」


「初めて釜石まで三鉄に乗りました。
お弁当もおいしかったです。
マジックがすごーく楽しかったです。」


10月の三鉄駅弁列車はお休みします。ご了承ください。
今後のイベント列車をご案内いたします。

『ハロウィン列車』
<日程>
10月30日(日)
<集合>
13時30分に三陸鉄道盛駅
<時間> 
14時00分盛駅発~三陸駅折返し~15時25分盛駅着
<申込締切>
10/28(金) ※事前のお申込みが必要
<参加費(乗車券代)>
大人1,000円
小学生500円
未就学児は無料
<内容>
スタッフが仮装して乗車!
ぜひ仮装してお越しください!
仮装してきた方には豪華景品プレゼント♪
 

------------

『アコーディオン列車』
<日程>
11月4日(金)
<時間>
14時00分盛駅発~釜石駅折返し~16時00分盛駅着
<集合>
13時20分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
1,000円(お茶お菓子付き・乗車券代)
<定員>
30名
<申込締切>
11/2(水) ※事前のお申込みが必要
<内容>
豪華で人気の『新型レトロ調車両』の中で、
アコーディオンサークル『風のアンサンブル』による演奏会を開催♪
そして、アコーディオンの伴奏に合わせて懐メロを皆で合唱します!
優しい音色を鑑賞♪ステキな演奏会をお楽しみください!
出発前の13時30分から20分間、盛駅前にて演奏を行います。
食べ物・飲物の持込み自由!
音を堪能しながら吉浜湾の絶景もご覧になれます!
約2時間の列車旅をお友達と一緒にどうぞ!


『The North Journey 2016』
主催:ノースジャーニープロジェクト
<開催日>
平成28年11月4日(金)
平成28年11月5日(土)
平成28年11月6日(日)
≪前夜祭(1日目)≫
11月4日(金)
●大船渡屋台村 17~20時
<1日目(2日目)>
11月5日(土)
●大船渡屋台村 ☆ 11~20時
●地の森八軒街 ☆ 10~15時
●大船渡屋台村 ☆ 11~20時
●盛駅前/MINT HOUSE ☆ 12~17時
●寿限無亭 ☆ 12~17時
●Sumita Clutch ☆ 14~18時
<最終日(3日目)>
11月6日(日)
●大船渡屋台村 ☆ 11~20時
●盛駅前/MINT HOUSE ☆ 11~15時
●ハウルの船 ☆ 11~13時
●恋し浜ホタテデッキ ☆ 12~15時
●フェスティバルトレイン ☆ 10時25分~12時30分
(乗車料金:1,000円)
<内容>
100人規模のミュージシャンが全国から気仙の地に集結して、
大船渡市内を中心とした無料ライブを行います!
『フェスティバルトレイン』
主催:The North Journeyプロジェクト
<日程>
11月6日(日)
<時間>
10時25分盛駅発~釜石駅折返し~12時30分盛駅着
<集合>
10時00分に三陸鉄道盛駅
<定員>
20名
<乗車料金>
1,000円
<内容>
The North Journeyのお楽しみ!
列車の中でミュージシャンの演奏!
明るく楽しいライブ列車!ぜひご乗車ください!
≪予約申込み可 申込みの際は三鉄盛駅へご連絡ください♪≫


------------

<主催・お申込み先・お問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

スポンサーサイト
第38回 三鉄 駅からウォーク
9月17日の土曜日。
この日は『第38回 三鉄 駅からウォーク』を開催しました。
参加費は750円で保険料と往復乗車券代になります。
今回は20名が参加されました。ありがとうございました。

このイベントの目的は、沿線の史跡を巡って
地元の魅力を再発見、歩いて体を動かすことでの健康増進、
三陸鉄道の利用促進などです。

今年度は年間に開催する「駅からウォーク」で、
8回以上参加された方に完歩証の表彰を行い、贈呈品を差し上げます。
(年間完歩証チャレンジ実施中!)

今回は【吉浜駅】から水上助三郎翁像・真称寺・根白漁港を散策しました。
それでは、ウォーキングの様子をご紹介いたします。

盛駅を9時13分発の三陸鉄道へ乗車し、
目的地の吉浜駅には9時47分に到着しました。

この日は曇り空で運動するには良い陽気となりました。

駅前で休憩を取って準備体操した後は、各見どころを目指して出発!


歩き始めて約10分後【水上助三郎翁像】へ到着しました。
その前で、水上翁の養殖漁業や畜産業の功績だけでなく、
奨学金の支援など人材育成や飢餓で苦しむ方への食糧支援など、
素晴らしい人であったことを、三陸鉄道盛駅を運営している
NPO法人夢ネット大船渡の岩城理事長が説明されました。


≪水上助三郎翁像≫
銅像は、昭和37年12月に建立されました。
水上助三郎(1864年~1922年)は郷土の偉人です。
製塩や短角牛飼育による普及、
のちに千島やアリューシャンのオットセイ猟、
松島湾のカキ・ウナギ養殖の成功、小壁漁場を開いて
アワビの造殖やアワビ干鮑づくり、缶詰工場を経営。
ワカメ加工にも成功し、地元漁業の振興に尽力した方です。
他に、椎茸栽培の普及、国有林の払い下げによる
町民への配分も行いました。
また、吉浜村の飢餓等に対する多大な寄付、
唐丹村へ食糧援助、岩手県下凶作窮民救済、
全国(北海道・岩手・宮城・福島)の凶作・冷害に対して、
多額の寄付や米等の救済を行っています。
そして、水産講習所への奨学資金発起人、
吉浜小学校建築に尽力と寄付、盛小増築や末崎小建設への寄付、
岩手県育英会に多額の寄付、岩手県盲唖学校に寄付、
東北中学校20数名に奨学金送金などなど様々な活動に尽力され、
地元産業の基礎を築いたといっても過言ではありません。
それほど地元に貢献された偉人であり、功績を現代に伝えて
知っておくべき方だと思っております。

次に向かった先は【真称寺】です。


≪真称寺≫
現在のお寺は1763年に建設(253年前)されたものです。
ここは400年以上の歴史のあるお寺になります。
1599年(417年前)と1600年代に火事が発生。
測量の伊能忠敬は、1801年(今から215年前)に
吉浜を計測しています。

今回は寺の歴史を聞く時間が少なく、
次回は時間を確保して住職さんの説明を
じっくり聞くことにしました。


ここのお寺には、
大船渡市指定有形民俗文化財の『七條袈裟』があります。
真称寺の初代順覚が着衣されたものといわれ、
約450年も前から保存されています。


次は【根白漁港】へ向かいました!


ここは休憩所も兼ねて立ち寄り、
漁港では漁民の皆さんが小さなホタテ貝をカゴへ入れる作業中でした。


≪根白漁港≫
モットーは“釣れない時はとことん頑張る!釣れる時もとことん頑張る!”。
吉浜湾周辺の漁業はカレイ、ヒラメ、アイナメ、イカ、メガラ、タラの宝庫。


帰り道で、根白漁港から上がってくる道路側に、
津波の到達地の表示板を発見しました。
ここまで津波が遡上したと知り、とても驚きました。


季節は秋です。萩が美しく色鮮やかに咲いていました♪
自然の季節を感じられるのも歩いて気付く魅力ですね!


吉浜駅を背景にして記念の集合写真を撮影!
桜模様のラッピングで、とても可愛らしい駅舎♪


12時25分に吉浜駅を出発した列車に乗車して、
盛駅には12時58分に到着しました。
これにて『第38回 三鉄 駅からウォーク』は終了となりました。
参加された皆様は心地よい汗を流し、吉浜駅から根白漁港までの
往復約6キロのウォーキングを楽しまれました。
ご参加ありがとうございました!

次回の開催をご案内します。

『第39回 三鉄 駅からウォーク』
<日程>
10月15日(土)
<集合>
8時30分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時13分盛駅発~甫嶺駅~12時58分盛駅着
<参加費>
500円(保険料・往復乗車券代)
<持ち物>
軽食・飲み物
<申込締切>
10/12(水) ※事前のお申込みが必要
<内容>
【甫嶺駅】今出山金山跡を散策!
≪今出山金山跡≫
甫嶺駅から徒歩約45分。今出山の標高は756.6m。
気仙四大金山の一つであり、気仙地方では最大規模。
産出鉱物は、自然金・自然銅・黄銅鉱・黄鉄鋼・亜鉛鉱など。
坑道は、計17抗あったとされ、現存の坑道は7抗。
また、今出山金山事務所跡、今出山金山映画館跡、
今出山金山精錬所跡を記した杭があり、
最低部には「越喜来坑の第一坑」と「第二坑」もあります。
平安時代から発掘の歴史があり、昭和18年から休止。


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

第10回 盛駅前賑わい市
9月24日の土曜日。
今年度10回目になる『盛駅前賑わい市』を開催しました。
10月まで毎月第2・第4土曜日に行います。


盛駅は、三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRT
2つの駅が並ぶ大船渡市の玄関口!
地元の利用者はもちろん、遠方からの旅行者も多く、
様々な方が訪れる駅となっています。
人が集まれば出会いや交流が生まれます。


このイベントの目的は、地場産品の販売で買い物客を増やし、
盛駅前やその周辺のお店へと賑わいを波及させることです。
そして街の活性化を図り、元気な街にすることを目指しています。

とても秋らしくなってきました。雨上がりな秋晴れの陽気でしたね!

<お野菜販売>
地場産品の販売として、JAおおふなと女性部「はこべの会」
ご協力で行っております。地元で採れた新鮮なお野菜を販売。


この日は、大根の葉・ダイコン・カボチャ・ニンジン・
ネギ・ナス・栗・キュウリ・インゲンマメ・お花・ジャガイモ・
サツマイモ・パプリカ・ピーマン・トマト・タマネギなど!



販売が始まれば人が集まってきます。
『盛駅前賑わい市』へ毎回来られている方もおります。
新鮮でお値段もお得なお野菜を購入されておりました。
ご利用ありがとうございます!


<お茶のサービス(無料)>
冷たくて美味しい麦茶を毎回ご用意しています。
ひと息つきたいとき、水分補給など、
お立ち寄りの際はお気軽にご利用ください。


<衣類・布類の配布(無料)>
衣類を無料でご提供しています。
お気に入りの洋服などありましたら、ご自由にお持ち帰りください。


また、手芸の生地として活用して頂くのも良いですね!
今回も利用された方が多く、賑わっておりました。、


少しでも盛駅前から賑わいを創出して駅周辺の街を活性化!
5月から月2回の開催で毎月行ってきました。
来月の10月で今年度の開催は終了となりますが、
第2第4土曜日に開催しておりますので、
お気軽にお立ち寄り頂ければと思います。
ご来場ありがとうございました!

次回の開催日をご案内します。

『第11回 盛駅前賑わい市』
<日時>
10月8日(土) 10時~12時30分
<内容>
盛駅前や周辺の街を元気に!
新鮮な旬のお野菜販売(JAおおふなと女性部 はこべの会)
衣類配布/お茶のサービス/囲碁・マジック指導など
10月まで毎月第2・第4土曜日に開催!

第78回 無料法律相談
9月25日の日曜日、『第78回 無料法律相談』を開催しました。
主催は認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ。東京の団体になります。
地元のNPO法人夢ネット大船渡が協力しています。
主に会場の確保・新聞記事や広告の掲載、
チラシ・ポスターの作成や掲示など、
広報・受付の対応を行っています。

今回は弁護士1名、税理士1名がいらっしゃいました。


相談会場は「三陸鉄道南リアス線運行部」
会議室をお借りして行いました。今回の相談件数は4件。
震災の年の2011年10月から『無料法律相談』を続けています。
延べの相談件数は355件となりました。ご利用ありがとうございます。

弁護士さんと税理士さんから感想を伺いましたのでご紹介します。

「本日は4名の方に、来ていただきました。それぞれ、
法律に関するお悩みからそうでないものまでありましたが、
第三者的な目線からの意見を聞きたいということは
共通していたと思います。その意味では、どの方の相談にも
お力になれることはあるように思いました。
法律相談を継続していきたいと思います。
引き続き、よろしくお願いいたします。」


「弁護士に同行し参加させていただいた税理士です。
今回も多くの方にご相談に来ていただき、少しですが
税金に関することもお話しさせていただきました。
今後も、引き続き参加していきたいと思っています。
ぜひ、気軽にご相談に来ていただければと思います。
よろしくお願いいたします。」


東日本大震災から5年6ヶ月が経過しました。
災害公営住宅が完成して仮設住宅から転居された方もおります。
しかし、仮設住宅はまだ存在し、住んでいる方もおります。
お店も同様に本設された店舗もありますが、
仮設店舗、仮設商店街は現在もあります。
山を崩して高台への防災集団移転へと進んでいますが、
今も工事が継続して行われています。
浸水地での嵩上げ工事も引き続き行われています。
復旧工事は5年以上が経過しても途中の段階であり、終わっていません。

復興へ向けて進めばこれまでにない新たな問題にも衝突します。
それぞれの課題は、その状況ごとに変化していきます。
震災からの復旧・復興ですが、新しい課題に直面されると思います。
土地の問題、相続や金銭問題など、震災に関係する内容から
関係しない内容まで『無料法律相談』では受け付けておりますので、
お気軽にご相談ください。

被災地の大船渡は、他の被災地と比べると、
比較的、復興へ向けて進んでいるように感じます。

『無料法律相談』は何回でもご利用することができます。
どんな些細なことでも構いませんので、
何でもご相談して頂ければと思います。
ご利用をお待ちしております。

誰にも相談することができないお悩み、または、
お話しするまでもないと思い込んでいる些細な問題など
ありましたら、ぜひとも、この機会をご活用ください。

専門家へお話しすることで気持ちが楽になりますよ。
相談して良かったと精神的に軽くなり、
より前向きに取り組むことができると思います。
相談を終えた方を拝見しますと、笑顔の方が多いです。

次回の開催をご案内いたします。

『第79回 無料法律相談』
主催:認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
協力:NPO法人夢ネット大船渡

<日時>
10月16日(日) 10時~12時40分
<内容>
日常のささいな困り事など
何でもご相談いただければと思います
※事前のご予約が必要
相談時間は40分間。
訪問相談も承ります。お気軽にどうぞ!


<ご予約先・お申込み先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室(第二期仕上げ) 
9月12日の月曜日。この日は、
『第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室(第二期仕上げ)』を行いました。
第二期として作陶した7月の作品の施釉(色付け)作業です。

参加者5名と三陸町陶友会の講師3名が参加となりました。

9時13分に盛駅を出発する三陸鉄道へ乗車。

甫嶺駅に到着したのは9時35分です。
駅から歩いて5分の場所にあるのが「さんりく陶芸工房」です。
今現在の越喜来小学校の校庭にあります。

仕上げ作業として素焼きを終えた作品に色付けを行います!

窯から取り出された作品が机の上に並びました。
その中から自分の作品を持ってきて作業開始!

まずは紙ヤスリで表面を削って形を整えます。
凸凹などガサガサの箇所があればツルツルに仕上げていきます。
また、底が平らになるように削ります。


次の作業は、紫色の撥水剤を施釉(色付け)しない底部へ塗ります。


自分だけの作品を仕上げていきますから、真剣そのもの!


器から皿、湯呑やカップ、箸置きなど様々な作品がありますね!


その後は今回のメイン作業でもある施釉を行いました!
大きなバケツには着色する為の釉薬が入っています!


様々な色のバケツが用意されました。
作品を釉薬へ浸けてから1.2.3と数えて取り出すのが
キレイに着色されるコツになります。
浸けすぎても浸けな過ぎてもダメ。
濃くなく薄くなくがいい感じに仕上がります。

少しでも理想の作品に近づけるよう手先を動かしながらも、
ワクワクな期待交じりの嬉しい気持ちも含めながら作業は進んでいきます!

やがて時間になりましたので、
「さんりく陶芸工房」を出て甫嶺駅へと向かいました。

甫嶺駅を12時35分に出発する
三陸鉄道へ乗車して、盛駅には12時58分に到着。
これにて『第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室(第二期仕上げ)』
終了しました。焼き上がりの作品を窯から取り出すのは、
10月3日の月曜日になります。
どんな作品が出来上がるのか楽しみですね♪

また、陶芸教室で作陶した作品は、
10月15日(土)、16日(日)に三陸公民館で開催される
『三陸地区文化祭』へ展示されます。

今年度の『三鉄に乗って行く陶芸教室』は、
今回を持ちまして終了となります。ご参加ありがとうございました!

【三陸町陶友会について】
陸鉄道を利用して頂く為の施設として、
県の地域活性化調整費と町予算により、
「窯」と「さんりく陶芸工房」が
平成10年(1998年)に建てられました。
毎週月曜日、陶芸製作が行われています。

菜の花の種の無料配布!
三鉄沿線花プロジェクトとして、9月18日(日)から、
綾里三陸の3駅で、菜の花の種の無料配布を行なっています。


自宅の庭や休耕地の庭にまきたい方など、ご自由にどうぞ。
配布はなくなり次第終了となります。

菜の花の種は、千葉県小湊鉄道沿線
花いっぱい事業を行っている松本靖彦氏が贈っていただいたものです。
ぜひ来春に花を咲かせて下さい。

≪菜の花の育て方!種まきの時期や栽培のコツは?≫
黄色い花を咲かせる菜の花は、春の到来を感じさせます。
日本人に古くから親しまれている植物です。
鑑賞用としてだけでなく、料理の材料や油の原料としても
使われ、江戸時代以前は私たちの生活に欠かせないものでした。
そんな菜の花は、自宅で簡単に育てることができますよ。
今回は、種まきや栽培のコツなど、菜の花の育て方についてまとめました。

<菜の花の種蒔き>
9月から10月上旬

<鉢植え>
1.直径20cm以上、深さ20cmほどの鉢を準備し、土を入れる
2.鉢の中心に一ヵ所指で空け、3~5粒種をまく
3.薄く土をかけ、水を与える
4.土が乾かないよう
5.発芽したら、日当たりのよい場所へ移す
6.本葉が2~3枚になったら、元気のよい苗を2~3本残して他を間引く
7.本葉が4~5枚になったら、1本だけ残して他を間引く

<プランター>
1.幅600cm以上、深さ20cmほどのプランターを準備し、土を入れる
2.10~20cm間隔に指で穴を空け、それぞれに種を3~5粒まく
3.以降の手順は、鉢植えの3~7の手順と同様

<地植え>
1.日当たりのよい場所を選んで、種をまく2週間以上前に土を耕す
2.耕した土に苦土石灰を混ぜる
3.種まきの1週間前に土作りをする
4.土を高さ10cmほど盛り、スジを作る
5.スジを複数作る場合は、60cmほど間を空ける
6.15~30cm間隔に指で穴を空け、それぞれに種を3~5粒まく
7.土を軽く被せ、たっぷりと水を与える
8.本葉が5~6枚になったら、株同士の間隔が15~30cmになるよう間引く

<菜の花は育て方は簡単>
菜の花などアブラナ科の植物は、害虫の被害が心配ですが、
それ以外は日当たりのよい場所に植えさえすれば、丈夫に育ってくれます。
発芽率が高く、種からの栽培にチャレンジしたい方におすすめですよ。
また、植え替えや剪定の手入れがいらないこともうれしいですよね。
ガーデニング初心者でもきれいに花を咲かせることができるので、
庭にスペースがある方はぜひ、菜の花を育ててみてくださいね。


≪三鉄沿線花プロジェクト≫
事務局:NPO法人夢ネット大船渡
大船渡市盛町字内ノ目14-15
TEL:0192-47-3271


連絡先:三陸鉄道盛駅
TEL・FAX:0192-47-3542

第9回 盛駅前賑わい市
9月10日の土曜日。
今年度9回目になる『盛駅前賑わい市』を開催しました。

盛駅は、三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRT
2つの路線の駅が並ぶ大船渡市の玄関口!
地元利用者や遠方からの旅行客など、
様々な方が訪れる駅です。
人が集まれば出会いがあり交流が生まれます。


このイベントは、地場産品の販売で買い物客を増やし、
盛駅前やその周辺のお店へ賑わいを波及させることが目的です。
そして街の活性化につなげて元気な街にすることを目指しています。
『盛駅前賑わい市』は10月まで毎月第2・第4土曜日に開催。

だいぶ涼しく感じる時期となりましたね…。
それでも台風が過ぎ去ったこの日はやや暑かったです。

<お野菜販売>
地場産品の販売は、JAおおふなと女性部「はこべの会」
ご協力を得ております。地元で採れた旬の新鮮な
お野菜を販売しています。この日は、トマト・きゅうり・
ナス・ブドウ・栗・サツマイモ・ジャガイモ・カボチャ・
大根・スイカ・タマネギ・ネギなどなど!


販売が始まると同時に人が集まり、野菜販売は大人気!
お値段もお得!袋いっぱいに購入されたお客様もいました♪
ご利用ありがとうございます!


<お茶のサービス(無料)>
冷たくて美味しい麦茶をご用意しています。
ちょっとした休憩などお気軽にご利用して頂ければと思います♪
また、待合室に置いていた
『岩泉町台風10号災害支援募金箱』を設置しました。


<衣類・布類の配布(無料)>
衣類を無料でご提供しています。
手芸の生地として活用して頂いても構いません!
もちろん!そのまま着て頂いても良いですよ♪
お気に入りの衣類がありましたら、ご自由にお持ち帰りください。


<囲碁の指導>
テーブルに囲碁を置いて、
「囲碁をやってみたい!囲碁に興味がある!」など、
遊び方を教わりたい方へ指導を行いました。
なかなか奥の深い囲碁の世界。その魅力を楽しめます♪


盛駅前から賑わいを創出して駅周辺の街を活性化!
来月10月で今年度は終了になりますが、
第2第4土曜日に開催しておりますので、
お立ち寄り頂ければと思います。ご来場ありがとうございました!

次回の開催日をご案内します。

『第10回 盛駅前賑わい市』
<日時>
9月24日(土) 10時~12時30分
<内容>
盛駅前や周辺の街を元気に!
新鮮な旬のお野菜販売(JAおおふなと女性部 はこべの会)
衣類配布/お茶のサービス/囲碁・マジック指導など
10月まで毎月第2・第4土曜日に開催!

ふれあいノート -2016年8月-
三陸鉄道南リアス線盛駅には『ふれあいノート』があります。
震災の年からノートを設置して今では6冊目になりました。

東北旅の想い出・大船渡の印象や感想、
盛駅の様子や三陸鉄道への応援メッセージ、
被災地の現状など、お気軽にお書きください。

それでは、2016年8月に書き込まれ印象に残った内容をご紹介します。


-------------

「新潟から鉄道とバスで東北一周中」

「じぇじぇじぇ by福岡人」

「他の地域には列車が通っていなくて、
ここだけ通っているので、スゴイ!と思いました」


「あたたかい東北大スキです♡」

「この地域は石川彗の活気にあふれていて凄いと思った!!」

「九州のおばあちゃんとおじいちゃんときました。
今日は、あついです。」


「釜石からきました。高田高校に行きました。今日はあついです。」

「8月9日「さかり七夕まつり」めっちゃエンジョイした!!」

「今日はたなばた!!めっちゃ楽しかった♪」

「大阪近畿大学より参上!!!上田貴子ゼミ
盛⇔唐丹 往復非常に充実しておりました。」


「大阪から久慈へ行きます。東北はいい所です。」

「北海道からきて東北旅こんなに
いい所とは思いませんでした。世界一」


「いい所だね」

「盛はいいところ ハッキリわなんだね。
盛はホントにいいところ()(`^ω^´)ンフー
数年後また来たい。」


「東京から部活できました!
箱明館中学高等学校 鉄道研究部10名」



「夏まっ盛りなはずなのに、
どことなく切なさが出てきた夜風にあたりつつ、
釜石行きの列車を待ちます。
少しのんびりと、時間をつかうひととき、
仙台とは一味ちがった時の流れ、
ちょっとぜいたくに盛駅でのひとときをすごします。
また新しい作風に出逢えそうです。
今度はお昼にも来ますね!」


「6年ぶりに到達。前回と比べると心なしか
にぎやかで元気になっている気がします。
あとは大船渡線が復興するのをただただ待つだけです。」


「牛久市から来た~!」

「浦安から来ました。子どもたち、電車好きなので大喜び!!」

「でんしゃありがとう♡
とてもすばらしいとおもいました。」


「1年半ぶりに盛・大船渡の地に来ました。
2日間の行程で滞在し、久々のこの地を楽しみたいと思います。
昨年4/3に一緒に来た仲間も今度つれてきたいと思います。」


「ずっと乗りたかった三鉄に乗りに来ることができました!!!
釜石までいってまいります。次来るときは誰かと一緒に…。
素敵です好きですまた来ます。」


「京都から、来ました。初めて、三陸鉄道乗ります。
恋し浜まで!!がんばれ東北」


「福岡から夜行バス・普通列車、
BRTを乗り継いで、盛までやってきました。
これから釜石・宮古、そして久慈を目指します。
4月、福岡でも大きな地震がありました。
震度5弱程度でしたが、その夜は怖くて眠れませんでした。
5年前を思うと、とても考えられません。怖すぎた。
5年前のあの日以降、被災者の皆様によりそっていた
つもりでいましたが、思い上がりでした。
少しずつ、頑張っていきましょう。
私も頑張る!一緒にがんばろう、東北!」


「東京・葛飾から来ました。
ず~~~~~~っとさんてつに乗りたかったので
うれしかったです!がんばれさんてつ!!(また来ます)」


「鎌倉から来ました。」



「震災時に夫が三鉄さんにささやかながら寄付をして
盛駅近くの線路の枕木に名前のプレートを置いてくれました。
ずっと見に来たいと思っていましたがやっと来れました。
この辺かなー?と思われる場所で写真を撮りました。
すっかりきれいになって被害のおもかげはほとんど
感じられませんが、当時は大変だったことでしょう。
皆様の頑張りに頭が下がります。夫と二人で
来たかったのですが、夫は一年前に他界。
一人で来ました。夫に行って来たよと報告します。」


「今日は初めて岩手県に来ました。
一関で新かん線を降りて、そこから車で毛越寺へ行き、
猊鼻渓へ行き、この盛駅へ到着しました。
これから三陸鉄道乗ってきます。たのしみです!」


「南リアス線を御利用の皆様へ
皆様ハレルヤ!鈴木恒治デス!
被災地の子供達にスマイルを!
少年野球で、日本の子供に笑顔を
御協力をお願いします。
100円がパワーになります。
改札に出して下されれば、助かります。
日本橋ドリンカーズGM」


「横浜から!!本日は仙台まで!!
絶景区間が窓曇って見えなかった…。」


「東京から来ました。
台風11号の影響で釜石は小雨…。
三鉄サイダーを飲みながら列車に乗ると
途中のトンネルを抜けたら何という青空が!!
海はキラキラ輝いてとても美しかった!!
恋し浜でも停車時間も長めにとって頂いたので
ホタテ絵馬を描くことができました。
南リアス線釜石~盛まで乗ってよかった!!
復興の一助としては微々たるものですが、
おみやげを買ったり観光したり少しでも
復興のお役に立てればと思います。
がんばっぺ岩手!!ありがとうございました」


「何十年ぶりで盛駅に来ました。子供の頃です。
街もしっかり変わり、時代の流れに感じ、
震災で被害を、胸がつまる思いです。
茨城から、1度三陸鉄道に乗って見たいと思い、
今日駅のスタッフも優しい笑顔で対応して下さって、
本当に有り難うございます。また来て見たいです。
楽しい思い出を作る事が出来まして嬉しい限りです。」


「8/23に夜行バスで来ました。
今は8/24で盛から、又、夜行で、池袋まで帰ります。
息子が北里大でしたので、そのきっかけで訪れまして、
10年位、続いています。残念ながら大学は
震災で閉鎖になりましたが、その自然に魅せられ、
通い続けてます。いつも三陸の越喜来から釣に出ます。
今回は、まあまあのが2枚釣れましたよ。
あずま荘さん、お世話になりました。」


「れんしゅう試合に行くため、利用しました。
とてもべんりです!安心して乘ることができました。
ありがとうございます♡」



-------------

8月といえば夏休み!旅行者が訪れる時期でもあります。
書き込まれた方々は、新潟県、福岡県、宮城県仙台市、
岩手県釜石市、大阪府、北海道、東京都、静岡県、
茨城県牛久市、千葉県浦安市、埼玉県、京都府、
神奈川県鎌倉市、神奈川県横浜市、そして地元中学生!

たくさんの方が書き込みして頂きました。ご記入ありがとうございました!

鉄道研究部の方、子供の頃に乗車された方、
東北旅行や岩手旅行で訪れた方、
枕木プレートに名前を刻まれた夫の妻など、
様々な方が盛駅へお立ち寄りになりました。
皆様、三陸鉄道への乗車を楽しみに来られた方ばかり!
天候の影響もありますが絶景を御覧になられたことと思います。
残念ながら天候が悪かった方は再び訪れて頂き、
その素晴らしい景色を御覧になってほしいと思います。

そして、それぞれの旅のお役に立てていれば幸いです。

地元中学生の書き込みはとても嬉しいです♪

5年以上が経過した被災地です。
その現状は災害公営住宅が完成し、本設された店舗もあります。
被災した全ての住宅や店舗がというと、
今も仮設住宅で過ごしている方もおりますし、
仮設店舗で営業されている方もおります。
防潮堤は建設中ですが、完成には至っていない場所が
目立つようにも思います。
テレビでは被災地の情報は報道されなくなっています。
では、復興したのか?と言われれば、まだですね。
今も嵩上げ工事が行われ、山を削って
防災集団移転の場所を作っている最中です。
そして、それぞれに抱える“心の復興”が重要です。

実際にご自身の目で震災復興の様子、
復旧工事の進捗具合を確かめてほしいと感じています。
被災地へ足を運び御覧いただくことが、
現状を知るには一番です。

三陸鉄道は平成25年4月に一部の区間で運行を再開しました。
平成26年4月には北リアス線・南リアス線ともに復旧し、
全線で運行を再開することができました。
車両はクウェート国からのご支援により、
新潟トランシスで製造され、新型車両が4両も届きました。
心から感謝申し上げます。
震災後の運休状態から全線で運行を再開したことで、
『復興のシンボル』と言われています。
三陸鉄道は高架を走行しています。
車窓からの眺めは、街の様子を一望することができます。

南リアス線絶景ポイント『吉浜湾』です!
晴れた天候の良い日、青い空と青い海、キレイな水平線♪
広がる大自然の風景や半島の地形、港も御覧になれます。


旅の思い出をこの『ふれあいノート』に書き残してみませんか?
今の気持ちを表現してみるのも楽しいですよ♪

毎月、印象に残った内容をご紹介しています。
三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際はお気軽にどうぞ!
第34回 三鉄駅弁列車
8月28日の日曜日。
この日『第34回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は2,500円で駅弁と乗車券代になります。
参加人数はスタッフ2名を含めて17名が乗車。
通常ではなかなか乗車する機会の少ない
豪華な『新型レトロ調列車』を貸切って行いました!


『三鉄駅弁列車』は盛駅を11時26分に出発!
最初に盛駅を運営しているNPO法人夢ネット大船渡
岩城理事長が挨拶され、駅弁とお茶をお配りしました。

今回は、岩手県の一関市、滝沢市、宮城県の気仙沼市、
東京都や千葉県、地元の大船渡市や陸前高田市の方が
参加されました。ありがとうございます!

駅弁は、碁石給食(株)様のご協力により
『いわて恵みづくし弁当』をご提供しております。
内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬け。

海産物がたくさん入った豪華なお弁当で大好評です♪


往路は岩城理事長による被災地・観光地ガイドを行っております。
ガイドは沿線の各場所ごとに説明されています。
東日本大震災での被災状況、
過去の大津波で被災した歴史や石碑、
災害公営住宅が建設された場所、
復旧工事の様子(防潮堤工事、嵩上げ工事、
防災集団移転へ向けた工事)など、そして観光情報も併せて、
時には笑い話を入れながら分かりやすくご案内しています。

観光として有名な恋愛のパワースポット
『恋し浜駅』には11時43分に到着。ここで10分間の停車。

『恋』の文字が入った駅は全国で4か所のみ!
待合室には現在、約30,000枚以上になる
『ホタテ絵馬』が奉納されています♪
お立ち寄りの際はぜひご覧ください。

そしてホームには『幸せの鐘』があります!
「ひと鐘ならせば幸せが訪れる」と言われています♪

記念写真を撮影されたりホタテ絵馬を御覧になられたり、
幸せの鐘を鳴らしてみたり。恋し浜駅での
停車時間を満喫されておりました。


折り返し地点の釜石駅には12時30分に到着。
ここでどちらの景色も眺められるよう
海側と山側の座席を交換しております。

釜石駅は12時45分に出発!
復路では岩城理事長によるマジックショーが始まりました!

紙やトランプを使った得意のマジックを披露!
お客様を楽しませ、明るく和やかな時間を過ごしました。
時にはお客様にもお手伝いして頂きました♪

ここでサプライズがありました!
参加者の中に、アコーディオン奏者の
後藤広一さんが乗車されておりまして、
急きょ列車内でアコーディオンの演奏会が始まりました♪


実は、11月4日(金)に
「アコーディオン列車」を運行予定になっています。
その列車内演奏のテストも含め、演奏が行われました。
数曲の演奏でしたが、その優しい音色、心がワクワクする音は
とても心地が良く、素晴らしい時間となりました♪
ありがとうございました!


盛駅には13時40分に到着。
ホームで記念の集合写真を撮影して終了となりました。


ここでも参加者へアコーディオンを持たせたり、
ホームで音を鳴らして聞かせたりと楽しい余韻は続きました♪


皆様、地産地消の美味しい駅弁を堪能され、
天候も良くて景色の眺めも最高!
美しい吉浜湾の絶景をご覧になりとても喜ばれました!
車窓から見た被災地の現状、説明を聞きながら
5年以上が経過した今を見て頂きました。


三陸鉄道南リアス線の魅力や新型レトロ調列車へ乗車した
素敵な思い出を参加者へご提供できたことと思います。
約2時間の列車旅を満喫されました♪ご利用ありがとうございました!

それでは感想をご紹介します。

「今日はありがとうございました。
初めてなので又も来たいと思います。」


「素晴らしかった。ただただ素晴らしかった。
料金が安く申し訳ない様な気もした。」


「望んでいた三鉄のレトロに乗って楽しかったです。
天気も良く(8月28日)岩城さんの手品も楽しかったです。
三陸鉄道ガンバレ!」


「今日楽しい一日をすごしました。
ありがとうございました。弁当もおいしかったです。
マジックも楽しかったです。又、参加したいと思います。」


「お弁当、ガイド、お天気、全部最高でした。
10年前位に2年間大船渡に住んでいましたので、
愛着があります。又、機会がありましたら、
参加させていただきます。お世話になりました。」


「楽しい2時間の旅でした。
手頃なお値段なので気軽に参加できますネ!!
お天気が良かったので、海の色も美しく、
上からながめる川も澄んでおり川底がはっきり見えました。
四季折々の風景が楽しめそうです。又、乗りたいですネ!!
お世話になりました。」


「種々の説明によって沿線の被害の大きさと
復興の難しさを知りました。沿岸のボランティアを
結集して花で飾り、それによって沿線がきれいに
なって元気になり、集客に結びつけばと思います。
岩城さんの奮闘ごくろう様です。」


「年に1度の旅行を楽しみにして来ました。
弁当付きでとっても楽しい…。スタッフの方の手じな、
アコーディオンまでとても良かったです。
又、来たいと思います。今度は、孫達を連れて…。」


「友人のさそいで今回
三鉄駅弁列車に来る機会を得ましたが、
とても楽しい時間になり人生の思い出になりました。
2011.3.11、三陸地方の震災、津波の被害状況も
感じることができたし、8月28日の青空の下で、
青い海と空の青さにも感動しました。
又、車内での演奏やトランプ的手品etc
本当にありがとうございました。」


次回の開催をご案内いたします。

『第35回 三鉄駅弁列車』
<日程>
9月22日(木・祝)
<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時40分盛駅着
<集合>
11時00分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
2,500円(駅弁・乗車券代)
<定員>
48名(最低催行20名)
<申込締切>
9/16(金) ※事前のお申込みが必要
<最終申込締切>
9/19(月)
<内容>
豪華で人気の新型レトロ調列車をへ乗車します!
楽しい観光・被災地ガイド付き!
被災地の様子を知ることができます。
食べ物・飲物の持込み自由!
海の幸がたくさん入っている
大好評な『いわて恵みづくし弁当』をいただきます♪
約2時間の列車旅をお友達と一緒に楽しみましょう!
吉浜湾の絶景ポイント、被災地の現状、
車からとは違う視点からの景色をご覧になれます!


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542


---------

『アコーディオン列車』
<日程>
11月4日(金)
<時間>
14時00分盛駅発~釜石駅折返し~16時00分盛駅着
<集合>
13時20分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
1,000円(お茶お菓子付き・乗車券代)
<定員>
30名
<申込締切>
11/2(水) ※事前のお申込みが必要
<内容>
豪華で人気の『新型レトロ調車両』の中で、
アコーディオンサークル『風のアンサンブル』による演奏会を開催♪
そして、アコーディオンの音色に合わせて皆で合唱もします!
乗車前には盛駅前広場での演奏もあります。
食べ物・飲物の持込み自由!
音を堪能しながら吉浜湾の絶景もご覧になれます!
約2時間の列車旅をお友達と一緒に楽しみましょう!



<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

岩泉町台風10号災害支援募金箱を設置
9月2日の金曜日、三陸鉄道盛駅の待合室に
『岩泉町台風10号災害支援募金箱』を設置しました。


8月30日に上陸した台風10号による被害は甚大でした。
岩手県岩泉町の河川の氾濫、道路の冠水、
道路の寸断、土砂崩れなどの被害が発生しました。
また岩泉町にあるグループホームの入所者9人が遺体で発見されました。

岩手県内では1093人が孤立しているそうです。
岩泉町の6つの地区の27か所で、873人が孤立状態とのこと。

避難所へ避難されている人は、5つの市町村で832人にもなります。
岩泉町で742人、田野畑村で35人、宮古市で31人、
久慈市で16人、釜石市で8人となっているそうです。

岩手県岩泉町岩泉にある日本三大鍾乳洞の一つ
『龍泉洞』が、台風10号の豪雨の影響で水没しました。
入り口から水が滝のように溢れ出し、
近くの本田川に流れ込んでいる状態で、
営業再開の見通しは立っていないとのこと。
『龍泉洞』は国指定の天然記念物で美しい地底湖で知られています。

被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。
また、亡くなられた方々へご冥福をお祈り申し上げます。

この募金は、岩泉町役場を通して支援いたします。
ご協力をよろしくお願いいたします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。