三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第33回 三鉄駅弁列車
7月24日の日曜日。
『第33回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は2,500円で駅弁と乗車券代になります。
(小学生の参加費は2,000円)
参加人数はスタッフ2名を含めた28名。
今回は夏休みの期間での運行ということで、
大船渡市内にある船河原地区子供会の親子13名が
参加されていました。ありがとうございました。

豪華な内装で紫色の車体である『新型レトロ調列車』
貸切って行うイベント列車です!

『三鉄駅弁列車』は盛駅を11時25分に出発しました。
車内では盛駅を運営しているNPO法人夢ネット大船渡
岩城理事長が挨拶され、「ホームでは盛駅職員が
お見送りしていますので手を振って下さい。」
と参加者へご案内。
笑顔で手を振られていましたね♪いってらっしゃいませ!

そして駅弁とお茶をお配りしました。

駅弁は、碁石給食のご協力により
『いわて恵みづくし弁当』を取り扱っております。
内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬け。
海産物が豊富に入った豪華な内容で大好評となっています♪

往路は岩城理事長による被災地・観光地ガイドを行いました。
その内容は、震災時の様子や被災地の現状、
復興の様子、過去の津波被害の歴史や観光など、
時には笑いを提供しつつ分かりやすく丁寧に説明されました。

地産地消の美味しい駅弁を召し上がりながら景色を眺めて、
お友達とも会話が弾み、列車は釜石を向けて進んで行きます。


被災地ガイドの内容としては各場所ごとに説明し、
東日本大震災での被災状況、過去に大津波で被災した歴史や石碑、
災害公営住宅が建設された場所、
復旧工事の様子(防潮堤工事、嵩上げ工事、
防災集団移転へ向けた工事など)を案内しています。

恋愛のパワースポット『恋し浜駅』には
11時43分に到着しました。ここで5分間の停車となります。


『恋』の文字が入った駅は全国で4か所のみ!
待合室には現在、約30,000枚以上になる
『ホタテ絵馬』が奉納されています♪


ホームには『幸せの鐘』があり、
ひと鐘ならせば幸せが訪れると言われています♪


釜石駅には12時30分に到着。ここで海側と山側の
どちらの景色も眺められるよう座席を交換しています。

そして12時45分に釜石駅を出発!
釜石駅を折り返した復路では、岩城理事長による
ホラ吹き大会での漫談とマジックショーを行いました!

得意の紙を使ったマジックを披露!
2種類の破った紙がどちらも復活するマジックなど、
お客様にも体験していただきました♪

盛駅には13時40分に到着。
ホームで記念の集合写真を撮影して終了となりました。


海産物がたくさん入った美味しい駅弁を堪能し、
吉浜湾など絶景を眺めてカメラで撮影されておりました。
車窓からの被災地の現状や説明を聞いて震災から
5年以上が経過した今を把握して頂きながら、
友人やご家族、仲間と会話を楽しみながら、
約2時間の列車旅を満喫されました♪


三陸鉄道南リアス線の魅力、新型レトロ調列車へ乗車した
素敵な思い出をご提供できたことと思います。
今回は船河原地区子供会の皆様をはじめ、
岩手県の内陸にある奥州市、宮城県気仙沼市、
そして地元の大船渡市内からご参加されました。
ご利用ありがとうございました!

それでは、感想をご紹介します。


「今日は、大変お世話になりました。
テレビ等で見て一度は乗って見たいと思っていました。
災害時の様子もくわしく説明していただき、
貴重な体験になりました。おいしいお弁当もいただき、
兄弟のしんぼくも出来て、とても良い思い出になりました。
これからも体に気をつけて復興に頑張って下さい。」


「久し振りに乗った電車、大変楽しかったです。
弁当もおいしくいただきました。
ガイドさんも良く案内していただき
ありがとうございました。
元気なうちにもう一回これたらいいなー。
ありがとうございました。」


「昨年につづき2回目の乗車です。
駅弁が大変おいしかった。
ガイドの案内が上手でなれたもんですね。
感心しました。今度は老人クラブの人達を
さそって来たいと思います。(来年もやっているかナ。)
楽しい一日となりました。ありがとうございました。」


「駅弁が海のあわび、いくら、ほたて、
しばらくぶりでおいしかったです。
お話しも、たくさんできて楽しかったです。
今日も1日ホットした気持になれて、
よかったです。またよろしくお願いいたします。」


「電車から見るけしきは、とってもきれいで
やっぱり海のながめはかくべつでした。
おべんとうは、おいしかったです。」


「少し早い夏休みの親子行事で利用しました。
キレイな車両でおいしいお弁当。
子供たちも始めての電車の旅を楽しんでいました。
利用して良かったです。」


「私は、初めて三鉄に乗りました。
乗ったしゅんかんとても高級感があふれていて
すてきでした。お弁当もおいしいし、子供たちが
運転できる体験もあって楽しかったです。
早めの夏休みのいい最高の思い出が出来ました。
学校の友達にたくさん思い出話を聞かせたいです。
今日は、とっても楽しかったです。手品も面白かったです。」


「列車に乗る事があまり無かったので、
親子で楽しめました。子供がまた乗りたいと
言っているので、また参加したいと思います。
弁当も美味しかったです。」


「正直、子供会イベントであまり気乗りが
してなかったが、予想以上に子供達と
一緒に楽しめた。仕事柄出張が多く
色々な駅弁を食べたが、その中でも
おいしい部類に当たる駅弁だった。
地元民としてもうれしい。
お話しの中で赤字イベントと聞いたが
黒字運営できるようなアイディアが
必要かと思う。難しい問題では
ありますが…。頑張ってください。」


「行程、弁当と申し分なくよかったです。
これからもおいしいものを提供して下さい。
三鉄さんのがんばりに期待します。」


「始めて三陸鉄道に乗り、
大変良かったです。特にガイド案内が非常に
楽しく聞かせてもらいました。
又、機会があったら乗りたいと思います。
今日はありがとうございました。」


次回の開催をご案内いたします。

『第34回 三鉄駅弁列車』
<日程>
8月28日(日)
<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時40分盛駅着
<集合>
11時00分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
2,500円(駅弁・乗車券代)
<定員>
48名(最低催行20名)
<申込締切>
8/22(月) ※事前のお申込みが必要
<最終申込締切>
8/25(木)
<内容>
豪華で人気の新型レトロ調列車を使用!
楽しい観光・被災地ガイド付き!
被災地の様子を知ることができます。
食べ物・飲物の持込み自由!
海の幸がたくさん入っている
大好評な『いわて恵みづくし弁当』をいただきます♪
約2時間の列車旅をお友達と一緒に楽しみましょう!
吉浜湾からの美しい絶景ポイント、被災地の現状、
車からとは違う見事な景色をご覧になれます


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

スポンサーサイト
第6回 盛駅前賑わい市
7月23日の土曜日。
今年度6回目になる『盛駅前賑わい市』を開催しました!

「盛駅前や周辺の街を活性化!そして元気に!」
目的に行っております。地場産品の販売で買い物客を増やし、
盛駅前やその周辺のお店など賑わいを波及させて
街の活性化につなげて元気な街になればという思いで開催しております。
※『盛駅前賑わい市』は10月まで毎月第2・第4土曜日に開催。

時間帯は10時から12時30分まで。
今回は広がる青空の下、暑い夏の陽気の中、
テントを張って行いました。今回はのんびりとした雰囲気でした。


<お野菜販売>
JAおおふなと女性部「はこべの会」のご協力により、
地元で採れた旬の美味しいお野菜を販売しております。


今回もお野菜を並べればすぐにお客様が集まる人気ぶり!
購入されるお客様が多かったですね!
安くてお得で地元産のお野菜で新鮮でとなれば注目ですからね!
品揃えも充実していました。ご利用ありがとうございました!


<お茶のサービス(無料)>
ちょっとした休憩所!今回も冷たい麦茶をご用意しました。
囲碁を並べましたので、お気軽にご利用ください。


<衣類・布類の配布(無料)>
布地など手芸の生地にも使用できる衣類から、
未使用の衣類など無料でご提供しております。
ご自由にお持ち帰りください。


盛駅は、三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRT
2つの路線の駅が並ぶ大船渡市の玄関口!

普段ご利用になられている地元のお客様や、
遠方から訪れた旅行客や観光客、
団体利用のお客様など様々な方々が
立ち寄られている盛駅です。

人が集まれば出会いがあり交流が生まれます。

地元の方や遠方からのお客様などが訪れる駅です。

盛駅前から賑わいを創出して駅周辺を活性化!
毎月2回、第2第4土曜日に開催しておりますので、
もっともっと多くの方に知って頂き、
盛駅周辺の街を元気にする為にも取り組んで参ります。
ご利用をお待ちしております。ご来場ありがとうございました!

次回の開催日をご案内します。

『第7回 盛駅前賑わい市』
<日時>
8月13日(土) 10時~12時30分
<内容>
盛駅前や周辺の街を元気に!
旬の野菜販売(JAおおふなと女性部 はこべの会)
衣類配布/子供服の交換所/お茶のサービスなど
10月まで毎月第2・第4土曜日に開催!

第37回 三鉄 駅からウォーク
7月16日の土曜日。
この日は『第37回 三鉄 駅からウォーク』を開催しました。
参加費は450円で保険料と往復乗車券代。
16名が参加されました。ありがとうございました。
このイベントは、沿線の史跡巡って地元の魅力再発見や健康増進、
三陸鉄道の利用促進などを目的に行っています。

今年度は年間12回開催する「駅からウォーク」で、
8回以上参加された方に完歩証の表彰を行い、贈呈品を差し上げます。
(年間完歩証チャレンジ実施中!)

今回は【綾里駅】から不動滝・大小迫つむぎの家を散策しました。
それでは、ウォーキングの様子をご紹介いたします。

盛駅を9時13分発の三陸鉄道へ乗車。
目的地の綾里駅には9時25分に到着。

この日は曇り空でウォーキングするには
まずまずの天候となりました。

駅前で休憩を取って準備体操した後、
駅構内にある『綾里大権現』の倉庫を御覧になりました。
ここにあるのは重さ1トンにもなる権現様です。


その後、不動滝を目指してウォーキング開始!


途中くるみの実など森林浴を楽しみながら歩きました。
駅から約3キロほど歩くと目的のひとつ『不動滝』に到着しました。


【不動滝】
趣のある二つの鳥居を越えた先にあるのが
15メートルの高さから流れ落ちる『不動滝』です。
右側が男滝、左側が女滝。
その中間の岩窟には不動尊が祀られています。
古来より五穀豊穣・不老長寿の神水として
地元の人たちに信仰されてきました。
また、岩手の名水20選にも選ばれております。


前日までの雨から水量が多くて
見事な滝と思いきや普通の水量でした。
男滝と女滝、中間の不動尊等、神秘的な雰囲気の中で、
身も心も洗われたような気持ちでした。

<男滝(白糸の滝)>


<女滝>


清々しい空気を感じながら、
ここで15分間の休憩を取りました。


そして来た道を戻って帰ることにしました。


鳥居の場所で記念写真を撮影!


帰り道には『大小迫つむぎの家』へ寄りました。
築140年の古民家になります。
「つむぎの家」の名前には、人と人、人と自然を
つなぎ「紡ぐ」という思いが込められているそうです。
千田さんご夫妻はここを拠点にして地域の方々とともに、
里山を再生させる活動を続けられております。


千田さんご夫妻により、140年前に建てられた家の様子と、
耕作地をご案内していただきました。ありがとうございました。


古民家の座敷と長屋もご案内されました。
気仙大工の匠の業で建てられていて、
細部まで感心して見入ってしまいました。



耕作地では、鹿の被害に困っているご様子でした。


ヤギ1頭を飼育されていて見送られながら駅へ向かいました。
沿道に咲くアジサイがとてもキレイでしたね♪


12時30分頃、綾里駅へ辿り着きました。


12時46分綾里駅出発の列車に乗車して、
盛駅には12時58分に到着しました。
これにて『第37回 三鉄 駅からウォーク』は終了となりました。
ご参加ありがとうございました!

次回の開催をご案内します。

『第38回 三鉄 駅からウォーク』
<日程>
9月17日(土)
<集合>
8時30分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時13分盛駅発~吉浜駅~12時58分盛駅着
<参加費>
750円(保険料・往復乗車券代)
<持ち物>
飲み物
<申込締切>
9/14(水) ※事前のお申込みが必要
<内容>
【吉浜駅】水上助三郎翁・根白漁港を散策!
※年間完歩証チャレンジ実施中!(条件:8回以上の参加)


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室
7月11日の月曜日、
今年度の『第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室』を開催しました。
参加人数は6名と講師3名の計9名で行いました。
参加費は2,000円で、材料費・乗車券代になります。

9時13分盛駅発の三陸鉄道へ乗車して
降りる駅は甫嶺駅。9時35分に到着しました。
この駅から徒歩5分の場所にあるのが『さんりく陶芸工房』です。
越喜来小学校の校庭の片隅にあります。

講師から作り方の説明がありました。
それから材料の粘土を受け取り、
陶芸教室が行われました。作業開始です!


上手に作るコツは粘土に空気を入れないこと。
その為には粘土を充分にねることが大事です。
指導を受けながら作業が進みます。


自分だけの陶芸作品を作り上げていきます!


ろくろを使ったり、指やヘラで形を整えたり…。
それぞれ理想の完成形を思い描きながら、
物作りの楽しさを味わいつつ時間が過ぎていきます。


細かい部分まで丁寧に形を作り、
講師のアドバイスを受けては調整を繰り返し、
黙々と取り組まれておりました。
出来上がった作品は乾燥させます。


作業を終えた方から掃除を行い、
『さんりく陶芸工房』を後にしました。
作り上げた作品がどのようになるのか、
想像するだけで楽しくなりますね♪

参加者は12時35分甫嶺駅発の三陸鉄道へ乗車しました。
乗車した列車は、新型レトロ車両!


盛駅には12時58分に到着。これにて終了となりました。
ご参加ありがとうございました!

今回の作業は第一段階。
第二段階として色付け作業を行うまで乾燥させます。
色付けは9月に行う予定です。

【三陸町陶友会について】
三陸鉄道を利用して頂く為の施設として、
県の地域活性化調整費と町予算により、
「窯」と「さんりく陶芸工房」が
平成10年(1998年)に建てられました。
毎週月曜日、陶芸製作が行われています。

第5回 盛駅前賑わい市
7月9日の土曜日。
今年度の第5回『盛駅前賑わい市』を開催しました。

「盛駅前や周辺の街を活性化!そして元気に!」を目的に開催しています。
地場産品の販売で買い物客を増やして、盛駅前や周辺のお店など
賑わいを波及させて街の活性化につなげようと、
元気な街になればという思いで開催しております。
※『盛駅前賑わい市』は10月まで毎月第2・第4土曜日に開催。

時間帯は10時から12時30分まで。
あいにくの雨模様。梅雨の時期ですからね…。
それでもテントを張って開催しました。

<お野菜販売>
JAおおふなと女性部「はこべの会」のご協力により、
地元で採れた旬の美味しいお野菜の販売!新鮮です!
雨ということで、JR盛駅の待合室をお借りして行いました。


雨降りの日は人の流れが少なかったですが、さすが人気の野菜販売です!
安くて新鮮で地元産のお野菜ですからね!ご利用ありがとうございます!


<お茶のサービス(無料)>
冷たい麦茶と囲碁を並べてちょっとした休憩所があります。


<衣類・布類の配布(無料)>
着物や布地など手芸の生地にも使用できるような衣類から、
未使用の衣類をご用意しております。
開催の際はご自由にお持ち帰りください。


盛駅は、三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRT
2つの路線の駅が並ぶ大船渡市の玄関口です!

地元の方や遠方からのお客様などが訪れる駅です。

賑わいを創出して盛駅周辺を活性化!
毎月2回、第2第4土曜日に開催していますので、
多くの方に利用して頂き、盛駅周辺を元気にする為にも
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ご来場ありがとうございました!

次回の開催日をご案内します。

『第6回 盛駅前賑わい市』
<日時>
7月23日(土) 10時~12時30分
<内容>
盛駅前や周辺の街を元気に!
旬の野菜販売(JAおおふなと女性部 はこべの会)
衣類配布/子供服の交換所/お茶のサービスなど
10月まで毎月第2・第4土曜日に開催!

ベアレンビール列車
6月25日の土曜日。
この日は『ベアレンビール列車』を運行しました!
主催は三陸鉄道株式会社・盛駅ふれあい待合室。
協賛は、株式会社ベアレン醸造所・綾里漁業協同組合・やはぎ食堂になります。

参加料は4000円で、スタッフ7名含む52名が参加されました。
ご利用ありがとうございました!

今回ご用意された『ベアレンビール』は4種類!
メニューがこちらとなっております!


『クラシック』
麦芽の芳醇な香りとコク、そしてホップの苦みが
絶妙に絡み合う黄金色のビール。
「2015年 世界に伝えたい日本の地ビール 第一位」
になった、ベアレンを代表するラガービールです!

『ラードラー』
レモネードとビールのビアカクテル。
ラードラーとはドイツ語で「自転車乗り」という意味です。
国産レモン果汁を使用し、専用のベースビールを無添加で
自然な味わいに仕上げました。
ベアレン人気投票No.1になった、爽やかな味わい!

『シュバルツ』
ラガースタイルの黒ビール。現在世界中で人気の黒ですが、
ギネスで有名なスタウトよりも口当たりが軽いのが特徴です。
意外にも女性からの支持率が高いのも納得!

『ヴァイツェン』
酵母入りの濁りが特徴の、小麦麦芽を使用した白ビール。
南ドイツ・ミュンヘンで盛んなビールですが、
完熟バナナを思わせる豊かな香りが特徴です!

盛岡市の本格的ビール「ベアレンビール」飲み放題のイベント列車!
『新型レトロ調列車』を貸し切って行い、18時30分に盛駅を出発しました!

最初に皆様のテーブルの上に置かれていたのは、
ベアレンのサイダー『English Cider』です!


岩手県産のリンゴ100%で仕上げ、英国パブ伝統の味わいを再現!
『English Cider』を手に持ち、「株式会社ベアレン醸造所」代表の方の
ご挨拶で乾杯が行われました!


オードブルは「やはぎ食堂」のご協力になります。
最初は「魚のオードブル」を召し上がって頂きました。
色んな種類の味が楽しめて、幸せ気分でしたね♪


スタッフへお声を掛けて頂き、注いだビールを座席へお届けします。


お客様はベアレンビール各種を美味しそうに味わい、
笑顔で明るく楽しく過ごされておりました。
ベアレンビール好きなファンの方も多いですが、
どなたも次々に御代わりされていて堪能されていました♪


恋愛のパワースポット『恋し浜駅』で数分間の停車。
ホームへ降りて待合室に奉納されている「ホタテ絵馬」を
ご覧になられた方、幸せの鐘を鳴らされた方、
記念写真を撮影される方などそれぞれ楽しまれました。


恋し浜駅では綾里漁業協同組合から『恋し浜ホタテ』を受け取り、
皆様にお配りしました。地元産の最高に美味しいホタテ!


釜石駅には19時35分に到着。


19時50分に折り返し出発してからは、
第二弾となる「お肉のオードブル」を配膳しました。
色々な味が楽しめてビールも美味しく頂けます♪


『新型レトロ調車両』の豪華な雰囲気を満喫しつつ、
どなたもご満悦なご様子でした!
喜んでいただき嬉しいです♪飲み放題は良いですね!


そして復路では「お楽しみ抽選会」を行いました!
座席番号が抽選番号になっています♪
景品はベアレンビールグッズやステッカーなど
沢山の景品がご用意されていました!
当選された方、おめでとうございます!


盛駅には20時42分に到着。
これにて『ベアレンビール列車』が終了となりました。
とても明るく賑やかな車内で幸せそうな表情が印象に残っています。


楽しい時間はあっという間に終わってしまいます。
2時間12分の『ビール飲み放題列車』
美味しいオードブルを召しあがられ、旨いビールで気分は最高!
皆様、飲み放題列車を満喫されておりました。
ご利用ありがとうございました!
ふれあいノート -2016年6月-
三陸鉄道南リアス線盛駅には、
『ふれあいノート』があります。現在は5冊目になりました。

旅の想い出・大船渡や被災地の感想や印象・
三陸鉄道への応援メッセージなど、お気軽にご記入ください。

それでは、2016年6月に書き込みされた内容をご紹介します。


---------------

「孫とひ孫とばあちゃん二人、一旅6人と1匹。
碁石海岸を見学して屋台村でお昼をいただき、
ふれあい待合室までやって来ました。
うわさには聞いていました、コーヒーを一杯
いただきながらホッと一息、いやしの時間。
すてきな空間を作っていただき
ありがとうございます。」


「埼玉から来ました。今日は盛に泊まって、
明日南リアス線乗り鉄します。」



「盛岡から来ました。」

「仙台~石巻~下船渡とチャリ行。
天気予報を裏切って今日は大雨。
目的地の釜石まで電車で行きます。
しかしまだまだ復興途上と言う事を
ペダルをこぎながら実感した
今回のチャリ行でした。」


「東京から母が1ヶ月来ました。
49才の私と78才の母と二人で1ヶ月ぶらり旅。
三鉄夢ネットイベントに参加します。
バスと電車での移動しかできないので、
こういうイベントがあると、ありがたいです。
大船渡弁 ばぁもっけだごと
(本当に申し訳ないありがたい)」


「明治大学法学部阪井ゼミ
復興支援にきてます!!」
でも、元気をもらっています!
暖かい大船渡が大好きです。」


「久しぶりに北上から来ました。
16:50の釜石行で帰ります。
来る時は、釜石線の下り「SL銀河」に
初めて乗車しました!」


「2016年3月1日に大船渡にきて3ヶ月、
今日いっぱいで仕事が終り福岡へもどります。
短い間でしたけどいっぱいたのしいことがありました。
魚がうまかったことやいろんな人に出会えて、
笑顔になれ、一番の思い出が5月の三鉄の
イベント列車駅弁列車にのれた事。
さいごに、6月25日のイベント列車
ビール飲み放題にのります。たのしみにしてます。
今度来るときは、大船渡がかわってるすがた、
三鉄がもりあがってるすがたを見にきます。
本当にありがとうございます。
岩手の皆さまがんばって下さい
ありがとうございました。」


「産業車両を陸送して来ました。
帰りは釜石経由で盛岡にでて戻ります。
また特殊車両を運んできます。
やるっきゃない!がんばろうな!」


「テスト最終日でした。これで赤点とったら
進学だろうが就職だろうが試験うけられない。
どうか赤点がありませんように(パンパン)」


「**から来て、八戸よりきましたが、
待合わせ大変でした。あいにくの雨で大変。
今宵は気仙沼泊まりで、明日朝に帰ります。
又来るね!」

*の文字は読めませんでした。すみません。

「初めてきました!鹿児島出身」

「千葉県から来ました!「もり」と呼んでごめんさなさい。」

「札幌から来ました。遠くて近くなりました。また来たいです。」

「ホタテバーガー、函館ラッキーピエロとは
また別の味でした。今日は天気も良く楽しかった。」


「三年前来た時は、時間に間に合わなくて
残念ながら乗れませんでした。今年ようやく
北リアス、南リアス両線に乗れて感激です。
これからも三陸鉄道を応援します!」


---------------

『ふれあいノート』への書き込みありがとうございました!

6月といえば祝日はありませんが、
それでも遠方から来られるお客様、
地元の高校生からのメッセージや盛駅の感想、
鉄道ファンの方、家族旅行の方など
様々な方が盛駅へ訪れて三陸鉄道へ乗車されたこと、
とても嬉しく思っております。

記入された方々は「埼玉県」「岩手県盛岡市」「神奈川県」
「東京都」「岩手県北上市」「明治大学法学部」
「福岡県から仕事で大船渡へ来られていた方」
「鹿児島県出身者」「千葉県」「北海道札幌市」など。
大船渡市を訪れて頂きましてありがとうございました!
それぞれの旅のお手伝いに
三陸鉄道がお役に立てていれば幸いです。

乗り鉄の方、自転車で旅をされている方、
盛駅へお立ち寄りくださいまして、誠にありがとうございます!

震災発生から5年以上が経過しています。
既にテレビでは被災地の情報は報道されなくなりました。
災害公営住宅が建ち始め、本設された住宅や店舗もあります。
しかし、今でも仮設住宅や仮設店舗が存在しています。
被災地の現状を知るには実際に現地へ足を運び、
御覧いただくことが一番です。
どこまで復旧・復興したのか被災地の現状、
被災されたままの場所、工事の様子など。

防潮堤が完成したのは、まだ一部だけのように感じています。
盛り土などの嵩上げ工事や山を削って高台への防災集団移転工事など、
今でも工事関係者は多く、ダンプカーや重機を見かけることが多いです。

イベント列車へ乗車された感想も書かれてありました。嬉しいですね♪

三陸鉄道は高架を走行しているため、
車窓から復興へ向けた復旧工事の様子など
大船渡市内の様子をまるごと御覧になれます。
少なくなってきましたが今でも
東日本大震災の爪跡は、あります。

三陸鉄道は平成25年4月に一部の区間で運行を再開。
平成26年4月には北リアス線・南リアス線とも完全に復旧し、
全線で運行を再開することができました。
車両はクウェート国からのご支援により、新潟トランシスで製造され、
新型車両が届きました。心から感謝申し上げます。
運休状態から全線で運行再開したことで、
『復興のシンボル』と言われています。

旅行の思い出をこの『ふれあいノート』に綴られてみてはいかがでしょうか?
そして今の気持ちを表現してみるのもステキですね♪

毎月、印象に残った内容をご紹介しています。
三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際は、お気軽にどうぞ!
くずまきワイン列車
6月24日の金曜日に、
『くずまきワイン列車』を運行しました!
主催は三陸鉄道株式会社・盛駅ふれあい待合室。
企画がNPO法人夢ネット大船渡。
協賛は綾里漁業協同組合・葛巻高原食品加工株式会社・
Yuki Grandpaになります。

参加料は4000円で、スタッフ7名含む36名が参加されました。
ご利用ありがとうございました!

盛駅を18時30分に出発!
乗車した貸切の臨時列車は、豪華な内装と気品ある
紫色の車体で人気の『新型レトロ調列車』です!


ご用意された「くずまきワイン」は9種類!
『くずまきワイン・赤(辛口・ライト)』
『くずまきワイン・白(やや甘口)』
『くずまきワイン・ロゼ(やや甘口)』
『フォーレ・赤(辛口・ミディアム)』
『ほたる・白(やや甘口)』
『ゆい(やや甘口)』
『風(辛口)』
『ほたるスパークリング・白(やや甘口)』
『夏・白(辛口)』



「葛巻高原食品加工株式会社」代表の方の
ご挨拶で乾杯となりました!
おススメのワイン『夏』を持っています!


美味しい美味しい『くずまきワイン』が飲み放題!
スタッフへお声を掛けてワインのおかわり飲み放題!

今回のオードブルは「Yuki Grandpa」様のご協力になります。
盛りだくさんの内容で、とっても豪華です♪


リクエストを待っているワイン達!


全種類を制覇しようと意気込む方、好きな味を飲み続ける方、
自分好みを見つけて味わう方など、皆さん笑顔で過され、
賑やかで明るい雰囲気を楽しまれました!

恋愛のパワースポット!『恋し浜駅』で数分間の停車。
ホームへ降りてホタテ絵馬が奉納されている
待合室をご覧になられた方、幸せの鐘を鳴らされた方、
記念写真を撮影される方など恋し浜駅を満喫!


そして、恋し浜駅で綾里漁業協同組合の佐々木さんから、
焼き立ての『恋し浜ホタテ』を受け取り、皆様にお配りしました!
地元産の身が大きくて最高に美味しいホタテ!嬉しいですね♪


飲み放題は魅力的で堪りません!
飲みたいワインをスタッフへ注文し、次々にグラスへ注がれていきます。


美味しいオードブルを召し上がりながらワインも味わいます♪
「くずまきワイン」は色合いもキレイで味も最高です!
明るい雰囲気で会話も弾み、お隣の方や相席の方とも
仲良くなって交流が深まっていました。


釜石駅には19時35分に到着。
19時50分に折返して列車が出発しました!


復路ではサプライズがあり、
陸前高田市のシンガーソングライター「雪音」さんによる
ライブが行われました!ご自身の曲も歌われて、
車内は大盛り上がり!


そして「お楽しみ抽選会」を行いました!
座席番号が抽選番号になっています♪
景品はワイン1本!赤と白、それぞれ当選された方へ
スタッフから手渡されました。おめでとうございます!


最後に「恋するフォーチュンクッキー」を踊り、
笑顔が広がるとっても賑やかな車内となりました!
どなたも楽しそうですね♪


20時42分、盛駅へ到着。


下車される際にお土産が手渡されました。
それは『山ぶどうサイダー』です!嬉しいですね!


これにて、2時間12分の
『くずまきワイン飲み放題列車』は終了しました。
どなたもご機嫌で満足された様子!
ワインの美味しさを堪能し、和やかで賑やかで楽しい雰囲気を
最後まで満喫されていました!


皆様、本当に幸せな表情を浮かべながら、
美味しいワインを召し上がられました。ご参加ありがとうございました!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。