三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



第75回 無料法律相談
3月27日の日曜日、『第75回 無料法律相談』を開催しました。
主催は認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ。東京都にある団体です。
NPO法人夢ネット大船渡が協力して、
会場の確保・新聞やチラシなどの広報・受付対応を行っています。

関東の弁護士事務所から1名の弁護士と
税理士の方の2名がいらっしゃいました。


今回の会場は「三陸鉄道南リアス線運行部」
会議室をお借りして行いました。
相談件数は2件。そのうち1件は訪問相談で対応いたしました。
2011年10月からほぼ毎月実施し、
延べの相談件数は342件となりました。
ご利用ありがとうございます。

弁護士さんと税理士さんから
感想を伺いましたのでご紹介します。

「久しぶりに大船渡にきて、
まだまだ皆様のご要望が多いことを実感いたしました。
できる限り、今後も相談を続けていきたいと考えています。」


「弁護士に同行し参加させていただきました
税理士です。今回は税金に関するご相談は
ありませんでしたが、今後もこの法律相談会には
継続して参加していきたいと思っています。
震災から5年が過ぎましたが、まだまだ大変な
生活をされている方々が多いと思っています。
そういった方々のお悩みを少しでも
解決するお役に立てればと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。」


震災発生から5年が経過しました。
変化したこと、変わってないことなど、
今でもそのままの状態もありますし、
災害公営住宅が次々に完成して仮設住宅から
移り住まわれている方もおります。
仮設住宅は徐々に撤去されていき、
今後は数カ所に集約される予定となっています。
防潮堤も徐々に完成されていっています。
復旧・復興といえる変化もありますし、
いまだに何も変わっていない場所もあります。
仮設商店街・仮設店舗は、全て本設された
状態にはなっていません。嵩上げ工事や防潮堤の
復旧工事は今も行われ続けています。

少しずつ復興へ向けて進みだしています。
課題はその状況ごとに変化していきます。
進みだした震災からの復興ですが、
新たな課題に直面されることがあると思います。

震災に関係すること、または関係がなくても、
弁護士さんへ相談することは可能です。
どんな些細なことでも構いません。
何でも相談して頂ければと思います。

専門家へお話しすることで、
気持ちが楽に、そして軽くなります。
もし、誰にもお話しすることができない内容、
または、お話しするまでもないと思い込んでいる内容など、
ありましたら、この機会を是非ともご利用ください。

こちらで開催している『無料法律相談』は、
何回でもご相談することができますので、
お気軽にご利用ください。

次回の開催は日程が決まり次第、ご案内します。
※4月の開催は予定しておりません。
スポンサーサイト
第29回 三鉄駅弁列車
3月19日の土曜日。
この日は、『第29回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は2500円で駅弁と乗車券代になります。
小学生の参加費は2000円です。

今回は盛岡市、胆沢郡金ヶ崎町、一関市など
岩手県内からのお客様や、県外の遠方から親せきやご友人などを
誘われて参加された方もおります。
また、春休み期間ということで子供達も参加されました。
地元の方の参加が多いですが、スタッフ4名も含めて
合計44名となりました。ご利用ありがとうございます!

盛駅の駅弁は、碁石給食様のご協力により
『いわて恵みづくし弁当』をご提供しております。


内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬けです。
様々な海産物がたくさん入っている豪華な内容で、
大好評な駅弁となっています♪

盛駅を運営しているNPO法人夢ネット大船渡の
岩城理事長が観光地・被災地ガイドを行っています。
挨拶の後、駅弁とお茶をお配りしました。


『三鉄駅弁列車』は11時30分に盛駅を出発しました。
今回も人気の「新型レトロ調車両」を貸し切ってのイベント開催です。


ガイドは往路で行いました。東日本大震災による被災状況、
これまでの復興状況や旧工事の様子、過去の津波の歴史も含め、
各場所ごとに分かりやすく説明されました。


皆様、海産物がたくさん入ったお弁当を
美味しそうに召し上がられております♪


ご友人やご家族と一緒に景色を見ながら頂く駅弁は、
更に美味しさが増すことと思います♪


恋愛のパワースポット『恋し浜駅』では5分間の停車。
待合室には現在、約25000枚以上になる
「ホタテ絵馬」が奉納されています。
全国に恋の付く駅は4つあり、その1つになります!


また、ホームには『幸せの鐘』があり、
ひと鐘ならせば幸せが訪れると言われています♪

釜石駅へは12時25分に到着。
折返し出発したのは12時35分です!
ここで海側と山側の座席を交換しました。
参加された皆様がどちらの景色も
堪能できるように対応しています。


釜石駅では貸切時間の都合で下車すること
できませんのでご了承ください。

復路での岩城理事長は、
得意のマジックショーを披露されました!
タネが分かるモノから不思議なモノまで、
たくさんのマジックをお見せしました!

そしてNPO法人夢ネット大船渡が開催していた
「ほら吹き大会」の笑い話も話されました!
笑い声の響く明るい車内になり、
お客様を楽しませました♪

この日は天気もよく、車窓からの眺めも
たいへん美しかったです!
特に吉浜湾は見事な眺めで絶景です♪
復路の恋し浜駅には5分間の停車でした。

盛駅には13時27分に到着。
最後に3番線ホームで新型レトロ車両を
背景にして記念写真を撮影!これにて終了となりました。


今回の乗車されたことを機会に、
地元や岩手県内陸の方にも、再び三陸鉄道へ
乗車して頂ければ幸いです。


美味しい駅弁をいただきながら、
ガイドありマジックありの約2時間の列車旅を満喫し、
楽しまれました♪ステキな思い出をお客様へ
ご提供できたことと感じました。
ご参加ありがとうございました!


感想を書いて頂きましたのでご紹介します。


「お弁当美味しかったです。
思ったより豪華なツアーで良かったです。」


「レトロ列車もステキだし、お弁当もおいしいし、
何よりガイドさんのおしゃべりが楽しかったです。
知らなかった大船渡のことも、今回知ることができて、
参加できてよかったです。また帰省した際には、
三鉄に乗ろうと思います。」


「いつもは車での移動で被災した
海岸線を眺めることがありませんでしたが、
眼下に復興の進捗の状況を見ることが出来、
大変よかった。ばく然と眺めていた風景も
岩城様の詳細なガイドで認識を新たにしました。
機会があれば再度参加したいと思います。」


「こういう企画がなければ、
三鉄に乗ることもなかったので、
今回は駅弁につられて参加しましたが、
楽しく過させていただきました。」


「列車がきれいで、食事もおいしかったです。
この企画を通して、津波のすごさや、
復興していく様子も見れたのが、
勉強になりました。私も微力ですが、
何かしらお役に立てるよう遠い沖縄より
出来る事をやっていこうと思いました。
また、三鉄も宣伝しますね!!」


「私は70才ですけど始めて、
この電車に乗ることができて
私の一生の思い出でした。
私がリュウマチで体が不自由ですけど
めっこにさそわれで来ました。
ほっとうに楽しかったです。」


「主人にさそわれて来ました。
二人で楽しく過せた時間
いい思い出になりました。」


「宮城県多賀城より参加した孫も
大変喜んでおりました。弁当も非常に美味でした。」


「初めて三陸鉄道に乗りました。
列車は素敵で乗り心地も良かったです。
海岸はずっと工事が続いていて
きれいな海が見えなくなるのは少し残念ですね。
お弁当、おいしくいただきました。
車内でのお話、良かったです。
ありがとうございました。」


次回の開催をご案内いたします。

『お花見!駅弁列車』
<日程>
4月17日(日)
<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時40分盛駅着
<集合>
11時00分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
2,500円(駅弁・乗車券代)
<定員>
48名(最低催行20名)
<申込締切>
4/11(月) ※事前のお申込みが必要
<内容>
沿線に咲いたステキなを車窓から眺めながら
駅弁の列車旅を楽しみましょう♪
大好評な駅弁『いわて恵みづくし弁当』をいただきます!
内装が豪華で人気の新型レトロ列車を使用!
楽しい観光ガイド付き!食べ物・飲物の持込み自由!


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

【告知】4月のイベント案内
☆☆☆4月のイベント案内☆☆☆



『オカリナ演奏会』
<日程>
4月9日(土)
<時間>
12時50分~14時00分
<場所>
三陸鉄道盛駅の待合室
<内容>
春のひと時をオカリナの美しい音色で楽しみませんか?
心地よい癒しの音を響かせます♪




『第34回 三鉄 駅からウォーク』
<日程>
4月16日(土)
<集合>
8時30分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時13分盛駅発~唐丹駅~15時25分盛駅着
<申込締切>
4/13(水) ※事前の申込みが必要
<参加費>
900円(保険代・往復乗車券代)
<持ち物>
昼食・飲み物
<内容>
沿線の史跡巡り!地元の魅力再発見!健康増進!
4月は唐丹駅からお花見ウォーキング♪
【唐丹駅】桜の名所『本郷桜並木』
伊能忠敬の星座石などを散策!




『お花見!駅弁列車』
<日程>
4月17日(日)
<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時40分盛駅着
<集合>
11時00分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
2,500円(駅弁・乗車券代)
<定員>
48名(最低催行20名)
<申込締切>
4/11(月) ※事前の申込みが必要
<内容>
大好評な駅弁『いわて恵みづくし弁当』をいただきます!
沿線に咲いたステキなを車窓から眺めながら
約2時間の駅弁のを楽しみましょう♪
人気の新型レトロ列車を使用!
楽しい観光ガイド付き!被災状況もご案内します。
食べ物・飲物の持込み自由!




<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

三鉄盛駅ホワイトデー
3月14日の月曜日。
三陸鉄道盛駅では『三鉄盛駅ホワイトデー』と題して、
乗車券や商品などご購入のお客様先着100名様へ、
感謝の気持ちとして細やかながら三鉄グッズの「宮古の塩飴」と、
ちょっとした「クッキー」を添えてお配りしました。


これから三陸鉄道南リアス線へ乗車しようと
盛駅で切符を購入された方、何か商品を購入された方へのプレゼント!


遠方からの旅行者や地元のお客様など、
様々な方がお立ち寄りになり、ご購入されていました。
受け取られたお客様は思わぬプレゼントに
「ありがとう」と嬉しそうな表情を見せていて
皆様、笑顔で喜ばれていました♪こちらこそご利用ありがとうございます!


感謝の気持ちを込めて開催した
季節企画の「三鉄盛駅ホワイトデー」
スタッフが御礼を申し上げながら、
「感謝の気持ち」シールを貼ったお菓子をお渡ししました。


三陸鉄道盛駅では様々なイベントを開催しています。
今回は、ご利用されたお客様先着100名限定ではありましたが、
「感謝」の気持ちでプレゼントしました。
またこのようなイベントを開催したいですね!

三陸鉄道南リアス線盛駅のご利用、
誠にありがとうございました!
三鉄盛駅ひなまつり
3月3日は雛祭り!
ということで『三鉄盛駅ひなまつり』と題して、
ちょっとしたイベントを開催しました。


盛駅の窓口にて、乗車券や商品をご購入のお客様へ
ささやかながら「桜餅」「どら焼き」「ドーナツ」の中から
どれかを選んで頂き、先着約50名様にプレゼントしました。


人気はやっぱり「桜餅」ですね♪


いつもご利用ありがとうございます!


ひなまつり(雛祭り)とは、
女の子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事になります。

「男雛」と「女雛」を中心とするひな人形を飾り、
桃の花を飾って、白酒や寿司などの飲食を楽しむ
節句のお祭り。雛あられや菱餅も供えます。

ひな人形は、「内裏雛(だいりびな)」、
または「親王(男雛、女雛)」と呼ばれ、
それぞれ天皇、皇后を表わしています。
※正しくは親王と親王妃になります。

男雛・女雛の他に、三人官女や五人囃子のお人形も飾りますね。

※13時から『オカリナ演奏会』を予定しておりましたが、
演奏者が体調不良の為、中止とさせていただきました。


--------------------------

≪季節のイベント案内≫

3月14日(月)『三鉄盛駅ホワイトデー』
三陸鉄道南リアス線盛駅の利用者
先着100名様に「お菓子」プレゼント!
※お一人様1回限り

ふれあいノート -2016年2月-
三陸鉄道南リアス線盛駅ふれあい待合室には、
『ふれあいノート』があります。現在は5冊目。

旅の想い出・大船渡や被災地の感想や印象・
三陸鉄道への応援メッセージなど、お気軽にご記入ください。

それでは、2016年2月に書き込みされた内容をご紹介します。


 ---------------

「三陸海岸を見る旅でしたが
列車とバスの連携プレーの様な旅で
三陸はまだまだ大変だなと感じました。
また先は長い様ですが
皆さん頑張って欲しいです。」



「東京から来ました。神戸出身です。
神戸の復興もかなり時間がかかりました。
岩手も早く復興がすすみますように…。
100円でコーヒーとワッフルいただいて
とてもほっこりしました!」


「札幌から来ました。震災からもうすぐ5年ですが、
まだまだ復興に時間がかかると思いました。
支援はつづけていかなければ…。
来てよかったです。来ないとわかりません。」


「お茶をごちそうになりました。
ホットしますね。ありがとうございました。」


「陸前高田に2015年8月から住んでいます。
2016年4月ころには夫のしごとも終えて、
札幌に帰ることになると思います。
大船渡のアパートに(猪川町)1年、そして高田…。
本当に良いところですね。こちらにずっと
生活をしている方達がどんなにこの地を
愛していたのかなって思いますよ。
私にとってもふるさとになりました。
皆さんいつまでもお元気でと願います。」


「私は、今日、圭さんたちと遊びました。
今は六年で赤崎小学校です。来月から中1になって
赤崎中学校に入ります。少し怖いけど、楽しみです。
前の×2ページにコメント書きました。
カワイーネふぶき姫♡
私はアナ雪を書きます(エルサ)
もし佐賀や長崎のみんなが来てワンパクプロジェクト
知ってる人は大好きでーす(笑)
もし見てるなら名前を書いて下さい♡」



「赤崎から来ました。いろいろと買い物をして楽しかった。」

「大阪から来ました!土曜から卒業旅行で女子3人女川まで!!
とってもすてきな旅だったー♡」



「これからカラオケに行ってきます。
水曜日は3hで500円なので♡
ダムの入ってる部屋にしよう!あ、川のじゃないよ。」


「京都の立命館大学から来ました。
これまで盛にはたーくさんお世話になってきて、
大好きなまちです。記念すべき来駅20万人目の
瞬間にも立ち合えてハッピーです。
またきます~!卒業旅行」


---------------

メッセージを書き残して頂いた皆様、
ありがとうございました!

被災地をご覧に遠方から来られた方がいます。
神戸出身の方もノートに書き込まれ、
震災からの復興のことを記入されました。
札幌の方もここ大船渡の様子を書かれています。
ありがとうございます。

盛駅のモーニングサービスのワッフルのこと、
無料でご提供しているお茶のことなどを書かれた方もいます。

そして札幌からお仕事で
被災地に来られた方の書き込みもありますね。
少しの間、大船渡・陸前高田で過され、
その人にとって故郷になったお気持ち、嬉しく思います。
この地を感じて頂けたこと、本当にありがとうございました。

可愛らしいイラストも描かれていますね♪

地元の方も、卒業旅行で大阪からお越しの方も書き込まれています。
被災地である岩手県大船渡の地へ訪れてくださったこと、
誠にありがとうございます。

三陸鉄道は、平成25年4月に一部の区間で運行を再開。
平成26年4月には北リアス線・南リアス線ともに復旧し、
全線で運行を再開することができました。
車両はクウェート国からのご支援によります。心から感謝申し上げます。
今では『復興のシンボル』と呼ばれています。

東日本大震災から5年が経過しました。
被災地の復興は正直まだまだです。震災による街の復興も心の復興も…。

災害公営住宅が次々に完成してきていますが、建設中の箇所も多いです。
仮設住宅から災害公営住宅へ移り住まれている方もいますが、
仮設住宅で暮らされている方もいます。
今後、仮設住宅は集約される予定となっています。

防潮堤の建設も続いています。完成はまだまだ先です。
山を削り高台が作られています。
浸水地では盛土をして嵩上げが行われています。

本設されているお店もありますが一部であり、
仮設店舗はまだまだ多い状況です。
少しずつ本設へ向けて前に進んでいますが、
しばらく時間が掛かりそうな印象です。

少なくなってきましたが、三陸鉄道南リアス線へ乗車されると、
今でも東日本大震災の爪跡を見ることができます。

旅の思い出をこの大船渡の地で、
『ふれあいノート』に綴られてみてはいかがでしょうか?
そして、今の気持ちを表現してみるのもよいですね♪

毎月、印象に残った内容をご紹介しています。
三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際は、お気軽にどうぞ!
第18回 三鉄歌声列車
2月28日の日曜日。この日『第18回 三鉄歌声列車』を開催しました。
参加費は1500円で、お弁当と乗車券代。参加人数はスタッフ3名を
含め34名になりました。ご利用ありがとうございました。

貸切のイベント列車は内装が豪華で人気の「新型レトロ調列車」を使用しました。
紫色の車体も美しいです。車内にはカラオケ機器が設置してあり、
歌声を響かせて動く列車の中でカラオケを楽しむ内容となっています。

参加者は、歌うのが好きな方や賑やかな雰囲気が好きな方達ばかり!
明るく元気で賑やかな楽しい空間を満喫されておりました♪

『第18回 三鉄歌声列車』は11時30分に盛駅を出発!
乗車後、お弁当とお茶を皆様へお配りしました。
今回は三陸町綾里「こんのや」様のお弁当をご用意♪


カラオケカードに曲名・歌手名・番号・お名前を記入して頂き、
次々に気持ち良さそうに歌われておりました。
お腹から声を出すことでストレス発散にもなります♪


歌えば手拍子が響き、終われば拍手が起こる明るい雰囲気♪
オモチャの楽器を鳴らして賑やかな時間が続きます!



12時25分に釜石駅へ到着。ここで10分間ほど停車します。
この後、今回は景品をご用意して特別に「ジャンケン大会」を行いました!


その個数は12個。勝者のみに差し上げました。
袋で見えないようにしていますが中身は
『割れみそせんべい』『三鉄カレンダー』です。
どちらかが入っている袋を選んでいただきました!


結構盛り上がりましたね♪

ジャンケン大会の後は再び「カラオケ」がスタート!
参加人数が多くて今回は一人1曲となってしまいましたが、
演歌からポップス、ロック、歌謡曲など様々な歌が歌われていました!
そして皆様、大満足なご様子でした♪



車窓からの美しい景色をご覧になりつつ、
艶のある美しい声でお得意な歌や元気な声を響かせ、
新型レトロ列車で行く三陸鉄道南リアス線の
2時間の旅を楽しまれました。

笑顔が広がる明るく賑やかな雰囲気で最後まで過され、
盛駅には13時26分に到着しました。

ホームで記念の集合写真を撮影して、
『第18回 三鉄歌声列車』は終了。
ご参加ありがとうございました!


次回の開催は、日程が決まり次第お知らせいたします。
来駅20万人達成!
平成28年2月29日の月曜日。
10時50分頃、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室への
来客者数が20万人に達成しました。
2016_0229k_2

20万人目は大船渡市立根町に居住の今野淳子さん。
岩城理事長が20万人目である認定証を読み上げ、
熊谷駅長が記念品を贈呈しました。
2016_0229k_42016_0229k_3

御本人と記念写真を撮影。
2016_0229k_1

友人と3名で花巻へ向かう為に盛駅へ訪れました。
「こういうの初めて。いいことあるものだ。」と話され、
嬉しそうに11時発の釜石行きへとご乗車になりました。

ご利用ありがとうございました。

「三陸鉄道盛駅ふれあい待合室」が開所したのは平成23年10月5日。
全国からお立ち寄りになり、ご利用された多くのお客様のお蔭です。
約4年4カ月と24日間で、20万人が来駅されました。

三陸鉄道南リアス線は、
平成25年4月、盛-吉浜の部分的に運行を再開し、
平成26年4月からは盛-釜石の全線で運行を再開。

震災から復旧した三陸鉄道。
待合室のテーブルに置いている「ふれあいノート」には、
遠方から多くの方々がお立ち寄りになり、記入されております。
被災地の現状をご覧になり、その震災から復旧を果たした三陸鉄道。

遠い地から被災地の現状を気に掛けてくださり、
実際に訪れてくださっていること本当に嬉しく思います。

スタッフ一同、心より感謝申し上げます。
そして今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

過去の来駅記録≫
5万人目:平成25年10月15日
10万人目:平成26年8月18日