三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

販売商品をご紹介!
「三陸鉄道盛駅ふれあい待合室」
販売している商品をご紹介します!

『缶バッジ 三鉄車両シリーズ』1000円


三鉄車両の缶バッジが5個入ったセット商品!
「No.1」「No.2」があります。

バラでも販売しています。1個200円。

開業して30年以上になる三陸鉄道。
これまで北リアス線南リアス線で運行してきた車両が、
缶バッジになりました!
三陸鉄道盛駅オリジナル商品であり、盛駅での限定発売!
扱っているのはここだけです!


≪No.1≫
「36-700形」
「36-R3 レトロ調車両」
「36-R1,R2 しおさい」
「36-1200形 リクライニングシート」
「36-306形 レトロ調車両 おやしお」



≪No.2≫
「36-500形」
「36-Z お座敷 はまかぜ」
「36-400形 くろしお」
「36-1100形 リクライニングシート」
「36-2110形 お座敷 しおかぜ」



三鉄車両の缶バッジ、揃えてみてはいかがでしょう♪


『びん玉ストラップ』500円


ガラス玉の色とストラップ紐の鮮やかな色が合わさり、
カラフルで可愛らしく、ステキな商品になっています!


浮き玉(びん玉)とは、
定置網の設置や漁船などの係留に使うガラスの浮きのことです。


海でよく見かけていた浮き玉が、
小さくオシャレな装飾品となって登場!
色合いがステキで身に着けたくなりますね♪


さまざまな商品を取り扱い販売しておりますので、
三陸鉄道盛駅へお越しの際は、お気軽にお買い求めください♪
スポンサーサイト
観光情報:甫嶺駅の周辺
三陸鉄道南リアス線の沿線にある『観光情報』をお届けします。
今回は、『甫嶺駅の周辺』をご紹介します。

<今出山金山跡地>


駅から徒歩約45分。今出山の標高:756.6m。
金山の規模:気仙四大金山の一つであり、気仙地方最大規模。
産出鉱物:自然金・自然銅・黄銅鉱・黄鉄鋼・亜鉛鉱など。
金採掘法:古くは「露天掘り」「土坑掘り」、
慶長年間からは岩盤の「坑道掘り」。
<金山発見年代>不明。平安後期の藤原三代の頃は既に金採掘。
<安土桃山時代>天正年間に葛西氏滅亡後、伊達政宗の所領。
慶長年間に気仙四大金山。
(三枚五両山、玉山金山、雪沢金山、坂本沢金山)
<明治時代>「今出山」を命名。
鉱山・採鉱学による近代採鉱技術を導入。
明治25年に及川市太郎、刈谷譲右衛門の両氏が共同経営。
明治29年の三陸大津波で採鉱機械を流失により稼働中止。
<昭和時代>昭和14年~18年に富栖金山株式会社が経営。
従業員250人。搗鉱法・浮選法で採金。産金量:日産35kg。
今出山金山全盛時代になります。黒森平で精錬所、事務所、
大食堂、クラブ、宿舎、映画館などを設置。
昭和18年「金山整備令」で一旦、閉鎖。
昭和25年、東日本鉱業株式会社が再開、東洋産金株式会社が経営。
「金アマルガム法」で製錬。月産256g程度。
昭和31年、金山全面的に閉山。
坑道は、計17抗あったとされ、現存の坑道は7抗になります。

<彫木の大黒天様と恵比寿様>

甫嶺駅待合室内。「三鉄様 再開業に感謝申し上げます。
この彫木は偶作ではありますが、去々三月十一日の大津波に
鬼沢海岸に流れついた桑の木の老木です。
有志の方が彫物に良いとか態々届けられた大木ですので、
皆様の足の守りにでもなればと作りました。
三鉄様に置いて頂ければ幸いです。」
「この彫木は2013年4月に、甫嶺駅の待合室に
手紙と可愛らしい絵と一緒に置かれていた彫木です。
わざわざ作って頂いてありがとうございます。
三陸鉄道と地域の皆さまで、大切に飾らせて頂きます。
そして、これからも三陸鉄道南リアス線を
よろしくお願いいたします!!!」
「注意:この彫木は、ご厚意で作って頂いた大切な物です。
勝手に持ち出したりしないよう、お願いいたします。」

<平泉・毛越寺 大泉が池の龍頭鷁首の船>
甫嶺駅待合室内。寄贈されたステキな作品。
世界遺産に登録された平泉。
毛越寺にある大泉が池に浮かぶ龍頭鷁首の船が
モデルとなっています。


<椿の植樹>
駅のすぐ近く。
東日本大震災により被災された土地に、
大船渡市の花である「つばき」を植樹しました。
大船渡市は椿の自生する北限といわれています。


<展望台>
駅のすぐ近く。
「次世代へつなげ。ふんばれ!ほれい」の
看板の場所は展望台となっています。
下甫嶺地先海岸災害復旧工事の様子をご覧になれます。




<津波到達地点>
斜面には赤い印があり、東日本大震災の大津波が
この高さまできたことを伝えています。


<さんりく陶芸工房>
駅から徒歩約5分。
三陸鉄道を利用して頂く為の施設として、
県の地域活性化調整費と町予算により、
「窯」と「さんりく陶芸工房」が
平成10年(1998年)に建てられました。
毎週月曜日、陶芸製作が行われています。


三陸鉄道南リアス線をご利用の際は、
民家の多い住宅地ですが「甫嶺駅」
下車して駅の周辺を散策してみてください。
ちょっとしたチョコレート、販売中!
三陸鉄道盛駅では、
1月21日(木)より「御礼チョコ」を販売しています♪250円


もうすぐバレンタインデー!どこのお店でも
美味しそうな特別なチョコレートを見かけるようになりました!

バレンタインデーといえば、
「本命チョコ」「義理チョコ」「友チョコ」
「家族チョコ」
や、ご自身でいただく「ご褒美チョコ」などなど、
今では様々なチョコレートの意味が増えました。

そこに、この「御礼チョコ」を、
御世話になった方へ、プレゼントしてみてはいかがでしょうか?

「いつもお世話になっております。これからもよろしくお願いします。」
「いつもありがとうの気持ちです。」
と書かれた2種類の
「のし袋」風な袋の中には、ハートの形をした
可愛らしいチョコレートが、8個入っています♪


いつもお世話になっているステキなあの方へ、
お礼の気持ちを届けてみませんか?

第31回 三鉄 駅からウォーク
1月16日の土曜日。
この日は『第31回 三鉄 駅からウォーク』を開催しました。
今回は盛駅周辺を歩きますが「初詣ウォーク」と題し、
神社やお寺、史跡を巡りました。
参加人数は18名。参加費は無料で行いました。
盛町周辺の活性化、地元の魅力再発見、
沿線の史跡巡り、健康第一などを目的に開催。

【コース】
三陸鉄道盛駅⇒石碑:啄木十五の夏⇒
⇒石碑:澤木興道老師最終行脚之地⇒
⇒お地蔵様⇒盛ハリストス正教会の門⇒吉野森神社⇒
⇒天神山公園(天照御祖神社・歌碑:石川啄木・句碑:松尾芭蕉)⇒
⇒法量山洞雲寺⇒東日本大震災犠牲者供養塔の観音様⇒
⇒貴船神社⇒三陸鉄道盛駅


集合は三陸鉄道盛駅へ9時00分。
その後、駅前広場にて準備体操を行い、9時15分に盛駅を出発!


岩城理事長が、各場所の見どころポイントで
岩城理事長が説明されました。

大船渡市盛町の商店街を通り、最初の目的地へ行きました。


・見どころ①【旅の宿 啄木十五の夏】


啄木が十五歳の夏休みに級友6人と共に担任の先生に引率されて
気仙沼から大船渡を経て釜石に至る三陸海岸を旅行しました。
当時この地(現在の富美岡荘介護センター)にあった
「今野屋旅館」に宿泊し、初めて海辺の町の旅情に触れました。
この碑は、啄木来遊100年を記念して建立。

・見どころ②【お地蔵様】


大阪府堺市にある一般社団法人
「元気人間製造研究所」(森重子理事長)の
事務局を担当されている中西保裕事務局長が製作された
「お地蔵様」。大船渡や陸前高田の市内の施設に寄贈され、
その一体が蔵ハウスにも寄贈されています。
それが駐車場にいるお地蔵様になります。
昨年11月に設置。

・見どころ③【澤木興道老師最終行脚之地】


蔵ハウスの敷地の一角にあります。澤木興道老師は、
昭和を代表する日本の曹洞宗の僧侶。各地の道場を転々とし、
「移動僧堂」「宿無し興道」と称された曹洞宗を広めた人物です。
その最終行脚の地が、ここ大船渡市盛町。
教えはアメリカのスタンフォード大学にある
曹洞禅センターにも受け継がれ、アップル社を創設した
スティーブ・ジョブズ氏にも影響を与えていました。

その後、集合写真を撮影しました。
みずき団子が季節を感じさせますね。


・見どころ④【盛ハリスト正教会】
ロシア系の正教会。国道45号線の道路沿いにあります。
聖堂内には聖像画家「山下りん」が描かれた聖像があります。


・見どころ⑤【吉野森神社】


参加者はここで参拝しました。
境内には大船渡市指定天然記念物「奥州しだれ桜」があり、
推定樹齢400年と言われています。


そして相撲の土俵もあります。


1月中旬なのに『白梅』が咲いていました。
暖冬といわれている今を実感する驚きの出来事でした。


次の目的地へと移動します。次は『天神山公園』です!


・見どころ⑥【石川啄木の歌碑(天神山公園)】


「愁ひ来て 丘にのぼれば名も知らぬ 鳥啄めり 赤き茨の實」
旧岩手県盛岡中学校3年の時(明治33年)、
担任の富田小一郎先生に引率され修学旅行に出発。
大船渡市盛町にも立ち寄られた事を記念して歌碑が建立。
初めて海を見たと言われています。

昨年10月、天神山公園に設置された
『子ども向け遊具』もご覧になりました。


・見どころ⑦【天照御祖神社(天神山公園)】
参加者はここの神社でも参拝されました。
ここの神社はコンクリート造りになっています。
地元の方の元朝参りや初詣はここに来ることが多いですね。


境内にある神社は全てお参りしました。


その後、休憩を取り、
持ってきた飴やお菓子など交換しながら過しました。

・見どころ⑧【松尾芭蕉の句碑(天神山公園)】
「はるもやや けしきととのふ 月と梅」
[写真:左]が再建した句碑。[写真:右]が砕け残った句碑。


天照御祖神社が昭和51年4月に火災になった際、
芭蕉の句碑が焼けくだけ、下方だけが残りました。
諸先輩の残された尊い文化遺産を後世に伝える為、
盛町の俳諧の方々が句碑を平成元年に復元建立したもの。

この句碑の後ろには、昭和61年に記念植樹された
「白樺」があります!その姿は美しかったです♪


他には、大船渡西ロータリークラブによる石碑「四つのテスト」
「一人一植運動」の記念植樹として植樹された「椿」があります。


赤い椿の花も咲いていましたね♪


『天神山公園』は避難所として指定されている
場所のひとつになっています。

そこから洞雲寺へ移動する道の途中で、
紅梅と柿の実が、隣り合わせで咲いている
珍しい風景がありました!
いまだに残る秋に実らせる柿と、
暖かくなってきて咲く紅梅が一緒に見れるなんて、
不思議であり特別で貴重な感じがしました。


・見どころ⑨【竜宮門(法量山 洞雲寺)】


浦島太郎の話に登場する竜宮城に似た珍しい山門。
白漆喰で塗り込められているのが特徴。
気仙大工の技術で建てられ、
芸術的な造りで美しく圧倒される存在。


・見どころ⑩【東日本大震災犠牲者供養塔】


観世音菩薩像。洞雲寺から道路を挟んだ向かい側の敷地に
『観音様』がいます。平成24年3月吉日に建立。
観音様の高さが津波の高さといわれています。

【津波記念碑】


観音様の横にあります。
「平成二十三年三月十一日十四時四十六分、
マグニチュード九の巨大地震が発生。大船渡市には、
八メートル超の大津波が押し寄せ、犠牲者三百四十名、
行方不明者八十四名、建物被害三千六百軒以上の
大災害がもたらされた。 此の歴史的大災害から得た
多くの教訓を忘れることなく、
後世に伝えていかなければならない。」

後ろの斜面に「鹿」がいました。
お互いに見つめ合う時間が数分間ありました。


国道45号線沿いを歩き、次の目的地へ移動しました。

・見どころ⑪【貴船神社】
ウォーキングイベントで初めて立ち寄った場所。
初詣ウォークの最後の参拝場所はここになります。
盛バイパス開通にあたり境内が掘割となった為、
同じ丘の東側に残る丘へ移転新築された神社です。


三陸鉄道盛駅へ到着したのは11時40分頃。
参加者へお土産として「お菓子」をお渡しし、
終了となりました。ご参加ありがとうございました!


史跡や植物の様子など、歩いて気付くことばかり。
地元にいても車移動では発見できない気付きや、
普段行かないような場所への散策が
楽しかったとの声がありました。
地元を知る良い機会、魅力を再発見できた
初詣ウォークとなりました。

次回の開催をご案内します。

『第32回 三鉄 駅からウォーク』
<日程>
2月20日(土)
<集合>
8時30分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時13分盛駅発~綾里駅~11時55分盛駅着
<申込締切>
2/17(水) ※事前の申込みが必要
<参加費>
450円(保険代・往復乗車券代)
<持ち物>
飲み物
<内容>
沿線の史跡巡り!地元の魅力再発見!健康第一!
2月は綾里駅から白浜海岸までウォーキング!

【綾里駅】明治三陸大津波伝承碑や白浜海岸を散策!
<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道盛駅
電話番号:0192-47-3542

第73回 無料法律相談
1月17日の日曜日『第73回 無料法律相談』を開催しました。
主催は認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
NPO法人夢ネット大船渡は主に告知について協力しています。
東海新報社への広告掲載、ポスター・チラシの作成と掲示や設置のお願い、
会場の予約や相談者の受付など行っています。

今回は、東京都にある弁護士事務所から1名の弁護士と
税理士1名もいらっしゃいました。


今回の相談会場は「カメリアホール」の会議室にて行いました。
件数は5件で、予約枠が全て埋りました。
『無料法律相談』は、2011年10月からほぼ毎月実施しています。
延べの相談件数は338件となりました。

弁護士さん、税理士さんから感想を伺いましたのでご紹介します。

「大船渡に通い始めて丸4年になります。
この間、町の復興も進んだと思いますが、
まだまだ多くの課題が残されていると感じます。
今後も通い続けたいと思いますので、
よろしくお願いします。」


「弁護士に同行し参加させていただいた税理士です。
今回は相続に関するご相談が多くありました。
相続税には、申告期限や様々な特例など複雑なことも
多くありますので、今後もぜひご相談に
来ていただければと思います。」


震災に関係すること、または関係がなくても、
弁護士さんへ相談することは可能です。
どんな些細なことでも構いません。
お気にならさず何でも相談して頂ければと思います。

専門家へお話しすることで、
気持ちが楽になりますし、軽くなります。
もし、誰にもお話しすることができない内容、
または、お話しするまでもないと思い込んでいる内容など、
ありましたら、この機会をご利用ください。

震災発生から、4年10ヶ月が過ぎました。
少しずつ復興へ向けて進みだしています。
災害公営住宅が建設され始め、転居された方もおりますが、
それでも仮設住宅が撤去されるまでにはなっていません。
そして、仮設商店街・仮設店舗は、
全て本設された状態にはなっていません。
嵩上げ工事や防潮堤の復旧工事は今も行われ続けています。

課題はその状況ごとに変化していきます。
進みだした復興ですが、新たな課題に
直面されることがあると思います。

こちらで開催している『無料法律相談』は、
何回でもご相談することができますので、
お気軽にご利用ください。

相談者の方々、ご利用ありがとうございました。

次回の開催は、日程が決まり次第、ご案内します。
予約は受付けておりますので、よろしくお願いいたします。

ご予約は、三陸鉄道盛駅へご連絡ください。
電話番号:0192-47-3542
新春お楽しみ列車
1月10日(日)、11日(月・祝日)の2日間、
『新春お楽しみ列車』を開催しました。
参加費は大人1000円、2才~高校生まで500円、
2才未満は無料になります。
11日は参加者がなかなか集まらなかったこともあり、
急きょ参加費を特別に500円で募集しました。
大人も子供も親子でもお友達とでも、
三鉄に乗車した楽しい新春の思い出を
ご提供しようと企画いたしました。

このイベント列車は、
京都にある「つながり・ゆるり ええるの家」
水口千歌子さんからの寄付を使わせて頂きました。
ありがとうございました。
『新春お楽しみ列車』は今回、【一般車両】
貸し切って行い、9時40分に盛駅を出発!
10日の参加人数はスタッフ5名を含めた33名。
11日はスタッフ3名を含め45名となりました。 
地元の方が多いですが、遠方からは岩手県内の
奥州市・盛岡市・滝沢市からの方もおりました。
ご参加ありがとうございます!


岩城理事長の挨拶のあと、
『クルミ餅・お茶やジュース等・お菓子』を、
参加者全員にお配りしました。
綾里駅から恋し浜駅までは、
お正月気分を出そうと音楽も流しました♪


そして、11日に参加されるお客様から
甘酒の差し入れがあり、お配りしました。ありがとうございました。


お菓子やクルミ餅、ジュースなどいただきながら
新年最初のちょっとしたイベント列車の旅が始まりました。

恋し浜駅には10時1分に到着し、ここで7分間の停車。


現在、待合室には2万枚以上あるホタテ絵馬があります。
その『ホタテ絵馬』に願い事を書いて
奉納された子供達もおりました♪
また、ホームにある『幸せの鐘』を鳴らして、
記念写真を撮影されるご家族もいましたね!


恋し浜駅を10時08分に出発。
ここからは『ビンゴゲーム』が始まりました!


ワクワクドキドキのビンゴゲーム♪
景品は全員分をご用意しました!


大人も子供も夢中になって楽しまれました♪
呼ばれる番号が渡されたカードにあるか、
お隣や親子で確認しながらビンゴになる
嬉しい瞬間を待ちます♪


ビンゴになった方から、
列車後方にある景品交換場所に行き、
包装された景品を選ぶことができます!
異なる大きさの中から気になる景品を選び、
笑顔でビンゴ済みのカードと交換されていました♪
おめでとうございます!


ビンゴの景品交換は、列ができるほど大盛況!

景品はオモチャ、三鉄カレンダー、アクリルたわし(手芸品)、
マグカップ、三陸鉄道グッズ、三鉄セロハンテープなど。


続々とビンゴになり、景品受け取り待ちができたほど、
大いに盛り上がりました♪

釜石駅には10時40分に到着。
ホームに降りて、集合写真を撮影しました。

<1月10日>


<1月11日>


そして、両方の景色を眺められるように
ここで海側と山側の座席を交換しました。


折返し釜石駅を出発したのは、11時00分。
定期列車に連結しての発車となりました。

復路では『AMC大船渡』による
「マジックショー」が始まりました!
時には失敗もありましたが、笑い声が響く中、
大人も子供も次々に披露されるマジックに
魅了されていました。

内容は様々!
・破った紙や布が元に戻る手品
・何もない筒からモノが出てくる手品
・穴を通したはずのお札が穴が開いてない手品
・動物や数字を当てる手品
・ゴムの瞬間移動
・縦縞が一瞬で横縞になる手品
・だまし絵(馬とカエル、お嬢様と伯母様)
・結んだヒモが繫がり、再び離れる手品
・コインが出てくる手品
・右耳から左耳への瞬間移動手品
・縁結びの手品
・色付き布を通すとその色のCDが出てくる手品
などなど、まだまだありましたがこの辺で。

<1月10日の様子>



<1月11日の様子>




再び恋し浜駅に3分間ほど停車しました。
出発後、盛駅到着までの時間は、
10日はここから岩城理事長がマジックを披露されました!
11日は歓談の時間を設けました。

<1月10日の岩城理事長マジックショー>


盛駅には11時55分に到着。
これにて『新春お楽しみ列車』は終了となりました。

クルミ餅のお振舞いやお菓子のプレゼント。
ビンゴゲームやマジックショーで楽しんで頂きました。
2日間とも天気が良く、絶景ポイントである吉浜湾が
とても美しく、水平線がキレイに見えました。


また、車窓から釜石大観音を眺めて拝み、
思い出に残る2時間の旅気分、どなたも満足された様子で
笑顔や笑い声の響く、楽しいステキな時間を過ごされました。


最後に、感想を伺いましたのでご紹介します。

<1月10日の感想>
「毎年楽しみにしています。ビンゴや手品など
工夫を凝らしていて、大変楽しく過ごせました。
また、イベント列車楽しみにしています。」

「1年ぶりに乗りました。大船渡に住んでいた時の
お友達と一緒に乗ることができて、
とてもよろこんでました。今日は2才の弟も一緒に
乗りました。たくさんお菓子をもらって、
ジュースもいっぱいのんでよろこんでました。
家族で写真もとることができてよかったです。
また、三鉄にのりたいと思います。
ありがとうございました。」


「新春夫婦共に初めて二人で電車の旅をした
気持ちにならせて頂き、思い出に残る日々でした。
本当にありがとうございました。
また、皆さんに来年もお会いしたいです。」


「御苦労様です。天気も良し。
列車に乗るきかいもなく70才になり、
心のせんたくができました。
又、三人組で時々…参加…したいと~。
おもち、大きなプレゼント、どうしんにかえり
すんごく~楽しかったです。(ビンゴなど)
これは皆さんの協力があってこその…
心から…うれしかったです。」


「このような企画をご用意下さってありがとうございます。
こういったイベントが、地域を盛り上げると思いました。
今後も引き続き、このような企画をたくさん作って
欲しいです。毎月行われていて、参加しやすいので、
また来てみようかなと思います。
1000円という価格で、スタッフの方の丁寧な
対応も嬉しかったです。」


<1月11日の感想>
「新年おめでとうございます。
「お楽しみ列車」の名の通り、
とっても嬉しく感謝致しております。
出来るのならば来年も宜しく、図々しくお願い申します。」


「500円でこんな楽しい列車旅行出来て、
本当に嬉しく思います。
車内サービス又お世話する方々も
大変やさしくして頂き、
一生の思い出の一つになりました。
本当に感謝感謝の一言です。
本日は本当にありがとうございました。
列の皆の気持です。」


「嬉しい企画をして戴き、
大変楽しい想いをしました。
スタッフの傍々、私達の為に
色々御世話下さいました事
感謝一ぱいです。有難う御座居ました。
次回も期待します。」


「ビンゴゲームやらマジックなど
大変楽しく乗車させて戴きました。
スタッフの皆さんの大変親切な対応等
御苦労様でした。
又、機会ありましたら是非声をかけて
貰えましたら、必ず参加したいと思います。」


ご参加ありがとうございました! 
観光情報:三陸駅の周辺②
三陸鉄道南リアス線の沿線にある『観光情報』をお届けします。
今回は、『三陸駅の周辺②』をご紹介します。

<ど根性ポプラ>
駅から徒歩3分。
東日本大震災の大津波に耐えて
生き残っている樹齢約80年のポプラの木。


<未音岩(みおといわ)>
大きい岩が約12トン小さい方が6トン。
元々は約300m離れた海岸にありました。
巨岩の一部を運んでここに設置されました。
巨岩から7~8mの海面には亀石があり、
岸の巨岩の割れ目には二本の松が
寄り添って生えていて、地元では夫婦松と呼び、
大変親しまれていました。
東日本大震災の津波により岩の割れ目が広がり、
二本の松とも生き残れませんでした。
巨岩は防潮堤用地内にあった為、
砕いて取り除くこととなり、
地域では巨岩と夫婦松を偲び、
巨岩の一部を運んで夫婦松の替わりに
未音岩(夫婦松)として設置しました。




<未音岬湾望台>
東日本大震災の犠牲者(北里大学の犠牲者も含め)
90名への鎮魂・祈りの場所として、
越喜来湾を一望できる場所に
「未音崎(みねざき)湾望台」が2015年に完成。
ステキな越喜来湾を眺められます。慰霊塔もあります。






<気仙小枝柿の原木>
推定樹齢約300年の気仙小枝柿の原木。


三陸鉄道南リアス線をご利用の際は、
三陸駅で下車して駅の周辺を散策してみてください。
観光情報:盛駅の周辺③
三陸鉄道南リアス線の沿線の『観光情報』をお届けします。
今回は、『盛駅の周辺③』をご紹介します。

<吉野森神社>


盛駅から徒歩約15分。
境内には土俵があり、毎年9月2日には相撲が取り組まれています。



<吉野森神社の桜と奥州しだれ桜・吉野森公園の桜>
桜の花が咲いた頃、見事な景色になります。
吉野森神社の境内にある奥州しだれ桜は、
大船渡市指定天然記念物に指定されています。





<立根川の桜並木>


駅から徒歩15分。
立根川の土手に並んだ綺麗な桜並木です。

<旅の宿 啄木十五の夏>


駅から徒歩約5分。
石川啄木が十五歳の夏休みに級友6人と共に
担任の先生に引率されて気仙沼から大船渡を経て
釜石に至る三陸海岸を旅行しました。
盛町では、当時この地にあった「今野屋旅館」に宿泊し、
初めて海辺の町の旅情に触れたそうです。
この碑は、啄木来遊100年を記念して建立されました。
現在その旅館は取り壊され、
特別養護老人ホーム富美岡荘になっています。

<みどり町公園>






駅から徒歩約5分。
国際ボランティア団体オールハンズ
4カ月以上かけて整備されました。
がれき撤去や泥の片付け、雑草の刈取り、
被害を受けたフェンスやブランコ、
枯れた草木を取除く等、約200人以上が参加。

<澤木興道老師最終行脚之地>


駅から徒歩約5分。
蔵ハウスの敷地の一角にあります。
昭和を代表する日本の曹洞宗の僧侶。
各地の道場を転々とし、
「移動僧堂」「宿無し興道」と称された
曹洞宗を広めた人物です。その最終行脚の地が、
ここ大船渡市盛町になります。
教えはアメリカのスタンフォード大学にある
曹洞禅センターにも受け継がれ、
アップル社を創設した
スティーブ・ジョブズ氏にも影響を与えました。

盛駅周辺である盛町の歴史や伝統を少しでも感じられたい方、
少し足をのばして散策してみてはいかがでしょうか。
三陸鉄道南リアス線をご利用になる待ち時間など、
お時間のあるとき、感じてみてください。
ふれあいノート -2015年12月-
三陸鉄道南リアス線盛駅ふれあい待合室には、
『ふれあいノート』があります。5冊目になっています。

旅の想い出・大船渡や被災地の感想や印象・
三陸鉄道への応援メッセージなど、お気軽にご記入ください。

それでは、平成27年12月に書かれた内容をご紹介します。


---------------

「昨日、ポール・ウォーカーのめい日でした。
そして、ゲゲゲのきたろうでも知られる
水木しげるさんも一緒です。
みなさんでついとうしましょう。」


「本日は会社の後輩と4人で貸切列車で来ました。
貸切列車内では運転士の方やアテンダントの方々が
沿線の案内等を親切に説明していただき、とても
楽しい時間を提供頂きありがとうございました。
これからも三陸鉄道を応援してまいります。」


「久しぶりに実家に帰ってきた!!!
彼氏と初旅行!!!!!ずっと一緒に居れますように♡」


「友だちと北上から三陸鉄道にのりたくて!
ほたてバーガーおいしかった!!市町村制覇するために!」


「私は車が廃車になってしまいました。
次の車が見つかりました。今月中に買います!!
皆さんも頑張って下さい!!!」


「いつかは当地を訪れたいと思っていた地に
本日一人旅で来ました。長野市から途中
寄り道をしましたが、何本も列車、BRT等に
乗継ぎ、これより釜石へJR線をはじめ
多くの機関で不通区間がありますが、
一刻も早く復旧してほしいと思います。
私の周囲の人はあまり話題にしませんが、
私は一人でもこの地を訪ねたいと
前々から考えて折りました。
既に2回震災地を訪れましたが、
一人でじっくり見るこの地は胸が痛みます。
「行くぜ東北!」でやって来ました。
少しでも応援出来れば嬉しいです。」


「今日は、中学校生活が始まって
久しぶりの友達とお買い物~♪♪イエーイ♡
サンリアをうろうろ~
すごく楽しい1日でした。ありがとう三鉄♡」


「仙台、一関を得て気仙沼、陸前高田、大船渡と
青春18切符で当地まで(出発地は岡山デス)
リアス式海岸の入りくんだ地形に日頃見る
瀬戸内との違いを感じ、そこを襲った津波の
巨大さに地球、自然の底力を見せつけられた…
おだやかな暖冬の師走の海。
当地で生きる皆様のことを忘れず
私もガンバります。」


「福岡から東京まで出て東日本パスで今日到着
全線復旧おめでとうございます。九州の地から
復興と今後の発展を祈ってます。
山田線の土砂崩れで北リアス線に乗ることが
できなかったので、それも含めて
もう1回は来ようと思います。」


「神奈川県から三人娘でやって来ました。
三陸鉄道で釜石から盛まで乗車しました。
これから石巻までBRTに乗って行きます。
オリンピックは、3.11ふっこうとさわがれたね。
それが忘れされそうです。神奈川で
がんばりますので三陸から声を出しましょう」


「岩手県と鉄道スマートフォンアプリ
「駅メモ」のコラボレーション企画」に
乗っかって、さんてつさんに乗りに来ました。
きょうは南リアス、明日は北リアスに乗ります。
大船渡線が鉄道復帰しないのが淋しいですが、
さんてつさんはこれからも走り続けてほしいです。
応援しています!!」



「だんだん寒くなってきた…。
もうすぐクリスマス
今日は遠距離恋愛の日らしい。
僕はあいにくのクリボッチですが楽しみます笑
NHK復興5年の節目のドラマで
ちょっぴり参加できて楽しかった♪
これからも三陸鉄道さんお世話になります!!」


「今日はちょっと早いクリスマスパーティー!
みんなで楽しく盛り上がりたいなぁーと思たよ~!」


「京都→仙台空港→石巻→気仙沼→
→盛→釜石→宮古→久慈→八戸と三陸を縦だんします。
冬休み、青春18を手にして日本を回っていた頃を思いだす。
短い年末休暇のローカル線旅です。」


「静岡県浜松市から来ました。
浜松にも海がありますが、こちらの海はキレイで感激しました。
何度か訪れている東北ですが、今回念願かなって
こちらに来ることができました。今から釜石に行ってきます。
三陸鉄道楽しみです。」


「朝の9時からさんてつにタカギィさん
いじりながらコーヒーを飲みにこれるという
時間のぜいたくをしてた。1日24時間で皆に平等に与えられる
その時間に価値を見出せるかが、あなたが生かされた
価値にあると思う。今より若い日は無いよ。」


「ぬるぽ!」

「岡山から来ました。
全線再開後、初の三陸鉄道。
三陸復興の象徴として、地域のために走り続けることを期待。」


---------------

2015年の最後の月ですね…。

岡山県・福岡県・神奈川県など、
遠方からのお客様も多く来られています。
ご利用ありがとうございます!

地元の方からの書き込みもありますね♪
サンリアとは駅から徒歩3分の場所にある
ショッピングセンターです。
スーパー・飲食店・お土産・食料衣料・雑貨・
文具・本などを取扱い、昨年11月に店内を
リニューアルされたばかりです!

ホタテバーガーを召し上がられた方もおりますね♪
ここも盛駅から徒歩3分の場所にある
『THE BURGER HEARTS』というお店です。
地元である三陸のホタテブランド『恋し浜ホタテ』
使用した「恋し浜ホタテバーガー」が有名で、
他にも岩手県の食材にこだわった
美味しいハンバーガーがたくさんあります♪

街や住宅の復興、心の復興など、
東日本大震災からの復興は今、始まったばかりです。
災害公営住宅は次々に完成されており、
仮設住宅から転居される方が出てきました。
それに合わせて仮設住宅の規模が縮小され、
解体される場所もありますが、
まだまだこれからと感じています。

三陸鉄道は平成26年4月に北リアス線・南リアス線の全線で、
クウェート国からのご支援により、復旧することができました。
心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます。
今では『復興のシンボル』と言われています。

被災地はまだ復旧工事中であり、
嵩上げや防潮堤の工事の様子を、車窓からご覧になれます。

また、最高の眺めである吉浜湾と、
越喜来湾の景色を堪能することができます。

旅の思い出をこの大船渡の地で作られてみてはいかがでしょうか?
そして『ふれあいノート』で、今の気持ちを表現してみるのもいよいですね♪

毎月、書き込みされた印象に残った内容をご紹介しています。
三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際は、お気軽にどうぞ!
冬休み列車
12月27日の日曜日。この日、冬休みの楽しい思い出の
一つになればと『冬休み列車』を開催しました!
参加費は大人1000円、子供500円(2才未満は無料)です。
参加人数はスタッフ4名、大人22名、子供29名の
合計55名になりました。
今回は新型レトロ調列車を貸し切っての乗車となります!
『冬休み列車』にはNHKの取材も入りました。

お客様が乗り込む前に、テーブルの上に「ケーキ」を準備。


盛駅を9時40分に出発しました!


岩城理事長がご挨拶され、その後お茶とジュースをお配りし、
そして全員へプレゼントのお菓子もお渡ししました。


ケーキ、美味しそうですね♪


『綾里駅』では上下線の列車交換がありました。
お互いに手を振りあってのご挨拶♪


『恋し浜駅』には10時01分から7分間の停車。


「幸せの鐘」を鳴らされたり、
待合室に奉納されている「ホタテ絵馬」
ご覧になられたり、車両の前で記念撮影されていたりと、
自由に過ごされました。ここは恋愛のパワースポットでもあります♪


10時08分に『恋し浜駅』を出発!
ここから釜石駅までの38分間は大人も子供も
参加の『ビンゴゲーム』がスタート!


ビンゴカードをお配りし、
呼ばれた番号がカードにあれば穴を開けていきます。


リーチの方は手を挙げて宣言!
ビンゴになられた方は車両の後方に
景品をご用意していましたので、
その中から好きな袋を選んでいただきました。

ビンゴ第1号の子供さんです!おめでとう!


ドキドキワクワクのビンゴ大会!
次々にビンゴの方が続出!おめでとうございます!
景品の受け取り待ちの行列ができるほどでした!


中身はオモチャが中心ですが、中には三鉄カレンダーも♪


新型レトロ調列車の中には『模擬運転席』があります。
実際に使用していた運転台をそのまま設置!
制帽を被っての運転気分♪子供達に大人気でした!


三陸鉄道南リアス線の沿線で一番景色の良い吉浜湾の様子です。


10時40分に釜石駅へ到着。
ホームで車両を背景にして記念の集合写真を撮影しました!


釜石駅を折り返し出発したのは11時です!
定期列車に連結しての復路となりました。

後半の最初の催しは岩城理事長による
得意な『マジックショー』です!
ヒモを使った手品やお札を使った手品、動物や番号を当てたり、
騙し絵など、たくさんのマジックを披露されました。
これには大人も子供もビックリ!
興味津々で近くに子供が寄ってきて、時にはマジックに参加するなど、
和気あいあいとした雰囲気の中、
明るく元気で賑やかな時間帯となりました。




再び『恋し浜駅』に3分間の停車。「幸せの鐘」大人気!
勢いよくカンカンと鳴らされておりました♪


車内ではビンゴの景品でさっそく遊ぶ子供達も♪


盛駅には11時55分に到着。
子供達へ三陸鉄道の新型レトロ調列車に乗車した
楽しい冬休みの思い出をご提供することができて嬉しいです♪
親子や友人達と乗るイベント列車は、とても明るく賑やかで
元気に遊ばれ、笑顔が広がる楽しい2時間となりました。
ご参加ありがとうございました!


感想を伺いましたのでご紹介します。

「三鉄のイベント列車はいつも楽しみにしています。
たくさんのプレゼントもいただいたり、
ケーキやジュースもごちそうになり
楽しいひと時をすごすことができました。
新年列車も乗ります。ありがとうございました。」


「冬休み列車を乗って、
ケーキもおいしかったしいろんな人と
話すことができて楽しかったと思いました。
みんなでクイクイできて、
ビンゴでけいひんをもらって楽しかったです。
いろんなけしきをみたりしたのが楽しかったです。
動物とかも見れてすごいなーと思いました。
また冬休みとかにこういうイベントができたら
またやってほしいと思います。
よろしくおねがいします。
今日はありがとうございました。
とても楽しかったです。」


「きれいな列車でケーキも食べれて
ビンゴゲームなどとっても楽しい思い出ができました。
復興の様子も見ることができ貴重な体験となりました。」


「今日はお友達と参加させていただきました。
ビンゴゲームやプレゼントなどなど
子供達はとっても楽しんでいたようです。
ケーキも食べれて、列車にも乗れて、
冬休みのよい思い出となりました♡
ありがとうございました。
あんまりにも楽しすぎて、
子供達は元気いっぱいのあまり、
うるさくてみなさまには、
ご迷惑をおかけしてスミマセンでした。
今日は本当にありがとうございました♡
また企画があれば参加したいです♡」


「クリスマス列車に続いて二度目の参加です。
レトロに乗ってみたかったのでとても楽しいです。
スタッフの方々いつもお世話ありがとうございます。
ゴージャスなふんい気の中のプチ旅を親子3人で楽しみました。
次は夏に乗ってみたいです。窓から見える風景が
もっともっと美しくなるといいなぁと思います。」


「子供たちがとても楽しく和気あいあいとした
雰囲気の中で過ごす事ができ、良い時間だったと思います。
冬休みの素晴らしい思い出をつくりました。
スタッフの皆様方ありがとうございました。」


「あっという間の2時間の列車の旅でした。
息子達も普段体験できない模擬運転体験や、
車窓の景色を楽しんでいた様子でした。
長男(4才)もビンゴゲームで1位当選。
次男(2才)は眠いのを我慢して楽しんでいました。
次回の開催を期待して、是非また参加させて
いただきたいです。
関係者の方々、大変ありがとうございました。」


「普段乗ることがないですが、
イベント盛たくさんの三鉄の旅に参加できて、
とても楽しめました。子供達もすごく楽しんでいて、
また参加したいと思います。」


「子どもたちにとって思い出に残る
ひとときになったと思います。
地元に住む人たちのためにこのような利用(活用)は、
とても有意義なことだと思います。
また2019年のラグビーワールドカップ日本大会に
向けた三陸鉄道と沿岸自治体企業との連携が
必要不可欠だと考えます。私たちのグループで
「子ども観光大使」の取り組みを行っていますが、
それと連携させることもおもしろいと考えています。」


「ゲームやで電車の運転体験に子供達(4才・2才)も
大喜びでした。冬休みの良い思い出の一つになったと
思います。次回またこの様なイベントがあれば
参加したいと思います。
企画、実行いただいた皆様ありがとうございました。」


「さんてつは、二年前にのって、今年も、のりました。
特にビンゴがものすごく楽しかったです。
みんながたのしんでいたし、私は、インタビューされて、
びっくりしましたが、とってもたのしいイベントでした!」


「さんてつがすきでいつも「あまちゃん」を見てます!
あまちゃんもゆいちゃんもすきで、さんてつに乗れて
うれしいです。おそいけどクリスマスプレゼントも
もらえて、うれしいし、友だちとおかしこうかんや、
さんえつうんてんたいけんもできて楽しかったです。
また来て手じなや、さんてつからの海のけしきを
楽しみたいです。ビンゴは、ビンゴにならず、
リーチが5かいもでて、はじめてだと、
びっくりしました。」


「子供会の行事で参加しました。レトロ列車の中は
とてもきれいで、とてもいいふんいきでした。
ケーキやビンゴなどとても楽しくすごせました。
ありがとうございました。また利用したいです。」


「今日、十二月二十七日のイベント列車では、
ケーキやビンゴ、手じな、プレゼントなど
ありがとうございました。下久名畑の人たちは、
行事なので思い出にのこったと思います。
ぼくは、最後の行事なので思い出にのこりました。
ありがとうございました。」


<イベント告知>

『新春お楽しみ列車』
☆ご家族で楽しめる☆盛り沢山の企画が満載☆
<日程>
1月10日(日)
1月11日(月・祝)
<集合>
9時10分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時40分盛駅発~釜石駅折返し~11時55分盛駅着
<申込締切>
1/8(金) ※事前の申込みが必要
<参加費>
1000円(大人)
500円(2才~高校生)
2才未満は無料
<定員>
各日40名(先着順)
<内容>
お菓子・お餅・ビンゴゲームなどの景品盛り沢山!
食べ物・飲物の持込み自由!

<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。