三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



クリスマス列車
12月23日(水・祝)に子供達へ楽しい想い出を
過して頂こうと『クリスマス列車』を開催しました!
参加費は大人1000円、子供500円(2才未満は無料)です。
参加人数はスタッフ5名、大人17名、子供23名の合計45名。
昨年に引き続き今回も紙芝居師なっちゃんがゲスト出演!
車内でステキな紙芝居や、大盛り上がりのクイズなど
披露されました♪ご協力ありがとうございます!

一般車両を貸し切って行いました。


車内にクリスマスツリーを設置♪
座席にはケーキをご用意して、お客様の乗車を待ちました。


クリスマス列車は、9時40分に盛駅を出発。
定員いっぱいの大盛況!岩城理事長サンタクロースの
ご挨拶とともに、お茶・ジュースをお配りしました。


そしてサンタクロースと紙芝居師なっちゃんが、
大人にも子供にも全員に「メリークリスマス♪」
声を掛けながらプレゼント(お菓子)を渡して歩きました。





10時01分に『恋し浜駅』へ到着。ここで7分間の停車になります。
待合室に設置されている『ホタテ絵馬』に願い事を書かれたり、
ホタテ絵馬の様子をご覧になられたり。
またホームにある『幸せの鐘』を鳴らして
記念写真を撮影されるなど、それぞれの時間を楽しまれました。



10時08分『恋し浜駅』を出発!
ここからは『紙芝居師なっちゃん』のお時間!
釜石駅へ到着する38分間をお願いしました。
最初に始めたのは大人気の「しっぽQUIZ」です♪


色や柄を見せて「なんのしっぽ?」と、
動物のしっぽを連想させるクイズ!大人も子供も大興奮!


正解者には、なっちゃんからプレゼントが渡されました♪
おめでとうございます!


そして「題目:ふたりのサンタ」の紙芝居が始まりました。
子供は夢中になってお話を聞き、
大人も興味津々な様子で楽しまれていました。



10時40分、釜石駅へ到着。
ホームへ降りて頂き、記念写真を撮影しました。


折返し釜石駅を出発したのは11時です。
貸切のクリスマス列車は、定期列車に連結しての出発となりました。

後半の始めは『ジャンケン大会』を行いました!
景品は全員分をご用意!
ジャンケン担当のトナカイと、最初はグーで勝負します!
今回は勝ち残り1名を決めるのではなく、
ある程度、勝ち残った4、5人になったところで
景品を次々にお渡ししていきました。
ジャンケンに勝つと喜び、負けると次!
みたいな感じで大賑わいとなりました♪


景品はオモチャです♪大人にも子供にも行き渡り、
どんな物が当たったのか見せていただきました!


次に、岩城理事長サンタクロースによる
『マジックショー』が始まりました!
・破いた紙が元に戻る手品
・結んだ紐3組が繫がり、そして解ける手品
・紙がお札になる手品
・お札にペンが突き刺さるも穴が開かない手品

などなど。大人は拍手し、子供は夢中になって
マジックを堪能されていました。
中には種明かし的な内容もありましたが、
笑い声の響く和やかな雰囲気となりました♪



ここで、紙芝居師なっちゃんの歌声とともに、
クリスマスソングを皆で歌いました。
歌ったのは「赤鼻のトナカイ」「きよしこの夜」です。
クリスマス気分を満喫していただきました♪

そして復路での『恋し浜駅』には3分間の停車。
その後、再び『紙芝居師なっちゃん』が登場しました!
最後の紙芝居「題目:メリークリスマスおつきさま」


鳴り物を鳴らして賑やかな感じでお話が展開していきます。
子供達はその物語を夢中になって聞いて楽しまれました。


大盛況のまま盛駅へ11時55分に到着。
最後まで笑顔が広がる明るく賑やかな車内となりました!

子供は元気ですね♪その姿を見ているだけで、
大人は嬉しくなり、元気をもらいます。
将来を担うそんな子供達へ、三陸鉄道に乗車した
楽しい『クリスマス列車』の思い出を
ご提供できて良かったです♪


紙芝居師なっちゃん、ご協力ありがとうございました!
ご利用ありがとうございました!

感想を伺いましたのでご紹介します。

「震災後初めて三鉄に乗りました。
外の景色はずいぶん変わってしまいましたが、
少しずつ復興のきざしも見られ、
これからもどんどん変わっていくのかなと思いました。
初めて列車の中でケーキを食べたり紙芝居を見て
楽しい一時をすごすことができました。
ありがとうございました。」


「初めての参加。孫より私の方ははしゃぎました。
久しぶりのめっちゃ楽しかったです。又イベントに
参加したいでーす。そしてスタッフの皆さん
ありがとうございます。」


「今日は、子供会の親子行事でクリスマス列車に
乗ることが出来て良かったです。
ケーキや飲み物や紙しばいなど、
いたせりつくせりで、子供たちもとても
喜んでいました。クイズもはり切って答えていました。
とても楽しいクリスマスを過ごせて
感謝しています。またこのような機会があったら、
参加したいと思います。
どうもありがとうございました。」


「三鉄大好きです。今日は楽しい時間を
ありがとうございました。
おいしいケーキにプレゼント。
大人にもいただけるなんてビックリしました。
釜石までは三鉄を利用した事がなかったので、
またぜひ乗りたいと思います。
恋し浜で絵馬(?)も書く事ができました。
今日は本当にありがとうございました。」


「このようなクリスマス会をひらいてくださって
ありがとうございます。クイズなどたくさんやって
楽しかったです。また来年もやってほしいと
思いました。今日は、本当に楽しかったです。」


「楽しかったです。ケーキもおいしかったし、
クイズも楽しかったです。トナカイが面白かったです。」


「震災後初めての三鉄でしたが、
楽しく乗ることができました。
子どもが大きくなってから
もう一度参加できたらなと思いました。」


「2歳の娘は三鉄に乗るのも初めてでした。
ケーキやプレゼント、楽しい企画もたくさんあって、
あっという間に感じました。
またイベント列車があったら乗りたいです。
ありがとうございました。」


「今日、はじめて、わたしは、クリスマスれっ車に、
のりました。なっちゃんの、かみしばいや、
ケーキを食べたりして、後半では、みんなで、
歌を歌ったりしてすごい楽しかったです。」


「今日、わたしは、クリスマス列車にのって
いろんなことができて楽しかったです。
とくにクイズが楽しかったです。
どうぶつのしっぽクイズを家でも自分で
つくってやってみたいです。あと、
なっちゃんのかみしばいもいろいろと
おもしろかったです。あと、みんなのことを
わすれないでずっと思っています。」


「楽しい企画列車ありがとうございます。
普段なかなか乗車する機会がない三鉄で
ケーキを食べながら景色とサンタさんたちの
がんばりを楽しみました。
移動する列車内でのお茶サービスや
紙しばいは気も労力も使われたことと
思います。皆さんのおかげで、楽しい思い出が
できました。今後も復興していく街並とともに
歩む列車でいて下さい。ありがとうございました!!」


「三鉄に12年ぶりに乗りました。
車で釜石に来るので、今日は、
本当に三鉄に乗れて良かったです。
プレゼント・ケーキありがとうございました。」


「今日は楽しかったです。
なかなか三鉄に乗る機会がないので貴重な体験でした。
プレゼントもケーキもありがとうございます。」


「小学校最後の親子行事に
“クリスマス列車”のイベントに参加出来、
思い出の残る楽しいひとときを過すことが出来ました。
スタッフの皆様のお心遣いに大変感謝申し上げます。
こどもたちもとても楽しそうでした。
来年の企画もありましたなら、
是非お知らせ頂きたいと思います。」


<イベント告知>

『新春お楽しみ列車』
☆ご家族で楽しめる☆盛り沢山の企画が満載☆
<日程>
1月10日(日)
1月11日(月・祝)
<集合>
9時10分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時40分盛駅発~釜石駅折返し~11時55分盛駅着
<申込締切>
1/8(金) ※事前の申込みが必要
<参加費>
1000円(大人)
500円(2才~高校生)
2才未満は無料
<定員>
各日40名(先着順)
<内容>
お菓子・お餅・ビンゴゲームなどの景品盛り沢山!
食べ物・飲物の持込み自由!


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

スポンサーサイト
【告知】1月のイベントご案内
☆☆☆1月のイベント案内☆☆☆
 
 
 
『新春お楽しみ列車』
<日程>
1月10日(日)
1月11日(月・祝)
<集合>
9時10分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時40分盛駅発~釜石駅折返し~11時55分盛駅着
<申込締切>
1/5(火) ※事前の申込みが必要
<参加費>
1000円(大人)
500円(2才~高校生)
2才未満は無料
<定員>
各日40名(先着順)
<内容>
☆ご家族で楽しめる☆企画は盛り沢山☆ 
ビンゴゲームなど!(景品あり)
食べ物・飲物の持込み自由

 
 
  
『第31回 三鉄 駅からウォーク』
<日程>
1月16日(土)
<集合>
9時00分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時20分盛駅発~盛町周辺~12時00分盛駅着
<申込締切>
1/13(水) ※事前の申込みが必要
<参加費>
無料
<持ち物>
飲み物
<内容>
沿線の史跡巡り!地元の魅力再発見!健康第一!
1月は初詣ウォーク!
【見どころ】吉野森神社・天神山公園・洞雲寺・貴船神社 (約4km)

 
 
 
『第73回 無料法律相談』
主催:認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ
協力:NPO法人夢ネット大船渡

<日程>
1月17日(日)
<時間>
10時~13時20分
<内容>
この日は、税務相談も受付中!
訪問相談も承ります。その旨をお知らせください
相談時間は40分間。お気軽にご利用ください
※事前の予約が必要です

 
 
  
<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

The North Journey 2015 KESEN:最終日
11月21日~23日の3日間。盛駅前では開催4回目になる
『The North Journey 2015 KESEN』が行われました。
主催はアルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト。

地元ミュージシャンも含め、約60組100名によるライブを
大船渡の各地(一部は住田町)で開催しました!

それでは『盛駅前会場』最終日の様子を報告します!
盛駅前会場は、10時からスタート!

<11月23日(月・祝):3日目>

その前に、9時40分発の臨時列車がありましたので、
ミュージシャンとともに横断幕で手を振ってのお見送りをしました!


1番手は『マイスタースズキ』さん
ノースジャーニーの仕掛け人!発案者の登場です!
4回目の開催、本当にありがとうございます♪
爽やかに歌い上げ、会場の空気を心地よいものにされていました。


『鈴木準二』さん
4年連続4回目の参加!毎年の参加本当に感謝いたします。
ギターの音色が美しく、毎回印象に残る出演をされています。
今回も英語の曲を渋い声で感情たっぷりに歌い上げていました♪


10時30分から12時30分まで、
『フェスティバルトレイン・ライブ列車』へ乗車したため、
ここからは、イベント列車到着後の盛駅会場の様子をご報告します。


この日のお店は『さんさんの会』
沖縄産の料理やお菓子を扱う『ゆいま~る』
『三陸夢を稔らせる会』になります。

<さんさんの会>


<ゆいま~る>


<三陸夢を稔らせる会>


一日中、美味しい食事をいただきながら、
癒しの生演奏を味わいながら心を和ませ、
気持ちの良い日を過ごすことができました♪

『小林聡』さん
寒いと言いながらもギターを弾き、
しっとり聞かせる切ないフォークソングを披露されていました♪


『秋月牧』さん
4年連続4回目の参加!時には渋く、時には哀愁を漂わせ、
様々な感情を表現しながら歌われていました♪
今年もステキな時間を過ごすことができました。
ありがとうございます!


『Neko』さん
優しい歌声で大人の雰囲気を醸し出していました!
「カントリーロード」を披露されていましたね♪


『ザ・チキンズ』さん
今回の盛駅前会場2回目の登場になります。
この日、Kojiさんが誕生日を迎えました!
50歳おめでとうございます!
スペシャルなギフトソングも披露♪


『またろう』さん
今回の盛駅前会場2回目の演奏。
しみじみと切ないフォークソングを寒さの中、
風にも負けず、めいっぱい演奏されていました!


『田中エミリ』さん
2日目に続き盛駅前会場2回目の演奏です♪
軽快でポップな楽曲の中、独特の個性ある歌詞で魅了されました!
<セットリスト>
「怖い話」
「闘う出禁の応援歌」
「くだらない歌を歌うよ」
「Rock'n'roll Good‐bye(松田聖子)」



『北川玉奴』さん
昨日は出演時間に間にあわず演奏できなかった
北川玉奴さんが最終日の最後付近の時間帯で登場!
パワー全開で勢いあるフォークソングを披露され、
聞いていて気分爽快でした!あの個性溢れる見事な歌詞を
盛駅前広場の会場で堂々と歌い上げていて、
とても楽しかったです♪共感する言葉もありましたね!


『MINT』さん
大トリの登場です!ノースジャーニー1回目から毎回参加されていて、
盛駅前会場には『MINTHOUSE』を開き、
地元住民との交流や楽しいワークショップ、
写真展示やグッズ販売など様々なことをされています。
アンコールもあり、気持ちの伝わる熱いライブとなりました!


15時になり盛駅前会場は終わりとなりました。
3日間の音楽のある生活、それが終わってしまい
寂しい気持ちになりました。また開催してほしいですね♪
盛駅前会場には地元の方や演奏を終えた
ミュージシャンなど約95人が集まりました!
出演者もお客様もご来場ありがとうございました!

本当に楽しい3日間を、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!!
皆様、再びお会いしましょう♪

※フィナーレ会場である『大船渡屋台村』にて、
『MINTHOUSE』様より、38,368円の寄付を受け取りました。
今年最後のイベント列車である
「クリスマス列車」「冬休み列車」の参加者に渡す
お菓子の代金として使用します。
ありがとうございました!

フェスティバルトレイン・ライブ列車
11月21日~23日の3日間、盛駅前では4回目になる
『The North Journey 2015 KESEN』が開催されました。
主催はアルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト。

地元ミュージシャンも含め、
約60組100名によるライブを
大船渡の各地(一部は住田町)で開催しました!

11月23日(月・祝)は、最終日。
この日は三陸鉄道の車両を貸し切って
『フェスティバルトレイン・ライブ列車』を運行!
その様子をご報告します!

<11月23日(月・祝):3日目>

10時からチケット販売開始です!1枚1000円。
盛駅のホームで受付を行いました。


昨年に引き続き、今回も三陸鉄道の一般車両を使用♪
クウェート国からの支援により導入された新型の一般車両です!


乗車人数は、演奏者とお客様で計26名が参加されました。
盛駅を出発したのは10時30分。釜石駅を折り返して戻ってきます。


『工場見学』さん
フェスティバルトレインのMCも担当された
工場見学さんが1番手。
沖縄民謡をベースにアコースティックギターと
三線のコンビで演奏されました♪


『butterfly effect』さん
昨年も列車の中で演奏されていましたね!
アフリカ音楽として楽器のジャンベを鳴らし、アフリカの民謡を披露!
独特な雰囲気と軽快なリズムで、楽しい気持ちが広がります。
動く車窓とともに自然の風景とマッチしていて、
ステキな時間となりました♪ありがとうございます!


『前田直弥』さん
とても良い声で歌われていて、カッコよかったです!
元気になる楽曲を演奏され、良い音を響かせていました♪
フェスティバルトレインには3年連続3回目の出演!
列車の揺れにも慣れてきたとのこと。
時にはしみじみと切なく歌い上げていましたね…。
景色を見ると住宅が建ち、防潮堤も建設中が多く、
今回は復興が進んでいること、
そして柿の実もあり、日本の秋も感じたそうです。


歌が終わった瞬間『釜石駅』に到着!
11時22分から10分間の停車になります。
折返し出発したのは11時32分。

いよいよ後半戦のスタートです!

4番手は『森偉蔵』さん
2013年と2014年、そして今年と、
盛駅前会場に出演されました。パワフル全開!
渋い声で疾走する楽曲を披露されていました!
熱い歌が心に響き、とても男らしかったです!


ここで運転士紹介。今回は鈴木さんです。

5番手は『佐倉孝司』さん
フェスティバルトレインは今回で3年連続3回目の乗車。
一昨年、昨年に続いての出演です!
車内ではPAも担当されています。
ノースジャーニーとしては4年連続4回目の参加。
アントラーズの応援歌「紅の丈夫(ますらお)」
元気に歌い上げ、しんみりするフォークソング「このまちから」
披露されていました。
「このまちにきて~ このまちにくらし~
このまちでであい~ このまちからはじめよう♪」

とってもステキな歌詞と曲でした!
ありがとうございます。


毎回大盛り上がりで大好評な『ジャンケン大会』が今年も開催!
景品として用意されていたのは「お菓子」「クリアファイル」
「乗車記念手ぬぐい」など!勝ち残りのジャンケン大会です!
進行は『MOGAMI』さん!勝者には景品と共に
田中エミリさんのプロマイドも渡されていました♪


最後の出演者は『MOGAMI』さん
もはやノースジャーニーのイメージソング的な存在の
「いわてにいこう!」を演奏され、
元気な歌声を響かせていました!
また、しっとりバラードの「ジェファーソンホテル」
歌われて締め括られました♪


途中駅の『恋し浜駅』に停車したのは、
往路は、10時45分から5分間。
復路は12時3分から10分間ほどです。
お客様や演奏者もホームへ降りて、待合室に30000枚近く
奉納されている「ホタテ絵馬」やホームに設置されている
「幸せの鐘」を鳴らされました。


『ホタテ絵馬』に願い事を書かれた方もおりました♪


盛駅には12時30分に到着。
運転士の鈴木さんを見送りし、終了となりました。


普段では味わえない動く列車内での演奏や音楽を楽しまれ、
被災地の様子、復旧工事の様子、嵩上げされた姿、
三陸海岸の絶景など車窓からご覧になり、
想い出に残る大盛り上がりの車内となりました!
『フェスティバルトレイン・ライブ列車』のご利用、
ありがとうございました!
The North Journey 2015 KESEN:2日目
11月21日~23日の3日間。盛駅前では開催4回目になる
『The North Journey 2015 KESEN』が行われました。
主催はアルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト。

地元ミュージシャンも含め、約60組100名によるライブを
大船渡の各地(一部は住田町)で開催しました!

それでは『盛駅前会場』2日目の様子を報告します!


<11月22日(日):2日目>

昨日に続き、気持ち良い秋晴れとなりました!
司会は昨日と同じ「工場見学」のお2人です。

『工場見学』さん
本日は1番手での出演!この日も沖縄民謡を交えながら
三線とアコースティックギターで演奏され、
心地よい雰囲気を作られておりました♪


『秋月牧』さん
4年連続4回目の参加!しっとりとした大人の雰囲気、
渋くて落ち着いた様子で演奏されていました。


『田中エミリ』さん
昨年に続いての盛駅会場での出演!NJは3年連続3回目の参加!
独特な世界観を淡々と演奏され、印象に残るステキな歌詞は記憶に残ります。
セットリスト
「びっくりするほどユートピア」
「いつも一緒だよ」
「平行線~女装男子に恋した男の悲劇~」
「くだらない歌を歌うよ」



『木下拓也』さん
盛駅前会場は、昨年に引き続きの登場!
力強い声で切なくパワフルに…。
哀愁たっぷりで情熱的に歌い上げていました!


『タカギィ』さん
3年連続3回目の出演の私です。エアギター&エアヴォーカルでの登場。
洋楽3曲を披露し、ギターの音に合わせて手を動かし、
声に合わせて歌真似するエア大道芸をしています。
スペシャルゲストとしての登場!
セットリスト
「Square Nothing」
「Black & White」
「Free Fall」



『butterfly effect』さん
4年連続4回目の参加!ありがとうございます♪
今回も盛駅前の会場で演奏されました。
いつも気になる個性的な存在です。
アフリカの民族音楽をジャンベを鳴らし、
歌ありで「盛」のフレーズを入れて表現されていました。
リズミカルなジャンベの音、明るく弾むテンポや早いリズム、
変拍子な感じも披露され、聴いていて気持ち良かったです♪


『森偉蔵』さん
2013年、2014年と盛駅前会場に出演され、
今年も登場です!男らしい渋い声で、
心に響くステキで熱い歌を疾走曲で披露されていました!


『前田直弥』さん
4年連続4回目の参加!再会は嬉しいですね♪
「盛」「大船渡」とアレンジを加えて披露されていました!
爽やかな楽曲で疾走する様は、とても心地よい響きがありました。


『オサムボーイ』さん
4年連続4回目の参加で毎回、
盛駅前会場にて演奏されています!
今回、英語の歌詞で歌われていました!
ギターはスライドバーを使用して表現力豊かに演奏され、
その楽曲は魅力が詰まっていて、
響いてくる音色…やっぱり大好きですね!


『黒川オゾン』さん
初参加のミュージシャン!
7年前に自転車で訪れたことのある大船渡。
今回の盛駅会場に自分の自転車で登場!
大船渡まで自転車での移動?!
ありがとうございます!お疲れ様です!
ファンキーな世界観で、元気に勢いある楽曲を
披露されていました!


『茶柱吾朗』さん
存在感たっぷりなお姿で、元気になるような
大胆で迫力ある演奏をされていました!
豪快な存在で楽しませて頂きました!
盛駅で販売している商品を購入され、
ありがとうございました♪


『モスリン』さん
しっとり系な楽曲で、珍しい鼻笛という
楽器を使って演奏されていました。
美しい音色で切なく哀愁たっぷりな雰囲気♪


『ななたけ』さん
大らかでしっとりと…時には明るく陽気に演奏され、
この方達も鼻笛を使用されていました!
この二人はMINTHOUSEのスタッフとしても活躍!


『ぼう』さん
アコースティックギターとピアニカの編成!
ゆったりとした曲調でシリアスな歌詞を歌われていました!


『逢阪Rie』さん
パワフル全開でめいっぱい演奏されていたのが
印象に残っています!


『野田悟志』さん
初参加!キーボードを使用してお客様と
合唱したり、切なく歌われたりしていました!


この頃から日が沈み、会場は暗くなってきました。
そこで登場したのがライトです!
野外でライトを点けながらの演奏が始まりました。


『MINT』さん
切なく哀愁ある疾走曲をこの日も披露!
とってもステキな音で演奏されていました♪
MINTHOUSEもお疲れ様です!


2日目の出店は「さんさんの会」「BLUE CORN」の2店舗。
美味しい料理や身体が温まる汁物など販売されていました!


この日も『MINTHOUSE』を開催!盛駅前会場では3日間行います!
Tシャツやステッカー販売、NJ写真展など。鼻笛も販売していました♪
そして募金してくださった方にはバラをプレゼント!


2日目、盛駅前会場で演奏されたミュージシャンは17組!
三陸鉄道を利用される団体の方々、地元の方、
遠方から訪れた方、別のイベントを終えて
足を止められていた方、個人の旅行者などが、
その演奏を聞かれ、和まれていたように感じます♪
2日目の会場には約120人が集まりました!
出演者もお客様もご来場ありがとうございました!

第30回 三鉄 駅からウォーク
12月12日の土曜日。
この日は『第30回 三鉄 駅からウォーク』を開催しました。
今回は、吉浜駅から水上助三郎翁像や根白漁港を散策するコース!
昼食と飲物持参で行いました。参加費は700円で
往復乗車券と保険代になります。今回は13名がご参加されました!

昨日の大雨から今日は快晴になり、
絶好のウォーキング日和となりました!
列車の車窓からの眺めはとても気持ち良かったです!

盛駅を11時00分出発の三陸鉄道へ乗車。


途中「恋し浜駅」で3分間の停車があり、
待合室にある約25000枚のホタテ絵馬をご覧になりました。
ここは恋愛のパワースポットです!


目的地の吉浜駅には11時32分に到着。
駅前広場で準備体操を行ってからウォーキング開始です!

12時頃、水上助三郎翁像へ到着!


<水上助三郎翁像>
昭和37年12月に建立されました。
水上助三郎(1864年~1922年)は、
製塩や短角牛飼育、のちに千島や
アリューシャンのオットセイ猟、
松島湾のカキ・ウナギ養殖の先鞭をつけ、
小壁漁場を開いてアワビの造殖、
缶詰工場を経営。ワカメ加工にも成功し、
地元漁業の振興に尽力した偉人です。

水上助三郎翁像と忠魂碑の前で昼食にしました。


すぐ隣にはがいました。
鳴き声を聞きながらの昼食!


12時30分後頃に食事を終え、
沿道のの実を見ながら「もったいない」と
話しながら歩きました。


いまだ木に成ったままの柿の実です。


まだまだありましたね!


次のみどころ「根白漁港」には13時10分頃に到着しました。


<根白漁港>
東日本大震災以前にも、
三陸地方は明治29年(1896年)と
昭和8年(1933年)に大津波に襲われています。
吉浜地区も、明治三陸大津波では
全87戸のうち35戸の家屋が流され、
村外の旅行者を含めて210人もの命が喪われました。
村民でいえば、全住民の約20%が犠牲になりました。
そこで、当時の新沼武右衛門初代村長が決意したのは、
集落の高台移転でした。家だけでなく、
道路も墓地も全てを高台に移転させました。
移転先の土地の確保のために、
村長は私財も使ったとされています。
「新沼村長の企画力や実行力、そして村長への
村民の絶大な信頼がなければ、集団移転は
成し遂げられなかった」と語られています。

ここで休憩時間を取り、一息ついたところで、
帰りは急ぎ足で歩きました!


吉浜湾はとても雄大で美しい姿をしています。


吉浜駅へは出発時間の15分前に着き、
慌てて記念写真を撮影することとなりました!


参加者は帰りの列車内で、「今日はよかった」
「しばらくぶりで歩いたような気がする。
汗もかいたし、仲間とも笑うことが出来、
心身ともリフレッシュできた。
次回も参加したい。」

と車内で会話しながら皆様、
満足な表情をされていました♪

ご参加ありがとうございました!

次回の開催を御案内します。

『第31回 三鉄 駅からウォーク』
<日程>
1月16日(土)
<集合>
9時00分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時30分盛駅発~盛町周辺~12時00分盛駅着
<申込締切>
1/13(水) ※事前の申込みが必要
<参加費>
無料
<持ち物>飲み物
<内容>
盛町内初詣ウォーク!


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

ふれあいノート -2015年11月-
三陸鉄道南リアス線の盛駅ふれあい待合室には、
『ふれあいノート』を置いています。今は5冊目になりました。

旅の想い出・大船渡の感想・被災地の印象・
三陸鉄道への応援メッセージなど、お気軽にご記入ください。

それでは、平成27年11月に書き込まれた内容をご紹介しますね。


---------------

「久しぶりに三陸に来ました。フリー乗車券を
利用しての三鉄の旅は楽しいです。
共に頑張りましょう!」


「今年で東北への修学旅行も最後になります。
復興がんばってください。」


「盛駅で新潟市からBRTバスに始めて乗りました。
これから釜石の世界遺産。龍泉洞を見て。」


「まもなく大震災から5年。
独身最後の旅行。嫁になる彼女とBRT&南リアス線の旅。
一本松に心が痛み、校庭内の仮設住宅に泣いた日。
自分にでいる事は数少ないですが、
東北に来る事で元気にすることができたら良い!」


「髪の方々に大変親切にしていただきありがとうございました。
北と南リアス十分に見学させていただきました。
皆さんも頑張って下さい。」


「長野県松本から来ました。まだ復興もこれからです。
がんばりましょう応援してます。」


「BRTを見に東京から来ました。
震災もどこか遠い話だと思っていましたが、
現地にきてみて思うところがあります。
応援することができることの精一杯です。
頑張ってください。」


「大震災から5年ですが、まだまだの感を持ちました。
ハード面もまだですが、災害に会われた方の心のケア
言葉では出来ません。「皆様の愛」=「お金」と言う様に
ボランティアガイドさんもおっしゃっていましたが、
国の援助、これで生きると言う事はないでしょう。
私達も決してこの災害を人事にせず学び心に刻んで
行きたいと思います。頑張れー。-。
頑張って生きて下さい。明日のために!!」


「釜石から週一回、三鉄で通っています。
7月までは車人間でした。
事故を起こし、これは「やめなさい!」との
呼びかけと受けとめ、年(73才で運転ヘタ)でもあり、
運転やめました。三鉄の高さから眺める
三陸の海、小さな漁村、入江のたたずまい、
可愛らしく、美しい風景に感想です。
以前あった集落はなくなっているけど、
きっと美しい町、美しい海、
おいしい魚貝類のあるこの太平洋沿岸、
人々は戻ってくると確信します。
明治以前より度々の津波を越えて
人々は何辺も甦り生きぬいて来たのですから…。
今日初めて、ふれあいノートを見させて頂き、
日本中各地から人々が訪れ、心を痛め、
あるいは感動されている様子に温かい力を
頂きました。3.11の当時から見れば、
まだだまの所も沢山あるけど、変わっていく姿、
無くなったガレキ、人々の動き、
人間って素晴らしい!と
思います。有史以来始めての事に
取り組んでいるのですから…。」


「実家の墓石を見ると、
明治より前の津波で2人、明治に祖母、母、子3人、
昭和に祖母、父、子3人、そして2011年に
両親、長男、長女の4人が津波で亡くなっています。
それでも人は継ないで、今私はここに生きている。
みんなで助け合い、励まし励まされ、支え支えられて
一人ひとりが輝く明日創ってゆきましょう!」


「2015年1月、久々に来ました。
となりのJR盛駅に2年前はノートが
確かにあったのだけれど…。「ない!」
「となりじゃないですか!?」って言われた。
いや、あなたはJR東日本の盛駅であの時書いたのだ。
佐々木(佐藤?)駅長、以前、北上でも
働いていたことがあるらしい。
アグレッシブな方だったが、今は変わったのかな…?
復興の手助けになればと思い、20年以上働いた
会社を辞めて大船渡に戻ったはいいが、
自分の浅はかさに後悔している。そりゃ、
個々に手弁当で必至にやってる人はいる。
いるんだ。確かに。しかし、となりの高田のように、
なりふりかまわずやる土じょうはない。
それは良いことなのかはわからないし、
個人的にはケーベツしている。
えげつないよなーいくらなんでも…。
これ、読んでる人、高田に感動しちゃダメ!!
震災を感動させて地元に金落とす商売しているのを
内部の人間としては、つらい…えげつない。
「キレイごと」は、ゴメンナサイ。きれーごとですよ…。
裏金があれば何でも手来るというのを、
この歳になり(今更)知りました。
あーうらみつらみ書いたって、どーしようもないよね。
流されても流されなくても、ただのカソ地。
仕事辞めなきゃよかった。今更戻れないよ。
年収なんて、何分の1?!なんにもできない。
ちょっと調子わるくっても病院に行けないつらいよ、
すごいつらいよ~。あたし、
このままつらいつらい言いながら
おばーちゃんになっちゃうかも
とかいいながらも
がんばっぺしっておもってるんです~」


「ワッショイ♡」

「うぃーあーえっくす!!!
でぶ卒業式えんきするよ。まだまだでぶ活↑↑
遠距離恋愛がんばりまっす」


「吉浜民、三鉄で職場体験に来ましたー!!
7:10に乗り、7:41に着きました。
((多分ワオンの電車★初です♡♡
病院行ってきます♪9:30~15:30、まで」


「ドーモ♪A.Yです!
中学校生活、充実してます!三鉄で今、到着!!
30分揺られて大船渡来ました☆ミ 
三鉄、すごく楽しかったです。
これからリアスホールで職場体験。
いっぱい学んできますよー
頑張れ!三鉄!!ずぅーと応援しています♡♡」



「↑この人は羽生ゆずる、
リヴァイ兵長が大好きです♡
ちなみに鉄道男子も♡♡」


「↑これを書いた人は全日本バレー選手
5番セッター古藤ちづるが大好きなレズです!!」


「↑この人は全日本バレー選手が好きだそうです!!
清水あと羽生ゆずる、リヴァイ」

「滋賀県大津市から一人旅で24日BRTで
盛駅に15:50頃着き、三陸鉄道盛駅16:50に
のりましたが、遅くて復旧が見えず、
26日再度、盛に来ました。全線回復よかった。
ガンバレ、三鉄、又、来ます。」


---------------

被災地に来られて感じることが、それぞれあると思います。
考え方は人それぞれです。いろんな感じ方があります。

ただ、「復興したか?」と問われれば、
それはまだまだなのが現状です。
いまだに復旧工事が続いています。
防潮堤は全てが完成していなく、一部のみです。
嵩上げ工事や山を削るなど
高台への復旧工事は現在も行われています。
本設された建物の割合は、ごく一部のように感じます。
災害公営住宅が建ち始めていますが、これからです。

三陸鉄道は全線で復旧し、
被災地の様子を車窓からご覧になれます。
また、美しい越喜来湾と吉浜湾の絶景を見ることができます!

『ふれあいノート』で、あなたの気持ちを表現してみませんか?
そして、印象に残った内容をご紹介しています。
三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際は、お気軽にどうぞ♪
The North Journey 2015 KESEN:1日目
11月21日~23日の3日間。盛駅前では開催4回目になる
『The North Journey 2015 KESEN』が行われました。
主催はアルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト。

地元ミュージシャンも含め、約60組100名によるライブを
大船渡の各地(一部は住田町)で開催しました!

【地ノ森八軒街】21日:10時~15時
【大船渡屋台村】21日~23日:11時~19時
【盛駅前】21日:13時~17時、22日:11時~17時、23日:10時~15時
【MINTHOUSE】21日:13時~17時、22日:11時~17時
【おおふなと夢商店街】21日:12時~16時、22日:12時~16時
【長洞仮設住宅】21日:19時~20時30分
【津波伝承館見学】21日:10時30分
【来渡ハウス】21日・22日:雨天予備、23日:11時~16時
【Sumita Clutch】22日:11時~17時
【寿限無亭】22日:11時~16時
【CLUBMINT(来渡ハウス内)】22日:19時~22時


<フェスティバルトレイン>
【ライブ列車】23日:10時30分盛駅発~釜石駅折返し~12時30分盛駅着

それでは『盛駅前会場』の様子を報告します!


<11月21日(土):1日目>
昨年の雨模様とは違い今年は天候も良く、
気持ち良い見事な秋晴れでのスタートとなりました!

司会は昨年に引き続き「工場見学」のお2人です!
盛駅オリジナル商品の三鉄カレンダーなどのご紹介、
ありがとうございました!

『加藤ちゃん』さん
盛駅前会場にてPAを担当されている地元出身の
加藤さんが、出演者の1番手として登場!
哀愁ある繊細で美しいインストゥルメンタル曲を
披露されました!最高に良かったです!


『工場見学』さん
盛駅前会場でMCを担当されている『工場見学』さんが2番手での登場!
沖縄民謡を三線とアコースティックギターで表現するデュオです。
和やかな雰囲気で音色を響かせておりました。


『またろう』さん
4年連続4回目の参加!毎回盛駅前にて演奏されていますね!
今年も再会です!ありがとうございます!
フォークソングを時には切なく、時には元気に歌い上げておりました!


『友章』さん
4年連続4回目の参加!毎年来て頂ける事とても嬉しいです。
爽やかで力強く、切なく優しそうに歌われる様子は魅力があり、
聴いていて心地よかったです♪
スピッツの「チェリー」や、井上陽水の「少年時代」
ステキな歌声を響かせて、じっくりと聴いてしまいました。


『ザ・チキンズ』さん
昨年も盛駅前会場にて歌われておりました!
切なく美しく…、哀愁たっぷりなポップよりの
フォークソング、時にはしっとりフォークソングを披露!
今年も美しいハモリや熱く切ない楽曲が演奏され、
とってもステキな雰囲気でした!最高!


『stillwater』さん
2013年、2014年と盛駅前会場にて
出演されていました!ハワイアンと沖縄の雰囲気を
美しい旋律で聞かせるインストゥルメンタルの曲を披露!
心が和む…心地よいひと時でした。


『ごぢゃ』さん
2013年は新婚旅行を兼ねてご夫妻で参加。
2014年は生まれて1年も経っていない
赤ちゃんの愛ちゃんを連れての初旅行!
今年の愛ちゃんは可愛さが更に増し、
立って歩けるほど成長していました!
明るく軽快なリズムで疾走していく楽曲を演奏!
パーカッションも多彩な音で楽しさを演出!
その融合する世界観は、聴いていて元気になります♪
とっても心地よかったですね!


『マル』さん
1回目、3回目開催時に盛駅前にて歌われておりました!
再会は嬉しいものです。九州は熊本県からの参加です。
ありがとうございます!
パワフルな歌を精一杯披露されました!
熱く切なく…そんな気持ちが伝わってきました。


『ウラケン』さん
しみじみとしっとり大人のムードで、
力強い歌声を響かせ、聴き入ってしまいました。


『並木一欣』さん
2013年は盛駅前会場で歌われておりました。
男らしくてパワフル!力強くて勢いのよい楽曲を
演奏されてました。また、艶っぽい歌声で歌い上げ、
「雨」という曲を披露していました。


『MINT』さん
ノースジャーニー1回目から毎年参加のミュージシャン!
しっとり聴かせる曲、勢いのある疾走曲など演奏。
「はじめてNJで来て、戻ってから作った曲」も演奏されました。
音が素晴らしく、個人的に好きな楽曲。最高でした!


1日目の最後は『MKB』さん
4年連続4回目の参加!
ポップで賑やかな曲あり、しっとりバラードあり、
元気にノリ良い楽曲を演奏されていました!


盛駅前では、地元NPO団体『さんさんの会』
沖縄産販売の『ゆいま~る』、串揚げ屋『BLUE CORN』が出店。
ミュージシャンの演奏を聴きながら、美味しいお食事をいただきました♪

<さんさんの会>


<ゆいま~る>


<BLUE CORN>


また『MINTHOUSE』も行われました!
MINTさんがリーダーとなってガチャガチャカプセルのマラカスや
ホースのカズーなどの手作り楽器ワークショップ、
ノースジャーニーのグッズ販売、写真展など。


音楽を通しての復興支援。ステキですね!
心の支援、被災地への経済的支援。そして、
参加ミュージシャン同士での交流や、
地元の方との交流。癒しもあります。
今回は4回目になりますが、毎年の恒例イベントであり、
大船渡では知られた存在になっています。
そして、新たな出会いや再会などの喜びも…!


もちろん、被災地の現状や復興の状況をご自身の目でみて
感じて頂くことになります。とても大切なことです。
報道されない事実を知っていただくことで風化防止につながります。
そして来年、再会されることがとても嬉しく感じます。
年々変わって行く現状を感じていただきながら、
ミュージシャンとして楽曲を演奏するその姿が、
とても心に響きます。

千葉県市川市にあるアルマナックハウスに出演している
ミュージシャンを中心に、地元岩手県のミュージシャンも加わり、
4回目になる『The North Journey 2015 KESEN』
毎年の開催、本当にありがとうございます!

この日、盛駅会場で演奏されたミュージシャンは12組!
足をとめて聴いてくださった方、団体で三陸鉄道へ乗車されたお客様、
昨年も遊びに来て今回も遊びに来られた地元の方々など、
出演者とスタッフとお客様を含め、初日は約85人が集いました!
ミュージシャンとスタッフの皆様、ありがとうございました!
待合室に飾ったクリスマスツリー!
12月9日の水曜日。
三陸鉄道盛駅の待合室に『クリスマスツリー』を飾りました!
もうすぐ年末を迎えます。2015年もあと少しです。
季節は冬、クリスマスが目前ですね♪


一年間の最後を締めくくる大きなイベント「クリスマス」

その賑やかで楽しい雰囲気をお客様に感じて頂きたく、
少し遅くなりましたが、今年も飾りましたよ♪
盛駅へお立ち寄りの際はお気軽にご覧ください。


上には星、クリスマスリースやサンタクロースの人形、
スノーマンや点滅する電飾、長靴などなど!


テーブルの上には、
「まつぼっくりのクリスマスツリー」を設置しました。


こちらはまだ三陸鉄道が運休していた
2011年12月23日、2012年12月9日に開催した
『クリスマス会』のイベントで製作した物になります。
ビーズやマニキュアなどで飾りを付けて
まつぼっくりのクリスマスツリーを作り上げました。
可愛らしいですね♪


装飾を見ていると気持がワクワクしてきます♪
寒い時期でも明るく元気に過ごせますよう、
クリスマス気分をお楽しみください!

報告:完成した陶芸作品
11月30日と12月7日の月曜日、
10月に開催した『第4回 三鉄に乗って行く陶芸教室』の際に製作した
陶芸作品が窯から取り出され、ついに完成しました!
11月に色付けを行った作品です。

その2日間、陶芸作品を受け取りに『さんりく陶芸工房』へ行きました。


今回製作された作品の一部をご紹介しますね。
独創的で色鮮やかな素晴らしい陶芸作品が仕上がりました!












また『三陸町陶友会』の作品、
越喜来小学校の児童が製作された作品も
机の上に並んでいました。








作品にヒビが入っているのは見受けられませんでしたが、
ヒビが入る原因として、粘土を練る時に練りが足りないと
窯で焼いた際、割れたりヒビが入るそうですよ。

絵具を使用した色使いや、
全体に色を吹きつけた感じなど、
施釉(色付け)するときの
ひと工夫がキレイに色がでた様に感じました。
ご参加ありがとうございました。

今年度の『三鉄に乗って行く陶芸教室』は、
今回を持ちまして終了となります。再開をお楽しみに!