三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コープあいち「組合員の文化祭」
11月14日の土曜日、
三陸鉄道盛駅のスタッフ2名が名古屋へ出張してきました。
そのご報告をしたいと思います。

コープあいち「組合員の文化祭」5周年を記念して開催される
イベントへ参加。盛駅で扱っている商品の販売と、
岩手の伝統料理・食文化に触れる交流会、
そして被災地の状況などの講演を行ってきました。





-------

「名古屋北ブロック合併5周年文化祭東北復興支援企画」
ということで被災地の今の状況、気仙地区の伝統料理、
岩手の食文化に関連した講演とのことで、
私の友人である岩手県環境生活部技術参事兼暮らしの
安全課総括課長の白岩利恵子さんへ
講演をお願いし、同行していただきました。


気仙の郷土料理である「さんまのすり身汁」「お煮しめ」「たこなます」
岩手国体に向けた「岩手の恵みでおもてなし料理コンテスト」
グランプリに選ばれました白岩さん提案の
「岩手まるごと炊込み御飯」の4品を食券販売し、
名古屋の皆様へ100食ほどご提供してきました。


<調理の様子>


<料理の感想>
・ふだん食べることのないつみれ汁や
三陸の料理は珍しく、東北を身近に感じた。
・料理は美味しいと評判。残す人はほとんどいなかった。
50食の予定が、結局2倍の100食になるほど好評でした。
・つみれ汁が美味しかったです。「食」は「文化」ですね。

材料は全て岩手で購入。宅配便にて送付しました。
「さんまのすり身汁」や「お煮しめの昆布」の美味しさは格別で好評!
調理をお手伝いしてくださったパートさんたちは、
「実際に作るところを見ないとレシピだけではわからない。」と
おっしゃっておりました。


講演はお食事をしながら行い、被災地の状況など話しをされました。


白岩さんが中心となって集められた物資について、
「善意の物資を無駄にせず被災者へ届くように努力したい。」と
一所懸命、首にタオルを巻いて、汗だくになって
配布していた姿を見た「被災者である私たちが勇気づけられたお話」や、
たくさん集まった物資の仕分けや管理について、
震災直後の炊き出しや衛生面についての講演が行われました。


<被災地に思うこと>
・あまちゃんで有名な三陸鉄道のことをテレビなどで知っていたが、
駅職員の方のお話しを聞いたり交流できて、
三鉄をとても身近なものに感じた。
・JR廃線の情報を耳にするなか、三陸鉄道の心意気を聞いて応援したいと
思っている人は少なくない。今回は、愛知・名古屋の生協の取り組みだったが、
三鉄のよきPRの場になったと思います。
そこで働いている職員の顔が見え、
関心や興味を持ち応援したいと思う人が増えました。
・情報として、こちらで見聞きすることとは、やはり情報の域を出ません。
実際の被災を受けた人たちの状況は、まだまだ厳しさを伴った暮らしが
続いていることをあらためて感じました。

<講演についての感想>
・支援物資のお話しをうかがう中、
何事も相手の立場に立って(寄り添う)、
行動を考えていかないと、思いや願いは
きちんと届かないとあらためて思いました。
・被災地の行政(県)が、震災時どう動いたかという情報は、
愛知に居て絶対に聞けない内容ですごく貴重だった。
(もっと多くの職員や組合員や市民の集まる場でお聞きしたかった。)

-------

三陸鉄道盛駅ふれあい待合室の物販ブースを設けてくださり、
取り扱っている商品の販売を行いました。


お手伝いありがとうございます。


<記念写真を撮影>


また、三鉄運転再開時の写真や津波時の写真、
炊き出しやボランティアさん、手芸講演会の写真を沢山掲示。
皆さんは真剣にご覧になられておられました。


コープあいちには「気仙見守り隊」という方々がいて、
何度も大船渡や陸前高田にいらしており、
交流することができて、大変熱心にお話を
聞いてくださいました。

手芸品関係の支援や様々な支援、アイディアなども伺うことが出来、
大変勉強になった訪問となりました。ありがとうございました。

まだまだ被災地の事を思ってくださる方々が、
たくさんおられるということを実感いたしました。

午後からは陸前高田市の被災松で作られた
胡弓をアーティストの石田音人さんのミニコンサートが行われました。


演奏だけではなく、会場の方々と「故郷」など
合唱したりして楽しまれました。


こういった遠方での「被災地支援イベント」
本当にありがたいと感じております。ありがとうございました。

-------

コープあいち様は、被災地で様々な支援を続けてこられています。
支援物資としてタオルの提供をはじめ、
被災者の方々は大変助けられました。
タオルの需要はかなり多く、とても役に立ちました。

また、被災地のお母様方が製作されている
「復興手芸品」を名古屋で取り寄せて頂き、
各種イベントで販売されるなど、
被災者支援に協力的で、助けられています。

そして、愛知県安城市の方々が、
大船渡市盛町で開催される「盛町灯ろう七夕祭」の
支援としてボランティア参加してくださり、
お陰様で毎年、大盛況でとても賑わっております。

三陸鉄道の貸切列車をご利用になり乗車されるなど、
三陸鉄道盛駅として大変お世話になっております。

被災地支援、本当にありがとうございました。
今後ともお世話になります。よろしくお願いいたします。

-------

<コープあいち事務局 岩本さんの感想>

事務局の一人(岩本)として、三鉄グッズコーナーは、
入り組んだ場所で目立ちにくく、カフェの中にもなかなか人が入らず、
せっかくカフェに張った写真が多くの方に見てもらえないなど、
全体のレイアウトや、当日物産を販売した組合員との連携に
いろいろ課題があったと感じています。

工夫次第ではもっと多くの方と深く交流できたはずなので、
事務局として申し訳ない限りです。

また、今回はコープあいち全体の一つの施設・エリアの交流会、
熊谷さんのつながりある県職員だから来て頂く事ができ、
聞くことのできた内容の濃い講演や料理を通した交流、
三陸鉄道の職員がコープあいちの呼びかけに応えて
わざわざ来て頂いたという実績は、コープあいち全体にとって
とても意味があり、今後の活動を継続して行く上での相互交流として
大きな意味があったことは確かです。

本当にありがとうございました。

-------

<参考レシピ①>


<参考レシピ②>


<参考レシピ③>


スポンサーサイト
【告知】12月のイベント案内
☆☆☆12月のイベント案内☆☆☆
 
 
 
『無料法律相談』
主催:認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ
協力:NPO法人夢ネット大船渡
<日時>
第72回 12月6日(日)10時~13時20分
第73回 1月17日(日)10時~13時20分
<内容>
1月17日(日)のみ、税務相談も受付中!
訪問相談も承ります。その旨をお知らせください
相談時間は40分間。お気軽にご利用ください
※事前の予約が必要です

 
  
 
『第30回 三鉄 駅からウォーク』
<日程>
12月12日(土)
<集合>
10時30分に三陸鉄道盛駅
<時間>
11時00分盛駅発~吉浜駅~15時02分盛駅着
<申込締切>
12/9(水) ※事前の申込みが必要
<参加費>
700円(往復乗車券代・保険料)
<持ち物>昼食・飲み物
<内容>
沿線の史跡巡り!地元の魅力再発見!健康第一!
【吉浜駅】根白漁港や水上助三郎翁像を見学♪
約6kmのウォーキングコース!
 
 
 
『クリスマス列車』※受付中
<日程>
12月23日(水・祝)
<時間帯>
9時40分盛駅発~釜石駅折返し~11時55分盛駅着
<集合>
9時10分に三鉄盛駅
<定員>
40名
<申込締切>
12/17(木) ※事前の申込みが必要
<参加費>
大人1000円
2才以上~高校生500円
2歳未満は無料
<内容>
一般車両を使用
紙芝居師なっちゃんの素敵な紙芝居!他
ジャンケン大会などのゲーム!(景品あり)
食べ物・飲物の持込み自由!
 
 
『冬休み列車』※受付中
<日程>
12月27日(日)
<時間帯>
9時40分盛駅発~釜石駅折返し~11時55分盛駅着
<集合>
9時10分に三鉄盛駅
<定員>
48名
<申込締切>
12/17(木) ※事前の申込みが必要
<参加費>
大人1000円
2才以上~高校生500円
2歳未満は無料
<内容>
新型レトロ列車を使用
ジャンケン大会などのゲーム!(景品あり)
食べ物・飲物の持込み自由!

 
☆☆☆1月のイベント案内☆☆☆
 
 
 
『新春お楽しみ列車』※受付中
<日程>
1月10日(日)
1月11日(月・祝)
<集合>
9時10分に三陸鉄道盛駅
<時間>
9時40分盛駅発~釜石駅折返し~11時55分盛駅着
<申込締切>
1/5(火) ※事前の申込みが必要
<参加費>
1000円(大人)
500円(2才~高校生)
2歳未満は無料
<内容>
ビンゴなどのゲーム(景品あり)
食べ物・飲物の持込み自由!
 
 
 
<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

三陸鉄道グッズの新商品!
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室に入荷した
三陸鉄道グッズ新商品をご紹介します!

『鉄道むすめクリアファイル』305円

青い空に眩しく輝く鉄道むすめ!
片面は「久慈ありす」もう片面が「釜石まな」となっています。
爽やかで鮮やかな印象があり、とてもステキなクリアファイル!

<久慈ありす>


<釜石まな>


こちらは「鉄道むすめ」それぞれのクリアファイルです。

『久慈ありすクリアファイル』305円


<裏面>


『釜石まなクリアファイル』305円


<裏面>


『タンブラー』1200円


2014年秋、三陸鉄道社員と沿線在住の
草野球好きが集まり、夢を追いかける
超地域密着型の野球団“三鉄キットDreams”が結成されました。
夢は大きく、『草野球日本一』。キット、夢かなう。


球団マスコットは、バッファローマン!!


夢に向かって一直線に進んでいく牛の姿、
そして、岩手県名産の短角牛をモチーフにされ、
キン肉マンに登場したバッファローマンの
角を短くし、サクラ柄になりました!


その『タンブラー』を販売しています!
サイズは高さ17cm、直径8cm。


三陸鉄道盛駅ふれあい待合室にお越しの際は、
お気軽にお買い求めください♪
鉄道ファンによる自作カレンダー2016
11月11日の水曜日。
神奈川県横浜市にお住いの鉄道ファンのSさんが、
今年も三陸鉄道盛駅ふれあい待合室
お越しくださいました。

そして、5年連続で、
『自作の鉄道カレンダー』を寄贈してくださいました。
ありがとうございました!

その方は、実際にその鉄道が運行している
現場に行って撮影されています。そこから写真を選び、
ご自身で「鉄道カレンダー」を製作されております。

今回は『全国の鉄道写真』になっています。

両面ともカレンダーになっていて、
どちらにも全国の鉄道写真が掲載されています。

それでは「2016年 鉄道カレンダー」をご紹介します。





【1月】
奥羽本線・大釈迦 青森


【2月】
津軽線/岩手開発鉄道


【3月】
三陸鉄道南リアス線 盛/岩手開発鉄道


【4月】
京浜急行 能見台 神奈川県/秩父鉄道 埼玉県


【5月】
石巻線 宮城県/高松琴平電鉄 香川県


【6月】
中央西線 岐阜県/信越本線 新潟県


【7月】
東海道本線 神奈川県/三陸鉄道南リアス線 岩手県


【8月】
衣浦臨海鉄道 愛知県/熊本電鉄 熊本県


【9月】
三岐鉄道 三岐線 三重県


【10月】
石巻線/東海道本線 愛知県


【11月】
太平洋石炭販売輸送 北海道釧路


【12月】
三井化学専用線 福岡県大牟田/津軽鉄道 五所川原


この中に、岩手県大船渡市を運行している鉄道が2つあります。
それは『三陸鉄道南リアス線』『岩手開発鉄道』です。

<三陸鉄道南リアス線>


<岩手開発鉄道>


この『鉄道カレンダー2016』は待合室に置いていますので、
お立ち寄りの際はお気軽にご覧ください。

続きを読む
三鉄に乗って行く陶芸教室(第三期仕上げ)
11月12日の木曜日。この日は、
『三鉄に乗って行く陶芸教室(第三期仕上げ)』を開催しました。
10月に製作された陶芸作品の仕上げ作業として、
今回は施釉(色付け)を行いました。

参加者6名と三陸町陶友会の講師2名が参加され、
計8名となりました。

9時13分に盛駅を出発する三陸鉄道へ乗車。
陶芸工房のある甫嶺駅へ9時35分に到着し下車。


この日は快晴!
青い空に橙色の柿の実が映えて色付いていました。


駅から徒歩約5分の場所。今の越喜来小学校があります。
その校庭の片隅に作業場である「さんりく陶芸工房」が建っています。


今回は、素焼きを終えた作品に色を付ける作業です。

最初に窯から陶芸作品を取り出します。
そこには、三陸町陶友会の作品、三鉄盛駅ふれあい待合室の作品、
子供達の作品の全てが机の上に置きました。


次に紙ヤスリで削って陶芸作品の表面を磨きます。


底を平らにする為と、ガサガサの箇所があれば
ツルツルに仕上げる作業となります。

その後、紫色の撥水剤を施釉しない底部へと塗っていきます。


絵具を塗ってステキな着色の演出をされている方も!


次に、今回の作業のメインである施釉を行いました!
大きなバケツに着色することができる釉薬が入っていて、
1.2.3と数えてすぐに取り出します。
これがまんべんなく付着させるコツになります。


施釉のあと色付きガラスを陶芸作品の上に置い、
て更なる色鮮やかな演出をされている方もおりました♪
窯の熱で色ガラスが溶けて素晴らしい仕上がりになります。


釉薬を塗って窯で焼くと陶器に色が付くのです。


少しの間ですがお茶を楽しみ、
時間になりましたので「さんりく陶芸工房」を出て、
甫嶺駅へ向かいました。

<駅のホームから見た眺め>


三陸鉄道の一般車両へ乗車し、11時31分に甫嶺駅を出発。


盛駅には11時55分に到着しました。
これにて「三鉄に乗って行く陶芸教室(第三期仕上げ)」
終了となりました。ご参加ありがとうございました!

焼き上がった作品を窯から取り出すのは、
12月7日の月曜日になります。完成が楽しみですね♪

台風災害支援募金を送金
11月11日の水曜日。
この日「宮城・茨城 台風災害支援募金」に集まった募金を
大船渡郵便局を通して『日本赤十字社』へ送金してきました。


募金箱を設置した期間は、
9月14日から10月31日の48日間。
本日集計し、その募金額は【25,007円】となりました。
ご協力ありがとうございました!


募金箱は、待合室のテーブルの上に置いて行いました。
盛駅は、三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRT
始発駅であり終着駅です。多くのお客様がご利用になります。
また、地元のお客様、遠方から来駅されるお客様も多く、
このように募金が集まったのだと感じております。
ご協力について、心から感謝申し上げます。

2015年9月。台風17号、18号の豪雨の影響により、
川が氾濫し、土砂崩れや流された家屋も多いです。
被災された方も多く、少しでも役に立てればと…。
少しでも台風被害の被災地・被災者を支援になれればと
募金箱を設置して活動を行ってきました。

復興の力になれるよう本日、送金して参りました。

ふれあいノート -2015年10月-
三陸鉄道南リアス線盛駅ふれあい待合室には、
『ふれあいノート』があります。4冊目になります。
訪れた方が、旅の想い出・大船渡の印象・
被災地の感想・三陸鉄道への応援メッセージなど、
それぞれご自由に記入されています。

平成27年10月に書き込まれた内容をご紹介しますね。


---------------

「山形県天童市高擶交通安全協会一同です。
昨日から一泊15名にて研修及び旅をしています。
今から三陸鉄道に乗車します。楽しみです。」


「三陸鉄道=北鉄がたくさん登場「あまちゃん」が、
とうとうその再放送も終わってしまいました。
2度目の「あまロス」です。(涙)」


「愛知県から来ました!とてもいい町で、
いつでも来たいと思います。安全で!」


「旅行ではないんですが、大船渡の中学生です。
今日は友達と三大祭りに来ました。いろんな県のを
見られてすごく楽しかったです!!今日の町のにぎわいで、
受験生だということをすっかり忘れていました…。
頑張らねば…!!大船渡、三鉄、大好きです!!!」


「私も旅行でないんですが、中学生です。
友達と三大祭りに来ました。いろんな県(?)の踊りが
かっこよかったです!小さい子のししまいに
おどろきました。きゃわいー♥♥
サンリアにも寄ったんですが、
沢山の知り合いと出会いました。笑
田舎だからなのか、人のあたたかさが
すごく身にしみます。終わっても、
ゴミがないことが嬉しかったです。
田舎さいこー!大船渡バンザーイ!!☆☆」


「今日の夜、前の文の二人と三大祭りに来ました。
サンリアの中ではおなじ学校の人が
かたまりになってたり、そとではほかの
学校の人がいたり…まあいろいろ
ごはん?をたべたりしました!!
もっとまつりやってほしいです!!
大船渡バンザーイ!またかけたいいです。」




「人生初の東北です。地元の皆様に
心からの笑顔がもどってこれますように♡」


「三陸鉄道を利用させていただいたことはないのですが、
ここを訪れたのは2、3回目です。
大船渡、おいしいしきれいだし、とても深い息を
したくなります。ここに来ると、思うことがありすぎて、
想うことがありすぎて、静かになってしまいます。
心の中で起きてる全てが外に出てしまったら、
とりとめないなあと私は、きっと附観しながら
思うのでしょう。その感情の氾らんをながめながら、
その氾らんの中にぷかぷかと浮かびながら。
また来ますね。その時もかぼちゃのスイートポテト
(パンプキン?)まだ売ってますように。
ありがとうございます。」


「三陸のみなさんの応援が出来ばと
神奈川県相模原からやって来ました。がんばってね!!」


---------------

10月は徐々に寒くなりだした頃ですね…。
夜が長くなりだし、季節は秋へと移り変わっていきます。

暑さや過ごしやすい時期と比べて、
旅行客・観光客の人数は減ってきたように感じますが、
秋の紅葉もまた魅力の一つです。また来てほしいですね。

そして、地元の中学生が書かれているように
今年も大船渡では、東北を代表する郷土芸能
『東北三大祭り』が今年も開催されました。
秋田県秋田市の「秋田竿燈」
岩手県盛岡市の「盛岡さんさ踊り」
山形県山形市の「山形花笠踊り」
宮城県仙台市の「仙台すずめ踊り」を中心に、
三陸沿岸である地元の郷土芸能「臼澤鹿踊」「門中組虎舞」
世界で活躍されているコンテンポラリーダンサーの創作演目「鹿神楽」
韓国の伝統芸能である農楽「韓国農楽」などが、
大船渡市盛町商店街の道路にて披露されました。
大勢の方が見に来られていて、大盛況でした!

その中学生が描かれた絵、
とってもステキですね♪可愛らしいです!
鉄道むすめに似ていますよ!!

被災地の復興は今、前へと進みつつある現状です。
これからの所もありますし、災害公営住宅が完成していき、
仮設住宅を出られる方が出始めている最中です。
入居されている方は減りつつあります。

津波の浸水地域は今も嵩上げ工事が行われ、
防潮堤も建設中になります。

本設のお店の建設は、一部のお店はありますが、
大部分はこれからの様に感じます。

そして被災された方々の心の復興…。

被災地である大船渡市へ来られた際は、
報道されていない事実・現実を感じてほしいです。

三陸鉄道の車窓から眺める景色は、
復興最中の工事の様子だけではありません。
トンネルも多いですが、三陸海岸の素晴らしい絶景と
青く広がる美しい海と水平線、
湾の様子など見どころがたくさんあります。
この季節になると紅葉も美しいですね♪
ぜひご堪能ください。

三陸鉄道は復興のシンボル!
旅の記念として、三陸鉄道南リアス線へのご乗車を、
よろしくお願いします。

『ふれあいノート』で、あなたの気持ちを伝えてみませんか?
月に一度、印象に残った内容をご紹介しています。
三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際は、お気軽にご記入ください♪
大船渡東高校生による花植えボランティア
11月6日の金曜日。この日の9時から12時まで、
盛駅の1番線・2番線ホーム、
そして駅前通りの歩道に設置している
プランター165個を対象に、冬用の花苗へ植替え作業を行いました。


そして、大船渡東高等学校の生徒8名・先生3名の
ボランティアのご協力と、NPO法人夢ネット大船渡から
5名が参加し、作業しました。ご協力ありがとうございました!


今年の8月20日に、
横浜市中区社会福祉協議会・
横浜市中区ボランティア連絡会
による
「花いっぱい運動」のご協力にて
夏の花へと植替え作業を行いました。
その季節がまた秋から冬へと移り変わりましたので、
今回冬用の花苗を植えることになりました。

また、大船渡東高校生が大切に育ててきた
パンジーとビオラを50個ずつ購入し、使わせていただきました。


その花苗を165個あるプランターへ植替え作業を行いました。


花苗の間にはチューリップの球根も植えました。


春の花であるチューリップ!こちらは、冬の花が終わる頃、
芽を出し花を咲かせて温かい季節を告げるよう演出しています。
チューリップの花は見ているだけで元気になりますし、
色鮮やかで魅力あるお花♪花を咲かせるのが楽しみです。

作業毎に班分けを行い、
お互いに協力しながら手際よく作業が進んでいきました。


作業を終えたあと、駅舎の前で記念写真を撮りました。
達成感が感じられるステキな表情をされていますね。


お花は人間の心を落ち着かせ、
気持ちを和ませ、癒しを与える素晴らしい存在。
明るく元気な日常を過ごす為にも、
三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRT
ご利用される地元や高校生の方々、観光客や旅行客など
駅利用者に心温まる魅力ある盛駅を感じていただきたいと
思いますし、盛駅前通りの商店街をご覧になってほしいです。


三陸鉄道盛駅へお越しの際は、綺麗に咲いているお花を見て、
心を癒していってくださいね♪

三鉄おもち列車
11月2日の月曜日。『三鉄おもち列車』が開催されました。


このイベント列車の主催は、『さばえもちつき隊』
協力はNPO法人夢ネット大船渡になります。

「さばえもちつき隊」とは福井県鯖江市の方々で、
震災の年の5月に大船渡公民館や大船渡中学校などの
避難所を訪ね、一緒になって「もちつき」を行い、
食べていただくなど支援活動をされてきた団体です。

それ以来、イベントにてチャリティ活動を続け、
資金を貯められてきたそうです。
そして、4年8ヶ月が経過しようとしている今、
被災地の現状・復興状況を知りたくて、
また大船渡の方々と交流がしたくて今回、
ご縁のある『NPO法人夢ネット大船渡』と一緒に
イベントへの参加、三陸鉄道を貸し切っての
『おもち列車』の企画とともに、
被災地の皆様との交流をもちたいと
大船渡市を訪れました。

『三鉄おもち列車』は参加費無料で行いました。
参加者84名、スタッフは「さばえもちつき隊」5名、
AMC大船渡5名(岩城理事長含み)、
NPO法人夢ネット大船渡から1名の計95名の乗車となりました。
ご利用ありがとうございます!


一般車両2両を貸し切って開催!
『三鉄おもち列車』は、9時40分に盛駅を出発!

往路は単独走行の臨時列車!
岩城理事長、さばえもちつき隊のご挨拶から始まり、
お餅とお茶を配膳しました。


お餅は地元の「手づくり菓子工房ミッキーハンド」さんの
ご協力を得まして、ステキな御膳が登場しました!
「あんこ」「きなこ」「くるみ」「ごま」
「磯辺焼き」
など豪華な内容♪


参加者は美味しいお餅を堪能しながら、
車窓からの眺め「さばえもちつき隊」との
交流も楽しまれました。


また、岩城理事長は被災地・観光ガイドをされていました。


恋愛のパワースポット『恋し浜駅』には7分間の停車。
待合室に願掛けされている「ホタテ絵馬」をご覧になり、
「幸せの鐘」を鳴らされたり、記念写真を撮影されるなど、
自由に過ごされました。

そして『さばえもちつき隊』による
「ジャンケン大会」が始まりました!
全員参加で、どなたも皆が大興奮!

とても豪華な景品、それ以外の景品、
鯖江市ならではの景品など、様々な物をご用意され、
参加者全員に行き渡るように行われました。


この「ジャンケン大会」は1号車も2号車も大盛り上がり!
笑い声や賑やかな雰囲気など、とても和やかに
興奮しつつも元気に参加されていたように感じました♪


ジャンケンに勝った方も負けた方も、
皆様それぞれに景品を手に取り、
喜ばれておりました。おめでとうございます!


釜石駅には10時40分に到着。
ここで20分間の停車となります。
貸切の臨時列車は208Dの定期列車に連結され、
釜石駅を折り返して11時に出発しました!

盛駅を目指す復路では『AMC大船渡』による
マジックショーが始まりました!

AMC大船渡(アマチュアマジシャンズクラブ大船渡)は、素人の集団♪
失敗も交えながら「それも芸のうち!」と、
次から次へとお客様の前で得意のマジックを披露され、
拍手をいただいたり、笑顔を提供したりと、
お客様は明るく賑やかな時間を過ごされました。


<マジックを披露している様子>



盛駅には11時55分に到着。
ホームで記念写真を撮影し『三鉄おもち列車』
終了となりました。楽しいひと時、三陸鉄道へ乗車された思い出、
美味しいお餅をいただき、笑顔や笑い声の響く、
ステキな時間を提供できたことと感じております。
ご参加ありがとうございました!
第71回 無料法律相談
11月8日の日曜日、この日は
『第71回 無料法律相談』を開催しました。
主催は認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウです。
NPO法人夢ネット大船渡が協力しております。
主に開催の告知について、東海新報社への広告掲載、
ポスターの掲示やチラシの設置、
会場の予約や相談者の受付など行っています。

今回は東京都にある弁護士事務所から
2名の弁護士さんと税理士さん1名がいらっしゃいました。


今回の会場は「三陸鉄道南リアス線運行部」
会議室をお借りして行い、相談件数は3件。
2011年10月から毎月実施しております。
延べの相談件数は329件となりました。

弁護士さん・税理士さんから
感想を伺いましたのでご紹介します。

「弁護士としてはじめて相談に
参加させていただきました。
弁護士・税理士にとっては、
簡単なことであっても、みなさまに
とっては、悩みとなっていることが
わかりました。こういった方々に
今後お悩みを、率直に相談して
いただければと思いました。」


「弁護士と同行し
参加させていただいた税理士です。
今回は相続に関するご相談があり、
相続税や贈与税についてアドバイスさせて
いただきました。ご心配されていた
相続税等について、問題ない旨を
ご説明することが出来て良かったです。
今後も継続して参加していきたいと
思いますので、小さな事でも結構ですので
ご相談にお越しいただければと思います。
よろしくお願いいたします。」


震災に関係すること、または関係がなくても大丈夫です。
相談内容は、どんなことでも構いません。
遠慮なさらず、日常のささいな困り事など、
何でもお気軽にご相談して頂ければと思います。

弁護士さんとの相談は、無料で行っておりますし、
専門家とお話しすることで気持ちが楽になりますよ。
ずっと悩んでいるよりも、この『無料法律相談』
相談できる機会をもっていただくことが、
前に進むことになると思っております。

震災発生から、もうすぐ
4年8ヶ月が過ぎようとしています。
スピードは遅いですが、少しずつ少しずつ
復興へ向けて進み始めています。
それに合わせて新たな問題、
新たな課題が発生していくと思いますが、

こちらで開催している『無料法律相談』は、
何回でもご相談することができますので、
お気軽にご利用ください。

弁護士さん、税理士さん、相談者の方々、
ご参加・ご利用ありがとうございました。

次回の開催をご案内します。

『第72回 無料法律相談』
12月6日(日)10時~13時20分
相談時間はお一人様40分間。
事前のご予約が必要になります。
出張相談も受け付けておりますので、
その旨をお知らせください。

<予約・申込先>
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。