三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



24時間TV参加「特別版 盛駅前賑わい市」
8月23日の日曜日。この日は盛駅前広場が
『24時間テレビ 愛は地球を救う』の岩手県の
沿岸会場となりました。その活動に参加して
特別に「盛駅前賑わい市」を開催しました!
時間帯は10時30分から15時30分まで。


いつもの「地元の旬の野菜販売(はこべの会)」
「子供服の交換所」「手芸用布のプレゼント」
「ご当地スイーツ販売」「お茶のサービス」
「復興手芸品の販売」
に加え、「ヨーヨー釣り(無料)」
「キュウリ味噌の無料提供」「ワカメの試食販売」
「マジックショー」
なども行いました!

<手芸用布プレゼント・子供服の交換所>
毎回、盛駅前賑わい市で行っています。
お気軽にご利用ください。


<お茶の無料サービス>
寛ぎのひと時をどうぞ!との思いを込めて
冷たい麦茶をお客様へお出ししました。


<復興手芸品などの販売>


被災地で頑張っているお母様方が製作されている
可愛い手芸品の販売と、三陸鉄道盛駅オリジナル商品
「三鉄セロハンテープ」「三鉄Tシャツ」
「乗車記念てぬぐい」
も一緒に販売しました。


<地元の旬のお野菜販売>


はこべの会のご協力により販売しています。
たくさんのお野菜が並び、お値段もお買い得!
大勢の方がご利用になられていました!


<ご当地スウィーツ販売>
昨日22日にも扱った第6弾のスウィーツ
京都銘菓の「くず便り」「うじこもち」を販売しました!
「くず便り」は1個250円、「うじこもち」は1個100円です。


<マジックショー>
AMC大船渡(夢ネット大船渡)によるマジックが、
ステージにて行いました!時間帯は11時50分から
12時15分まで。成功や失敗もありましたが、
お客様から笑い声や拍手が起こり、賑やかに行われました!



<キュウリ味噌のお振舞い>
大船渡の採れたてキュウリを限定200本でご用意し、
お振舞いしました!「味噌」「あんず味噌」
「味噌マヨネーズ」
の3種類の中から好きな味噌をつけて
美味しく召し上がっていただきました。


キュウリ好きな方もいて好評でしたね♪


<ワカメの試食販売>
大船渡市綾里産の
「塩蔵ワカメ」「くきわかめ」の試食販売を行いました。


「くきわかめ」は醤油味と薄口醤油味の2種類あります!


試食の様子はこんな感じです!


<ヨーヨー釣り>
無料で遊んで頂きました。失敗しても狙った水風船はプレゼント!
中には上手に釣り上げる子供さんもいて、
釣れた瞬間の嬉しそうな表情がとってもステキでした♪


----------------------

24時間テレビの沿岸会場である盛駅前広場では、
「鉄神ガンライザー握手・撮影会」や、
ミュージシャンの「臼井嗣人」「アンダーパス」
「松本哲也」「濱守栄子」らによるステージライブ、
タルトタタンの「お菓子販売」、「募金コーナー」、
恋し浜ホタテ焼きの「お振舞い」、
星雲工房による「かき氷販売」や、
「地元のゆるキャラ」も集合しました!


<鉄神ガンライザー握手・撮影会>
岩手のヒーローは大人気!親子で並ばれ、行列ができていました!


<恋し浜ホタテ焼きのお振舞い>
引換券のが配布が11時30分から行われましたが、
すぐに配布が終了となる大人気ぶり!あっという間でしたね♪


この焼き具合、ホタテの大きさ…最高です!


<地元ゆるキャラの大集合>
左から「たかたのゆめちゃん」「おおふなトン」
「さんてつくん」「おっぽくん」です!
このように揃う機会がありませんので貴重なひと時でした!
記念撮影される親子が多かったですね♪


<タルトタタンのお菓子販売>


<募金コーナー>
もちろん、24時間テレビの募金活動も行われています!
募金された方にはバナナや和菓子のお振舞いもありました。


<ミュージシャンのライブ>
盛駅前広場に設置された特別ステージでの
ミュージシャン4組によるライブ!
多くのお客様がご覧になり楽しまれておりました!



10時30分にスタートした24時間テレビ
沿岸会場である盛駅前広場は、15時30分で終了となりました。

小雨が降る中ではありましたが、
大勢の方々が集まり、とっても賑わいました!
特別に開催した「盛駅前賑わい市」でしたが、
ご利用になられたお客様も多く、
良いイベントとなりました。ありがとうございました!

スポンサーサイト
第68回 無料法律相談
8月23日の日曜日に
『第68回 無料法律相談』を開催しました。
主催は認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
NPO法人夢ネット大船渡が協力しています。

今回は東京都から弁護士と税理士の
2名がいらっしゃいました。


会場は「カメリアホールの教養文化室(和室)」
使用して行いました。相談件数は1件。
2011年10月から毎月実施してきた
延べの相談件数は321件となりました。

弁護士さん、税理士さんに
感想を伺いましたのでご紹介します。

「震災発生当初に比べ、相談の種類が
増えてきたように感じています。
それに合わせて、継続的に相談を
する必要のある案件も増えてきているとの
印象を受けました。また、参加させて
頂きますのでよろしくお願いいたします。」


「先月に続いて参加させていただいた
税理士です。今回のご相談の中にも
いくつか税金についての問題が
関係していました。今後も出来る限り
参加し、少しでも皆様のお役に立てればと
思っていますので、よろしくお願い致します。」


日常のささいな困り事など、何でもお気軽に
ご相談して頂ければと思います。

震災に関することはもちろんですが、
関係なくても構いません。

弁護士へのご相談は無料ですし、
専門家にお話しすることで気持ちが軽くなりますよ。

解決の方法を導いてくださいますし、
悩みが解消されて前へ進むことができますので、
ご利用して頂ければと思います。

震災発生から、4年5ヶ月が過ぎました。
復興がゆっくりでも進みつつある今、
抱える課題も変化していると思います。
こちらの「無料法律相談」は、
何回でもご相談することできますので、
お気軽にお申込みください。

弁護士さん、税理士さん、相談者の皆様、
ありがとうございました。

次回の開催をご案内します。

『第69回 無料法律相談』
9月6日(日)10時~13時20分
相談時間はお一人様40分間。
事前のご予約が必要になります。
仮設住宅などの出張相談も受付けていますので、
その旨をお知らせください。
また、税理士の方も来られますので、
税務相談も受付けしています。

ご予約は、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室へご連絡ください。
電話番号:0192-47-3542
第7回 盛駅前賑わい市
8月22日の土曜日に『第7回 盛駅前賑わい市』を開催しました。
時間帯は10時から12時30分まで。

このイベント目的は、地場産品の販売で買い物客を増やし、
周囲のお店にも賑わいを波及させて、街の活性化につなげることです!
賑わいを創出し、盛駅前や周辺を元気することです!

毎月第2・第4土曜日に開催していますので、ぜひお越しください。

<旬の野菜販売>
JAおおふなと女性部「はこべの会」のご協力により、
地元で採れた旬の美味しいお野菜の販売です!
新鮮なお野菜をお得な値段で購入することができます♪


今回は雨が降ってきたということで、
JR盛駅待合室をお借りして行いました。


利用されるお客様も多く、イベントの目玉となっています!
ご購入ありがとうございました!

<復興手芸品の販売
現在はカタログでの取扱いとなっている「復興手芸品」を、
賑わい市の際は待合室の中で販売しております!
可愛い装飾品や実用品が揃っています!
この手芸品は被災地のお母様方が製作されています。


<ご当地スイーツシリーズ
ご当地シリーズ第6弾の登場です!
今回は京都銘菓「くず便り」「うじこもち」をご用意しました!


国宝平等院の近くに店舗を構える
お茶屋「伊藤久右衛門」からお取り寄せしました!
各限定50個ずつです。「くず便り」は1個250円、
「うじこもち」は1個100円で販売。
上品な抹茶の味が美味しい和菓子です!


<手芸用布プレゼント>
手芸用の生地や材料を無料でご提供しています!


<子供服の交換所>
三鉄盛駅では普段から「子供服の交換所」を設けて、
リサイクルを行っています。サイズが合わなくなった
お子さんの服など不要になった洋服がありましたら、
こちらで引き取らせて頂きます。
また、子育て中のお子さんに似合う子供服など
ありましたらご自由にお持ち帰りください。


<お茶の無料サービス>
冷たい麦茶のサービスです!一息、休みたいとき、
お気軽にご利用してくださいね♪


盛駅は、三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRTの玄関口となっています。
それぞれの始発駅であり終着駅が盛駅です。
観光客や鉄道ファン、地元の方、ツアーでお越しのお客様など、
様々な人々が行き交う駅です。大勢の方々が通り過ぎていきます。

これからも賑わいを創出し、盛駅周辺を活性化していきますよ!
そして、元気な街にしたいです!ご利用ありがとうございました!

来月の『盛駅前賑わい市』は、
9月12日(土)、9月26日(土)に開催します。
<内容>
大盛況!旬の野菜販売!(JAおおふなと女性部 はこべの会)
可愛らしい復興手芸品の販売!(待合室内)
子供服の交換所(無料)ご自由にどうぞ!
大人気!手芸用布プレゼント!
大好評♪各ご当地スイーツの販売!
冷たくて美味しいお茶の無料サービスなど

☆大道芸?の出演者募集中☆
盛駅前賑わい市でご披露してみませんか?
発表の場をご提供いたします。
観光情報:陸前赤崎駅の周辺
三陸鉄道南リアス線の沿線の『観光情報』をご案内します。
今回は、『陸前赤崎駅』の周辺をご紹介します。

<陸前赤崎駅>
無人駅。駅の愛称は「貝塚めぐり」
震災により駅舎が流されたことで、
山側へ場所を移して建設されました。


<大洞貝塚資料館>
駅のすぐ隣。資料館は写真付きで大洞貝塚についての
説明があり、史跡パンフレットを自由にお持ち帰りできます。
大洞貝塚は、縄文時代の終わり頃(今から3000年前~2200年前)、
東日本で流行した「大洞式土器」の由来となった遺跡。
大洞式土器は、美しい文様で飾られ、
縄文土器のなかでも最も精巧な土器です。
その頃の東北地方では最大の貝塚(漁村)で、
モリやツリバリなど、動物の骨や角で作られた
魚捕りの道具が数多く発見されています。




<大洞貝塚>
国指定文化財 史跡 大洞貝塚
指定年月日:平成13年8月13日


<中赤崎仮設商店街>
駅から徒歩3分。仮設の商店街。
市内初となるクッキーの量り売り店。
オアゾー・スイーツなどがあります。


<赤崎グラウンド>
鹿島MFの小笠原満男が協力。
「東北人魂・岩手グラウンドプロジェクト」によるグラウンド。
赤崎小学校跡地に整備。東日本大震災で甚大な被害を受けた
東北地方におけるサッカー発展の為、東北サッカー協会及び
東北各県のサッカー協会の活動へ寄与することを目的。
<活動内容>
Jリーグ公式戦への招待活動
東北地方でのサッカーイベントの開催
東北地方でのサッカー大会の開催
チャリティーオークションの開催


<田端観音堂>
駅から徒歩3分。
気仙三十三観音の1つで23番札所。
毎月18日は縁日として開帳され、拝観できます。


<赤崎漁村センター>
駅から徒歩5分。高台にあり、
東日本大震災の際は避難所として利用されました。
隣の公園には、昭和8年に発生した
【昭和三陸津波】「津波記念碑」があります。



<太平洋セメント大船渡工場>
昭和12年(1937年)から操業を開始した歴史ある工場で、
他社を含めて東北で一番の生産量となっています。
東日本大震災が発生した年の6月22日より
ガレキ等の焼却処分を行いつつ、
11月4日からセメントの生産を再開。
橙色と白色の煙突は、大船渡のシンボル的な存在。


三陸鉄道南リアス線をご利用の際は陸前赤崎駅で下車して、
周辺を散策してみるのもよいですね♪


横浜市中区ボランティアの皆様による花いっぱい運動♪
8月20日の木曜日。盛駅のホームがお花でいっぱいになりました。
この「花いっぱい運動」の主催は横浜市中区社会福祉協議会、
横浜市中区ボランティア連絡会になります。
協力は、大船渡市社会福祉協議会、
陸前高田市復興支援連絡会、NPO法人夢ネット大船渡。

花の苗を植える作業は9時20分頃に開始されました。

ボランティアはスタッフも含めて38名が参加。
さらに地元住民の参加者や、三陸鉄道南リアス線運行部、
NPO法人夢ネット大船渡の会員の方々も加わり、
約50名で作業が行われました。


最初はプランターにメッセージ入りのステッカーを貼りました。
そのプランターに半分ほど土を入れ、花の苗を3つずつ置いていきます。
再び土を入れます。次に設置場所へ運び、
水やりまでが一連の流れになります。




<メッセージを書かれている様子>


各作業グループに分かれて声を掛けあい協力しながら進められました。
約1時間後には「土40袋」「花の苗1200ポット」の作業を
終えることができました。新たに約120個のプランターを
1番線と2番線のホームへ設置しました。


キレイなお花が並ぶ盛駅のホーム…ステキですね♪
お花をご覧になって心を癒して頂ければと思います。


作業後は記念写真を撮影し、
JR盛駅舎の中でアイスクリームを振る舞い、交流会も行いました!




参加者に感想を伺いましたのでご紹介します。
「平成23年12月にボランティアで来て
瓦礫撤去をした以来になりますが、
今回はお花いっぱいにということで参加しました。
時が少したちましたが、変わっていない部分もあり、
風化してはいけないと感じました。」

参加された皆様、ボランティアの方々、お疲れ様でした。
お陰様で三陸鉄道盛駅「お花でいっぱい」になりました。
ありがとうございました!
観光情報:釜石駅の周辺
三陸鉄道南リアス線の沿線の『観光情報』をご案内します。
今回は、『釜石駅』の周辺をご紹介します。

<三陸鉄道 釜石駅>
土・日・祝日には、
JR釜石線を走るSL銀河を到着・出発場面を見ることが出来ます。
SLの乗車はJR東日本へ。
現在運休中のJR山田線(釜石-宮古)の区間は、
路線バスでの移動になります。
「釜石駅」から「道の駅やまだ」まで岩手県交通バス、
「道の駅やまだ」から「宮古駅」まで岩手県北バスで
乗り継いで行くことが出来ます。



<ものづくりの灯を永遠に(写真:左)>
<大島高任の像(写真:右)>

釜石駅前の広場にあります。
大島高任が、釜石の良質な鉄鉱石や環境を活かし、
近代製鉄法による鉄づくりに成功した地。
その釜石製鐵所「高炉の火」から授かった灯が
ここにあります。



<釜石復興の鐘>
釜石駅前の広場にあります。
鐘には「鎮魂」「復興」「記憶」「希望」の
四つの言葉が刻まれています。
様々な想い、願いが込められ、
鐘を支える支柱は合掌をモチーフに作られています。



<ホテル フォルクローロ三陸釜石>
駅の隣にあります。2015年3月29日にオープン。
1Fはカフェ&レストラン「カマイシテラス」。
7Fには「展望露天風呂」があり、
料金は500円。タオル販売もあります。
お風呂の営業時間12:30~18:00(最終受付 17:30)



<カマイシテラス>
ホテル フォルクローロ三陸釜石の1F
営業時間は、
【朝食】6:30~9:30(LO 9:00) 
【カフェ】11:00~17:00(LO 16:30)
【夕食】18:00~21:00(LO 20:30)
※夕食は完全予約制



<サン・フィッシュ釜石>
釜石駅前に開設された新市場。
釜石のウニ、ホタテなど季節の新鮮な海の幸のほか、
山の幸やお土産品、お食事処などが揃っています。
1階、2階に食堂。
売店では、海産物を中心とした特産品を販売。



<シープラザ釜石>
人と人、人と物の交流・交歓による
三陸の情報発信基地として、
特産品やおみやげ品の販売、イベント広場、
観光案内所や会議室などがあります。特産品の販売。
【利用時間】9:00~19:00
【定休日】第1・3・5火曜日



<イオンタウン釜石>
釜石駅から徒歩約10分。
東日本大震災からの復興事業の一環として誘致し、
新日鐵住金釜石製鐵所の遊休土地に建設されました。
地元から約430名の雇用を生み出しました。
津波対策の一環として、1階を店舗駐車場、
2階・3階を店舗にし、屋上が避難所になることも特徴。



<橋野高炉跡>
2015年7月11日『世界文化遺産』に
明治日本の産業革命遺産として登録されました。
大島高任築造の現存する日本最古の洋式高炉跡が3基、
その他様々な遺跡があります。駅より車で約50分。
≪シャトルバス(ガイド付き)≫ 
【旅行代金】
大人2000円
小中学生1000円
※未就学児は無料
【出発時間(釜石駅前)】
1回目 10:00~  2回目 13:00~ 
【予約】(株)岩手旅行社 TEL:0193-31-1300



三陸鉄道南リアス線をご利用の際は釜石駅で下車して、
周辺を散策してみてはいかがでしょうか♪
第3回 三鉄に乗って行く陶芸教室
8月10日の月曜日に
『第3回 三鉄に乗って行く陶芸教室』を開催しました。
参加人数は8名と講師2名の計10名で行いました。
参加費は3000円で、材料費・昼食・乗車券代になります。

9時13分発の三陸鉄道へ乗車し、甫嶺駅まで行きます。


9時35分に甫嶺駅へ到着し、その約5分後に作業場である
「さんりく陶芸工房」へ着きました。


甫嶺駅のホームにある案内板には「陶芸窯」と紹介されています。


「さんりく陶芸工房」は、越喜来小学校の校庭の隅にあります。


先生から作業工程や作り方の説明を受け、
粘土を受け取って作業スタート!


参加者は、思い思いの製作したい作品の姿を
想像しながら手を進めていきます。

思い通りの形になるか、もっとひと工夫を加えて
オシャレな感じに仕上げるかなどなど、
指先に集中して会話も弾む中、
楽しい時間が経過していきました。




陶器の形を作り終えたら外で乾燥させます。


12時になり「こんのや」のお弁当とお茶を
ご用意し、皆で美味しく召し上がりました。
オヤツやお菓子を持参された方もいて、
和やかな時間を過ごしました。


外で乾かした作品は「ふれあい待合室」棚へ運び、
ここに保管しておきます。


片付けを終え、14時38分甫嶺駅発の三陸鉄道へ乗車し、
盛駅には15時2分に到着しました。
ご参加ありがとうございました!


<甫嶺駅からの眺め>


感想を伺いましたので、ご紹介します。

「思ったより難しかったけど、
なかなかこういう機会がなかったので、
楽しかったです。完成が楽しみです。」


「3回目の参加になりますが、
回を重ねるごとに楽しみが増していきます。」


「作品をたくさん作れたし今日も楽しみながら
作ることができました。」


8月31日(月)に素焼き、9月7日(月)に施釉(色付け)を行います。
今回参加された皆様は、施釉の作業を行います。
9月28日(月)は窯出しになります。


<窯>


次回の『第4回 三鉄に乗って行く陶芸教室』は、
10月を予定しております。

【三陸町陶友会について】
三陸鉄道を利用して頂く為の施設として、
県の地域活性化調整費と町予算により、
「窯」と「さんりく陶芸工房」が
平成10年(1998年)に建てられました。
毎週月曜日、陶芸製作が行われています。

ふれあいノート -2015年7月-
三陸鉄道南リアス線盛駅ふれあい待合室には、
『ふれあいノート』があります。
旅の想い出、大船渡の印象、被災地の感想、
三陸鉄道への応援メッセージなど自由に記入して頂ければと思います。

それでは、7月に書き込まれたメッセージをご紹介します。


---------------

「愛知県豊中市から来ました。
13時間ぐらいかかったけど、
これてとてもとても良かったです。
母娘の3人旅。ここから始まります。
初めての東北旅行。人生の中でまた
変化の時とできるかなと思ってます!」


「家族5人で来ました。
みなさん温かい人ばかりですね」


「今日は盛駅に来ています。
彼氏と一緒に遊びに来ました。
これから彼氏と甘ーい時間を過してきまーす。」


「今日は盛駅に来ました。
みなさん温かい人ばかりです。また来ます。」


「岩手の小学校同窓会で三陸鉄道に来ました。
NHKあまちゃんで有名ですし、応援してます。
栃木の佐野から楽しみにして来ました。
岩手のみなさまの今後の復興を支援
お祈り申し上げます。ほどほどに体に注意され
がんばって頂けたらと思います。」


「学校の校外学習の下見できました。
震災学習列車にのります。150名で、
どうぞよろしくおねがいします!
サンテツ大好き!fight」


「茨城県から来ました。
初めてサンテツたのしみです!
3日間いろんなところを見て歩いて
たのしみたいと思います。」


「茨城から来ました。美しい自然を見て、
感じて、たくさん歩いて学んで帰りたいです。
しばらくお世話になります。」


「茨城県から支援ツアー旅行できました。
陸前高田の一本松と周りの風景に胸を打たれました。
一本松は私たちに何かを訴える為に必死に頑張って
残ったように思われます。復興の建設事業風景にも
力をもらいました。遠い茨城から見守らせて頂きます。
ファイト、ガンバレ!」


「茨城県から23名観光旅行で来ました。
まだ…完全とは云えない風景をみると涙が出る思いです。
盛駅から終点釜石まで乗車し2泊旅行に終止符を打って
帰ります。一日も早い復興をお祈り致します。
ありがとうございました。」


「年に2~3回帰っています。神奈川に帰りますが、
これから暑い日々、皆さん大船渡を楽しんで帰って下さい。
以前のように復興はまだまだですが、良い所もあります。
まだ、おいで下さい。三陸に泊り、実家の大船渡に泊り、
神奈川に帰ります。次は涼しくなった頃、帰り、
お墓参りをしてから神奈川にもどりたく思っています。
駅の皆さんお元気で。」


「約3日の滞在をへて今日帰ります。短い期間でしたが、
大船渡が大好きになりました。ありがとう!また来ます!」

「3日間ほんとうにたのしかったです。
いろんな人に出会えて、忘れられない
3日間になりました。今回出会った人を大切に
また岩手にあそびにきたいと思います。」


「じぇじぇじぇ!三陸鉄道盛駅に来たぜ!
来年は北から南まで乗り継いできます。又くるぜ!」


「初の東北の旅!楽しいことになりますように」

「ようやくたどりつきました。
これからも頑張って下さい。私ガンバります」


「岩手に居るから始めて、この鉄道に乗る事ができまして
災害復旧のお陰で乗れる事にかんげきしています。
これから9:13分の列車にのります。16名です。
皆んなの自由帳も楽しかったよ。」


「気仙沼から盛へのBRT(バス)は、
トラック横転事故で90分遅れ。
盛から釜石への南リアス線は列車と鹿が衝突し、
10分遅れ(らしい)。一人で旅する私の
今日一日の旅計画は、メチャメチャ状態。
今日はいったいなんなのだろう。
だが奇跡の一本松は感動物だ。
とても去りがたい気持ちを味わった。」


「三陸町で5日間!!
空気もうまいし居心地サイコーでした。北里大学」


「内陸の北上から来ました。駅員さんと運転手さんの
フレンドリーさにおどろく!弁当うまかった!」


「気仙沼よりBRTにて盛までこれから三陸鉄道にて
釜石へ向かいます。まだまだ先は長い様に感じました。
皆さん頑張って下さいネ。」


「東京は練馬から参りました。
地元の皆さんと触れあい乍ら、
復興の確実な実りを拝見しつつ
微力乍らもっともっと応援したくなりました。
皆頑張れー!!」


「昨年は北リアス線、今年は南リアス線に
乗りました。私達は東北を忘れません。
どのようなかたちでも東北を応援したいと
思います。がんばってください。」


---------------

愛知県、栃木県、茨城県など遠方から来られた方、
神奈川県在住の地元に帰省された方、東北の旅を満喫されている方、
東北を応援されている方、一人旅を楽しまれている方、
被災地を見て感じたこと、北リアス線・南リアス線へ
乗車したいと来られた方、復興支援で訪れた方など
様々な書き込みがありました。ご利用ありがとうございます!

中には、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室の
印象を書かれた方もおります。ありがとうございました!

遠方からのお客様は多いです。
あまちゃんで有名になった三陸鉄道ですが、
被災地である岩手県沿岸部の大船渡・釜石を
南リアス線は走行しています。

車窓からは嵩上げ工事の様子や
防潮堤の工事の様子をご覧になることができます。
復興まではまだまだ長い年月が必要です。
災害公営住宅が完成し始め、仮設住宅を出る方もおりますが、
入居者数を考えると、空きがある状況とのこと…。

本設されたお店も見受けられるように
なりましたが、一部のように感じます。
被災地へお越しの際は、復興がどこまで進んでいるのか、
ご自身の目で確認してほしいと思います。
そして、報道されていない事実を知って頂きたいです。

車窓からは工事の様子だけではありません。
三陸海岸の素晴らしい絶景と美しい水平線、
青い空と緑の山、湾の地形の様子など、ぜひご覧ください。

三陸鉄道は震災復興のシンボルです!
旅の記念として三陸鉄道南リアス線へのご乗車を、
よろしくお願いいたします。

『ふれあいノート』であなたの気持ちを伝えてみませんか?
月に一度、印象に残った内容をご紹介しています。
三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際は、お気軽にどうぞ!
第6回 盛駅前賑わい市
8月10日の土曜日に『第6回 盛駅前賑わい市』を開催しました。
時間帯は10時から12時30分まで。

イベント目的は賑わいを創出し、
盛駅前や周辺を元気に!そして地場産品の販売で買い物客を増やし、
周囲のお店にも賑わいを波及させて、街の活性化につなげることです!
毎月第2・第4土曜日に開催していますので、ぜひお越しください。

<旬の野菜販売>
JAおおふなと女性部「はこべの会」のご協力により、
地元で採れた旬の美味しいお野菜を販売しています!
天候も晴れ、多くのお客様がご利用されておりました!
ありがとうございます!


<復興手芸品の販売>
現在はカタログでの取扱いの「復興手芸品」を、
賑わい市の際は待合室の中で販売しております!
可愛い装飾品や実用品が並んでいます!
この手芸品は被災地に住むお母様方が製作されています。


<ヨーヨー釣り>
外で無料のヨーヨー釣りを行いました!
夏ならではのオモチャですね♪


終り頃にはこんなに減りました!


<ご当地スイーツシリーズ>
今回は、岐阜の涼和菓子『恵那栗工房 量平堂』
『栗きんとん水饅頭』『栗ふわっと大福』を販売しました!


1個280円。チラシを見て購入に訪れた方もいて、
大盛況でした!夏に召し上がりたくなる
ヒヤッとする美味しい和菓子♪よいですね!


<手芸用布プレゼント>
手芸に使用する生地や材料を無料でご提供しています!
こちらが大人気となり、利用される方が多かったです。


<子供服の交換所>
普段から「子供服の交換所」を設けまして、
リサイクルを行っています。
サイズが合わなくなったお子さんの服がありましたら、
こちらで引き取らせて頂きます。
また、子育て中のお子さんがおりましたら、
似合う子供服などご自由にお持ち帰りください。


盛駅は、三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRTの玄関口です。
それぞれの始発駅であり終着駅になります。
観光で訪れている方、鉄道ファンの方、ツアーでお越しの方など、
様々な方が行き交う駅です。

『盛駅前賑わい市』で賑わいを創出して盛駅周辺を活性化!
これからも継続して元気な街にしていきたいですね!
ご利用ありがとうございました!

次回は、8月22日(土)に開催します。
親子連れや地元に帰省された方など、
皆様お気軽にお越しください。

☆大道芸?の出演者募集中☆
盛駅前賑わい市でご披露してみませんか?
発表の場をご提供いたします。


★8月23日(日)10:30~15:30★
日本テレビ「24時間テレビ・愛は地球を救う」
(今年のテーマ:つなぐ~時を超えて笑顔を~)の
募金活動が盛駅前でも上記の時間に行われます。
夢ネット大船渡もこの行事に協力するため
特別に「盛駅前賑わい市」を開催します!

JR盛駅舎にジオラマ登場!
8月10日の月曜日。JR盛駅舎に「ジオラマ」が登場しました!


<大船渡線BRTと復興の進む街並み>




2両編成の三陸鉄道の車両もあります!
JR大船渡線BRTのバスもあります!


跨線橋とみどり歩道橋も!駅周辺は見事に再現されていて、
よくみると、銀河連邦サンリクオオフナト
共和国PRキャラクター「おおふなトン」もいます!


工事車両も船もあり、ちっちゃな大船渡のようにも感じますね♪


そして、陸前高田の奇跡の一本松も…!


このジオラマ展示は、8月10日~8月16日までとのこと。

見応えありますよ!