三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



第22回 三鉄駅弁列車
6月28日の日曜日。この日は『第22回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は2500円で駅弁と乗車券代。参加人数はスタッフ含め23名になりました。
使用したのは高級感のある美しい紫色の『新型レトロ調列車』です!

盛駅を11時25分に出発!岩城理事長のご挨拶あと、
お弁当とお茶を皆様へお配りしました。


駅弁は、碁石給食様のご協力により海の幸が豊富に入った
「いわて恵みづくし弁当」を盛駅の駅弁としてご提供しております。

内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬け。
とても大好評な駅弁です♪ちょっと豪華な内容ですね!


往路では、岩城理事長による被災地・観光ガイドを行いました。
南リアス線沿線の各場所ごとにご案内しています。


また、過去の明治三陸大津波の石碑や、昭和三陸大津波の被害など
過去の津波被害の歴史も合わせて説明されています。

美味しい駅弁を召し上がりつつ、ガイドを聞いて震災を考え、
三陸海岸の美しい水平線や湾の様子など絶景を楽しまれました。
そして復旧工事の様子もご覧になれます。

『新型レトロ調列車』の中には模擬運転席があります。
運転気分を味わうことができるサービスですね!


釜石駅には12時25分に到着しました。
10分間停車し、12時35分には折返しで釜石駅を出発。

このとき海側と山側の座席を交換しました。
海側の絶景と山側の景色どちらも全員が
眺められるよう対応しております。


復路では岩城理事長のマジックショーが始まりました!
笑い声が響く明るく楽しい雰囲気で、和まれながら過ごされました。


13時22分に盛駅へ到着。ホームで記念写真を撮影しました。
これにてイベント列車は終了となりました。

皆様、被災地の現状や震災当時の様子、過去の被災状況など、
ガイドで知りながら美味しい駅弁を召し上がられ、
約2時間の列車の旅を楽しまれました♪


三陸鉄道へ乗車した思い出としてご提供できたら嬉しいです。
ご参加ありがとうございました!


感想を伺いましたので、ご紹介します。

「今日はレトロ列車に乗らせていただき、
説明もしていただき大変良かったです。
2時間のたびもあっという間でした。」


「海の幸の弁当はおいしかったです。
大好きなものばかりでした。案内人の岩城さんがくわしく
ていねいに話してくれたので良かったです。
(震災4年きずあとがまだ残っているんですね。)
列車の運転席にのって自分で運転している気分で
いい経験になりました。楽しかったです。」


「三陸弁当は、とてもおいしかったです。
列車は初めて乗りましたが、中がとてもりっぱで
感動しました。岩城さんに震災の様子を説明して
いただいたので良かったです。列車の外を見てみると
復興はまだまだだなあと感じました。
時間が出来たらまた乗ってみたいと思います。
ありがとうございました!」


「初めて三鉄を利用させて頂きました。
このようなイベントがありますと、
利用できる機会ができ、楽しい1日が過ごせました。
又、参加したいと思います。
岩城さんの道中の案内も大変確信いたしました。
楽しくさせてもらいありがとうございました。」


「初めての三陸鉄道を利用しましたが、
ガイドの説明とか聞き、改めて震災のすごさと、
又、復興の進みぐあいとか知ることができ
利用して良かったと思います。」


「昨日までの雨も上り、
今日は楽しいお弁当列車でした。
岩城さんのお話もとても良くて、
楽しい時間はもう終りです。
帰りの列車の中で岩城さんのマジックも上手でした。」


「金ヶ崎町を出発する時は雨でした。
こちらに来たら、雨もあがり、とても良い天気です。
盛駅に着いて、駅の方々が親切にしていただきました。
レトロ列車のせつめい(いわきさん)とても良かったです。
運転士さん、お弁当がかりの方ありがとうございました。」


「雨の日で海もさみしく残念な日でした。
前回より建物が多くなり、うれしかった。
トンネルが多いのが気になりました。
マジックがおもしろかった。」


「今日は、子供会の海水浴以来です。
三陸には岩手ふるさと女性部として何回か
おじゃま致しました。私達女性の立場で
三陸復興のお役にに立てばと、
まずは自分達の目で見る事が大事と、
今日は電車を貸し切り、美味しい弁当を頂きました。
共に生きていることに感謝し、
残された大切な1日1日を、だれかの役に立つ様に、
又主人と二人大事に過ごしたいです。
三陸の皆さんに負けない様に。」


次回の開催をご案内します。

『第23回 三鉄駅弁列車』
<日程>
7月28日(火)
<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時25分盛駅着
<集合>
11時00分に三鉄盛駅
<申込締切>
7/22(水) ※事前の申込みが必要
<参加費>
2500円(駅弁・乗車券代)
<定員>
48名(最低催行20名) 
<内容>  
ウニの炊込みご飯、ホタテ・アワビ・イクラ・カキ・ワカメ・
サンマの竜田揚げが入った少し贅沢な駅弁を召しあがります♪
食べ物・飲み物の持込み自由!新型レトロ列車を使用!
楽しい観光ガイド付き!


<主催・申込先・問合せ先>
三鉄盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

スポンサーサイト
くずまきワイン列車
6月26日の金曜日に『くずまきワイン列車』を運行しました!
主催は三陸鉄道株式会社・盛駅ふれあい待合室です。
協賛は、綾里漁業協同組合・葛巻高原食品加工株式会社・kitchen enになります。

参加料は4500円で、スタッフ6名含む43名が参加されました。
ご利用ありがとうございました!

盛駅を18時30分に出発の貸切の臨時列車!
使用したのは内装が豪華で人気の『新型レトロ調列車』です!


ご用意された「くずまきワイン」は9種類!
『くずまきワイン・赤(辛口・ライト)』
『くずまきワイン・白(やや甘口)』
『くずまきワイン・ロゼ(やや甘口)』
『フォーレ・赤(辛口・ミディアム)』
『ほたる・白(やや甘口)』
『ゆい(やや甘口)』
『星(辛口)』
『ほたるスパークリング・白(やや甘口)』
『夏(辛口)』



「葛巻高原食品加工株式会社」代表の方のご挨拶で乾杯となりました!


とっても美味しいと評判の『くずまきワイン』が飲み放題!
スタッフへお声を掛けてワインのおかわり!


今回のオードブルは「kitchen en」のご協力です。ありがとうございます。
『かじきのバジルオイル漬け・鶏のトマト煮・
スモークサーモンのマリネ・イタリアンオムレツ・
キャベツとソーセージの白ワイン煮・
パプリカのマリネ・ポテトサラダ・枝豆・揚げポテト・
カマンベールチーズ・アサリのごはん(洋風)』



ご用意されているワイン達!どれも美味しそうですね♪


全種類を制覇すると意気込む方、
自分好みをみつけて味わう方など、どなたも笑顔で過され、
明るい雰囲気を楽しまれておりました!


『恋し浜駅』で数分間の停車。


ホームへ降りて、ホタテ絵馬が奉納されている
待合室をご覧になられた方、願い事を書いて奉納された方もおりました。


また、ここで焼き立ての『恋し浜ホタテ』が皆様へ配られました!
地元のホタテ!嬉しいですね♪身が大きくて最高に美味しいホタテです!


飲み放題は堪りません!
次々にスタッフへ注文し、グラスに注がれていきます。
美味しいオードブルを召し上がりながらワインも味わいます♪
酔ってくると会話も弾み、周りの方とも仲良くなって
交流が深まっていきました。


「くずまきワイン」は色合いがキレイで味も最高!



釜石駅には19時35分に到着。19時50分に折返しが出発しました!


復路では「お楽しみ抽選会」を行いました!
座席番号が抽選番号になっています♪
当選くじを引き当てる方を立候補して頂き、
当たった方には「くずまきワイン」の商品が
スタッフより手渡されました。おめでとうございます!


盛駅には20時42分に到着し『くずまきワイン列車』が終了しました。
どなたもご機嫌で満足された様子。よい笑顔で表情が幸せそうでした。

とても和やかで明るく元気な雰囲気で、
非常に楽しい2時間12分の『くずまきワイン飲み放題列車』となりました!
皆様、本当に幸せな表情を浮かべながら、
美味しいワインを召し上がられておりました。
ご参加ありがとうございました!

円空彫りの菩薩像が寄贈されました。
6月27日の土曜日。
この日『岐阜円空彫り同好会』の方が制作された木彫りの菩薩像が
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室へも届きました。

現在は、待合室の中に置いてあります。


きっかけは岩手県奥州市の興性寺の司東和光住職からの依頼によります。
『岐阜円空彫り同好会』の方々が、
東日本大震災直後から被災者の支援に役立てばと
円空彫りの仏像1300体を制作して「興性寺」に届けられました。
そして、興性寺の司東和光住職が、
岩手県沿岸部の仮設住宅へ届ける計画とのことです。
その菩薩像が盛駅にも寄贈されました。ありがとうございます。

優しい微笑みを浮かべてられているように感じられます。
「心のケア」にと制作されており、本当に慰めになりますし、癒されます。


お手紙もありましたので、ご紹介します。

『震災以来今なお御不便な生活を、
止む無くされておられる皆様方の事を、
私達は決して忘れておりません。
この度ご縁があり「聖観音菩薩」を心込めて
彫らせて頂きました。拙い円空彫りですが、
お受取り頂ければ幸い幸いに存じます。
一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
岐阜円空彫り同好会 平成二十六年十月吉日』


そして6月26日(金)、奥州市の演芸みなみ寿座と共に、
「上平仮設」「宮田仮設」にて踊りやマジックショー、
スコップ三味線などが披露されました。
NPO法人夢ネット大船渡が協力して行いましたが、
このとき、菩薩像を被災者に贈られました。

三陸鉄道盛駅ふれあい待合室へお立ち寄りの際は、
その優しい表情をご覧ください。心が癒されます。
寄贈して頂き、ありがとうございました。
第65回 無料法律相談
6月27日の土曜日に『第65回 無料法律相談』を開催しました。
主催はNPO法人ヒューマンライツ・ナウ。
NPO法人夢ネット大船渡が協力して宣伝活動などを行っています。

今回は弁護士と税理士の方2名がいらっしゃいました。


相談枠は5枠あります。いつもは日曜日に開催していますが、
今回は土曜日での開催。時間帯は14時~17時20分で行いました。
相談時間はお一人様40分間です。

会場は「カメリアホールの教養文化室(和室)」を使用しました。
予約件数は3件。これまでの延べ相談件数は312件になりました。

弁護士さんと税理士さんに感想を伺いましたのでご紹介します。

「当職はH23.7~H26.7と釜石市で事務所を開設し、
復興支援活動に携わってきましたが、当時よりは
震災関連の相談が減少しているように感じられました。
また機会がありましたら、参加させていただければと思います。」


「先月に引き続き参加させていただきました税理士です。
今回は、税に関する相談はありませんでしたが、
今後も参加していきたいと思っていますので、
ご相談にお越しいただければと思います。」


東日本大震災が発生してから、
4年4ヶ月が過ぎようとしています。

災害公営住宅が少しずつ完成しはじめ、
仮設住宅から転居される方が目立つようになりました。

震災後は相続や土地の問題が多かったですが、
住宅再建や税金など今後、増えていく課題のように感じています。

前進するため、壁にぶつかる問題があります。
身近なことでも些細なことでも構いませんので、
お気軽にご相談いただければと思います。

無料で弁護士さんとお話しすることができます。
「無料法律相談」の機会を何回でもご利用して頂ければと思います。
専門家へご相談することで気持ちが楽になりますし、
どのように対応すればよいか教えてくださいますよ。

弁護士さんと税理士さん、相談者の皆様、
ご利用ありがとうございました。

来月の開催をご案内します。

『無料法律相談』
第66回 7月12日(日)10時~13時20分
第67回 7月26日(日)10時~13時20分

相談時間はお一人様40分間。事前の予約が必要になります。
仮設住宅への出張相談も受け付けておりますので、
その旨をお知らせください。
※26日(日)は税務相談も受付けます。

ご予約は、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室へご連絡ください。
電話番号:0192-47-3542
第3回 盛駅前賑わい市
6月27日の土曜日。
この日は『第3回 盛駅前賑わい市』を開催しました。
時間帯は10時~12時30分。

このイベントは賑わいを創出し、盛駅前や周辺を元気にすること、
そして地場産品の販売などで買い物客を増やし、
周囲のお店にも賑わいを波及させて、街の活性化につなげる目的で、
毎月第2・第4土曜日に開催しています。

今回は雨が降りましたので、
JAおおふなと女性部「はこべの会」
お野菜販売は、JR盛駅舎の中で行いました。


<地元の旬の野菜販売>


地元のお野菜販売はいつでも大人気で、
ご利用になるお客様が多かったです!
旬のお野菜はとっても美味しいですからね♪


<お餅プレゼント>
今回特別に「先着100名様にお餅プレゼント」を行いました!
紅白の美味しいお餅です!会場にお越しの地元や
観光で来られたお客様にお配りしました♪


<復興手芸品の販売>
待合室の中では、復興手芸品の販売を行っています!
被災地で頑張っているお母様方が製作されている
可愛い装飾品と実用品がたくさん揃っています。
遠方からのお客様が購入されていましたね♪


<ご当地スウィーツシリーズ>
今回のふれあい待合室では「ご当地スウィーツシリーズ」第二弾として、
岡山のこだわりマーケットから「ミニチーズケーキ」
限定40個で販売しました!1個200円。


しっとりふわふわで美味しいチーズケーキです♪
お陰様で時間内に完売しました!ご利用ありがとうございました!


<子供服の交換所>
ふれあい待合室では普段から「子供服の交換所」を設けまして、
リサイクルを行っています。サイズが合わなくなった
お子さんの服がありましたら、こちらで引き取らさせて頂きます。
また、子育て中のお子さんがおりましたら、
サイズの合う似合う子供服などご自由にお持ち帰りください。


三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRTの玄関口でもある盛駅前。
旅行会社のツアーで来られている方、旅行で観光を楽しまれている方、
地元の利用者も多く、この『盛駅前賑わい市』
賑わいをもっともっと創出し、街を活性化し元気にしていきたいですね!
毎月第2・第4土曜日に開催いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

次回は、7月11日(土)に開催いたします。

☆大道芸?の出演者募集中☆
色々趣味の方、発表の場を準備しています。
盛駅前広場に『恋し浜バラ』
6月22日の月曜日。
この日、三鉄盛駅に『恋し浜バラ』が市役所の方から届きました。


<『恋し浜バラ』とは…>
大船渡市盛町出身で千葉県印西市にお住まいの鈴木満男氏と
ご友人で神奈川県鎌倉市にお住いの大月啓仲氏のご好意により、
新種のバラに『恋し浜』と命名して頂き、
大船渡市に寄贈いただいたものです。
「国際ばら新品種コンクール」で銅賞を受賞。
現在、大船渡市では、財団法人日本バラ会に
「恋し浜」の品種名の国内及び国際登録申請を行っています。

『恋し浜バラ』は、三陸鉄道開業25周年の際に三陸鉄道へ寄贈されました。
そのバラは大船渡市東高等学校と大船渡市役所へ送られ現在、育てられています。

今回は、大船渡市役所の方が育てられていた『恋し浜バラ』を、
三陸鉄道を通して「三鉄盛駅ふれあい待合室」へ持ってきて頂きました。
ありがとうございました。

『恋し浜バラ』は、駅前広場へ設置てあります。


しばらくはこのままの状態にしますが、
バラを植樹する秋ごろ、植え替えする予定です。


『恋し浜バラ』の花はこのように華麗に咲きます!
今回届いたバラの花が咲く姿、楽しみです。


第25回 三鉄 駅からウォーク
6月20日の土曜日。
この日は『第25回 三鉄 駅からウォーク』を開催。参加人数は16名。
参加費は1150円で往復乗車券代と保険代になります。
今回は【釜石駅】より駅周辺や被災地を散策しました。

9時13分盛駅発の三陸鉄道へ乗車!
お喋りしながら約50分間、釜石駅までのんびり過ごされました。


10時5分に釜石駅へ到着!
トイレ休憩後、駅前広場で準備体操を行い、
最初の見どころ『薬師公園』を目指しました!


道の途中『かっし川』にて鹿が2頭、
川辺にいました。可愛かったですね~!


釜石市内の街中に『薬師公園』があります。
ここは津波避難場所に指定されている高台。階段を登ります!


参加者全員『平和観音堂』『観音寺』で参拝し、更に階段を登ります!


公園には「平和像」や弾薬の形をした「忠魂碑」があります。


忠魂碑とは、日清・日露戦争後に戦死者を弔う為、
各地に建てられているそうです。
砲弾など武器・兵器をかたちどったものが多く、
鉄のまち釜石の忠魂碑も砲弾をかたちどり「鉄」で作られました。


<戦争による釜石の歴史>
釜石は東北で唯一の製鉄所をもつ工業都市。
太平洋戦争において、大規模空襲にみまわれることが予測されていました。
昭和20年(1945年)7月14日、釜石は本州発の艦砲射撃を受け、
砲撃は12時10分から14時19分まで続き、
2565発もの砲弾が撃ち込まれました。
第1回目は製鉄所を中心に艦砲射撃を受け、大きな被害がでました。
防空壕に避難した市民の中には砲弾の破片や爆風で死傷する者もいて、
艦砲射撃により火災が発生し、街は焼野原となりました。
8月9日、長崎に原子爆弾が投下された同日、釜石も2度目の艦砲射撃を
受けました。この日の砲弾は12時47分から14時45分まで続き、
2781発の砲弾が撃ち込まれました。

「平和像」は釜石永遠の平和を祈念するため、
昭和27年(1952年)から計画され、
沢田元釜石市長が市の予算に計上し、
平和像を薬師山上に平成21年3月に建立されました。

その『平和女神像』の前で記念写真を撮影!


次に向かった先は『石応禅寺』です。
ここは津波が到達した場所になります。


山門の近くには慰霊碑があります。
本堂を参拝し、少し休憩を取りました。


移動を開始。東日本大震災の津波浸水深の位置を示す
パネルを発見することができました。


震災時、実際に避難された場所を歩きました。
そこは高台であり、海の見える「避難路」です。


広場で休憩しオヤツタイム!
持ちよったオヤツを交換しながら仲良く過ごされました。


この後、『イオンタウン釜石』へ向かいました。
津波で流された「のんべい横丁」跡地を沿って歩き
12時30分頃に到着。ここで1時間の昼食時間を取りました。
食事後はお買い物される方も…!


昼食時間を終え、徒歩10分の釜石駅前広場に到着。

ここには『大島高任の像』『ものづくりの灯を永遠に』があります。


大島高任が、良質な鉄鉱石や環境を活かし、
近代製鉄法による鉄づくりに成功した地が釜石!
その釜石製鐵所「高炉の火」から授かった灯がここにあります。

『釜石復興の鐘』は、
参加者が次々にゴーン!ゴーン!と力強く鳴らされました!


『三陸鉄道釜石駅』にも東日本大震災の
津波浸水深の位置を示すパネルがあります。
また、釜石といえばラグビーですね!
W杯開催で盛りあがっていますよ♪


14時06分釜石出発の三陸鉄道へ乗車し
15時02分に盛駅へ到着。


これにてイベントは終了となりました。
ご参加ありがとうございました!

感想を伺いましたのでご紹介します。

「最高のウォーキング日和です。
平和観音様を初めてみて、楽しかったです。」

「津波後、初めて釜石に来たので、よかったです。
歩く距離もちょうどよかった。」

「いろいろ見て歩けて眺めながらお喋りしながら楽しかった。」
「知らないところを見て歩き、新しい発見や
色々な人と知り合えて良かった。距離もちょうど良かった。」


次回の開催をご案内いたします。

『第26回 三鉄 駅からウォーク』
<日程>
7月11日(土)
<時間>
9時13分盛駅発~綾里駅~11時55分盛駅着
<集合>
8時30分に三鉄盛駅
<申込締切>
7/8(水) ※事前の申込みが必要
<参加費>
450円(往復乗車券・保険料)
<持物>
飲み物
<内容>

【綾里駅】大船渡市指定文化財の不動滝を散策!

<主催・申込先・問合せ先>
三鉄盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

三鉄に乗って行く陶芸教室(第一期仕上げ)
6月15日の月曜日。
この日『三鉄に乗って行く陶芸教室』を開催しました。
6月開催は、4月、5月に製作された作品の仕上げ作業として
施釉(色付け)を行いました。

作業に参加されたのは8名と先生3名の計11名。

9時13分盛駅出発の三陸鉄道へ乗車し、甫嶺駅を目指します。


甫嶺駅には9時35分に到着。
駅から徒歩5分の越喜来小学校の校庭の片隅にある
「さんりく陶芸工房」が作業場です。

今回の作業は、素焼きを終えた作品に色を付ける作業がメイン。
その後、再び窯に入れて焼き、6月29日(月)に完成する予定となります。

最初、施釉前に作品の傷などを点検し、
ヤスリがけなど手入れやホコリを落とし、
紫色の撥水剤を施釉しない底部などに塗りました。


それからメインの施釉に入ります!
大きなバケツに釉薬が入っていて、
これに漬けて焼くと陶器に色が付きます。


釉薬は、いろんな色をご用意!
1、2、3、と三つ数える程度がまんべんなく漬けることができます。
付着する釉薬の厚さは0.3~1.0mmくらいがベスト!

透明色な釉薬もあります。
使い方は、作品に2色以上など違う色を付けたい時に使用します。
最初に筆などで色を付け、それから透明な釉薬に漬けます。
可愛らしいイチゴの箸置きですね♪


今回は「三鉄サイダー」の空き瓶も
窯で焼く際に色を付けることができるのだとか…。
数本、持っていきました!


三鉄サイダーの空き瓶は、魅力的な美しい青い色♪


全ての作品の施釉を終え、再び窯に戻しました。


6月29日の月曜日に焼き上がった作品がついに完成します!
いよいよ完成を待つのみ!楽しみですね♪

次回開催の『三鉄に乗って行く陶芸教室』は、
日程が決まり次第、ご案内たします!
花の苗植え作業を終えました!
6月18日の木曜日。この日は『花の苗植え作業』を行いました。
参加は5名で、作業時間帯は10時から12時まで。

思えば5月7日に種を植え、お水をあげてお世話してきました。

「サルビア」「百日草」「マリーゴールド」
「ヘリクリサム」
など、こんなに成長しましたよ!


「コスモス」はこのまま育てますが、ここまで成長しました!

植えていた種は「住友化学園芸」様の復興支援企画
『花と緑の復興支援プロジェクト2015~育てよう東日本!
被災地に花と緑を!』
に応募して当選し、
三鉄盛駅ふれあい待合室に届いたものです。


段取りを説明し作業を分担して、いざ作業開始!
枯れた花を取り除き、新しい培養土を加えて苗を植えました。











ホームに並んでいた枯れたお花を全て入れ替え、
今回植えた苗のプランターと交換しました。

1番線・2番線のホーム沿いに並んだプランター。


これから育つお花の成長具合を楽しむ機会が増えました!


お花は心を和ませ、癒しを与える存在です。
明るく元気な日々を過ごす為にも、
三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRT
ご利用される地元や観光客の方々、
盛駅へお越しの際は、どうぞお気軽にご覧ください♪
第2回 盛駅前賑わい市
6月13日の土曜日。この日は『第2回 盛駅前賑わい市』を開催しました。
時間帯は10時~12時30分。盛駅前の賑わいを作り、
街の活性化につなげるのが目的です。

JAおおふなと女性部「はこべの会」のご協力により、
地元の旬の野菜販売を行いました!大人気で盛況でした!


<地元の旬の野菜販売>


様々なお野菜が並び、
次々に美味しいお野菜を購入されておりましたね♪


今回は待合室内で販売している
復興手芸品をお買い求めになられた方には、
ゼラニウムの花苗をプレゼントしました!


<復興手芸品の販売>

暑い時期になりますのでお茶の無料サービスもご用意!
生地の無料提供も行い、人気でした!

<お茶の無料サービス>


<生地の無料提供>


三鉄盛駅ふれあい待合室ではこの日限定で
「うに饅頭 1個160円」「幸ふくだんご1個 180円」
販売!早い者勝ち!こちらも話題になり盛況でしたね♪


三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRTの玄関口でもある盛駅前。
大勢の方が行き来する場所です。
ご家族連れやいつも三鉄をご利用になられている方、若い方から年配の方まで幅広くお立ち寄りになり、
『盛駅前賑わい市』を楽しまれておられました!

今回も大盛況!
少しずつ賑わいを作り、盛駅前を元気にしていきたいです!
毎月第2・第4土曜日に開催いたしますので、
皆様どうぞ、よろしくお願い申し上げます。