三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



【告知】6月のイベント案内
☆☆☆6月のイベント案内☆☆☆



『盛駅前賑わい市』
<日付>
6月13日(土)・27日(土)

※13日のみ!
手芸品購入者先着50名様に
花の苗(ゼラニウム)をプレゼント!

<時間>
10時~12時30分

<内容>
☆毎月第2、第4土曜日 10時~12時30分に開催☆
・旬の野菜販売(JAおおふなと女性部「はこべの会」)
・待合室内にて復興手芸品の販売
・子供服の交換所(無料)
・生地の無料提供
<ご案内>
NPO法人夢ネット大船渡は、震災直後の
平成23年10月から、三鉄盛駅舎の利活用による
「まちの賑わい創生」に努力して来ました。
昨年度から三鉄盛駅前にテントを張って、
お茶の無料サービスや手芸品の販売等を行ってきましたが、
今年度から地場の農林水産品の販売も行い、観光客を始め、
地元の方々にも喜ばれ、盛駅前の賑わいにも
お役に立つようなイベントを行うことにしました。



『第25回 三鉄 駅からウォーク~史跡・被災地めぐり~』
<日付>
6月20日(土)

<時間>
9時13分盛駅発~釜石駅~15時02分盛駅着

<集合>
8時30分に三鉄盛駅  
<持物>
昼食・飲物
<申込締切>
6/17(水) ※事前の申込みが必要
<参加費>
1150円(往復乗車券・保険料)

<内容>
【釜石駅】釜石市内・駅周辺の被災地・史跡めぐり!
ホテル・フォルクローロ三陸釜石の
“展望露天風呂”にも入浴しますよ♪
(別料金:入浴料500円(税込))




『ワイン&ビール列車』
※要申込
あなたはどっち?飲み放題+お食事のご提供!
<日時>
●第1回 平成27年6月26日(金)
18:30~20:42  盛駅発着

☆☆くずまきワイン列車☆☆
●第2回 平成27年6月27日(土)
18:30~20:42  盛駅発着

☆☆ベアレンビール列車☆☆
<当日受付>
17:50~18:20
三陸鉄道 盛駅 ふれあい待合室
<参加対象>
20歳以上の方(※未成年の方はご参加できません)
<募集人数>
各回ともに40名(受付先着順)
<参加料>
4500円
☆参加料は当日受付場所にて頂戴いたします
<お申し込み先>
☆事前にご予約・お申し込みください!
(受付時間 9:00~17:00)
三陸鉄道 盛駅 ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542
お申し込みの際は、次のことをお伝えください。
①お名前(複数の場合は代表者名)
②連絡先電話番号
③ご希望の乗車日
④参加人数

◆主催◆
三陸鉄道株式会社 / 盛駅ふれあい待合室

◆協賛◆
綾里漁業協同組合
葛巻高原食品加工株式会社
株式会社ベアレン醸造所
Yuki Grandpa
kitchen en




『第65回 無料法律相談』
※要予約
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
協力:NPO法人夢ネット大船渡
<日付>
6月27日(土)

<時間>
14時00分~17時20分(お一人様約40分間の相談時間)

<内容>
日常のささいな困り事など、何でもお気軽にご相談ください。
仮設住宅等へも出張相談します。その旨をお知らせください。




『第22回 三鉄駅弁列車』
<日付>
6月28日(日)

<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時25分盛駅着

<集合>
11時に三鉄盛駅<参加費>
2500円(駅弁・乗車券代)
<定員>
48名(最低遂行20名)
<申込締切>
6/22(月) ※事前の申込みが必要

<内容>
ウニの炊込みご飯、ホタテ・アワビ・イクラ・カキ・
ワカメ・サンマの竜田揚げが入った少し贅沢な駅弁を
召しあがります♪新型レトロ列車を使用!
楽しい観光ガイド付き!食べ物・飲物の持込み自由!




<主催・申込先・問合せ先>
三鉄盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

スポンサーサイト
第16回 三鉄歌声列車
5月23日の土曜日。
この日は『第16回 三鉄歌声列車』を開催しました。
参加費は1500円で、お弁当・乗車券代になります。
参加された人数はスタッフ2名を含め13名。
ご参加ありがとうございました!


新型レトロ調列車を貸し切って行う『歌声列車』
車内にはカラオケ機器が設置してあります!
11時25分に盛駅を出発して釜石駅を折返し、
13時25分には盛駅へと到着するイベント列車!
車内で歌声を響かせ、カラオケを楽しむ内容となっております!

乗車後、お弁当とお茶をお配りしました。
お弁当はとても好評の『味菜』の幕ノ内弁当!


参加された方々は、カラオケが大好きな方ばかり!
聴くも楽しい、歌うも楽しい♪
美味しいお弁当を召しあがりながら明るく元気な歌声を響かせて、
約2時間の旅を満喫されました!

動く列車の中は「盛-釜石」まで、
三陸海岸の景色を堪能することもできます。


得意な歌、十八番の歌、初挑戦の歌、気分で歌いたくなった歌など、
艶のある声で気持ち良く歌われておりました♪


毎回楽しみにされている方が多いです!
列車の中で歌うとなると、普段のカラオケでは味わえない
楽しみがあります!それが心地よいのでしょうね♪


<恋し浜駅停車時の様子>


この日は、演歌からポップス、ロックなど幅広く歌われておりました!
参加人数の都合により3、4曲も歌うことができてどなたも大満足!

笑顔の絶えない、賑やかな列車内でたくさん歌われ、
手拍子や拍手の響く和気あいあいとした雰囲気で行われました♪
13時25分、盛駅へ到着して歌声列車は終了。
ご参加ありがとうございました!

次回の開催をご案内いたします。

『第17回 三鉄歌声列車』
<日付>
7月24日(金)
<集合>
11時00分に三鉄盛駅
<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時25分盛駅着
<申込締切>
7/21(火)※事前の申込みが必要
<参加費>
1500円(弁当・乗車券代)
<定員>
48名
<内容>
新型レトロ列車を使用!食べ物・飲物の持込み自由!
お気軽にどうぞ♪明るく賑やかな列車内で
気持ちよくカラオケを楽しみましょう!


<主催・申込先・問合せ先>
三鉄盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

新商品の三鉄Tシャツ!
三鉄盛駅ふれあい待合室の新商品をご紹介します!

三鉄盛駅オリジナル商品『三鉄Tシャツ』2500円
<正面>


昨年発売した三陸鉄道開業30周年を記念した
盛駅ふれあい待合室オリジナルのTシャツとデザインが似ていますが、
左袖にある可愛らしい「さんてつくん」
お腹の「三鉄車両2両編成」はそのままに、

2015年になったということで
「左胸のワンポイント」「背中」のデザインを少し変えて登場しました!

<背面>


<左胸と左袖のワンポイント>


<背中のデザイン>


<お腹のデザイン>


このTシャツは、ここでしか手に入りません!
サイズは「S」「M」「L」「LL」の4種類!
限定300枚!

白地に青と赤の色彩は、三鉄カラーです!
【白】は誠実
【赤】は情熱
【青】は海

『三鉄Tシャツ』、「通信販売」でも取り扱っております。
----------
〒022-0003
岩手県大船渡市盛町字東町裏16番地
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室
TEL/FAX: 0192-47-3542


E-mail: santetsufureai@snow.plala.or.jp
----------


ご希望の方は「現金書留」にてご郵送をお願いいたします。
商品の発送は「着払い」にて発送しますので、ご了承ください。

この夏、三鉄Tシャツを着て暑い季節を満喫してみませんか?
盛駅前賑わい市開催!
5月23日の土曜日。この日、『盛駅前賑わい市』を開催しました。
NPO法人夢ネット大船渡は、震災直後の平成23年10月から、
三鉄盛駅舎の利活用による「街の賑わい創生」に努力して来ました。
昨年度から三鉄盛駅前にテントを張って、
お茶の無料サービスや手芸品の販売等を行ってきましたが、
地場の農林水産品の販売も行い、観光客を始め、
地元の方々にも喜ばれ、盛駅前の賑わいにも
お役に立つようなイベントを行うことにしました。
毎月第2、第4土曜日の10時から12時30分に開催します。

時間になると岩城理事長の挨拶が行われ、先着100名様にお餅が手渡されました。


JAおおふなと女性部「はこべの会」のご協力により、
旬の野菜の販売を行いました。そして生地の無料提供、
子供服の交換(無料)、待合室の中で手芸品の販売も行いました。
お茶の無料サービスや、大道芸の披露もありました!

<旬の野菜販売>


<生地の無料提供>


<子供服の交換>
ふれあい待合室では普段から「子供服の交換所」を設けまして、
リサイクルを行っています。サイズが合わなくなった
お子さんの服がありましたら、こちらで引き取らせて頂きます。
また、子育て中のお子さんがおりましたら、
サイズの合う似合う子供服などご自由にお持ち帰りください。


<お茶の無料サービス>


<手芸品の販売>
カタログでの取り扱いになっていた手芸品の販売ですが、
『盛駅前賑わい市』の際は、待合室の中でも販売いたします。


<大道芸?マジック披露>
①10:30~②11:00~③11:30~


大人気の野菜販売!
人が集まり、旬でお得な野菜をたくさん購入されておりました。
地場産品の販売などで買い物客を増やし、周囲のお店にも賑わいを
波及させる目的もあります。
また、生地や子供服の無料提供も盛況で、
お持ち帰りになられていましたね♪


初めて開催しましたが、大勢のお客様がお越しくださり、
とても大盛況となりました!ご利用ありがとうございました!

三陸鉄道南リアス線JR大船渡線BRTの玄関口でもある
盛駅前の賑わいを作り、街の活性化につながるよう努力して参ります。


今後とも毎月第2・第4土曜日に開催する予定です。
皆様どうぞ、よろしくお願いいたします。
第24回 三鉄 駅からウォーク
5月16日の土曜日。『第24回 三鉄 駅からウォーク』を開催しました。
参加費は750円で往復乗車券代・保険代になります。
今回は【吉浜駅】から古民家の小松邸と
大船渡市の震災遺構である津波記念石までのウォーキング。
参加人数は8名でした。ご参加ありがとうございます。

11時に盛駅出発の三陸鉄道に乗車。
吉浜駅には11時32分に到着し、最初の目的地へと歩き出しました。

「古民家・小松邸」へ到着!
ご夫妻が出迎えてくださいました。ありがとうございました。
ここには見事な「くまがい草」が生息しています。
最盛期は過ぎて終わったと言いながらその群生は見応え充分!


感動するほど、たくさん花を咲かせていました!


「くまがい草」とは、ラン科アツモリソウ属に分類される
多年草の1種。大きな花をつけ、扇型の特徴的な葉をつけます。
名前は、膨らんだ形の唇弁を昔の武士が背中に背負った
母衣に見立て、がっしりした方を熊谷直実に、
優しげな姿の方を平敦盛にあてたものだそうです。
花色がそれぞれ白、赤っぽいため源氏の白旗、
平氏の赤旗に見立てたための命名ともいわれています。


吉浜駅舎で昼食をとる予定でしたが、
家主に勧められ、古民家の庭で昼食をいただくことになりました。
天気もよく景色を眺めつつ会話も弾み、
談笑しながら持参のおにぎりなど召し上がりました♪


小松さんへお礼のご挨拶して12時半頃、
見応えのある大きくて立派な古民家を後にしました♪
ご協力ありがとうございました!


道の途中、キングサリの花が見事に咲いていました!
藤の花に似ていますね!


次は大船渡市の震災遺構「津波記念石」へと向かいました。

昭和8年3月3日に発生した【昭和三陸大津波】の際、
200m先の海岸から打ち上げられた約30トンの石。
津波の恐ろしさを伝えるため、石に文字を刻まれました。
文字は「昭和八年三月三日ノ津波デ…重量八千貫」と書かれてあります。
その後、耕地整地の道路工事などで埋められてしまい、
今回の東日本大震災の発生により、津波で地表に顔を出したものです。



津波記念石の前で記念写真を撮影しました!


その後に出発し、被災地の嵩上げ工事や
防潮堤の建設現場の横を通って吉浜駅へと歩きました。


また、吉浜駅と津波記念石の中間地点にある
「津波記憶石 奇跡の集落」もご覧になり、ここで休憩をとりました。


その隣には「東日本大震災津波記念碑」があります。
吉浜中学校生の生徒たちが「わたしたちにできること」について案を出し、
その一つとして、記念碑を建立することになりました。
テーマは「1000年後に伝えよう、大震災のこと、吉浜のこと」。


小さな碑には支援者の一覧を、大きな碑には、
生徒らが「きせきのしゅうらく」の文字それぞれを頭文字にして
未来の住民へのメッセージを刻まれた記念碑になります。


まだまだ復旧工事中の被災地です。


可愛らしい吉浜駅舎♪顔に見えます!


14時15分、吉浜駅出発の三陸鉄道へ乗車!


盛駅へ15時02分に到着し、イベントは終了となりました。
ご参加ありがとうございました!

次回の開催をご案内いたします。

『第25回 三鉄 駅からウォーク~史跡・被災地めぐり~』
<日付>
6月20日(土)
<時間>
9時13分盛駅発~釜石駅~15時02分盛駅着
<集合>
8時30分に三鉄盛駅  
<持物>
昼食・飲物
<申込締切>
6/17(水) ※事前の申込みが必要
<参加費>
1150円(往復乗車券・保険料)
<内容>

【釜石駅】釜石市内・駅周辺の被災地・史跡めぐり!

<主催・申込先・問合せ先>
三鉄盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

【告知】ワイン&ビール列車

あなたはどっち?

飲み放題+お食事のご提供

【開催日時】
第1回 平成27年6月26日(金)
18:30~20:42  盛駅発着

くずまきワイン列車

第2回 平成27年6月27日(土)
18:30~20:42  盛駅発着

ベアレンビール列車

【当日受付】
17:50~18:20
三陸鉄道 盛駅 ふれあい待合室


【参加対象】
20歳以上の方(※未成年の方はご参加できません)

【募集人数】
各回ともに40名(受付先着順)

【参加料】
4500円
☆参加料は当日受付場所にて頂戴いたします


【お申し込み先】
☆事前にご予約・お申し込みください!
(受付時間 9:00~17:00)
三陸鉄道 盛駅 ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542


お申し込みの際は、次のことをお伝えください。
①お名前(複数の場合は代表者名)
②連絡先電話番号
③ご希望の乗車日
④参加人数


◆主催◆
三陸鉄道株式会社 / 盛駅ふれあい待合室

◆協賛◆
綾里漁業協同組合
葛巻高原食品加工株式会社
株式会社ベアレン醸造所
YukiGrandpa
kitchen en

第2回 三鉄に乗って行く陶芸教室
5月15日の金曜日。
この日は『第2回 三鉄に乗って行く陶芸教室』を開催しました。
4月に引き続き2回目。参加人数は9名と講師3名の計12名で行いました。
参加費は材料費・昼食・交通費込みで3000円になります。
持ち物はエプロンと上履きです。

盛駅を9時13分に出発!乗車した列車は『新型レトロ調列車』でした!
豪華な内装は、雰囲気が良くて気持ちがワクワクします♪

<恋し浜駅で数分間停車のレトロ列車>


甫嶺駅には9時35分に到着しました。


窯のある越喜来小学校を目指して歩きます。


約5分後、作業場である「さんりく陶芸工房」へ着きました。


陶芸を愛する「三陸町陶友会」の方々が、
ボランティアで講師をしてくださいました。
ご協力・ご指導、本当にありがとうございました!
陶芸の技法や技術を教えてくださった後、
参加者へ材料の粘土が配られました。


10時過ぎに、世界にひとつだけの陶器の製作がスタート!
講師の方々のアドバイスや助けをお借りしながら、
次々に作品を作り上げていきました!


作りたいお皿や湯呑み、花瓶などなど、
皆様それぞれの思い思いのデザインや形を作っていきます!
どなたも楽しそうに取り組まれていて、心が躍ります!


<形作りを終えて乾燥している作品の一部を紹介>


先生の手直しを受けながら、徐々に出来上がっていきます!


集中して作業され11時30分には皆、材料の粘土を全て使い切り、
不慣れながらも満足できる作品が出来たように感じました。

その後、お弁当恋し浜マドレーヌを皆様にお配りし、
昼食にしました。会話が弾み、笑い声の響く楽しい時間となりました!
自己紹介や盛駅のイベント案内、三陸町陶友会についてなど、
いろんな情報を得ながら、とっても有意義な時を過ごされました!


【三陸町陶友会について】
三陸鉄道を利用して頂く為の施設として、県の地域活性化調整費と
町予算により、「窯」と「さんりく陶芸工房」が
平成10年(1998年)に建てられました。
毎週月曜日、陶芸製作が行われています。

工房の中を見渡すと、このような物が…!






作業場の掃除を行い、14時が過ぎたところで
「さんりく陶芸工房」を後にし、甫嶺駅へと向かいました。


甫嶺駅の自販機は喋ります!岩手県の方言を聞く事ができますよ!


キレイな花壇もあります!お花を見ると心が和みます♪


ホームの観光案内板には「陶芸窯」もご案内されています。
徒歩3分、越喜来小学校の校庭にありますよ。


ホームから正面に見える崖に、赤い印があります。
東日本大震災の際、あの高さまで津波が到達した印になります。


14時38分甫嶺駅出発の三陸鉄道へ乗車し、
盛駅には15時2分に到着しました。


陶芸を体験してみたかった方や、
前回参加されてまた挑戦したいと再び参加された方など、
興味を持たれた方ばかり!想像力を働かせて手先を動かし、
とても刺激のある心の底から楽しめた充実の陶芸教室となりました!
ご参加ありがとうござました!

6月は素焼きや色付けを行い、6月29日に窯出しとなる予定です。
4月と5月に製作された方々のみの参加となりますので、
ご了承ください。次回は10月に陶芸教室を開催する予定。
栃木県の神明宮の切り絵!
5月19日の火曜日。この日、栃木県に住む岡澤さんが
三鉄盛駅ふれあい待合室へ寄贈されました。
ありがとうございました。

それは、ご自身が製作された作品の切り絵です。


この作品は、栃木の名前の由来となった神社だそうです。
説がいくつかあり、そのひとつに
『栃木町(現在の栃木市)内に神明宮という神社があり、
社殿の屋根にある2組の千木(ちぎ)と8本の鰹木(かつおぎ)が、
遠くから見ると10本に見えたことから、
神社の辺りを「十千木(とおちぎ)」と
呼ぶようになったという説。』
があるそうです。

その『神明宮』の切り絵に刻まれた
“頑張れ三陸 祈願”の文字が嬉しいですね!
白と黒のシンプルな中に、繊細な部分と大胆な部分があり、
切り絵の奥深さを感じましたし、素晴らしい作品!

ご出身は岩手県大船渡市。盛駅のあるこの場所になります。
現在は栃木県に住まれており、被災地のことを気に掛け、
生まれ育った大船渡市へ来られました。

また、次回作のことを話され、
再び盛駅に作品を飾ってほしいという思いも話されました。
その作品が完成し、盛駅へ飾る日を楽しみにしております。
ご来駅、ご寄贈、本当にありがとうございました!

さっそく待合室へ飾りましたので、お越しの際はご覧ください。




『盛駅前賑わい市』開催のお知らせ

※フリーマーケット出店者募集について、
都合により中止となりました。ご了承ください。



5月23日(土)から『盛駅前賑わい市』を開催します!
時間帯は、10時~12時30分まで。
JAおおふなと女性部「はこべの会」さんのご協力により、
旬の美味しい野菜、シイタケなど販売します!


<ご案内>
震災直後の平成23年10月から、
三鉄盛駅舎の利活用による
「まちの賑わい創生」に努力して来ました。
昨年度から三鉄盛駅前にテントを張って、
お茶サービスや手芸品の販売を行いましたが、
今年度から地場の農林水産品の販売も行い、
観光客を始め、地元の方々にも喜ばれ、
盛駅前の賑わいにもお役に立つような
イベントを行うことにしました。


開催日は毎月第2土曜日と第4土曜日、
午前10時00分から午後0時30分まで。
多くの皆様のお出でを心からご案内いたします。


平成27年5月
主催 NPO法人夢ネット大船渡
運営 三鉄盛駅ふれあい待合室



5月23日(土)は、先着50名様にお餅をプレゼント!
支援の布きれ(無料)、子ども服の交換(無料)


次回6月は、13日と27日。
盛駅前の賑わいと大船渡市の復興へ、少しでもお役に立つような
イベントを行って参ります。
芽を出しました!
5月17日の日曜日。この日の朝、
先日(5月7日)に植えた花の種を観察したところ、
「百日草」「マリーゴールド」「ヘリクリサム」
「コスモス」
の芽が出てきていました!


<コスモス>


<百日草>


<マリーゴールド>


<ヘリクリサム>


「サルビア」だけはまだ芽が出ていませんでした。


植物の成長は心の癒しになります♪
頑張って芽を出し、キレイなお花を咲かせようと日々生きています。

元気に育ってほしいですね!

三陸鉄道盛駅ふれあい待合室は、キレイなお花が咲き、
ご利用のお客様の目を楽しませ、癒しになればと
盛駅ホーム・駅舎周辺の環境美化に取り組んでおります。