三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第60回 無料法律相談
11月30日の日曜日。この日は『第60回 無料法律相談』を開催しました。
主催はヒューマンライツ・ナウ。協力は夢ネット大船渡が行っています。

今回は東京都にある弁護士事務所から弁護士の方、
そして税理士の方、事務局の方の計3名がいらっしゃいました。


今回から相談枠が5枠に広がりました。
それに合わせて時間帯が拡大し、10時~13時20分になりました。

会場は、三陸鉄道南リアス線運行部の会議室をお借りしました。
相談時間はお一人様40分間。5枠のうち4枠ほど予約が埋まっていましたが、
1名がキャンセルになり、1名は来られなくて連絡がつきませんでしたので、
相談件数は2件になりました。これまでの延べ相談件数は297件。

弁護士さんと税理士さんから感想を伺いましたのでご紹介します。

「一年振りに参加させていただきました。
車で来る際に街並みを見ると、新しく建設中の建物、
設備が多いのが目に付きました。
復旧・復興の息吹も見ることができて、
大変嬉しく感じています。
夢ネット様の地道かつ丁寧な仕事振りに
毎回来る度に感服いたしております。
今後ともよろしくお願いいたします。」


「盛駅で法律相談を受けられると聞いていらした方がいました。
地元の方に、存在が定着してきたようですので、
ぜひこれからも継続して活動を続けていきたいと思います。」


東日本大震災が発生してから3年8カ月が経過。
震災による相続や土地の問題、家族関係など、
今だからこそ発生する課題があると感じています。
どんなささいなことでも構いませんので、
お気軽にこの機会をご利用して頂きたいと思っております。

お悩みを抱えたままの方、震災に関わらず
身近なことで相談したいことがありましたら、
弁護士さんが無料で対応いたしますので、
何でもご相談いただければと思います。

法律の専門家へお話しすることで気持ちが楽になりますよ。

お越しくださいました弁護士さんと税理士さん、
相談者の方々、ご利用ありがとうございました。

それでは、次回以降の開催をご案内いたします。

『第61回 無料法律相談』12月21日(日)10時~13時20分
『第62回 無料法律相談』2月1日(日)10時~13時20分
相談時間はお一人様40分間。事前の予約が必要になります。
税理士の方もいらっしゃいますので、税務相談も受け付けております。
仮設住宅への出張相談もいたしますので、その旨をお知らせください。


ご予約は、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室へご連絡ください。
電話番号:0192-47-3542

スポンサーサイト
第15回 三鉄駅弁列車
11月25日の火曜日。この日は『第15回 三鉄駅弁列車』を開催。
参加費2200円で、駅弁と乗車券代になります。
内装が豪華で高級感を感じる『新型レトロ調車両』を使用した
貸切列車で運行しています。

盛駅を11時30分に出発。岩城理事長のご挨拶に続き、
被災地・観光地ガイドが始まりました。

駅弁は、碁石給食さんのご協力で提供しております。
「いわて恵みづくし弁当」を盛駅の駅弁として取り扱い、
ウニの炊込みご飯、ホタテ・アワビ・イクラ・カキ・
ワカメ・ サンマハンバーグなど、

海産物が豊富に入った駅弁となっています!


美味しいお弁当を召しあがりながら、
盛から釜石まで約2時間の小旅行が味わえますよ♪

岩城理事長の「被災地・観光地ガイド」は、
東日本大震災や過去の津波被害の状況など、
沿線の場所ごとに合わせて、被災地・観光地の様子を説明されています。

被災地ということで、三陸鉄道南リアス線の車窓から、
復旧工事の様子をご覧になることができます。

参加者は、北上市の江釣子自治振興協議会29名が、
研修での三陸鉄道株式会社の支援を含めての乗車されました。
奥州市江刺区の某老人クラブ有志11人と、
個人参加2人の計42名、スタッフ2名を含めて合計44名になりました。
ご利用ありがとうございます。

メインの「いわて恵みづくし弁当」は今回も好評で「美味しかった」と言って頂きました♪


被災地ガイドの内容は、
「陸前赤崎駅付近の生形(おいかた)自主防災組織」、
「綾里駅付近の明治三陸大津波伝承碑」、
「甫嶺駅付近の被災状況」、
「三陸駅付近の越喜来小学校と三陸の園」、
「吉浜駅付近の津波記念碑や奇跡の集落について」、
「唐丹駅付近の唐丹小学校」、「釜石駅付近の被災状況」
など。


往路の『恋し浜駅』では、8分間の停車。


「幸せの鐘」を鳴らされたり、待合室の中にある「ホタテ絵馬」
ご覧になられたりと、それぞれ思い思いに過されました。


また、釜石駅を折り返した復路で、
岩城理事長は「破った紙が復活するマジック」や、
「ほら吹き大会での笑い話」も披露され、
車内は明るい笑いで盛り上がりました!


岩手県内陸部からのお客様ばかりになった今回の『三鉄駅弁列車』
被災地の現状を三陸鉄道の車窓からご覧になり、
理事長の被災地ガイドで、震災の状況を感じて頂けたことと思います。


美味しいお弁当と笑い話やマジックの披露、
被災地の今を知って頂くなど、内容盛り沢山で
有意義な時間となったように思います。


盛駅へは13時30分に到着。ご参加ありがとうございました!

最後に参加者の感想をいくつかご紹介いたします。

「車窓から見る三陸の海、地域は、
自家用車から見るものと違い、
被災状況も把握することができました。
ガイド付の貸切列車は大変有意義でした。」


「乗りごこちも良く、弁当も味最高でした。
久し振りに美味しいと感じました。
しいて一言、トンネルの数は地形的に仕方ないので
イルミネーションなどトンネルの中でも楽しめる工夫を
考えてくれれば、いいなぁ~と思いました。
雨も降らずおだやかな気候で楽しめました。
ありがとうございました。」


「一度は乗車したいレトロ列車で感激しました。
震災復興のためにも色々な方にも広報したいと思います。
往復2時間のビール飲み放題で再度利用したいです。」


「列車の乗り心地もよく、
とてもとてもおいしい昼食感動いたしました。
海の景色、被災地の現況、夢ネットのガイドさんの
説明も分かりやすく、大変充実した研修となりました。
ぜひ地元はもちろん、知人に紹介したいと思います。
ありがとうございました。
※列車の中でお土産などの販売が
あってもよいように思いました。」


「ガイドさんのほらふき大会の話を
聞きながら書くのは大変です(笑)。
お弁当はおいしくて残さず食べました。
ガイドさんのお話も楽しいし、しばらくぶりの海は、
災害にあったにもかかわらず美しいながめでした。
ガイドさん御苦労様でした。そしてありがとうございます。」


「11月下旬の三鉄駅弁列車の利用でしたので、
お弁当は温かいものであってほしい。お茶も温かいものであってほしい。
弁当の具材は申分なしでした。
ガイドの方、120点。とてもよかったと思います。
運転手の方も所によっては(ガイドの案内の内容にあわせて)
スピードを落とすなど、心くばりが感じられました。
恋し浜マドレーヌのサービスありがとう。
被災前の元気な地域に一刻も早く復興されますよう
北上から応援しております。
『津波なんかに負けてたまるか!!』の
気持ちで頑張って下さいね。」


「ぜいたくな気分での2時間の旅でした。
当家のお嫁さんの実家は大槌町で
大きな被害にあっていますので、
3.11の大津波は他人事ではありませんでした。
今回の小旅行で少しは気持ちが
楽になった様な気がしております。」


「内陸に住んでいると沿岸の事が何も知らないでいる事ばかり。
災害の復興がいまだ進んで無い様に見えてならないが(ニュースなど)
一番はそこに住む人のつながり笑顔が一番かとつくづく思う。
三陸に小・中学生が足を運ぶイベントを内陸から発信したい。」


「久々に三鉄に乗りました。仕事の関係で沿岸地区で
12年間生活していました。トンネルが多いのは
変わりありませんでした。集客することは大変と
思いますが、よろしくお願いします。」


「楽しいひとときを有りがとうございました。
初めての駅弁列車でしたが、期待通りの
弁当に舌づつみを打ちました。本当に美味しかったです。
ガイドさんの話も解りやすく、あきることなく楽しみました。
帰りのマジックも良かったです。
これからもお元気で三鉄をご利用する人たちを楽しませて下さい。
私も是非又乗ってみたいと思っております。ごきげんよう!」


「三鉄利用者増加のためのイベント列車。
これからも頑張ってほしいと思います。
お弁当もとてもおいしかったです。
案内の方が同乗されて、説明をしていただいたので、
震災の状況、現在の状況を理解することができました。
ありがとうございました。ぜひ全国の方々、
特に岩手県民の方には、一度は利用してほしいと
思います。三鉄頑張れ!」


「とても良かった。盛駅から列車に乗るまで、
貸切とは知らなかった。そしてガイド付きも
想定してなかった。内陸に生まれ内陸に住む者は、
海はあこがれである。津波が無かったらどんなに
すばらしい世界であろう。復興を祈り、今度は家族で
訪れて見よう。三陸の海、ありがとうございます。」


「三陸お弁当列車に乗り、初めて素晴らしさが解りました。
内容が解らないときは、不安や心配が多少ありました。
案内の素晴らしさはもちろん、楽しませること、
もてなす心、心にしみる一時、大変有難うございました。」


「最近の世の中は、ただただ、せわしい世の中です。
昔はせわしくてもお金がなくても、友人達と楽しい事があった。
今日は26年度の最も楽しい想い出を作る事が出来ました。
人生は楽しく生きて行く事が大事ですね。
本年も良き年であります様、
岩城さんも元気で感謝感謝です。」


次回の開催をご案内いたします。

『第16回 三鉄駅弁列車』12月14日(日)
11時30分盛駅発~釜石駅折返し~13時30分盛駅着
集合時間:11時に三陸鉄道盛駅
参加費:2200円(駅弁・乗車券代)
定員:48名(最低催行:20名)
申込締切:12/8(月) ※要申込み
新型レトロ調車両を貸し切って行うイベント列車!
被災地観光地ガイド・マジック付き!
ウニの炊込みご飯、ホタテ・アワビ・イクラ・カキ・ワカメ・
サンマハンバーグが入った少し贅沢な駅弁を召しあがります!


<主催・お申込み・お問合せ>
三鉄盛駅ふれあい待合室 Tel:0192-47-3542

【告知】12月のイベント案内
三鉄盛駅ふれあい待合室

12月のイベントご案内



「第16回 三鉄駅弁列車」
※事前のお申込みが必要
12月14日(日)
11時30分盛駅発~釜石駅折返し~13時30分盛駅着
集合:11時に三鉄盛駅
定員:48名(最低催行20名)
参加費:2200円(駅弁・乗車券代)
申込締切:12/8(月)
ウニの炊込みご飯、ホタテ・アワビ・イクラ・カキ・ワカメ・
サンマハンバーグが入った少し贅沢な駅弁を召しあがります!
新型レトロ調車両を使用。
被災地・観光ガイド、マジック付き!




「第61回 無料法律相談」
※事前の予約が必要
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
12月21日(日)
10時~13時20分
日常のささいな困り事など、何でもご相談いただければと思います。
弁護士が無料でご相談に応じます。
税理士の方も来られますので、税務相談も受付けしております。
相談時間は40分間。お気軽にご相談ください。
仮設住宅へも出張いたします。その旨をお知らせください。




「クリスマス列車」
※受付中
12月25日(木)
12月26日(金)
10時30分盛駅発~釜石駅折返し~12時30分盛駅着
集合:10時に三鉄盛駅
定員:48名
申込締切:12/19(金)
<参加費>
高校生・大人1000円
1才以上~中学生500円
1才未満は無料
<内容>
豪華な新型レトロ調車両を使用!
紙芝居師なっちゃんによる紙芝居。
サンタクロースさんが列車内に乗車。
参加者全員にクリスマスプレゼント!
クリスマスの歌を皆で合唱♪などなど。
※食物・飲物の持ち込み自由。



※『新春お楽しみ列車』
1/10(土)・1/11(日)の同時刻に運行。
<参加費>
高校生・大人1000円
1才以上~中学生500円
1才未満は無料





主催・申込先・お問い合せ先は、
三鉄盛駅ふれあい待合室までお願いします。
電話番号:0192-47-3542

くずまきワイン列車
11月7日(金)、11月8日(土)の2日間、『くずまきワイン列車』を運行しました。
主催は三陸鉄道株式会社と、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室・釜石駅になります。
協賛は、さんてつ応援チームZUTTO、葛巻高原食品加工株式会社、 綾里漁業協同組合、
バルボザ(大船渡)、HAMAYUI(釜石)です。

ワインで乾杯!くずまきワインの飲み放題+恋し浜ホタテ+お食事付のイベント列車!


その様子をご報告いたします!

11月7日(金)は盛駅発着で、18時15分~20時15分。
11月8日(土)は釜石駅発着で、18時7分~20時15分で行いました。

使用した列車は深紫色の美しい車体で、
内装が豪華でステキな『新型レトロ調列車』です!


参加料は、4000円。
参加人数はスタッフの人数も含め、7日が54名。8日が41名になります。


<盛駅発着の1日目>
おつまみは大船渡市末崎町の『Cafe Barbosa』さんによるオードブルです!
「アンチョビポテト」「自家製ピクルス・二種のオリーブ」
「スペイン風具沢山オムレツ」「南瓜とブロッコリーのチーズグラタン」
「四種の豆と鶏のトマト煮」「ミートボールデミ煮込み」
「ソーセージのトマトペンネ」「パエリア風海鮮ごはん」
「ウフマヨとプロシュートのサンドウィッチ」豪華な内容で皆様、大満足♪


ワインは「くずまきワイン・赤」「くずまきワイン・白」
「くずまきワイン・ロゼ」「フォーレ・赤」「フォーレ・ロゼ」
「星」「さくらワイン スパークリング」
の8種類をご用意!



リストから飲みたいワインを選んで頂き、スタッフがお客様へと注いでまわります。


恋し浜駅で、綾里漁業協同組合から焼き立ての
「恋し浜ホタテ」が積み込まれ、お客様に配られました!
ボリュームたっぷりなホタテ…それが恋し浜ホタテです!


美味しくて飲みやすいワインばかり!


皆様、飲まれていたワインの御代わりや、
色んなワインを味わいながら楽しく過ごされました♪


8種類の中から自分好みのワインに出会えば、その味を堪能♪


明るく元気な車内!どなたもご機嫌な気分で盛り上がりました!


「恋するフォーチュンクッキー」の曲が車内に流れると、
踊り出す場面もありました!皆様、いい感じに酔われているように感じました!


釜石駅折返しの復路では、各BOX席でジャンケンを行い、
勝者にはワインが贈呈される『ジャンケン大会』も行われました!
明るく賑やかな車内に、興奮が加わり、最高に盛り上がりましたね♪


最後のジャンケンは全員で!その勝者が決まった瞬間です!
とても豪華なワインが手渡されました♪おめでとうございます!


恋し浜駅で5分間の停車。待合室に飾ってある
「ホタテ絵馬」をご覧になられたり願い事を書かれたりと過ごされました。


レトロ調列車は、20時15分に盛駅へ到着。
車両を降りる際、お客様にお土産の「山ぶどうウォーター」をお渡しし、
『くずまきワイン列車』が終了となりました。


ホームでも楽しい余韻に浸りながら会話が弾み、
最後の最後までご満足いただけたようで、とても嬉しく思います。


2日目である11月8日は、釜石駅での発着。
今回は山形県のフルート奏者・小林朗子さんが、
フルートの演奏で車内を盛り上げようと、お手伝いで乗車されました。
高級感漂うレトロ調列車の車内で生演奏が響き渡り、
ワインを飲みながら上品な雰囲気で楽しまれました♪


くずまきワインに酔い三陸鉄道に揺られるイベント列車!
お客様の笑顔をたくさん拝見することができました!
それぞれ充実された心が弾む時間を過ごされ、
どなたも大満足に感じて頂いたように感じます♪
ご乗車ありがとうございました!

お礼の手紙と、はしれさんてつ♪
11月22日の土曜日。東京の方から1枚の音源とお手紙が、
三鉄盛駅ふれあい待合室に届きました。


「盛駅ふれあい待合室 御中

突然のお手紙で失礼します。
東京で鍼灸やリハビリの仕事をしているHと申します。
昨年の11月と今年の7月に三鉄に乗りに行った際に、
待合室の方たちに、震災のことや地元の話をいろいろ伺ったり、
食事処を教えていただいたりと、大変お世話になりました。
おかげさまで思い出深い楽しい旅になりました。
ありがとうございました。


その旅で三鉄に乗って体験したこと、思ったことを元に
歌を作りましたので、不躾ながら送らせていただきます。
(中略)


また機会をみつけて三鉄に乗りに訪れたいと思っています。
みなさんのご活躍を心から応援しています。
これから寒くなりますので、どうかお身体に気をつけて
お過し下さい。では失礼します。」


ステキな歌詞でしたので、こちらもご紹介したいと思います。

『はしれ さんてつ』

「駅を出た汽車が 街中を抜けて
海沿いを走ってく 次の駅にむけて


駅を出た汽車が ぼくらを乗せて
海沿いを走ってく 次の駅へむけて


道行く人たちが 汽車に手を振ってる
なんだかうれしくて ぼくも手を振りかえす


海がみえるよ 船が浮かんでる
トンネル抜けたら 次の駅がみえるよ


トンネルを抜けて 木もれ日を抜けて
川を渡るよ 鮭が泳いでる


あの日を思うと まるで夢のよう
忘れない悲しみと うれしさが胸にこみあげる


汽車の少し先を 狐が歩いてる
狐に合わせて 汽車もゆっくりと


(間奏)

出る人 帰る人 理由はそれぞれだけど
汽車が走れば いつもどこかでつながってる


人がつながれば 子どもが集まるよ 子どもが集まれば 笑顔がふえるよ
子どもが笑えば みんなが笑うよ 笑顔がふえれば もっと人が集まるよ
人が集まれば 街ができるよ 街ができれば ふるさとになるよ
ふるさとになるよ」


歌詞は、三陸鉄道に乗車されると感じられる情景などが
内容になっていて、そのまま有りのままの様子を表現されております。
また、乗車された感想や気持ちなども織り込まれています。
曲はKeyがG。ブルース調で、ゆったりのんびりしている雰囲気を演出され、
情景がみえてくるような感じを受けました。

お手紙と作詞作曲された音源、とても嬉しいです。
聴いていると温かい気持ちになりました。
本当にありがとうございました。
ふれあいノート -2014年10月-
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室には『ふれあいノート』があります。

このノートは旅の想い出や大船渡へ訪れた感想など、
自由に書き込めるノートです。
被災地の印象や三陸鉄道への応援メッセージ、
ふれあい待合室の様子など、どんなことでもお気軽に記入してください。

それでは、平成26年10月に書かれた内容をご紹介したいと思います。


----------------------

「硯の故郷、紫雲石が大船渡でも手に入ると聴いて、
正法寺硯の奥州市から来て見たけど灰色の石が多いねェ。」


「ようやく着きました。
大分復興して来ましたね!これからも応援します。」


「実習報告書なう 三鉄、いつもありがとう!!」

「3.11以来、いつかは…と思っていたが、来ることで支援…。」

「東京から石巻、気仙沼を通って北上してきました。次は宮古に行きます。」

「私は今日、岩の上から海を見ました。階だんをのぼっていたら
やせいのしかが二匹いてびっくりしました。雷岩を見たら本当に
雷の音がしてすごいと思いました。」


「茨城県古河市から来ました。三陸鉄道初めてのります。
楽しみです。(赤字鉄道ガンバレ)」


「フランス南部モンペリエの町で、東日本大震災被災地の
長期的支援の為のNPO法人「SOLiDARiTE JAPAN34」の
活動を行なっています。(遠野まごころネットのパートナーです)
現在一時帰国中。大船渡を出発点として、これから三週間
被災地を廻る予定です。
動画などで幾度か観る機会のあった「三陸鉄道」に
今日は遂に乗ってみる事が出来て感激!
台風の去った後のお天気も最高です。
皆さん、これからも続けて頑張って下さいね。
私達も支援活動、可能な限り続けていきます。」


「旅行大好きな大学3年生です。佐賀からきたとばい♥わら
東北は一番大好きな地方です。
我愛中国♥大好き日本♥Thank you Tohoku♥」


「優、翔、理、美で来ました。かきも食べました。
三陸のかき、買ってくうよりうまい!」



----------------------

10月は台風の影響が東北にもあった月になります。
比較的、書き込みが少ないように感じましたが、
北海道や佐賀県からいらっしゃったお客様のコメントがありました。

いつもご利用されている高校生の方の書き込みもあります。
嬉しく思います。こちらこそありがとうございます。

三陸鉄道に乗りたくて訪れた方、
被災地の現状をご覧になりたくて来られた方、
三陸鉄道の車窓からも、
被災状況や復旧工事中の様子を見ることができます。
ご自身の目で現状を確認され、
復興がどの程度進んでいるのか感じて頂けたことと思います。

3年7ヵ月が経過した2014年10月。
仮設住宅や仮設店舗が多く存在している現在、
浸水地の土地の嵩上げや解体作業など、
まだまだしばらく続きそうですね。
山を崩して高台を確保しようと工事もされています。
復興まで年月が掛かる…そのように感じますね。

まだ被災地を訪れていない方、
一度来られて「また来たい」と何回も訪れてくださる方、
被災地にくることで支援につながります。
美味しいお食事をお召し上がりになり、
お土産などお買い物されるだけでも復興へと進みます。

多くの方に被災地へ来て頂き、復興へ進もうと取り組まれている
その様子を見てほしいですね。

そして、三陸鉄道は復興のシンボル!
三陸鉄道へ乗車し、今を感じてほしいです。

この『ふれあいノート』であなたの気持ちを伝えてみませんか?
来駅記念や乗車記念にでも、お気軽に書き込みしてくださいね。

そして月に一度、印象に残った内容を皆様にご紹介します。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
クリスマスツリーを飾りました!
11月20日の木曜日。
この日、待合室の中に『クリスマスツリー』を飾りました!


気温が低くなり、季節は秋から冬へと移り変わります。
一年間最後の大きなイベント「クリスマス」

点滅する電飾やキラキラした光、サンタクロースの人形や雪ダルマ、
星や長靴、クリスマスリースなどの装飾を見ていると、
ワクワクしてきて、寒い時期でも楽しい気持ちが盛り上がってきますね!


ということで、本年も『クリスマス列車』を運行いたします!
その詳細をご案内しますね♪

--------------

『クリスマス列車』

<日付>
12月25日(木)・12月26日(金)


<集合>
10時に三鉄盛駅


<時間帯>
10時30分盛駅を出発~釜石駅折返し~12時30分盛駅に到着


<貸切車両>
新型レトロ調車両を使用!


<定員>
48名


<参加費>
高校生~大人1000円
1才~中学生500円
1才未満は無料


<申込締切>
12月19日(金)※事前の申込みが必要です。


<内容>
・サンタクロースが皆様へプレゼントします!
・紙芝居師なっちゃんによる「紙芝居」
・クリスマスの歌をみんなで合唱します!


<申込先・お問合せ先>
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542

【告知】11月のイベントご案内
三鉄盛駅ふれあい待合室
11月のイベントご案内


「The North Journey 2014 北への旅」
※無料
11月1日(土)・11月2日(日)・11月3日(月・祝)
主催:アルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト
地元ミュージシャンも含め、総勢約100人規模のライブを大船渡の各地で開催!
【大船渡屋台村】1日~3日:11時~19時
【盛駅前】1日:13時~17時 2日:11時~17時 3日:10時~15時
【地ノ森八軒街】1日:10時~15時
【来渡ハウス】1日:17時~19時 2日:15時~17時
【寿限無亭】2日:12時~15時
【長洞仮設住宅】2日:19時~20時30分
【黒船】3日:午後より(時間未定)

★フェスティバルトレイン・ライブ列車のご案内★
11月3日(月・祝) ※有料・要申込
10時30分盛発~釜石折返し~12時30分盛着
集合:10時に三鉄盛駅
参加費:1000円(乗車券代)
定員:先着40名



「くずまきワイン列車」
※要申込
11月7日(金)盛駅発着 18時15分発~20時15分着
11月8日(土)釜石駅発着 18時07分発~20時15分着

募集人数:48名(受付先着順)
参加料:4000円(20歳以上)
集合時間は、出発の30分前に各駅へお越しください。

くずまきワイン飲み放題&お食事&恋し浜ホタテをご提供!


三鉄盛駅ふれあい待合室オープン3周年
三陸鉄道開業30周年 感謝イベント

「劇団ともえ座・新日本舞踊満月会」
11月15日(土)
開場:12時30分 開演:13時00分
【会場:リアスホール】
前売り入場券:500円(当日券:700円)

入場券販売所:三鉄盛駅ふれあい待合室・サンリア・リアスホール等


「第15回 三鉄駅弁列車」
※若干名、募集中!
11月25日(火)
11時30分盛駅発~13時30分盛駅着
集合:11時に三鉄盛駅
定員:48名(最低催行20名)
参加費:2200円(駅弁・乗車券代)
申込締切:11/19(水)
 


「第19回 三鉄 駅からウォーキング」
※要申込
11月29日(土)
8時50分盛駅発~15時08分盛駅着
集合:8時30分に三鉄盛駅
申込締切:11/26(水)
参加費:1050円(往復乗車券・保険代)

【釜石駅】釜石市内の被災地や史跡を巡る約6キロコース
【行き】 盛駅発8:50⇒釜石駅着9:42
【帰り】 釜石駅発14:11⇒盛駅着15:08

※お弁当・お飲物を各自ご持参ください。


「鉄道模型展示運転会」
※無料
11月29日(土)・11月30日(日)
10時~16時(予定)
鉄道模型(HOゲージ)の運転ができます。
【会場:サンリア・いこいの広場】



「第60回 無料法律相談」
※要予約
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
11月30日(日)10時~13時20分
日常の些細な困り事など、何でもご相談いただければと思います。
弁護士が無料でご相談に応じます。
税理士も来られますので税務相談も受付けしております。
相談時間は40分間。お気軽にご相談ください♪
仮設住宅へも出張相談いたします。
※事前の予約が必要です。




主催・申込先・お問い合せ先は、
三鉄盛駅ふれあい待合室までお願いします。
電話番号:0192-47-3542

NHKラジオ第1「午後のまりやーじゅ」の様子。
11月3日と4日の2日間、
NHKラジオ第1の番組「午後のまりやーじゅ」の公開生放送が行われました。
但し、11月4日は、国会中継が入った為、公開収録となりました。

11月3日は『オレがDJ赤坂Da!オレがDJ近田Da!!
ごごまり「Da!Da!!スペシャル」in 大船渡」』
が、
11月4日は『復興のシンボル“さんてつ”スペシャル』として行われました!

ではその2日間の様子をご紹介します。

<11月3日 ラジオ生放送>
「オレがDJ赤坂Da!オレがDJ近田Da!!
ごごまり『Da!Da!!スペシャル』in 大船渡」
ということで、
“さんてつ”の盛(さかり)駅車両基地に停車する
レトロ車両内から公開生放送が行われました!!


この日は、車両基地にレトロ調車両を停め、その中や前で生放送されたのです。
観覧用に椅子も並べられ、寒いのでストーブも設置されました。


出演者は、パーソナリティーの山田まりやさんの他に、
赤坂泰彦さん、近田春夫さん、中倉隆道アナウンサーもいらっしゃいました!


レトロ調車両を眺めながらのラジオ生放送です!


観覧されている様子。


お客様の所に行ってお話を伺う画面もありました。


生放送の時間帯は13時5分から16時55分まで。
お二人のDJが炸裂し、音楽三昧の4時間を楽しく放送されました!


<11月4日 ラジオ公開収録>
「復興のシンボル“さんてつ”スペシャル!」として、
この日は三陸鉄道盛車両基地の中で収録が行われました。

ステージが設置されて車両基地内に椅子が並びました!
この日も寒かったので、ストーブが置かれてあります。


司会は、山田まりやさん、黒崎政男さん、
道谷眞平アナウンサー、村上由利子さん。
出演者は“さんてつ”の応援ソングを歌う「コンサイ」の金子宏一さん、
ミュージシャンの伊東洋平さん、
岩手大学地域防災研究センター教授の南正昭さん、
そして三陸鉄道南リアス線運行部長の吉田哲さん、
陸前高田災害FMパーソナリティーの阿部裕美さん、
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室駅長の熊谷教子さんになります。

ミュージシャンによる生演奏も行われました!


会場は大盛り上がり!


収録風景の様子。


番組収録が終わってから、撮影やサインに応えられておりました。
観覧された記念になりますし、嬉しいですね♪


色紙にサインして頂きまして、ありがとうございました。
サイン色紙は、三陸鉄道盛駅の待合室の中に飾ってあります♪
お立ち寄りの際は、ご覧ください。


11月4日に収録された内容は、11月25日(火)13時5分から
NHKラジオ第1「午後のまりやーじゅ」で放送される
予定ですので、お聴きください♪よろしくお願いいたします!

<後日>
11月11日(火)、出演者のサイン入りのパネルが届きました!
実際に会場で使用された物になります。
待合室の中に飾りましたので、ご覧くださいね。
お世話になりました!本当にありがとうございました!

The North Journey 2014:3日目
11月1日~3日の3日間、盛駅前では3回目になる
『The North Journey 2014~北への旅~』が開催されました。
主催はアルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト。

地元ミュージシャンも含め、
72組約100人規模のライブを、大船渡の各地で開催しました!

それでは最終日の『盛駅前』会場の様子をご報告します!
天候は晴れたものの、とにかく風が強い…そんな日になりました。

<11月3日(月・祝):3日目>

盛駅前会場は、10時からスタート!

この日は沖縄産のお店『ゆいま~る』さんと、
『三陸夢を稔らせる会』などの販売もありました。
美味しい食事を召し上がりながら、
ミュージシャンとも再会を果たし、癒しの生演奏を聴きながら、
気持ちの良い日を過ごすことができましたね♪


『さんさんの会』の販売はこの日もありました!
相変わらず「さんま棒」は大人気!ホント美味しかったです♪


『小原繁久』さん
2012年の際も、この盛駅前会場にて演奏された方であり、
盛駅前会場3日目の司会を務められました!
元気に楽しそうに演奏されていたのが印象に残っています!


『Charlie&UG』さん
2日目に続き盛駅前会場にて登場!
ビートルズの『ヘルプ』を演奏されていました!


10時から12時30分まで、
『フェスティバルトレイン・ライブ列車』へ乗車したため、
ここからは、イベント列車到着後の盛駅会場の様子を報告しますね。

『岩見たかし』さん
昨年も盛駅前にて歌われたミュージシャンです。再会になります!
情熱的にしっとりと「希望の歌」を歌われ、
最後は「Close Your Eyes」を強く切なく演奏されていました。


『凛音』さん
初参加!暗く哀愁漂う曲調からドラマチックに展開する楽曲を披露され、
声に力強さがありました!聴き入ってしまう魅力がありましたね♪


『たおとしこ』さん
強く切なく美しく…♪優しい感じが伝わってきました♪
聴いていてとても癒される心地よい楽曲で、とてもよかったです!


『よしたか』さん
3年連続3回目の参加!毎年盛駅前の会場で歌われております!
「昨日、お酒沢山飲み過ぎた」と話しながら、
優しく柔らかい声と楽曲で、独特な甘い雰囲気を醸し出していました♪
前回は王冠を被っての演奏でしたが、
今回は女装でしょうか?見た感じも楽しませて頂きました!


『オサムボーイ』さん
3年連続3回目の参加で毎回、盛駅前会場にて演奏されています!
スライドバーを使用してギター演奏され、その音色が特に大好きです!
最高でした!最後はゆっくりな楽曲を演奏されておりました。


『マル』さん
情熱的にストレートな、パワフルで切なく物悲しく…。
その強い思いを音に乗せて伝え、歌われておりました!


『青木ケン』さん
元気な疾走曲を披露され、手拍子も大きく響き渡って会場が大盛り上がり!
力強く演奏されていたのが印象に残っています。
パワフルかつ哀愁ある切ない楽曲も演奏されておりました。


盛駅前会場、最後の出演者は『布元孝』さん
ブルーハーツメドレーを元気に大きな歌声で披露!
聴いていて明るく楽しくなるような気持ちになりました♪


布元さん最後の曲は、『ノースジャーニー軍団』で、
『線路は続くよどこまでも』を演奏!
明るく弾けるような曲調で締め括りました!
(写真は、マルさん、小原繁久さん、青木ケン、布元孝さん、タカギィ)


布元さんがフェスティバルトレインにご乗車され、
景色を見ながら浮かんできたメロディが
「線路は続くよどこまでも」だったそうです。
三陸鉄道南リアス線は、震災から復旧した鉄道。
いつまでも線路が続いてほしいという思いも…。

『MINT HOUSE』では、昨年来られていた子供さんも
遊びに来られ、再会もありました!嬉しいですね♪


15時になり、盛駅前会場での
『The North Journey 2014~北への旅~』が幕を閉じました。
3日目は、出演者とスタッフ、お客様を含めて約141人が集いました!
ライブ列車と盛駅前会場3日間の延べの来場者数は、516人になりました!


参加された皆様、本当にありがとうございました!

司会を務められた小原繁久さん、お疲れ様でした!ありがとうございました!


大勢の方々が演奏を楽しみ、癒され、聴きに来られていました。
また開催してほしいですね♪

ご出演されたミュージシャンの皆様、来年も再びお会いしたいです!
岩手県大船渡市の三陸鉄道盛駅で、お待ちしておりますね!

1日目“再会の日”、2日目“追悼と伝承の日”、3日目“約束の日”と題した
『The North Journey 2014~北への旅~』が終了しました。
本当に楽しい3日間を、本当にありがとうございました!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。