三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】12月のイベントご案内
三鉄盛駅ふれあい待合室

12月のイベントご案内


 
「無料法律相談」※要予約
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
11月30日(土)14時~16時
12月1日(日)10時~12時
1月11日(土)14時~16時
1月12日(日)10時~12時
1月25日(土)14時~16時

お気軽にご相談ください。弁護士さんが無料でご相談に応じます。
※仮設住宅へも出張します。その旨をお知らせください。


「第9回 三鉄 駅からウォーキング」
※要申込
12月14日(土)
9時30分~12時00分
9時00分に三鉄盛駅へ集合
参加費:400円(入館料・保険代)
申込締切:12/11(水)
 
【盛駅周辺:大船渡津波伝承館に行きます!】
大船渡津波伝承館では、語り部さんによる被災体験談や映像をご覧になります。
※お飲物は各自持参
季節を感じながら地元の魅力を再発見!
※大雨で中止の場合は、翌週の土曜日(12/21の同時刻)に行います。


「第4回 三鉄駅弁列車」
※要申込
12月15日(日)
12時25分発~14時30分頃着
正午に三鉄盛駅へ集合
参加費:2000円(駅弁・乗車券代)
申込締切:12/11(水)  定員:40名(最低遂行15名)

※被災地ガイド付き 盛-吉浜の往復
ウニの炊き込みご飯、ホタテ・アワビ・イクラ・カキ・ワカメ・
サンマハンバーグが入った少し贅沢な駅弁を召し上がります♪
海の幸が豊富で、とっても美味しいですよ!


「第8回 三鉄歌声列車」※要申込
12月20日(金)
11時30分発~13時55分頃着
午前11時に三鉄盛駅へ集合
参加費:1500円(お弁当・乗車券代)
定員:40名  申込締切:12/17(火)

貸切列車で運行!交流を目的に開催!
カラオケを楽しみながら気持ちよく歌声を響かせ、
車窓からみる景色を満喫!歌って踊って歓談し、
明るい雰囲気の中、皆で元気に楽しみましょう!


「クリスマス列車」
※要申込
12月23日(月・祝)~12月25日(水)の3日間
10時00分盛駅発~吉浜駅~12時00分頃盛駅着
(盛-吉浜間往復)  9時30分に三鉄盛駅へ集合
定員:48名(先着順)  参加費:500円(大人・子供1才以上)

貸切列車で運行!
サンタクロースが三陸鉄道「キット、ずっと2号」に乗車!
車内では、いろんなゲームで楽しく元気に盛り上がります♪
クリスマスプレゼントもありますよ!
飲み物・食べ物の持ち込み自由!


※「新春お楽しみ列車」
1月3日(金)・1月4日(土)・1月5日(日)の3日間!
10時00分盛駅発~吉浜駅~12時00分頃盛駅着
午前9時30分に三鉄盛駅へ集合  定員:48名(先着順)
参加費:500円(大人・子供1才以上)

貸切列車で運行!
2014年の新年を迎え、三陸鉄道「キット、ずっと2号」
ご乗車してみませんか?!列車内ではゲームで楽しみます♪
笑顔になれる「イベント列車」。お年玉プレゼント…あるかも?!


主催・申込先・お問い合せ先は、
三鉄盛駅ふれあい待合室までお願いします。
電話番号:0192-47-3542


スポンサーサイト
第8回 三鉄 駅からウォーキング
11月23日の土曜日。この日は『第8回 三鉄 駅からウォーキング』を開催。
今回は綾里駅で下車します。参加者は23名。
参加費は保険料・乗車券代で450円になります。

三陸鉄道南リアス線に乗り、盛駅を11時30分に出発!
綾里駅には11時42分に到着しました。
そして、駅である綾里物産観光センターで昼食を取り、
駅前広場で準備体操を行いました。


今回の史跡巡りのご案内は、郷土史家の熊谷常孝さんにお願いしました。
駅の敷地には『綾里大権現保存庫』があり、重さ1トンにもなる
権現様(獅子頭)が保存されています。

熊谷さんは綾里大権現製作実行委員会にもなっており、
『大権現』について説明してくださいました。


「太古の時代から、種々な災害に悩まされてきた。
生活が脅かされるのは、天地に厄神悪魔がいて、
その仕業によると信じされるようになりました。
やがて人々は、とても人間の力ではその悪魔を鎮めることは出来ないので、
人より遥かに屈強な百獣の王、獅子によって悪魔を祓うとした。
獅子舞や権現様で舞う悪魔払いの演目は、その名残であり、
東北の方では獅子舞を権現様と呼ぶのが多い。
特に、遠野周辺、気仙地方ではそうなのだそうです。」


権現様の神興を作ったが、あまりもの重さ(1トン)から、
次に、踊る権現様を作ってお祭りに出ているそうです。
それは、クレーン車を操作して舞いを披露しています!これが『綾里大権現』になります。

駅から300m先には『宮野貝塚』があります。駅前の通りを歩くとすぐですね。


ここには3~4千年前の人達が住んでいたとされ、
沿岸の貝塚はどこも今回の津波の被害に遭っていません。
先人は津波の被災を受けないところに住む知恵を持っていたと感じますね。

気仙地方の宮大工の棟梁として、全国70ヵ所以上の神社仏閣を建てた
「花輪菊蔵氏」の生家も教えて頂きました。

12時50分頃に『明治三陸大津波伝承碑』到着!


この津波伝承碑は、港と白浜からの津波が合った場所に建立されてあり、
この辺は昔から「みちあい」と呼ばれてます。
ここで、郷土史家の熊谷常孝さんからご説明されました。


「旧・綾里村に壊滅的被害をもたらした明治三陸大津波の惨状を
永く後世に伝え、地域住民の戒めとするために建立されました。
綾里村では296戸が流失・全・半壊した他、田畑の塩水冠水で、
米・麦の収穫不可能に陥りました。
漁船175隻が流失・破壊され、鮪建網四カ統、鮪流し網23反、
鰯網5反、小魚網13反も流失するなど、生活手段についても、
壊滅的な害を被っている。溺死1350人は、「綾里村誌」の記述に
よるもので長林寺の過去帳を基にしています。」


「38.2mの「波高」は、国立天文台編の「理科年表」によるもの。
白浜海岸と港湾方面を結ぶこの小峠の高さは、
32mと地図に記録されていて、綾里湾から白浜海岸に侵入し、
南方の谷間を遡ってきた津波が、この小峠を越え、
港湾から侵入してきた津波と連結するに至りました。
この辺は昔から「みちあい」と呼ばれ、「道合」と書いていたが、
本当は「みずあい」すなわち「水合」なのかもしれません。」



その近くの電信柱には、このような案内が…。


「震災は忘れた頃にやってくる 明治29.6.15
38.2m 明治三陸大津波水位表 三陸町」

この位置は最高地点海抜38.2mの高さ。実際にこの場所を歩き、
昔はこの位置まで津波が来たことを感じることができました。

明治29年の津波が38.2m(近くの電柱に標識)の恐ろしさを
後世へ伝えているが、「災害は忘れたことにやってくる」の格言のとおり
恐ろしさが忘れられているなど、大変貴重な説明をして頂きました。

その後、次のみどころ『白浜海岸』には13時20分頃に到着。
ここで全員の記念写真を撮影しました!砂が残っていましたね。


帰り道で撮影した景色です。破壊された防潮堤の様子が分かりますね。


ウォーキングの様子です。会話のできるペースで歩いています。
歩いて気付くことがたくさん!


帰り道の途中、綾里駅手前の尾坪慶喜さん(大権現の製造者)が、
三鉄甫嶺駅前で切られた桜の丸太を使って、
『権現様』を彫っているところを見ることが出来ました。
見応えのある立派な『権現様』ですね!


そして、14時47分「綾里駅」に到着しました。
三陸鉄道南リアス線が来るまで駅舎の中で休憩を取りました。


熊谷常孝さんの説明も分かりやすく晴天に恵まれ、
今回の『駅からウォーキング』はとても良かったです。
最高な一日となりました。ありがとうございました。

参加者に感想を伺いましたので、ご紹介します。

地元に住むの80歳の方
「津波伝承碑や電柱の標識(38.2㍍)を見て、津波の恐ろしさを実感しました。」
住田町の73歳の方「ウォークコースは坂もあり良かった。
明治・昭和の津波の教訓を今回の津波に生かすことが
出来なかったことは残念であった。

日頃市町の方
「綾里を初めて歩きました。花輪菊蔵の生家や大権現も
目の前で見られたし、白浜海岸の砂も残っていて良かったです。」


大船渡町の方
「大権現の由来を聞けてよかったです。現物を目の前で見れたし、
今度はクレーンで動くところを目の前で見てみたい。」


大船渡市内の史跡を巡り、地元の魅力を再発見!
今回は綾里駅からウォーキングを行い、
明治三陸大津波伝承碑と白浜海岸を満喫してきました。
ご参加くださいまして、ありがとうございました!

次回の開催をご案内します。
12月14日(土)「第9回 三鉄 駅からウォーキング」
9時20分~12時00分
9時に三鉄盛駅ふれあい待合室にへ集合。
事前のお申し込みが必要です。
【盛駅周辺】大船渡津波伝承館へ行きます!
語り部さんによる被災体験談や映像をご覧になります。
参加費は入館料と保険料で400円。
※お飲物は各自持参
※大雨で中止の際は翌週土曜日(12/21の同時刻)に行います。

お申し込み、お待ちしております!

ハートのメッセージが跨線橋に!
11月24日の日曜日。この日は跨線橋に『ハートのメッセージ』を展示しました!


今年の夏の時期に、相模女子大学の学生とボランティアで来られた方々が、
大船渡市・陸前高田市内を見てまわり、写真を撮られました。

そして、相模大野と上野にて復興支援イベントを開催。
訪れた多くの方々がメッセージを書いて頂いたそうです。

それが『大船渡津波伝承館』に届き、三陸鉄道へと話がありました。
「多くの地元の方々にご覧になってほしい」との思いがあり、
この度、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室へと届きました。

その『ハートのメッセージ』が現在、跨線橋に飾ってあります。

見覚えのある建物、盛町の灯ろう七夕まつり、陸前高田の一本松や道の駅。
大船渡屋台村、木町市場、飛鳥Ⅱなど、実際に被災地に来られ、
現状をそのまま写した写真であり、現実を伝えています。








また、心が和む温かいメッセージの数々…。
「遊びに行きます。」「また行きます。」の言葉が、心に響きますね…。




このように詩を作ってくださった方もおりますね。素敵ですね!
「ともにみる なびく空に ふっこうの おおきな旗が おもいをのせて」


跨線橋に飾ってありますので、どうぞご自由にご覧ください。


本当にありがとうございました!


**********

【三陸鉄道盛駅ふれあい待合室】電話・FAX:0192-47-3542

「フィリピン台風被災地 支援募金箱」設置!
11月8日に発生した台風30号は、フィリピンを襲い、
観測史上最も強い規模の強風と津波のような高潮に襲われました。
過去最大級の台風30号の直撃を受け、中部を中心に甚大な被害が発生。
61万人以上が避難を余儀なくされていると発表しています。

フィリピン政府は22日、
同国中部を直撃した猛烈な台風30号(アジア名:ハイエン、Haiyan)で
死亡した人が5200人を超えたと発表されました。

防災当局の報道担当者によると、
確認された死亡者は5209人、行方不明者は1611人。

高潮と暴風雨により多くの犠牲者が出ております。

道路が寸断されたことで現在もヘリコプターでしかアクセスできない
孤立地域が生まれ、このような地域では安全な飲み水が確保できず、
衛生状態も悪化しているそうです。

日本の東北では、2011年3月11日に『東日本大震災』が発生し、
岩手・宮城・福島と甚大な被害を受けました。
世界中からご支援を頂き、復旧・復興の最中ではありますが、

三陸鉄道盛駅ふれあい待合室でも、
「フィリピン台風被災地 支援募金箱」を設置しました。


少しでも救われるように…。少しでも助かる人のために…。


**********

【三陸鉄道盛駅ふれあい待合室】電話・FAX:0192-47-3542

第7回 三鉄歌声列車
11月16日の土曜日に『第7回 三鉄歌声列車』を開催。
参加費は1500円で、お弁当代・乗車券代。
お弁当は好評の『味菜』の幕ノ内弁当です!
参加人数は、スタッフ含め40名がご乗車になりました!ありがとうございます!


この日は、NHKの取材が行われました!
そして、元バレーボール全日本代表選手の『益子直美』さんがいらっしゃいました。
その撮影が行われた番組名は『あさイチ』になります。
放送予定日は12月5日(木)朝の8時15分からです。ぜひ御覧ください。


貸切のイベント列車は、11時30分に盛駅を出発!
その前に『虎舞』が披露されました!車内を練り歩き、大盛り上がり♪


『あさイチ』の撮影風景です。
NHKアナウンサーの漆原さんと益子さん…お二人でこのポーズ!
何を歌われているのかは、ご想像におまかせします♪


三鉄歌声列車は、お客様が乗車してからすぐにカラオケが始まります。
少しでも歌いたい…その思いを反映させ、このように行っております。

それでは、気持ちよく歌われている様子をご紹介します。

毎回のご参加、ありがとうございます!


カラオケって最高!ノリノリで楽しまれていました♪


聴いている方も、その歌声に魅了され、画面をみながら口ずさまれる方もいました。


動く列車の中でのカラオケです!揺れる車内で景色を眺めつつ、
普段では味わえない魅力を感じて頂ければと思っております。


歌に合わせて盛り上げる方も登場!踊られたり、小道具を用意して盛り上げたりと、
終始にぎやかな雰囲気になりました♪楽しさを満喫されていましたね♪


面白おかしく歌われ、笑いを誘いながらも上手な歌声で、
皆の心をしっかりと掴み、最高に盛り上がった瞬間でもあります!


三陸駅には11時59分に到着!ホームで『ころ柿』を吊る作業が進められていました。
これは三陸駅の名物です!3年振りに復活!地域住民の方々が約3000個の皮を剥き、
越喜来小学校の児童や駅を訪れた人達のメッセージと一緒に飾付けされていました。


吉浜駅には、12時35分に到着。ここで25分間の停車になります。
お決まりの全体の記念写真を撮影しました!天気が良いですね♪


カラオケはそのまま続きます!
艶のある美しい歌声で歌われ、皆の注目を浴びていました♪


復路の恋し浜駅では13時24分に到着し、10分間の停車。
「幸せの鐘」を鳴らされいる方、待合室の中に飾られている「ホタテ絵馬」
御覧になり、願い事を書き願掛けされている方など自由に過ごされました。


参加者同士の交流もありました!好きな演歌でお互い仲良くなり、
マイクを持って歌われていますね。中には「うまいなー!」との声も!


陸前赤崎駅を過ぎた頃、最後の締めとして「千昌夫/北国の春」を全員で大合唱!
そして、13時55分に盛駅に到着し『三鉄歌声列車』が終了となりました。


大きな拍手が起きましたね!皆が楽しさを充分に感じ、
満喫されたことと感じております。良い笑顔を見せていますね♪

参加された方々の感想をご紹介します。
「今回は特別多くて良かった。また来月参加します。」
「いつもよりたくさんの出会いがあり、みんなで話せて楽しかったです。」
「取材もあって楽しかったね!感謝しています。」
「今日はにぎやかで素晴らしい!楽しい思い出になりました。
ありがとうございました。いつものように乗って頂ければ
活気が出てくるし楽しくなるね。今日は最高!GOOD!」


ご参加ありがとうございました!

次回の開催をご案内します。

12月20日(金)「第8回 三鉄歌声列車」
11時に三陸鉄道盛駅へ集合 
11時30分盛駅発、13時55分頃盛駅着「盛‐吉浜」間を1往復 
参加費:1500円(お弁当・乗車券代)
事前のお申し込みが必要です。
申込先:三鉄盛駅ふれあい待合室 電話番号:0192-47-3542


ふれあいノート-10月の記載-
もうすぐ、季節は冬を迎えますね。

三鉄盛駅ふれあい待合室のテーブルの上には「ふれあいノート」を置いています。
このノートは、感じた思いなどを自由に書き込めるノートです。

10月といえば、いくつも台風が日本列島に上陸しました。
夏の残暑もあり、秋を感じ始めた…そのような月でしたね。

それでは、10月に書かれた内容で、強く印象に残った文章をご紹介いたします。



第3回 三鉄駅弁列車
11月17日の日曜日。この日は『第3回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は駅弁代と乗車券代で2000円。
参加人数はスタッフ2名を含め44名になりました。
岩手県の内陸部、金ヶ崎町からの参加者がとても多かったです!


11時42分に盛駅を出発した貸切列車!
今回は『キット、ずっと2号』の乗車になります!


理事長が被災地ガイドや観光地などをご説明し、
笑い話も交えながら列車は進みます。


駅弁は碁石給食さんの「いわて恵みづくし弁当」
ウニの炊き込みご飯、ホタテ・アワビ・イクラ・カキ・ワカメ・
サンマハンバーグが入った少し贅沢な駅弁を召し上がります♪
海の幸が豊富で、とっても美味しいですよ!


お食事の様子です♪


綾里駅付近では「綾里」の名前の由来と「綾里大権現」についてご説明がありました。

<綾里大権現とは>
平成8年に製作された踊る大権現様。獅子頭の大きさが2m四方、
重さが200キロと大きさでは日本一を誇り、地域で伝統的に踊り継がれてきた
権現舞のシンボル的存在。巨大な獅子頭はショベルカーで2人がかりで操作しています。


【恋し浜駅】に12時3分に到着。ここで10分間の停車です!
ホームにある「幸せの鐘」を鳴らされる方、待合室にある「ホタテ絵馬」
願い事を書き、願掛けされる方など、自由に過ごされました。


【甫嶺駅】付近では、川を鮭が遡上している様子がハッキリ見えました!
貴重な時間とタイミング!皆様、興奮して観察されましたね♪


『キット、ずっと2号』の車内には応援メッセージを書き込むことが出来ます。
参加者が三鉄への思いを書いていました。嬉しいですね♪
これからもよろしくお願いします。


【三陸駅】で5分間の停車になります。
ホームに降り、11月16日(土)に吊るされた「ころ柿」を観賞しました。
三陸駅の名物!が3年振りに復活です!地域住民の方々が約3000個の皮を剥き、
越喜来小学校の児童や駅を訪れた人たちのメッセージと一緒につるされてあります。


また、陸前赤崎・甫嶺・三陸・吉浜の各駅の被災状況の様子を、
写真を使って理事長がご説明されました。


車窓から見える被災地の景色には、美しい三陸海岸の様子と共に、
震災当時そのままの様子がご覧になれます。


12時38分、【吉浜駅】『三鉄駅弁列車』が到着!22分間の停車になります。
『キット、ずっと2号』と同じく桜色にラッピングされた駅舎の前で記念写真を撮影!


駅舎に掲示されている「吉浜の被災と復興状況」を御覧になられました。


東日本大震災により地表に顔を出した【津波記念石】
昭和8年の「昭和三陸大津波」の際の津波で海岸に打ち上げられた石。
その威力を後世に伝える為、文面が刻まれています。


三陸町越喜来地区…いまだ更地の状態であり、
破壊された防潮堤の工事が行われています。


復路の【綾里駅】では3分30秒間の停車になります。
ここで、通常ダイヤの新型車両とすれ違います。
新型車両の乗客が手を振ってくれました。
こちらからも手を振り返し、温かい気持ちになった瞬間でしたね♪


他にも、陸前赤崎付近では「中赤崎仮設商店街」の人達が手を振ってくださりました。
恋し浜駅付近でも、住民の方々が手を列車に向かって振ってくださいました。
とっても心温まる…地方の列車ならではの嬉しくなる光景ですね!

13時55分、貸切の『三鉄駅弁列車』が盛駅に到着し、終了となりました!
皆が、最高の笑顔で降りて来られ「最高に楽しかったよ~!」
御礼を述べながら帰られました。ありがとうございます!


それでは、参加者の感想をご紹介しますね。
「お弁当が美味しかった。津波の跡があちこちに残っていました。
震災後に車で釜石から大船渡まで見て歩きました。
車と列車では目線が違うので車では気付かない事に気付きました。
沿岸に住む皆さんを応援しています。」
「俳句を作ります。後でハガキを送ります。」
「大船渡に住んでいますが、初めて三鉄に乗って吉浜まで行きました。
吉浜は景色もよくいいところでした。楽しい時間でした。」
「初めて三鉄に乗りました。景色がきれい。海がきれいでした。
楽しく過ごせました。」
「お弁当美味しかったです。また乗りたいです。」
「弁当列車は初めて乗りました。近所の人達と6人で来ました。
弁当がおいしく楽しかったです。笑うのが一番!!(70代の女性)」



次回の開催をご案内いたします。
12月15日(日)「第4回 三鉄駅弁列車」
三鉄盛駅へ11正午に集合。出発は12時25分。
海の幸たっぷり入った駅弁を召し上がるちょっと贅沢な貸切列車。
盛-吉浜間を往復し、被災地ガイド付きで運行します!
参加費は2000円(駅弁・乗車券代)。定員40名!


お申し込みは、三鉄盛駅ふれあい待合室へ♪
電話番号:0192-47-3542


『The North Journey REUNION』3日目。
11月2日から4日まで、盛駅前では
『The North Journey REUNION 北への旅~再会2013』が行われました。
主催は『アルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト』

地元のミュージシャンも含め、総勢100人規模のライブを各地で開催!
会場は、下記になります。
<大船渡>
【屋台村】2日~4日:11時~19時
【盛駅前】2日:13時~17時、3日:11時~17時、4日:11時~16時
【地ノ森八軒街】2日:13時~15時
【長洞地区公民館】2日:19時~20時


<フェスティバルトレイン>
【ライブ列車】3日:14時10分盛駅発~16時5分盛駅着

<MINT HOUSE(ミントハウス)>
MINTさんがリーダーとなって盛駅前でワークショップを行います。
バルーンワークや手作り楽器作り、マッサージなど。


<陸前高田>
【陸前高田ツアー】陸前高田の見学、ジャズタイムジョニーの
手作りの昼食、地元観光協会の方々のお話など。


<大槌>
【吉里吉里 民宿サトウ】2日:15時~18時


<11月4日(日)3日目>
盛駅前での演奏は、11時~16時まで元気に行われました!

1番手『タカギィ』さん
急きょ参加した私です。エアギター&エアヴォーカルでの出演です!
洋楽4曲を選曲し、ビニールギターを掻き鳴らし、歌い合わせての歌真似です♪


2番手『MAUDIE』さん
数年前の音楽番組で盛駅前から歌われた方を記憶されていて、
ずっと歌いたかった」と強い思いをアピール!嬉しいですね♪
パワフルで元気に軽快な感じに演奏!さわやかな疾走曲を披露されました!
「ゼロのうた」があり、3、2、1…0!という掛け声があります!


3番手『Memeko』さん
「岩手にきたらやってみたい曲」ということで、
「あまちゃんのオープニング曲」をクラリネットで演奏♪
オリジナル曲はギターを弾きながら、その柔らかい印象そのままに、
ふんわりやさしい感じを雰囲気たっぷりに披露されました!


4番手『じゅんや人情』さん
「楽天優勝おめでとーーーう!」を嬉しさを爆発!
フォークソングをパワフルに疾走する楽曲で勢いよく演奏!
また、ギターをマンドリンに持ち替えて『Memeko』さんとの共演もありました!
心温かくなるステキな雰囲気でしたね♪


5番手『山口敦子』さん
マンドリンの美しい音色を響かせ、しっとりと大人の雰囲気を
魅力いっぱいに演奏され、癒しの世界でありました♪


6番手『前田直弥』さん
エネルギー溢れる演奏で力強く、爽やかなメッセージを伝えていました。
いい声で歌われ、とても心地よかったです。
1日目は大槌、2日目はライブ列車、3日目がこの盛駅での演奏。
「楽天が優勝し、知らない人同士が抱き合い、握手している姿をみて感動した!」


7番手『森偉蔵』さん
渋い声でフォークソングを歌われていました!


8番手『岩見たかし』さん
情熱的にしっとりとフォークソングを歌われていました♪


9番手『MINAMI』さん
2012年に続き2回目!再会ですね♪覚えていますよ!
やっぱりかっこよかったです!素敵ですね♪
情熱的に切なく歌われながらも強さを感じる最高な演奏で、とっても盛り上がりました!


10番手『オサムボーイ』さん
この方も2012年に続き盛駅では2回目。再会です!
しっとりといい音を響かせていて、最高にかっこよかったです!
「Knockin' on heaven's door」を渋く演奏!


11番手『東和田義隆』さん
王冠が良い感じですね!優しく柔らかい声と楽曲で、魅了していました!


12番手『小林聡』さん
しっとり聞かせる大人のフォークソングでありました♪


13番手『鈴木準二』さん
英語で渋い声で歌い、感情たっぷりに歌い上げていました♪


14番手『束』さん
大船渡市出身の地元ミュージシャン!初めての参加!
弾く弦は強く、情熱的に感情たっぷりに歌われました。
熱く切ない思いと心地よさがありましたね♪


15番手『工場見学』さん
3日間盛駅前の会場で司会を務めた『工場見学』さんが最後を締めくくります!
ギターと三線のデュオで沖縄民謡を表現し歌われました。
「盛の駅であいましょう♪」と歌われたのが印象深いですね。
司会、お疲れ様でした!ありがとうございました!


これにて、11月2日から4日まで
音楽イベント『The North Journey REUNION 北への旅~再会2013』
全て終了となりました。3日目の来場者数は、
ミュージシャン・スタッフ・お客様を合わせて174名。
ライブ列車と盛駅前会場の延べの来場者数は、486名になりました!
大勢の方々が演奏を楽しみ、癒され、聴きに来られていました。
また、来年も開催してほしいですね♪

ご出演されたミュージシャンの皆様、再びお会いしたいです!
岩手県大船渡市の三陸鉄道盛駅で、お待ちしております!
本当に、ありがとうございました!!


**********

【三陸鉄道盛駅ふれあい待合室】電話・FAX:0192-47-3542

続きを読む
第47回 無料法律相談
11月16日、11月17日の土日に『第47回 無料法律相談』を開催しました。
主催はヒューマンライツ・ナウ。夢ネット大船渡が協力しております。

今回は、東京の弁護士事務所から弁護士さん1名と、
ドライバーの方が1名がお越しくださいました。


告知は、スーパーマーケットやショッピングセンターにポスターやチラシを配布・掲示。
東海新報の記事や広告にも掲載してご案内を行っていました。
また、復興ニュースや三鉄盛駅ふれあい待合室の
ホームページ・ブログ・フェイスブックでもご紹介しています。

1日目は、三鉄盛駅ふれあい待合室の和室を使用し、
14時から16時の時間帯で行いました。この日の相談者は1名。

2日目の会場はカメリアホールの研修室を使用。
時間帯は10時から12時で行い、この日は2件の相談がありました。

延べの相談件数は、264件になりました。

弁護士さんに感想を伺いましたのでご紹介いたします。

「2日間で計3件の相談がありました。
今回も、不動産に関するご相談が多かったと思います。
相談やローンの問題など、ささいな事であっても
全く構いませんので、どんどんご相談いただければと思います。
冬が近づき、徐々に寒さが増してきましたが、
皆様が体調など崩れません様お祈りしております。」


震災に関係なく、悩みを抱えている方々はいると思います。
もちろん、震災により問題が発生した方もおります。
無料で弁護士さんにご相談することができますので、
この機会をぜひともご利用して頂きたいと思っております。

専門家にご相談することで、気持ちが楽になります。
いつまでも悩み続けず、前に進むためには、よい機会であると思います。
どんな些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。

相談者の皆様、ご利用ありがとうございました。
弁護士の皆様、ありがとうございました。

次回の『第48回 無料法律相談』をご案内いたします。
11月30日(土)14時~16時/12月1日(日)10時~12時
相談時間はお一人様40分間。事前の予約が必要になります。
仮設住宅への出張相談も受け付けております。

ご予約は、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室へご連絡ください。
よろしくお願いいたします。電話番号:0192-47-3542


あでやか切り絵・お茶会
11月15日の金曜日。この日は『あでやか切り絵・お茶会』を開催。
三鉄盛駅ふれあい待合室の中で、10時から12時の時間帯で行いました。


ご用意したお茶菓子は蒸した『さつまいも』。季節のおやつですね♪


手芸者の集りから自主的に発生した「刺し子の会」も4名ほど集り、
お茶会にも参加されました。最初は待合室にいましたが、
いっぱいになりましたので、事務室の和室をご案内しました。
「刺し子の勉強会♪」と楽しそうに話しつつ、
その魅力に夢中になりながら過ごされました。


『あでやか切り絵』は、8種類ある植物の図形から選び、
裏側から切ったチラシを貼り付けていくことで完成する「切り絵」になります。


このような感じに作業を進めます。
切り取ったチラシをボンドで貼っていきます。


11時30分に盛駅を出発する三陸鉄道にご乗車される団体のお客様も参加され、
美味しいお茶菓子と温かいお茶を召し上がり、寛ぎながら過ごされました。
中にも「あでやか切り絵」を楽しまれる方もおりました。
お茶菓子は「ホクホクで美味しい♪」という感想も聞かれましたね。


『あでやか切り絵』「どのチラシを選ぼうかな。」「あの色合いがほしい。」など、
頭を使って出来上がりを想像し、チラシをハサミで切ってボンドで貼るなど、
手先をよく動かします。夢中になる魅力があり、楽しまれています。


最後に、完成された『あでやか切り絵』をご紹介します!
選ばれた図形は「椿」ですね。大船渡市の花でもあります。
赤の色合いがとってもステキです!「楽しかった!」と何度も話されていました。


今回の参加人数は、22名。ご利用くださいまして、ありがとうございました!



**********

【三陸鉄道盛駅ふれあい待合室】電話・FAX:0192-47-3542





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。