三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



第6回 三鉄歌声列車
平成25年10月25日の金曜日。この日は「第6回 三鉄歌声列車」を開催!
三鉄盛駅を11時30分に出発する貸切列車です!参加費1500円で、お弁当と乗車券代。
今回の参加人数はスタッフ2名を含めて18名。ありがとうございます!


皆さん、月に1回のカラオケ列車を楽しみにされている方ばかりです。

お弁当はいつも好評な「味菜」の幕ノ内弁当!
召し上がりながら、明るく賑やかな空間を満喫されております。
「お弁当美味しかった!」という感想も聞かれましたよ♪


それでは、歌われている様子をご紹介しますね!

モニターを2カ所に設置し、座席から近い場所を選んで歌います。


動く列車の中でのカラオケは、通常とは違う感覚が味わえます。
気持ちよさそうに歌われていますね♪楽しんでいる様子が伝わってきます。
画面をみて口ずさまれる方や、上手な歌声に聴き入る方も♪


今回は、お一人3曲から4曲ほど歌う時間がありましたね!
好きな歌、得意な歌を選ぶ方、歌ってみたい曲、久々に歌う曲など
この機会に挑戦される方もいて、列車の中という特別な空間で楽しまれました。


途中でカラオケに合わせて踊られる方もいました!


オモチャの楽器(タンバリン・マラカス)を持って
リズミカルに音を鳴らして曲に合わせ、会場を明るく盛りあげる方も!


今回の運行ダイヤは、吉浜駅では10分間停車し、
復路の三陸駅では、12時26分から13時10分まで44分間の停車。
少しでも歌っていたいと、カラオケは次々に歌われていました。


13時22分から13時32分までは「恋し浜駅」にて停車。
雨が降っていましたので、待合室に立ち寄られた方は少なかったですが、
「ホタテ絵馬」の様子を拝見したかったのでしょうね♪


手拍子や拍手が聞え、艶のある上手な歌声を響かせて、気持ちよく過ごされておりました。

14時頃、貸切の「第6回 三鉄歌声列車」は、盛駅に到着!
これにてイベントは終了となりました。ご参加くださりありがとうございました!


月1回の「カラオケ列車」で顔を合わせ、お互い元気に過しているかなど
気にされつつ再会されています。また、日々の生活の糧になり、
楽しく元気に発散されている様子と笑顔から感じられました。

次回の開催をご案内します。
11月16日(土)「第7回 三鉄歌声列車」
11時に三陸鉄道盛駅へ集合 
11時30分盛駅発、13時30分頃盛駅着
「盛‐吉浜」間を1往復 
参加費:1500円(お弁当・乗車券代)
事前のお申し込みが必要です。
申込先:三鉄盛駅ふれあい待合室 電話番号:0192-47-3542


スポンサーサイト
【告知】11月のイベント情報
三鉄盛駅ふれあい待合室


11月のイベントご案内


「The North Journey REUNION 北への旅~再会 2013」
主催:アルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト
地元ミュージシャンも含め、総勢100人規模のライブを大船渡・陸前高田・大槌の各地で開催。
11月2日(土)~4日(月・祝)
<大船渡>
【屋台村】2日~4日:11時~19時
【盛駅前】2日:13時~17時 3日:11時~17時 4日:11時~16時
【ライブ列車 三陸鉄道】※有料
3日:14時10分盛駅発 
【地ノ森八軒街】2日:10時~15時 
【長洞地区公民館】2日:19時~20時
<陸前高田ツアー>
陸前高田の見学・ジャズタイムジョニーの手作り昼食・
地元観光協会の方々のお話を聞いたりなど。
<大槌町>
【民宿サトウ】2日:15時~18時
<フェスティバルトレイン・ライブ列車のご案内>
参加費:1000円(乗車券代)
集合:13時に三陸鉄道盛駅前
出発:三陸鉄道盛駅14時10分
定員:先着40名
要申込:事前のお申し込みが必要です。
申込先:三陸鉄道盛駅 ふれあい待合室
(電話・FAX:0192-47-3542)


<The North Journey REUNION 北への旅~再会 2013>
●ブログ
http://ameblo.jp/almanachouse-staff/
●facebook
https://www.facebook.com/TheNorthJourney2012


復興ニュース発行第100号記念
三鉄盛駅ふれあい待合室オープン2周年記念

「劇団ともえ座」
11月9日(土)
会場:リアスホール(大ホール)
前売券:500円(当日券:700円)
開場:12時30分 開演:13時00分 終演:16時

<入場券取扱所>
三鉄盛駅ふれあい待合室・サンリア等でも販売
【涙と笑いの人生芝居!豪華絢爛舞踊ショー!】あの感動が再び!
<協賛出演>
満月会 会主 佐藤満枝
坂東流 桂木みゆき
山形県民踊協会



「あでやか切り絵・お茶会」
無料
11月15日(金)10時~12時
場所:三鉄盛駅ふれあい待合室

お茶と美味しいお茶菓子をご用意してお待ちしております。
希望者には「あでやか切り絵」も行います。
チラシを切り貼りして、自分だけの作品を作りましょう。
夢中になって楽しいですよ。


「無料法律相談」
※要予約
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
11月16日(土)14時~16時
11月17日(日)10時~12時
11月30日(土)14時~16時
12月1日(日)10時~12時

お気軽にご相談ください。
弁護士さんが無料でご相談に応じます。
※仮設住宅へも出張します。その旨をお知らせください。


「第7回 三鉄歌声列車」
※要申込
11月16日(土)
11時30分発~13時30分頃着
午前11時に三鉄盛駅へ集合
参加費:1500円(お弁当・乗車券代)
定員:40名
申込締切:11/13(水)

交流を目的に開催。車窓から眺める景色を満喫し、
笑い声の響き渡る和気あいあいとした雰囲気です。
カラオケで歌って踊って歓談してと、盛り上がって楽しみましょう。


「第3回 三鉄駅弁列車」
※要申込
11月17日(日)
11時30分発~13時30分頃着
午前11時に三鉄盛駅へ集合
参加費:2000円(駅弁・乗車券代)
申込締切:11/13(水)
定員:40名(最低遂行15名)

※被災地ガイド付き 盛-吉浜の往復
ウニの炊き込みご飯、ホタテ・アワビ・イクラ・カキ・ワカメ・
サンマハンバーグが入った少し贅沢な駅弁を召し上がります。


「第8回 三鉄駅からウォーキング」
※要申込
11月23日(土)
午前11時に三鉄盛駅へ集合
【行き】盛駅発11:30⇒綾里駅着11:42
【帰り】綾里駅発14:54⇒盛駅着15:05
参加費:450円(乗車券・保険料代)
申込締切:11/20(水)
 
【綾里駅から津波記念碑と白浜を散策】
※お弁当・お飲物は持参
※大雨で中止の場合は、翌週の土曜日(11/30の同時刻)に行います。


主催・申込先・お問い合せ先は、
三鉄盛駅ふれあい待合室までお願いします。
電話番号:0192-47-3542


【告知】The North Journey REUNION 北への旅~再会 2013
『The North Journey REUNION 北への旅~再会 2013』

主催:アルマナックハウス/ノースジャーニープロジェクト

地元ミュージシャンも含め、総勢100人規模ライブを各地で開催!

期日:平成25年11月2日(土)~4日(月・祝)

【大船渡】
屋台村(2日~4日:11時~19時)
盛駅前(2日:13時~17時)(3日:11時~17時)(4日:11時~16時)
地ノ森八軒街(2日:10時~15時)
長洞地区公民館(2日:19時~20時)
ライブ列車(三陸鉄道 3日:14時10分盛駅発 ※有料)

●MIINTHOUSE(ミントハウス)
盛駅前では、MINTさんがリーダーとなり、ワークショップを行います。
昨年評判だった子供さん相手のバルーンワークや、
簡単なリズム楽器作りなど様々な企画を考えているそうです。

【陸前高田】ジャズタイムジョニー(詳細未定)
【大槌町】民宿サトウ(2日:15時~18時)

100人規模のミュージシャンがローテーションで各地をまわり、ライブを行います。
今回はセッションなども企画されているそうです。

★フェスティバルトレイン・ライブ列車のご案内★
平成25年11月3日(日)
三陸鉄道南リアス線貸切列車に乗ってライブ列車を運行します!
●参加費:1000円(乗車券代)
●集合:13時に三陸鉄道盛駅前
●定員:先着40名
●出発:三陸鉄道盛駅を14時10分に出発
●要申込:事前のお申し込みが必要です。
●申込先:三陸鉄道盛駅 ふれあい待合室
「名前」「住所」「電話番号」をお知らせください。
 電話・FAX:0192-47-3542
 Mail:santetsufureai@snow.plala.or.jp


続きを読む
【告知】「劇団ともえ座」公演
復興ニュース発行第100号記念
三鉄盛駅ふれあい待合室オープン2周年記念


劇団「ともえ座」

11月9日(土):リアスホール(大ホール)
前売り券:500円(当日券700円)


前売りチケット発売中!


<協賛出演>
★新日本舞踊 満月会 会主 佐藤満枝
★坂東流  桂木みゆき(盛岡市)
★山形県民謡協会


◆日付:平成25年11月9日(土) 開場12:30 開演13:00
13:00満月会・ともえ座
14:00式典
14:20坂東流・満月会・山形民謡協会・ともえ座
16:00終了


◆場所:大船渡市民文化会館リアスホール(大ホール)盛町字下舘下18-1

<入場券取扱所>
三鉄盛駅ふれあい待合室 TEL:(0192)47-3542
サンリア等でも販売しています。お届けもいたします。ご連絡ください。



<主催>
NPO法人夢ネット大船渡 TEL:(0192)47-3271

<後援>
沿岸広域振興局・大船渡市・陸前高田市・住田町・大船渡商工会議所
三陸鉄道(株)・東海新報社・岩手日報社・朝日新聞盛岡総局
読売新聞盛岡支局・毎日新聞盛岡支局・河北新報
NHK盛岡放送局・テレビ岩手・IBC岩手放送・めんこいテレビ
岩手朝日テレビ・FMねまらいん


岩手県福祉基金から助成を受けています





第7回 三鉄 駅からウォーキング
10月19日の土曜日。この日は「第7回 三鉄 駅からウォーキング」
開催しました。今回の駅は、吉浜駅です。参加費は700円で
保険料・乗車券代になります。参加人数は16名。

【盛駅】から11時30分発の三陸鉄道南リアス線に乗り【吉浜駅】を目指します!
12時4分に到着。その後、休憩を軽くとり、準備体操を行いました。

吉浜駅からのウォーキングは、石川啄木の歌碑と津波記念石を散策します。
12時25分頃、大船渡市三陸町吉浜を歩き始めました。


道の途中には『旧郵便局』の古き良き趣きのある素敵な建物が見えてきました!
写真を撮りたくなる…そんな魅力ある佇まいで、大正時代を感じますね。


思わず立ち止まった場所。現在、浸水地域は盛り土を行って高くしています。
その光景を眺めている様子ですね…。重機がたくさんあり、工事が行われています。


【石川啄木の歌碑】
このように歌われた歌碑が建立されています。
「潮かおる 北の浜辺の 砂山の かの浜薔薇よ 今年も咲けるや」


「岩手の生んだ天才歌人(詩人)石川啄木は、
岩手県盛岡中学校三年の時、明治三十三年(1900年)担任の
富田小一郎先生に引率されて修学旅行に出発しました。
7月18日盛岡駅に集合し、一関、千厩、気仙沼、高田、大船渡、盛、
越喜来を経て、7月24日この地、吉浜に到着しました。
以下級友船越金五郎氏の日記「旅の跡」をご参照ください。」



その近くには、昭和三陸大津波の石碑がありました。


「津波の追憶 
昭和三陸大津波 昭和8年3月3日3時15分襲来
新山神社参道入口の鳥居が第2波により被災、津波の恐ろしさを
生々しく物語り、残骸として此処に鳥居の一部が存在する。
(鳥居跡地はこれより東10mの位置)
現在地における津波遡上高は碑頭により3m上と追想される。
薄らいでいく津波の教訓を、後世に引き継ぐ、
昭和三陸大津波追憶碑を此処に建立する。平成20年5月24日」



ここから浸水域である低い地…現在工事が進んでいる場所を歩きました。


途中で、仮設の橋を渡りましたが、流れている吉浜川で鮭の遡上を発見!
岩の間を通り抜けようと一生懸命泳いでいました。


そしてついに到着!【津波記念石】


「昭和八年三月三日ノ津波デ…重量八千貫」と刻まれています。


1貫が3.75kgですので、約30トンの重量になりますね。
この石が、昭和8年に起きた【昭和三陸大津波】の際、
200m先の海岸から打ち上げられたと判明。
その後、昭和50年代に行われた道路工事により埋没。
それが東日本大震災によって再び地表に現れたのです。


津波の恐ろしさを後世に伝える為、
このように事実を文字で刻み、現代へと残されたのです。
この3トンの石をも動かす津波の威力…凄いですね…。

説明が終わり、砂浜で休憩を取りました。
平たい石を使って「水切り」して遊ばれる方、綺麗な石を拾って集めている方など
自由な時間を過ごしました。震災後、海にここまで近づいたのは初めてです。
そのような方も多かったですね…。うみねこは日向ぼっこ状態!


ここで全体の記念写真を撮影。


この辺りは重機が多く、破壊された防潮堤を多く見かけました。
そして高台にするため盛り土を行っていましたね。
また、そこに防風林を置くための工事のようです。


【吉浜地区】の被災状況をご説明します。
<被災者の少なかった地域>
「この地域は1400人の方々が住んでおりますが、
今回の東日本大震災で犠牲になられたのは1名だけです。
家屋の倒壊も4棟だけと、被害がほとんど無かった地域です。
これも、明治29年(約2割の人が犠牲)の津波の被害から、
明治29年当時の村長が、私財を投じて被災地を買い上げ、
山を切り崩して代替地を整備し、住民を移転した結果、
昭和8年の津波では死者17名だけであった。
高台移転に反対者もあった中で、
村長の強力なリーダーシップで実現した地域です。」


休憩が終わり、吉浜駅へと歩き出しました!
途中で「津波の追憶」の石碑に名前があった「新山神社」に立ち寄りました。
「昭和三陸大津波」の際は鳥居が流されたとのこと。
ちょっと高い場所にありますが、津波が押し寄せたことになりますね。
ちなみに、そこには「天皇陛下御即位二十年記念植樹」の椿がありました。


帰り道、柿の実と椿の実を発見!秋ですね♪


14時10分、吉浜駅へと戻ってきました!
跨線橋を上り、まだ開通していない釜石方面への線路を見て、
それぞれ感じることがあったみたいですね…。


14時30分、参加者は三陸鉄道南リアス線に乗車し、15時5分に盛駅に到着。
これにて『第7回 三鉄 駅からウォーキング』が終了となりました。

地元の魅力を再発見して頂くため、史跡や記念碑、名所や観光地などを見ながら
健康作りも兼ねたウォーキングです。会話のできるペースで歩くのも
好評のようですね。歩くことで気付くことも多いのですよ!
ご参加くださいまして、ありがとうございました!


次回の開催をご案内します。
11月23日(土)「第8回 三鉄 駅からウォーキング」
【綾里駅】から津波記念碑と綾里白浜を散策します!参加費は450円。
11時に三鉄盛駅ふれあい待合室にへ集合。事前の申込みが必要です。
11時30分発の三陸鉄道に乗車します!お申し込み、お待ちしております!

ふれあいノート-9月のメッセージ-
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室のテーブルの上には「ふれあいノート」があります。
このノートは、被災地に訪れた感想や三陸鉄道への応援メッセージなど、
訪れた方が自由に書き込み、表現することができるノートです。

9月といえば夏の暑さが和らいでいき、
徐々に動き出しやすい気候になり始めた記憶ですね。

それでは先月に書かれた内容で、強く印象に残った文章をご紹介いたします。


-----------------

「大阪から来ました。今朝、NHK朝の放送をホテルで見た時が、
丁度、三陸鉄道の事故で(トンネル)ぐう然にも、
その鉄道に乗ることが出来、感慨深いものがありました。
窓からの美しいのどかな海岸線の景色に感無量でした。
その日のその時の事を思うと…。
今日は吉浜までの往復でしたが、次回に。
又、先へ乗れることを願っています。」


「茶がうめ~。弁当とパンも助かる。朝からやってる店サイコー!」

「がんばれ、三鉄!」

「3/11の事は今でも、涙なしではテレビ、雑誌、
DVD全て見れません。前に進まなければと常に
思うようにしてるけど、今日は車で仙台から気晴らしに来ました。
夫と(故人)ドライブのつもりで、半年ぶりに来たけど、
大船渡も少しずつ復興して安心。又、半年後来ます。
日帰りで今日はこの辺で。」


「やっと来れぞ、三鉄南リアス線!
倒木にあったけど、運転士の対応はさすが。
一人しか乗ってないのに動かして頂いてありがとうございます。」


「台風18号が接近してくる中、石巻を朝出発して
気仙沼線・大船渡線のBRTを乗り継いで
やっと盛に到着したものの…。台風18号の影響で運転見合わせ…。
これから釜石まで行かなければいけないのに再びここで足止めに…。
初めて乗るはずだった三鉄はどうやらおあずけになりそう…。
バスで行くしかない様で…。自然相手ですから仕方がないですよね…。
今日はバスで釜石へ行きますが、次は絶対に乗りにあた来るぞ!!
今、NHKのニュースで台風18号が仙台沖の太平洋上に
抜けたそうです…。これから三陸沖を進むってこれからが本チャンかい!
やっぱ運転再開はムリそうですね…。
いつか全線運転再開することを信じて。負けるな!三鉄!」


「初めて三陸に来ました。がんばっぺ!」

「2013年9月21日快晴!再びやってきました!リベンジです!!
明日は北リアス線にも乗ってきま~す!
P.S.一週間の間に一人しか書いてね~や…。平日だもんね。」


「『あまちゃん』のおかげでしょう。えらい人ですな。同慶の至りです。」

「三鉄おもてなしの心ありがとう お茶ごちそう様です。」

-----------------

ふれあい待合室では、無料でお茶をご提供しています。
三陸鉄道への応援メッセージも書かれてありますね!ありがとうございます。

そして、台風18号の影響により9月16日は、始発から三陸鉄道南リアス線が
運転見合わせになりました。運転を再開したのは、この日の18時盛駅発の
列車で三陸駅までの区間からでした。

お越しの際は「ふれあいノート」へ記入してみてはいかがでしょうか。
そして月に1度、印象に残った内容をご紹介したいと思います。
お気軽に書き込みしてみてください。ご利用をお待ちしております。

第46回 無料法律相談
10月19日、10月20日の土日に『第46回 無料法律相談』を開催しました。
主催はヒューマンライツ・ナウ。夢ネット大船渡が協力して行っております。

今回は、東京の弁護士事務所から弁護士さん2名と、
司法修習生1名がお越しくださいました。


開催につきましては、スーパーマーケットやショッピングセンターに
ポスターやチラシを配布・掲示。東海新報の記事や広告にも掲載してご案内しております。
また、復興ニュースや三鉄盛駅ふれあい待合室のホームページ・ブログ・
フェイスブックでもご紹介しています。

1日目は、14時から16時の時間帯で、
三鉄盛駅ふれあい待合室の和室を使用して行いました。この日の相談者は、2名。

2日目は、10時から12時の時間帯で
カメリアホールの研修室にて行い、この日は2件の相談がありました。

この『無料法律相談』は、開所した平成23年10月5日から
約2年間、毎月開催し、延べの相談件数は、261件になりました。

弁護士さんに感想を伺いましたのでご紹介いたします。

「今回お寄せいただいた相談合計2件のうち、
1件は震災が遠からず関連するものであった。
いずれの相談についても弁護士が関与することでスムーズに
解決できることであって、弁護士による法律相談の意義を感じた。
これからも出来る限り、悩みを抱えている人達の力になれればと思う。」


「大船渡市のみなさまに相談に来ていただき、
みなさまのご相談をお開きすることができて大変よかったです。
これからも継続して大船渡に伺って、大船渡のみなさまの
お力になれればと考えています。」


震災に関係なく、問題や悩みを抱えている方々はいると思います。
もちろん、震災により問題が発生した方もいます。
無料で弁護士さんにご相談することできますので、
この機会を利用して頂きたいと思っております。

専門家にご相談することで、気持ちが楽になりますよ。
どんな些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。

相談者の皆様、ご利用ありがとうございました。
弁護士の皆様、ありがとうございました。

次回の『第47回 無料法律相談』をご案内いたします。
11月16日(土)14時~16時/11月17日(日)10時~12時
相談時間はお一人様40分間。事前の予約が必要になります。
仮設住宅への出張相談も受け付けております。

ご予約は、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室へご連絡ください。
よろしくお願いいたします。電話番号:0192-47-3542


来客者数が5万人達成!
10月15日の11時50分頃、
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室の来客者数が、5万人に達成しました。

5万人目の方は、岩手県奥州市前沢区の方で、
お名前は、安部さんです。大船渡市の養護学校に務め、
大船渡市に住んでいるお孫さんが赤ちゃんを出産。
ひ孫へ会いに、大船渡市に来られていました。

「何かあるのかな」と思い、 娘さんと一緒に立ち寄られ、ちょうど5万人目になりました。

熊谷駅長が5万人目ということをお伝えし、 賞状を手渡ししました。


その後、職員全員でクラッカーを鳴らしてお祝い。 花束と記念品を贈呈しました。


三鉄盛駅ふれあい待合室が開所したのは平成23年10月5日。
全国からお立ち寄りになられた多くのお客様のお蔭です。
約2年と10日間で、5万人が来客されました。
スタッフ一同心より感謝申し上げます。
そして今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

釜石まなちゃんのお人形♪
10月19日の土曜日。東京都からの鉄道ファンのお客様が
三鉄盛駅ふれあい待合室にお立ち寄りになりました。

その方は、ご自身で制作された「釜石まなちゃん」
バッグから取り出し、見せてくださいました!ありがとうございます!


とっても可愛らしい「釜石まなちゃん」ですね♪違う角度でどうぞ!


制作者のお名前は「み~み」さん。
三陸鉄道南リアス線にご乗車したいということで盛駅に来られました。ご利用ありがとうございます!

そして明日、三陸鉄道釜石駅前で開催される「第2回 鉄道ミニフェスタ!」
遊びに行かれるそうです。


このイベントでは「三陸鉄道 鉄道部品販売」
「上毛鉄道愛好会によるNゲージとHOゲージの鉄道模型運転」が行われます!
他にも盛り沢山な内容で開催されるそうですよ♪楽しみですね。

お問合せは、「さんてつジオラマカフェ@釜石駅」になります。
電話番号:0193-55-5520

続きを読む
あでやか切り絵・お茶会
10月15日の火曜日。この日は10時から12時の時間帯、
三鉄盛駅ふれあい待合室の中で『あでやか切り絵・お茶会』を開催。
希望者には『あでやか切り絵』も行いました。


ご用意したお茶菓子は、産直列車で大人気の
黒田たつさん手作りお菓子『りんご入りなべやき』です。


三陸鉄道南リアス線やJR大船渡線BRTをご利用の方も立ち寄られ、
温かいお茶とお茶菓子を振る舞いました。

また『あでやか切り絵・お茶会』を楽しみにされて来られたお客様もおります。

>『あでやか切り絵』は、8種類ある台紙から1枚を選び、
チラシや包装紙、折り紙などを切り貼りして作り上げます。
ご用意したチラシの色合いや柄を選び、どの部分で使用するか
想像する楽しみもあります。手先を使って頭も使うこの『切り絵』は、
作業を始めると夢中になります♪


ひと段落した際にお茶やお茶菓子を召し上がり、よい休憩となりました。


それでは、完成した『あでやか切り絵』の作品をご紹介します。
花びらが色とりどりでステキな感じに仕上がっていますね。
文字も上手に使われています。淡い色のお花や枝の様子も良い感じです。


参加人数は8名。15日現在の台風26号が
近付いている影響があるのかもしれませんね。
ご利用くださいまして、ありがとうございました。


『お茶会』は毎月1回、開催しています。
駅舎の中で、温かいお茶と美味しいお茶菓子を
振る舞っているのは、珍しいかもしれませんね。

次回は11月15日(金)の10時から12時、三鉄盛駅ふれあい待合室の中で
『お茶会』を開催します。三陸鉄道南リアス線・JR大船渡線BRTの利用者も
お気軽にお召し上がりください。

またこの『あでやか切り絵』は、
『三鉄盛駅ふれあい待合室オープン2周年記念・
復興ニュース発行100号記念』
イベントのひとつとして、
11月6日、7日の二日間、午前10時から18時まで、
サンリアショッピングセンターにて展示会を開催いたします。


大船渡市・陸前高田市の仮設住宅等の皆さんの作品を展示。
これまで、仮設住宅や三鉄盛駅ふれあい待合室にて、
講習会を行ってきました。個性的な作品がいっぱいあります。

表現する喜び、想像する面白さ、配色など考えながら手先を動かす楽しさがあります。
毎日届く新聞チラシが捨てられなくなり、日々の楽しみが増えますね!

来月は、10月15日に『あでやか切り絵・お茶会』を開催します。
時間帯は10時~12時。多くの方のご参加をお待ちしております。