三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



第5回 三鉄 駅からウォーキング
8月24日の土曜日。
この日は『第5回 三鉄 駅からウォーキング』を開催しました。
参加費450円で、保険代・乗車券代になります。
参加者は21名になりました。ありがとうございました。

今回、ウォーキングする駅は【甫嶺駅】です。
その周辺にある今出山金山跡と映画館跡まで歩きます!
健康の為、そして大船渡市の史跡を巡る内容で行っています。

盛駅から東の方向に大きく存在する山が【今出山】であり、
かつて金が採掘される山でありました。楽しみですね!

盛駅を11時30分発の列車に乗車!車内で昼食を取りました。
目的の甫嶺駅には11時56分に到着!


ここが甫嶺駅です!


駅前広場にて準備体操し、12時15分頃に開始!
駅付近は住宅地が多く存在していました。


小川の流れる横道を歩きました。


この大自然をご覧ください!和みますよ♪


また、田んぼや製材所を横切り、緩やかな上り坂を歩くこと45分、
やっと説明者のいる『三陸町簡易水道甫嶺浄水場』に到着しました!


ご説明してくださったのは「産金遺跡研究会」の野村節三さんです。


----------

今出山の標高:756.6m
金山の規模:気仙四大金山の一つであり、気仙地方最大規模。
産出鉱物:自然金・自然銅・黄銅鉱・黄鉄鋼・亜鉛鉱など。
金採掘法:古くは「露天掘り」「土坑掘り」、慶長年間からは岩盤の「坑道掘り」。


<金山発見年代>
不明。平安後期の藤原三代の頃は既に金採掘。


<安土桃山時代>
天正年間に葛西氏滅亡後、伊達政宗の所領。
慶長年間に気仙四大金山(三枚五両山、玉山金山、雪沢金山、坂本沢金山)


<明治時代>
「今出山」を命名。鉱山・採鉱学による近代採鉱技術を導入。
明治25年に及川市太郎、刈谷譲右衛門の両氏が共同経営。
明治29年の三陸大津波で採鉱機械を流失により稼働中止。


<昭和時代>
昭和14年~18年に富栖金山株式会社が経営。
従業員250人。搗鉱法・浮選法で採金。
産金量:日産35kg。今出山金山全盛時代になります。
黒森平で精錬所、事務所、大食堂、クラブ、宿舎、映画館などを設置。


昭和18年「金山整備令」で一旦、閉鎖。
昭和25年、東日本鉱業株式会社が再開、東洋産金株式会社が経営。
「金アマルガム法」で製錬。月産256g程度。
昭和31年、金山全面的に閉山。


坑道は、計17抗あったとされ、現存の坑道は7抗になります。

----------

その後、近くの木々の中を歩きました。
金山には必ず水路があり、その跡がこのように残ってあります。


道に戻り、もっと奥に進むと山の入口のような場所にきました。
ここには「ヘビノネゴザ」というシダ植物がたくさん生息していました。
金属鉱床地帯の指標植物であり、重金属を固体内に濃集する特徴があります。
ホントに驚くほどたくさん生えていましたね!


木々に囲まれた道を真っ直ぐ歩いていくと「今出山金山事務所跡」到着しました。


その斜め向かい側には「今出山金山映画館跡」が…!
ここで全員の記念写真を撮影!
かつてこの場所は栄えていたという歴史を感じる事ができましたね。


もう少し奥へ進むと、広い場所に到着し、
「今出山金山精錬所跡」にやってきました。


帰り道は逆に緩やかな下り坂です。
途中でカラスアゲハに遭遇しました!ちょっと嬉しい気分♪


甫嶺駅に戻り、待合室に入ると彫木の大黒天様と恵比寿様が置いてありました。


その説明がありましたので、掲載しますね。


「三鉄様 再開業に感謝申し上げます。この彫木は偶作ではありますが、
去々三月十一日の大津波に鬼沢海岸に流れついた桑の木の老木です。
有志の方が彫物に良いとか態々届けられた大木ですので、
皆様の足の守りにでもなればと作りました。
三鉄様に置いて頂ければ幸いです。」


「この彫木は2013年4月に、甫嶺駅の待合室に手紙と
可愛らしい絵と一緒に置かれていた彫木です。
わざわざ作って頂いてありがとうございます。
三陸鉄道と地域の皆さまで、大切に飾らせて頂きます。
そして、これからも三陸鉄道南リアス線をよろしくお願いいたします!!!」


「注意:この彫木は、ご厚意で作って頂いた大切な物です。
勝手に持ち出したりしないよう、お願いいたします。」


駅から見える景色はこんな感じ。
復旧工事の様子と島に松の木が生えた小松島です。


花壇にはヒマワリが元気に咲いていましたね!


列車に乗り込み14時52分、甫嶺駅を出発!


15時19分に三陸鉄道が盛駅に到着。これにて終了となりました。

それでは、参加者の感想をご紹介します。

「よかったです。体力の衰えを感じました。なるべく参加したいです。」

「鉱山のあったところにシダがあると聞いていたが、
改めて確認することができました。」


「昔ってすごい。鉱山の為に集落があったなんて。
住田町では、学校やお寺も昔あったと聞いていて、
栄えていたんだと感じました。」


「名残の名前も、金さん、金野(きんの・こんの)さん、と特徴が今でもあります。」

「時間の関係で叶いませんでしたが、坑道まで入りたかったです。
先生の説明がとてもよかったです。」


健康の為、運動の為、そして大船渡市の魅力再発見の史跡巡りも行います。
また、三陸鉄道を利用して各駅からのウォーキング!
楽しみいっぱいの内容となっています!

ご参加くださいまして、誠にありがとうございました!

次回の開催をご案内します。
『第6回 三鉄 駅からウォーキング』
9月21日(土) 午前11時に三鉄盛駅へ集合
参加費:550円(乗車券・保険料代)
申込締切:9/18(水)
※お弁当・お飲物は各自持参
【三陸駅から三陸大王杉・越喜来被災地や復興地巡り】
行き:盛駅発11:30⇒三陸駅着11:59
帰り:三陸駅発14:39⇒盛駅着15:05
※大雨で中止の場合は、翌週の土曜日(9/28の同時刻)に行います。


スポンサーサイト
記念品を発送しました!
8月4日~6日、8日~10日の6日間に開催の
『夏休み特別企画 お楽しみ列車』にご乗車された子供さんが書いた感想文を、
三鉄盛駅ふれあい待合室宛にFAXや郵送して頂きました。

この『お楽しみ列車』「三鉄早期復旧カンパ箱」
「2年間500円玉貯金をしました」と書かれた封筒のご寄付を使用し、
企画・開催したイベント列車になります。

新型車両を貸し切っての『お楽しみ列車』
6日間で216名がご乗車になりました。

親子や御孫さんと一緒に参加された方など
全国各地から多くの方が来られました。本当にありがとうございます。

列車では、大人用と子供用のお菓子も配布しました。
その中でも全員にお配りした「飲むアイス」は大好評♪
吉浜駅からの復路では「ビンゴゲーム」「ジャンケン大会」
「ホタテ貝絵馬」に願い事を書いて頂いたりと、楽しい時間を過ごされておりました!

被災地の状況なども各場所で説明し、
大人の方には興味深くご覧になれたことと思います。

今回ご乗車された子供達に感想文を書いて頂き、
提出された子供さんには『記念品』をお送りするということで
本日8月28日、発送しました!


気になる記念品は「さんてつくん缶バッジ」です。
どんな缶バッジかは到着した際、ご覧くださいね!

そして、三陸鉄道南リアス線が部分開通した2013年の夏休みに、
このようなイベント列車にご乗車した楽しい思い出をご提供できたこと、
とても良かったと思いましたし、地元の方も三陸鉄道に
ご乗車する良い機会になったとも感じております。

楽しい思い出とともに再び三陸鉄道にご乗車されると嬉しいですね。
ご利用をお待ちしております!

それでは、いくつか感想をご紹介します。

「さんりくてつどうにのって1人せきでつまらなかったけど、
女の人が1人きてうれしかった。ゆうめいな人もきたさんりくてつどう、
わたしはさんりくてつどうにのってみたかったからのれてうれしかった~。
おかしももらったし、アイスももらったし、ビンゴもやって、
ビンゴになったからうれしい、たのしい、
しむらけんのさいんホタテもみてうれしい。
おかしも2人でたべたし、女の人と友達になれてうれしい、
男の人はギターをひいていた。かぞくで行けばたのしいよ~」


「私は、今日の三陸鉄道「お楽しみ列車」で
たくさん東北(岩手)のことが分かったり、ゲームも楽しかったです。
私は埼玉に住んでいるので岩手県のことはよくわかりませんでした。
でもこの三鉄列車に乗って、三陸のことがよく分かりました。
また、三陸の景色を見ながらビンゴやじゃんけんゲームは
とても楽しかったです。また乗りたいです。」


「今日のお楽しみ列車は、とても楽しかったです。
行きは、一つひとつの説明がわかりやすく、恋し浜駅では、
志村けんや西城さん、福山さんのホタテの貝を見ることができました。
帰りはビンゴやじゃんけん大会がありとても楽しかったです。
ビンゴではトリプルリーチになったけれどビンゴにはなりませんでした。
じゃんけん大会では2位になることができとてもうれしかったです。
写真などもたくさんとることができたのでとてもよかったです。また乗りたいです。」


「前の夜からドキドキしていました。さんてつにのったことがないので、
さんてつを見たときに「かっこいいな」と思いました。
き車の中は赤いシートと白いかべでしんぴんかと思いました。
おかしとのむアイスをもらったとき、おやつはこんなにいっぱいでびっくりしました。
き車がうごいているときにおかしやのむアイスを食べるとおいしと思いました。
楽しくてまたのりたいと思いました。」


「この前のお楽しみ列車楽しかったです。
おかしもくばってくれてありがとうございます。
写真もたくさんとったし、おかしもおいしかったです。
三鉄が大好きなのでがんばってください。応えんしています。」


「ぼくがお楽しみ列車にのっておもしろかったことは、
三陸のさまざまな景色です。海や山はもちろん、
とても緑が多くておどろきました。それと、とちゅうとまるえきで、
いろいろな写真をとることができることです。
とまるえきの中では、ほたてにねがいごとをかいてあるところに行けて、
その中には有名人のねがいもかかていて、とても楽しかったです。
また機会があればのってみたいです。」


「わたしはたのしかったことは、おかしをたべたり、
うんてんしゅさんのとなりでおそとをみました。うみがきれいだった。
じゃんけんたいかいで1とうでしたうれしかったです。」


「ぼくは初めての三鉄列車に乗って思ったことを書きます。
とてもたのしくて大船渡っていいな~と思いました。
あとビンゴで赤字せんべいをあてました。おいしかったです。
そしてかんバッチの「おおふなとん」かわいかったです。
できればもう1度いきたいです。たのしかったです。早く記念品がほしい~」


「ちょっとさいしょは「どんな列車なんだろう?」と思っていたんですが、
最高に楽しくて後ろの席の人となかよくなってすごく楽しかったです。
北海道には、こども向けのツアーがないのでありがたいです。
次は、もっともっと楽しくいっぱい友だちをつくりたいです。
楽しい時間をありがとうございました。
次にまたいけるきかいがあればぜったいにいきたいです。」


「わたしははじめて三鉄列車にのりました。
三鉄列車に入ったしゅんかんすごくすずしくて天国のようでした。
何分かたっておやつがきて、すごいでん車だと思いました。
お茶もなくてもくるなんてびっくりしました。
また三鉄列車にのりたいと思いました。」


『お楽しみ列車』へのご乗車、ありがとうございました!

ひまわり咲いた!
8月28日の水曜日。ついに『ひまわり』が咲きました!

6月27日に種を植え、毎日お水をあげてお世話していました。
その『ひまわり』が立派に育ち、お花を咲かせました!


この場所は、三鉄盛駅ふれあい待合室の駅舎の外側になります。
まだ咲いていない『ひまわり』が、たくさんあります。
これから咲くと思うと気持ちがワクワクしますね♪


『ひまわり』は、元気の象徴みたいなお花です。
見ていると明るい気分になりますね!

お越しの際は、どうぞご覧になってくださいね♪

【告知】9月のイベント案内
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室

◆9月のイベントご案内◆

「無料法律相談」※要予約
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
8月31日(土)14時~16時
9月 1日(日)10時~12時
9月21日(土)14時~16時
9月22日(日)10時~12時

お気軽にご相談ください。弁護士さんが無料でご相談に応じます。
※仮設住宅へも出張します。その旨をお知らせください。

「災害用伝言ダイヤル講習会」※無料
9月1日(日) 10時~11時
場所:三鉄盛駅ふれあい待合室

災害時に便利なサービスの講習会。いざという時に活躍しますよ!

「あでやか切り絵・お茶会」※無料
9月18日(水) 10時~12時
場所:三鉄盛駅ふれあい待合室

お茶と美味しいお茶菓子をご用意!
希望者には「あでやか切り絵」も行います。
チラシを切り貼りして、 自分だけの個性的な作品を作りましょう!
夢中になって楽しいですよ!

「第6回 三鉄 駅からウォーキング」※要申込
9月21日(土) 午前11時に三鉄盛駅へ集合
参加費:550円(乗車券・保険料代)
申込締切:9/18(水)
※お弁当・お飲物は各自持参

【三陸駅から三陸大王杉・越喜来被災地や復興地巡り】
行き:盛駅発11:30⇒三陸駅着11:59
帰り:三陸駅発14:39⇒盛駅着15:05

※大雨で中止の場合は、翌週の土曜日(9/28の同時刻)に行います。
大船渡市内の史跡めぐり。魅力を再発見ですますよ。

「三鉄駅弁列車」※要申込
9月22日(日) 11時30分発車~14時頃到着
午前11時に三鉄盛駅へ集合
参加費:2000円(駅弁・乗車券代)
申込締切:9/18(水)
定員:40名(最低遂行15名)
※被災地ガイド付き
「盛-吉浜間」往復の貸切列車

ウニの炊き込みご飯、ホタテ・アワビ・イクラ・カキ・ワカメ・
サンマハンバーグが入った少し贅沢な駅弁を召し上がります。

「第5回 三鉄歌声列車」※要申込
9月27日(金) 11時30分発車~14時頃到着
午前11時に三鉄盛駅へ集合
参加費:1500円(お弁当・乗車券代)
定員:40名
申込締切:9/24(火)

交流を目的に開催。車窓から眺める景色を満喫し、
歌って踊って歓談してと、大いに盛り上がって楽しみましょう!
笑い声が響き渡る和気あいあいとした雰囲気です。
大人気のイベント列車!借切りで行いますよ♪

主催・申込先・お問い合せ先は、
三鉄盛駅ふれあい待合室までお願いします。
電話番号:0192-47-3542


七夕短冊の願い事。
6月末から8月7日まで、七夕短冊願い事を書いて頂き
待合室の中に七夕竹飾りを2本、ホームには1本を飾りました。

願いが叶うよう丁寧に全て飾付けを行いました。
短冊の総数は250人にも及びました。ありがとうございます!


その『願い事』「復興」「家族」「将来の夢」「三陸鉄道関連」
「個人の願い」「人生」「希望・願い」「その他」
に分けられました。

その中から「復興」と「三陸鉄道関連」「人生」についてご紹介したいと思います。

<復興>
・早く復興しますように!
・はやくみんながもどってきますように。
・早く地震や津波から復興しますように
・復興は椿咲く大船渡路から
・早く家に入りたいです
・一日も早く復旧・復興されますように祈る
・一日も早くもとの明るい街になりますように
・復興が進んで、みんなの笑顔が増えますように!!
・大船渡の町が一日も早く復興し
 みんなが幸せな生活ができる様にお願いしたいです。
・復興に向けて更に共に頑張ろう!!
・早く我が家に住めますように
・一日も早い復興を願って!!
 皆さんがしあわせに暮らせますように!!
・一日も早い復興を願って居ります。
・自分の家が早く建てれますように
・早く復興しますように
・笑顔で復興へ
・復興を願う 笑顔に幸せが来る
・早く復興して元通りの元気な町に!!
・一日一日復興へ一歩ずつ
・元気な岩手が復活しますように
・東日本大震災で被災した方々の心の整理が出来、
 前進する日がきっとくる日を願っております。
・住む人みんなが笑顔 そんな町になりますように
・ゆっくりでいい!がんばろう!
・お家が早く建ちますように


<三陸鉄道関連>
・三陸鉄道に就職できますように
・三鉄が多くの人に利用されますよう!
・三陸鉄道が早く復興しますように
・三鉄なかま出来ますように
・三鉄の本数が増えますように
・おおふなトン三鉄君楽しかった
・みんなの三陸鉄道 日本一へ
・沢山の笑顔を乗せてどこまでも走れ!!全線開通願います。
・さんりく鉄道のうんてん手になれますように!


<人生>
・比べねば楽になる 分け合えば余る
 奪い合えば足りぬ 笑顔に勝る化粧なし
・朝日を拝み 夕日を見送る それが出来れば何も望まない
 好きな事を無理せず続けることでしょうね!
・心は優しく、体は強く… 楽しく元気に過ごせますように
・生きることは旅すること 人生は山坂多い旅の道…とか
・右に寄ったり左に寄ったり急だったりゆるやかだったり天の川のように


それぞれが感じる思い、願い、これから先のこと…。
皆様の『願い事』が叶いますように!

ご記入してくださいました皆様、ありがとうございました!

ついに、ゴーヤの実を採取!
8月25日の日曜日。ついに育ったゴーヤの実を採りました!


一番大きいゴーヤ『マヨネーズ和え』にしました!


ゴツゴツした皮の部分は、濃くも鮮やかな緑色!
そのゴーヤ断面です。中には赤い種がぎっしり!実の部分は濃い黄色!
ずいぶん立派に育ちましたね!嬉しい限りです。


本当の種自体は、白かったです。
この写真ではゴーヤらしいゴツゴツ感が分かりますね!


二番目に大きいゴーヤがこちらです。
それでも、縦19cm×幅6cmもありました!


『ゴーヤのマヨネーズ和え』
サッパリした味わいで、歯応えがほどほどにある食感。
後味にゴーヤ特有の苦味があり、美味しく頂きました!

育てた野菜を食することは、幸せな気分になります。
昨年は黒トマトでしたが今年の夏はゴーヤ
来年はどんな野菜を育てましょうかね♪
今から何だか楽しみになります!

ゴーヤの苗は、タクシー運転手のHさんから頂いたものです。
このように育ちましたよ!ありがとうございました!

お茶会
8月20日の火曜日。この日は『お茶会』を開催しました。
会場は『JR盛駅の待合室』をお借りして10時から12時まで行いました。


今回ご用意したお茶菓子は、
ちょっとオシャレに『ヨーグルトババロア ブルーベリーフルーツソースがけ』


そして、大船渡といえばの銘菓『かもめの玉子』と御菓子類もお出ししました。

遠方から自転車とともに北上されているお客様も参加されました。
三陸鉄道への自転車の持ち込みは、折り畳まれると無料で乗車することができます。
被災地を自転車に乗りながらご覧になりたかったのかもしれません…。
乗車待ちで『お茶会』に参加され、交流されながら会話も弾んでいましたね。


三陸鉄道をご利用されいるお客様も参加されました。
お話しますと大船渡市の盛町へ病院に通院している方でしたので、
『通院回数券』がありますよ♪と、
お得な三鉄のご利用方法をご案内してみました。

また「三陸鉄道があったお蔭で家が残って助かった。」という
お客様もいらっしゃいました。現在は建て直して住まわれているそうです。
三陸鉄道は、場所によっては高い場所を走行しているため、
線路が堤防がわりになったという所もありますね。

もちろん、「三陸鉄道盛駅ふれあい待合室」に来られた
お客様にもお茶菓子を振る舞いましたよ。


『お茶会』を通して交流し、
会話することで気持ちがすっきりされる方もおりますし、
情報を入手し、今後のためになる方もおります。


被災地を視察しようと実際に来られる方もいますし、
地元の方との交流もすることができます。


駅は出会いがある場所です。
地域の玄関口であり、遠くからのお客様と地元のお客様など、
いろんな方が立ち寄られ、ご利用になる場所です。
『お茶会』で寛いで頂き、美味しいお茶菓子を召し上がりながら
ゆっくり過ごして頂きました。
会話も自然と交わされ、お互いに楽しく過ごされておりましたね。

この日の参加人数は、26名になりました。
ご参加くださいまして、ありがとうございました!

『お茶会』は月に1度、開催しますので、皆様よろしくお願いいたします!
来月は、9月18日『あでやか切り絵お茶会』を開催いたします。

通常の「お茶会」「あでやか切り絵」を無料の参加で行いますので、
どうぞお気軽にお越しください。お待ちしております。

三陸鉄道のNゲージ
8月21日の水曜日。
ご夫妻が三陸鉄道盛駅ふれあい待合室に訪れ、
ご持参された三陸鉄道の車両の鉄道模型Nゲージを見せてくださいました!


NHK番組連続テレビ小説「あまちゃん」のオープニングで、
三陸鉄道の列車は全国的に有名になった感じがありますが、
この南リアス線でも同様の三鉄カラーの一般列車が運行していますよ!


お話を伺うと、大船渡市内にある仮設住宅へボランティアで
何回か訪れている方だそうです。10月末にも再び大船渡に
来られる予定なんだとか…。本当にありがとうございます!

復興までまだまだ時間が必要ですし、人手のいる作業がたくさんあります。

現状として、仮設住宅から本設住宅へと移り住む方が見られ、
仮設住宅の出入りが激しい印象です。
被災した住宅を建て直して住まわれている方も多ですね。

また、高台への土地を確保するために山を削り、
工事が進められている状況でもあります。

本設には住む土地を探し、住宅を建てることになりますが、
時間がかかりますし、被災者全員が仮設住宅を出るにはまだまだ掛かります。

今が、これからの生活をするための土地と住宅を考え、
現実の問題として被災者が取り組む時期であるのかもしれません。

三陸鉄道の鉄道模型Nゲージを見せて頂いたお客様、
どうやら鉄道が大好きな方のようですね!とても嬉しそうな笑顔で話されておりました。
お立ち寄りくださいましてありがとうございました!


続きを読む
ファミリーマートとコラボしたパン!
三陸鉄道がファミリーマートとコラボした
『2色ジャムパン』『3色クリームパン』をご紹介します!


『2色ジャムパン』は三鉄の車両カラーである赤と青をイメージした
イチゴジャムとブルーベリージャムをトッピング!お値段は126円です。

『3色クリームパン』は三鉄の「三」にちなみ、
ミルク、チョコ、カスタードと、3種類のクリームがサンドされています!
こちらは130円です。

どちらもとっても美味しいですよ♪

裏側には「2014年4月 三陸鉄道全線運転再開予定」と書かれてありますよ。


南リアス線の場合は、現在不通の区間である「吉浜-釜石」間が、
来年4月の開通に向けて、復旧工事が進められています。

この『2色ジャムパン』『3色クリームパン』は、
8月13日(火)から、東北地方と新潟県限定で発売されております。
見かけた際は是非、召し上がってみてくださいね♪

お地蔵様の作り方をご紹介!
手芸品の『お地蔵様』の作り方について、
お客様からお問合せがありましたので、ご紹介しますね。

過去に手芸講習会を開催し、とても人気がありました。
開催した日は、平成24年の3月19日、5月29日、6月5日。
同じ作り方なのに個性がでますし、
常に笑顔で取り組まれていて、笑い声が響く楽しい講習会でありました。


それでは、その作り方をご紹介します。


こちらが型紙のサイズですね。
表示が分かりにくい箇所のサイズを書きますね。
「顔」「笠表」は直径7.3cm、「笠裏」は直径6.3cmです。
「胴体底」は直径3cm、「耳」が2cmになります。

サイズが書かれてありますが、改めて書きますね。
「胴体」は9cm×11cm、「手」2cm×2cm、
「袖」4cm×3cm、「よだれかけ」5cm×18cmになります。



可愛らしいお地蔵様。お部屋に飾られている方も多いですよ♪

その『お地蔵様』のいわれをご紹介いたします。
「一般的に「子供の守り神」として信じられているお地蔵様は、
人形としてもよく作られています。大地がすべての命を育む力を
蔵するところから、名付けられたといいます。」


また、被災地で頑張っている方々が作られている手芸品の『お地蔵様』は、
三鉄盛駅ふれあい待合室にて販売し取り扱っております。