三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】7月のイベント案内
7月イベントのご案内

「お茶会」 ※無料
7月10日(水)10時~12時 
夏到来!盛駅舎で涼みながら楽しみましょう!
美味しいお茶とお茶菓子をご用意してお待ちしております!
三陸鉄道にご乗車される方も、お気軽にお召しあがりください。
世間話・歓談・情報交換など、
のんびり楽しく賑やかに過ごしてみましょう♪

「第4回 三鉄 駅からウォーキング」※要申込み
7月20日(土) 午前11時に三鉄盛駅へ集合
参加費:400円(乗車券・保険料代)
申込締切:7月17日(水)
【今月は恋し浜駅から砂子浜往復】
列車内で昼食をとり、駅舎でホタテ貝絵馬に願掛けします!
※お弁当・お飲物は各自持参
行き:盛駅発11:30⇒恋し浜駅着11:50
帰り:恋し浜駅発14:58⇒盛駅着15:19
※雨で中止の際は翌週日曜日(7/28の同じ時間)に開催。
毎月第3土曜日にウォーキングを開催します。

「第41回 無料法律相談」※要予約
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
7月20日(土) 14時~16時
7月21日(日) 10時~12時

【土地所有権】【加算支援金】【家族関係】【相続】
【住宅再建】【二重ローン】【債務整理】などお気軽にご相談ください。
弁護士さんが無料でご相談に応じます。
※仮設住宅へも出張します。その旨をお知らせください。

「第4回 三鉄歌声列車」※要申込み
7月27日(土)11時30分発車~14時00分頃到着
集合:11時に三鉄盛駅へ集合
定員:40名 
参加費:1500円(お弁当・乗車券代)
申込み締切:7月24日(水)
三陸鉄道の新型車両を貸し切り、三鉄歌声列車の復活第4弾!
車窓からみる景色を満喫し、歌って踊って歓談してと、
カラオケを楽しみながら気持ちよく歌声を響かせ、
明るく元気に笑顔で過ごせます♪
大いに盛り上がって楽しみましょう!

主催・申込先・お問い合せ先は、
三鉄盛駅ふれあい待合室までお願いします。
電話番号:0192-47-3542

スポンサーサイト
第40回 無料法律相談
6月29日、30日の土曜日・日曜日に、
「第40回 無料法律相談」を開催しました。

主催は、特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ、
NPO法人夢ネット大船渡が協力して開催しております。

お越しくださいましたのは、
関東から弁護士2名、司法修習生1名、外国人学生1名になります。


弁護士さんが2名体制で行う場合は、
仮設住宅への出張相談を行っております。

1日目は、14時から16時まで行い、
この日の相談は、予約なしの飛び入りで相談者が来られ、
ふれあい待合室の和室にて相談を行いました。
また、出張相談も行い、合計2件になりました。

2日目は、10時から12時の時間帯で行い、
カメリアホールの研修室にて相談を行いました。相談件数は1件。

今回の相談件数は3件。
これまで40回開催した延べの相談件数は242件になりました。

相談者は、親切丁寧に対応して頂いたことに感謝の言葉を述べておりました。

ご相談することで気持ちが軽くなります。
今まで誰にも話せていなかったことが、専門家にお話しすることができ、
解決方法の助言を頂くことができます。

無料で相談を行っておりますので、
これからもお気軽に弁護士さんにご相談していただければと思います。

司法修習生と弁護士の方に感想を伺いましたので、ご紹介します。

「司法修習生です。今回初めてヒューマンライツ・ナウの法律相談に
同行させて頂きました。ご相談内容が仮設住宅内における
人間関係のトラブルというデリケートなものであるため、
自動車の車内でのご相談という形になりました。
弁護士の先生が上手に事情をご相談者の方から聴き取りつつ、
的確なアドバイスをされている様子を拝見させて頂き、
大変勉強になりました。また、ご相談されていた方が、
大変喜ばれているのを見て、非常にうれしく、心強く感じました。
未だ修習生の立場ですので、運転手として協力させて頂く形ですが、
是非、今後とも復興に関わりたいと思いました。
大船渡の街並みを拝見したのは今回が初めてで、
かなりショックを受けたを同時に、想像以上のスピードで
復興を遂げつつあるのを間近で見ることができ、
本当にうれしく思いました。このような機会を与えて頂き、
ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。」


「震災から2年以上が経過しましたが、未だに震災に由来する
相談が寄せられ、改めて問題の根深さ、深刻さを実感しています。
今後とも法律相談を継続し、地道に一つずつ皆様の悩みを解決する
お手伝いをしていきたいと思います。」


お越しくださいました弁護士の皆様、相談者の皆様、ありがとうございました。

次回の『無料法律相談』の開催をご案内いたします。
7月20日(土)、21日(日)『第41回 無料法律相談』
相談時間は、お一人様40分間。
仮設住宅への出張相談も行いますので、その旨をお知らせください。

ご予約のお申し込みは、
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
電話番号:0192-47-3542

短冊を置きました!
7月7日の『七夕』までもう少しですね!

6月29日の土曜日。
この日は待合室のテーブルの上に「短冊」を置きました。
お客様に願い事を記入して頂き、それを後ほど「竹」に飾ります。


記入した短冊は、こちらの箱の中に入れてくださいね。


お立ち寄りの際は、お気軽にご記入ください。
皆様の願い事が叶いますように♪


日本の【七夕伝説】を簡単にご説明します。

『織姫と彦星は美男美女で、
お互いにひと目見ただけで好きになりました。
その後、二人は結婚し幸せな生活を送っていましたが、
牛飼いと機織りの仕事を忘れて遊んでばかり…。
牛たちは病気になり、着ている服はボロボロに…。


それを見て怒った天の神様は、
「天の川の東と西に別れて暮らすがよい」と
別れ別れにしてしまいました。


織姫があまりにも悲しそうにしているのをみた天の神様は、
「1年に1度、7月7日だけ彦星に会ってよい」と
許しを出し、「7月7日の夜、織姫が天の川を渡り、
彦星の所へ会いに行くことができる」』


…という切なくもロマンティックなお話。

風習としては、葉の付いた竹に願い事を書いた短冊を飾ります。
この風習は江戸時代から始まっているそうですよ。

千昌夫さんご来駅!
6月29日の土曜日。
この日は岩手県出身の有名な方が三陸鉄道盛駅にいらっしゃいました。

その方は「千昌夫」さんです。TBSの生放送番組「音楽の日」
盛駅から歌を全国にお届けするために訪れました。

この番組は「歌の力を集結して日本中に届けよう」 という
コンセプトで、午後2時から13時間の放送が行われました。

歌われる前、千昌夫さんが三鉄盛駅ふれあい待合室にお越しくださいました。
記念写真を撮りましたので、掲載しますね。


そして、快く色紙にサインも書いてくださいました。
お忙しい中、ありがとうございました。待合室の中に飾らせて頂きます!


それでは、生放送された様子です。
ホームにて名曲「北国の春」を熱唱されていましたね♪


その後、臨時列車にご乗車され、吉浜へと出発しました。

岩手県出身者として、
千昌夫さんにお会いすることができ、とても光栄です。
お立ち寄りくださいまして、本当にありがとうございました!

お花の苗と種を植えました!
6月27日の木曜日。
プランターの土を入れ替え、お花の苗を植えました。
また、関西のお客様から頂いたコスモスの種と、
夏らしくヒマワリの種もプランターに植えました。
汗をかきながら一生懸命になって作業しました!


お花の苗は14個のプランターに。ヒマワリの種は10個、
コスモスの種は11個のプランターに蒔きました。

植えた後は、お水をあげて栄養補給!
このプランターをホームや駅舎の周りに置いて飾ります。


お花のある景色は、本当に心が和みます。
訪れるお客様の心を癒しますので、
お花の成長と共に笑顔が増えると良いですね!

そして、日々お水をあげてお世話していきます!
キレイで美しいなお花が咲きますように…!

また、いつもお世話になっておりますタクシー運転手のHさんから、
先日、ゴーヤの苗を頂きました。現在はこんな感じになっています。


だいぶ、つるが伸びてきましたね!このまま育てていきますので、
今後の成長具合もご報告できたらと思っております。

三鉄夏ギフトのご紹介
三陸鉄道「夏ギフト」の季節になりました!
そのカタログが盛駅にも届きましたよ♪


もう夏ですね!夏といえばお中元の時期です。
お世話になった方々に贈り物をしましょう♪

それでは、簡単にご紹介しますね!

----------

この夏だけの三鉄オリジナル贈答商品「三鉄夏のギフト」
承り期間:2013年6月14日~8月31日

三陸の笑顔と元気を、みなさまのもとへお届けします。

社員一丸となって全線復旧に取り組んでいます。
地域が元気になれば三鉄も元気になる
地域と三鉄は心のレールでつながっています。
三鉄が選んだ三陸自慢の商品たちです。
皆様の応援が「じぇじぇじぇ」と前向きにしてくれます。
私たちは全国の多くのご支援、応援をいただき
全線開通へ向けて、一歩ずつ歩んでいます。
地域全体が笑顔になれますように
応援をよろしくお願いいたします。


三鉄オンラインショップ「さんてつ屋」

お問合せ:0193-62-8900
E-Mail:gift@sanrikutetsudou.com







----------

オススメは「三陸鉄道沿線カップ酒の旅~南リアスのお酒~」
特別純米酒3本・三鉄缶バッチ・三鉄列車ボックス付き 1500円(税込・送料別)

陸前高田の酒仙酒造株式会社「酔仙」
釜石の株式会社 浜千鳥「浜千鳥」
大槌の赤武酒造 株式会社「浜娘」


岩手県の沿岸南部に位置する酒造会社が揃い、
「南リアスのお酒」として登場!お酒は各社自慢の特別純米酒!
使い終わったコップはお子様用や花瓶に使える
可愛いデザインに仕上がっています!

この「夏ギフト」のカタログは、
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室の中に置いていますので、
お立ち寄りの際はご自由にお持ち帰りください。

お申込みは、カタログに挟んであるFAX注文用紙でお申込みするか、
三陸鉄道のオンラインショップ「さんてつ屋」にてお申込みください。

第3回 三鉄歌声列車
6月22日の土曜日。この日は「第3回 三鉄歌声列車」を開催しました。
参加費は、お弁当と乗車券代として1500円になります。
今回の参加人数はスタッフ4名を含めまして31名です。

三陸鉄道の新型車両を貸し切ってのカラオケ列車!
3番線ホームに列車が到着し、11時30分に盛駅を出発しました!


カラオケのモニターは2カ所に設置し、
座席の近くにある方を選び、歌われておりました!


どなたも歌が御上手で、聞惚れてしまうくらいの実力者揃い!
そして、このイベントを心待ちにしている様子を感じましたね♪


タンバリンやマラカスを持って盛り上げる方、
歌に合わせて踊られる方、一緒に口ずさむ方、
カラオケのモニターをご覧になっている方、
楽しい空間の中で歓談も弾み、仲良く過ごされる方など、
明るく賑やかな雰囲気で過ごされていました。


お弁当を召し上がりながら新緑の美しい三陸海岸景色を満喫♪
お弁当も好評でしたね♪今回も味菜に注文しました。


参加者はご自分の十八番の曲を、
艶のある声で伸びやかに気持ちよく歌いあげ、
歌い終わると大きな拍手がわき起こります!


吉浜駅に到着してからは、ラッピングされた駅舎の前で記念撮影しました!


今回はNHKラジオ盛岡放送局の生中継もありました!
車内では2回ほど中継がありましたね。


ホタテ貝に記入して頂き、恋し浜駅舎に飾って願掛けしてきました。
皆様の願い事が叶いますように…♪


帰りの列車の中でも、大いに盛り上がりましたね~!
初めてご参加された方でも参加者同士で交流が行われ、
お互いに声を掛けあって皆で仲良く楽しまれている様子が伝わってきました。
お一人様2曲から3曲ほど歌われていましたね!


14時頃「三鉄歌声列車」が盛駅に到着し、終了となりました。
皆様の表情を拝見しますと、「ありがとうございました♪」
清々しい笑顔で存分に満喫されたのが感じられました!
ご参加くださり、ありがとうございました!

それでは、参加者の感想をご紹介いたします。

「みんな上手だね。練習してこないと。」
「家の中にいるよりも楽しいです!」
「毎月楽しい!大勢の中にいて賑やかな感じが楽しい!」
「被災地を支援している名古屋からきました。
現在はどのようになっているのか見てみたくて
来てみましたが、なにもなくなっていて
こういうことなんだと言葉がでませんでした。」
「久しぶりに歌えて楽しかったです。」
「やっぱりいいね!歌うと楽しい!
町おこしの一つだからカラオケ列車よかったです!」


次回の「三鉄歌声列車」は、7月27日(土)に開催します。
申込み締切日は7月24日ですので、参加をご希望される方は、
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室まで連絡ください。
当日の集合時間は、11時になりますので三陸鉄道盛駅にお越しくださいね!
ご参加をお待ちしております!

吉浜駅に志村けんさん。
平成25年4月3日に三陸鉄道南リアス線
「盛-吉浜」間の部分的ではありますが運行を再開しました。

その日は「三陸鉄道南リアス線運行再開記念イベント」が行われました。
イベントは各駅で催され、吉浜駅では志村けんさんが非常勤駅長に就任し、
一日駅長を勤められました。

吉浜駅は無人駅になります。
現在はその駅舎の中に「志村箱」「志村けん駅長等身大パネル」
「4月3日に志村駅長が着用した制服一式」「辞令書」

4点が設置・展示してあります。

<等身大パネル>
志村駅長と記念写真を撮りましょう!


<4月3日に着用した制服一式>
三陸鉄道の制服です。もちろん名札もあります!


<辞令書>
4月3日に志村駅長へ交付した辞令


<志村箱>
三陸鉄道への意見、志村駅長への意見など志村けん駅長が目を通します。


三陸鉄道南リアス線にご乗車し、
吉浜駅で下車される方は、ご覧になってください。

そして「志村箱」にご投稿してみてはいかがでしょうか。

吉浜駅のみどころの一つですね!

第3回 三鉄 駅からウォーキング
6月15日の土曜日。
この日は「第3回 三鉄 駅からウォーキング」を開催しました。
参加人数は、24名。今回ウォーキングする駅は『綾里駅』です!

11時30分、盛駅発の三陸鉄道南リアス線に乗車して
綾里駅に11時45分に到着!その後、駅舎の中で昼食をとりました。


12時20分になったところで体操を行い、いざ目的地へ出発!
今回のウォーキングのみどころは「不動滝」です!

途中には発掘中の大船渡市指定史跡「宮野貝塚」がありました。
縄文前期中頃から縄文晩期末のおよそ3500年前のイガイという貝が
8割と岩礁に住むものが圧倒的に多い貝塚だそうです。


三陸鉄道の鉄道橋の下を通過し、徐々に木や花、
綾里川の流れる自然の多い場所に入り、まっすぐ一本道を進んで行きます。


その道中、草木や花など詳しい方に説明を頂きながら歩きました。
桑や漆、卯の花、ワラビと、様々な花や木、草に遭遇しました。
ワラビは摘んでお持ち帰りになられた方がおりました!


だいぶ山の方へと入ってきました。
今回は土砂崩れにより通行止めになっていますが、
ここには「綾里川ダム」があります。


ずっと緩やかな坂道を歩き続けてきました。
不動滝への標識があり、この場所から更に400mほど進みます。


やがて鳥居が見えてきました!いよいよここからが本番!
やや険しい道を歩くことになります。皆、一歩一歩と慎重に進みます。


歩き始めて約50分が経過しました。
太鼓橋を渡り…、その先には…!


こちらが大船渡市指定文化財「不動滝」です!
生い茂る森の中で滝が流れ落ち、神秘的な空間でした!

右側にあるのが男滝、左側にあるのが女滝。
その中間の岩窟に不動尊が祀られています。では、御覧ください。

<男滝(別名:白糸の滝)>


<女滝>


<不動尊>
参加者全員が参拝されました。


そして、男滝と女滝の間には「不動滝の水」が流れています。
この水は岩手県認定の「いわて名水二十選」にも選ばれており、とても美味しい水であります。


14時50分頃、綾里駅に戻ってきました。
体操をした後は、列車が到着するまで自由時間となりました。
参加者は、駅舎の中でお買い物をされたり、
2階にある「権現様博物館」をご覧になられたりしていました。

15時3分「キット、ずっと2号」綾里駅に到着。


参加者はご乗車され、列車内で今まで歩いた箇所をみながら感想を語っておりました。
盛駅には15時19分に到着し「三鉄 駅からウォーキング」は解散となりました。
ご参加された皆様、ありがとうございました!

それでは、感想をご紹介しますね。
「木の香り・花の香り・草の香りがしてとても癒されました。」
「色々と草木を発見し、天気にも恵まれて
思ったよりよかったです。またこようと思いました。」
「自然の中は空気が違う!楽しかったです!」
「不動滝は初めて行きました。神秘的な空間で、
心が洗われた感じがして良かったです。」
「花・草・木をみて楽しかった。歩いて気付くことがたくさんありました。」
「お弁当持って列車に乗り、
皆で行動するのが子供になった気分で楽しいです。」


次回の「第4回 三鉄 駅からウォーキング」「恋し浜駅」に行きます!
期日:平成25年7月20日(土)
集合:11時(三陸鉄道盛駅)
参加費:400円(乗車券・保険料代)
コース:駅舎にてホタテ貝の願掛け-砂子浜往復
【行き】11時30分盛駅発-11時50分恋し浜駅着
【帰り】14時58分恋し浜駅発-15時19分盛駅着


希望される方は、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室にご連絡ください。
電話番号:0192-47-3542

お茶会報告。
6月18日の火曜日。10時から12時まで『お茶会』を開催しました。
会場は、待合室の中です。参加人数は17名。ご利用ありがとうございました。

今回ご用意したお茶菓子は、
越喜来のたつさんの手作りお菓子「うす皮まんじゅう」です。


三陸鉄道南リアス線は、11時30分に盛駅を出発する列車があります。
その乗車待ちでいらっしゃったお客様が多かったでした。


お話を伺おうと、地元の大船渡市三陸町の方や、
三陸鉄道に乗車したいと遠方からのお客様もおりました。

お話を伺おうと千葉県、神奈川県、栃木県からのお客様。
被災地支援として実際に足を運び、被災地の物を購入したいと
来られたそうです。嬉しいですね。

お茶会ということで、駅舎の中でお茶とお茶菓子を振る舞いましたが、
遠くから来られたお客様はお茶のサービスに感激され、
「サービスがいいね~」とおっしゃっておりました。

人が集まると、そこには交流が生まれます。
いろいろと会話も弾み、賑やかに過されていました。


三陸鉄道をご利用になっている地元のお客様、
待合室の常連のお客様、旅行で被災地に来られたお客様など、
様々な方々にお越しくださいました。ありがとうございます。

お茶会の終了間際に、いつもご利用されている仲良し4人組が訪れ、
最後のお茶菓子2個を半分に分け合い、召し上がられておりました。

今回の「うす皮まんじゅう」
どなたも「とっても美味しい♪」と笑顔で話され、大好評でした!


お茶会は、毎月1回開催していますので、お気軽にいらしてください。
またのご利用をお待ちしております。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。