三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



【告知】3月のイベントのご案内
三鉄盛駅ふれあい待合室 
3月開催イベントのご案内


「BRT開通記念」
3月2日(土)3月3日(日)
10時~13時
JR大船渡線のBRT開通を記念して、
三鉄盛駅ふれあい待合室では、
【わかめしゃぶしゃぶ】のお振る舞いと
【手芸品即売会】を行います。

「第34回 無料法律相談」
3月2日(土)14時~14時40分
3月3日(日)10時~12時
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
※要予約
【土地所有権】【支援金】【住宅再建】【二重ローン】
【債務整理】【家族関係】【相続】など
法律に関するお悩みや問題について、
弁護士さんが無料でご相談に応じます。
相談時間は約40分間。
ぜひ、この機会をご利用ください。
ご予約は、ふれあい待合室にご連絡をお願いします。

「弁護士と語ろう」
3月2日(土)15時~16時30分
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
報告者:矢花 公平弁護士(四谷法律事務所)
場所:カメリアホール(研修室)
参加費:無料
被災地での法律相談の傾向についてご報告して頂き、
出席者との意見交換を行います。
今後の被災者支援の方法を考える集いです。

「お茶会」
3月10日(日) 10時~12時
月1回、交流を目的に開催。
温かいお茶と美味しいお茶菓子を
ご用意してお待ちしております。
情報交換・歓談など交流を楽しみましょう。

「3.11を忘れず」
3月11日(月)17時30分~18時30分
主催:3.11を考える有志の会
参加費:無料
夢灯りを囲み、「世界に一つだけの花」
「上を向いて歩こう」「花は咲く」を大合唱し、
「フラカメリア」が踊りをご披露します。

三陸鉄道南リアス線部分開通プレイベント
「劇団ともえ座」

3月16日(土)
開場:13時30分
開演:14時00分
会場:カメリアホール
【涙と笑いの人生芝居。豪華絢爛舞踊ショー】
入場整理券(無料/事前配布終了)をご持参の上、お越しください。
あの感動をもう一度。

「第13回 ふれあいウォーキング」
3月23日(土)
9時40分集合 10時~12時
要申込
申込締切:3月21日(木)
参加費:無料または450円(五目御飯つき)
盛駅を中心に約5キロのコースでウォーキング。
大船渡市内に残る歴史をご紹介しながら会話のできるペースで歩きます。
正しい姿勢で気持ちよく歩き、健康な体を作っていきましょう。
また、3名様にノルディックウォーキングのポールをお貸しします。

「第15回 復興カラオケ」
3月26日(火)
13時~15時30分
申込み不要
場所:ふれあい待合室
参加費 100円(おやつ代)
交流を目的に開催。
気持ちよく歌声を響かせ、
皆で歌って踊って歓談してと楽しく過ごしましょう。
初対面でも趣味を通してすぐにお友達ができますよ。
好きな歌や自慢の歌声を響かせ、
皆で明るく元気に楽しんでみませんか。
声を出すことでストレス解消にもなります。
歌って騒いで盛り上がましょう。
多くの方のご参加をお待ちしております。

「ドイツ喫茶店」
主催:東京横浜ドイツ学園
3月30日(土)10時~13時
参加費:無料
東京横浜ドイツ学園の生徒と父兄が、
手作りケーキを振る舞います。
美味しいケーキやコーヒーをお召し上がり、
優雅な時間をお過ごしください。

「第35回 無料法律相談」
3月30日(土)14時~16時
3月31日(日)10時~12時
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
※要予約
【土地所有権】【支援金】【住宅再建】【二重ローン】
【債務整理】【家族関係】【相続】など
法律に関するお悩みや問題について、
弁護士さんが無料でご相談に応じます。
相談時間は約40分間。
ぜひ、この機会をご利用ください。
ご予約は、ふれあい待合室にご連絡をお願いします。

主催・申込先・お問い合せ先:三鉄盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542


スポンサーサイト
新型車両の試運転。
2月24日の日曜日。
この日は三陸鉄道南リアス線運行部に搬入された
新型車両である3両の試運転が行われていました!
午前中は安全祈願祭が行われたようですね…。

その試運転は、盛駅構内のみの短い距離。

4月3日からは「盛駅-吉浜駅」まで部分開通の予定ですが、
吉浜駅までの試運転は、発表されている3月15日、16日の
試験&試運転で走行する予定になっています。
その場合、広く告知する必要がありますし、
許可も必要になってくるのかもしれませんね…。

新型車両が到着した現在でも、
南リアス線の線路の復旧工事や駅舎の移設など行われています。
3月の試運転までには間に合わせることと思います。

試運転を私が目撃したのは、12時15分頃。


よく見てみると、3両に連結されて動いている姿でした!


警笛を高らかに「フィー!」と鳴らし、
その後ゆっくりと三鉄車両が動き出していきました。

その次に目撃したのは、16時15分頃。
今度は1両で動いている姿でした。「試運転」の文字が見えていますね。


南リアス線運行部の車両基地を出発し、盛駅のホームまで。
盛駅を出発して車両基地までを何往復か走行されていました。


新型車両の3両とも並ぶ姿…とっても新鮮ですし、
太陽の西日に照らされ、その新車は神々しく光ってみえます!


三陸鉄道南リアス線は、
4月3日に「南リアス線盛~吉浜間運転再開記念式典」が予定され、
4月4日から平常ダイヤで運転が行われます。

今は盛駅構内だけの試運転ではありますが、
このように三陸鉄道南リアス線でも走り出す姿が見られると思うと、
とても嬉しく思いますし、震災で運休していた環境から一変し、
少しでも震災前の状態へと復旧し、更なる復興へと進みだします。
きっと、復旧・復興へのシンボル的な存在になることでしょうね♪


新型車両36-703の搬入。
2月23日、三陸鉄道南リアス線に新型車両が到着しました。
その3両目である36-703の搬入の様子を報告します。


12時頃、3両目が載線現場に到着し、
クレーン車のアームの装着が行われていました。


12時44分頃、新型車両が宙吊り状態になり、
道路から線路へと移動していきます。


車体の下側を撮影してみました!


クレーン車とアームにつないだロープにより、
少しずつ少しずつ、車体が動いていきます。


クレーン車の間を通して線路側へと移動します。


車体が完全に線路側に移りました!


真正面からみた新型車両の様子。


台車の位置を調整しつつ、車体が乗る瞬間ですね!




13時10分頃、台車の接続も終わり、
三陸鉄道の社員による手押し移動が始まりました!


南リアス線に搬入される新型車両は、これが最後。
手押し作業もこれが最後になります。


太陽の光を浴びて動いていく36-703。


盛駅までいったん運びます。ここは駅構内。


盛駅に到着し、ポイント切り替えを行うため、
いったん休憩している場面です。


13時25分頃、
盛駅のホームから新型車両が再び手押しによって動き出しました。


これにて、無事にクウェート国からの支援金より新潟トランシスで製造された
三陸鉄道南リアス線で運行する新型車両3両全てが到着したことになります。

車両基地に姿を見せる新しい車両、最高にステキです!


新型車両36-702の搬入。
2月23日の土曜日。
この日は朝から三陸鉄道南リアス線新型車両が2両、搬入されました。

新型車両は2月16日に1両搬入されましたが、その車両は36-702。
今回の2両は、36-70236-703になります。

その36-702の搬入の様子をご報告しますね。

私は朝9時30分頃、三陸鉄道盛駅に到着しました。
車両基地の前には1両の車両がありました。
これは先日運ばれてきた36-701で、
これから搬入される新型車両を格納する場所を作るためのようです。


11時頃、新型車両が宙吊りの状態になっていました!


では、陸路で輸送されてきた車両を、
道路から線路へ載線している様子をご覧ください。






台車の上に車体を乗せる場面です。
定位置にハマるよう調整しながら慎重に行われていました。


どうやら無事に、台車に乗ったようですね!


次に行われたのは車体と台車の接続作業です。
車体の下に潜って行われます。


台車の接続が終わると、2カ所に装着していたクレーン車のアームが外れ、
いよいよ手押しでの車両移動が行われます。その時間、11時35分頃。


これから南リアス運行部の車両基地へと動かしていきます。


南リアス線運行部事務所の前にある踏切を通過。


車両基地の前を横切ります。


そして、先週搬入した新型車両が見えてきました!
これで2両が並ぶのですね…。感慨深いです。


この新型車両は、36-702。
外からの見た目で大きく違うこと…それは、窓が大きくなりました!
そして、車体は丸みを帯びています。可愛くなった感じですかね♪
三陸鉄道南リアス線に務める社員の方々が精一杯押しています。
まさしく、復興の後押しですね!


新しい車両は、車体がピカピカで反射するほど!


一度、盛駅まで運び、車両基地までの間にある
ポイントを手動で切り替えてから、動かしていました。

ついに!2両目の搬入作業が終わりました。その時間、11時55分頃。
こうやって2両が並ぶ姿は、ホント嬉しいものです。


次回は、3両目である36-703の搬入の様子をご紹介します。

第33回 無料法律相談
2月23日(土)、2月24日(日)の2日間、
『特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ』主催による
『第33回 無料法律相談』を開催しました。

今回お越しくださいましたのは、東京都にある法律事務所の弁護士さん、
新人の弁護士さん、税理士の方になります。


お一人様約40分間で相談を行っております。
1日目はカメリアホールの研修室にて、時間帯は14時~16時。
2日目は三鉄盛駅ふれあい待合室の和室を使用し、10時~12時で行いました。

今回、2日間での相談件数は5件です。
1日目の相談件数は3件。2日目は1件だけキャンセルがあり、この日は2件。
これまで33回開催し、延べの相談件数は217件になりました。

先日2月10日、11日に『第32回 無料法律相談』を開催しました。
このときに東海新報社に新聞の広告を依頼し掲載して頂きましたが、
申込み者がとても多く、今回の2月23日、24日をご案内しておりました。
また、復興ニュースや三鉄盛駅ふれあい待合室のブログやホームページなどで
告知していました。

また今回は税理士の方が来られ、確定申告の時期でもありますので、
『無料財務相談』として募集し、東海新報の記事に掲載して頂きましたが、
残念ながら申込みはありませんでした。
現在は確定申告の相談を各地区で開催している時期になりますからね…。
問題なく手続きが行われていることを願っております。

2013年になり、法律相談の申込み件数は多くなってきた感じを受けています。
住宅を再建し、行動されている方もおります。
前に進みだそうとすると、法律の問題にぶつかることと思います。
それを乗り越える為には一度、弁護士さんにご相談することをオススメします。
徐々に「個人債務者の私的整理に関するガイドライン」も耳にするようになり、
知られる存在になってきた感じもあります。
どのような制度なのかお伺いしてみるも良いのかもしれませんね。

弁護士さんに今回の相談を受けた感想を伺いましたので、
ご紹介したいと思います。

【弁護士さんの感想】

「私は昨年の夏以来の盛町での法律相談であった。
震災から2年が経ち、一般的な相談が多いのかと思っていた。
しかし、実際は津波による家屋倒壊、喪失による保険や遺産の問題等、
震災に関するものばかりだった。
これらの問題は、震災による二次災害といえるようなものである。
震災を境に地域の方々の精神面におけるストレスのケアは
断続的に必要だと感じた。」


「今回も震災に関連した相談が多かった。
震災を機に家族関係が悪化してしまったケースや、
生活に困っている方が多くなっていると思う。
震災から2年近くがたつが、まだまだ課題は多いと思う。
これからも可能な限り通い続けます。」


お越しくださいました弁護士さんの方々と税理士さん、
大変お世話になりました。ありがとうございました。
そして、相談者の方々もありがとうございました。
抱えていたお悩みをお話しし、アドバイスを頂くことで
安心されたことと思います。また相談することが発生した場合は、
お気軽にご利用してくださいね。

次回は、3月2日(土)、3日(日)に『第34回 無料法律相談』を開催します。
3月2日には『弁護士と語ろう』と題して意見交換会を行います。
被災地での法律相談の傾向についてご報告して頂き、
今後の被災者支援の方法を考える集いです。
関心のある多くの皆様のお越しを心よりお待ちしております。

また、3月30日(土)、31日(日)には『第35回 無料法律相談』を開催します。

予約のお申し込みは、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室までご連絡ください。
無料で法律の専門家である弁護士さんにご相談することできますよ。

申込み先:三鉄盛駅ふれあい待合室
電話番号:0192-47-3542


ふじ丸…ありがとう!
2月18日の朝8時前、大型豪華客船「ふじ丸」が大船渡港に寄港しました。


「ふじ丸」は全長167m、幅24.0m、
総トン数2万3235トンの大型客船です。
大船渡港に寄港したのは今回で6回目。


「ふじ丸」は、2013年6月にチャータークルーズを終える予定であり、
今回が最後の寄港となります。寂しいですね。

東日本大震災が発生した年の4月11日にも入港し、
被災者に入浴や食事サービスの提供、船舶公衆電話の開放、
携帯充電の提供や無料の映画上映などを行い、
被災地支援として大船渡に訪れた大型客船でもあります。

昨年は5回目になる「秋の日本一周クルーズ」 で9月26日に寄港しました。

今回は内閣府主催の「世界青年の船」事業で大船渡港に訪れました。
航海は今月4日から19日間の日程で行われており、
これまで沖縄県、兵庫県で寄港活動を行い、
ここの大船渡が最終寄港活動地でありました。

日本と世界10カ国(バーレーン、チリ、コスタリカ、フィジー、メキシコ、
ニュージーランド、スリランカ、トルコ、アラブ首長国連邦)の
青年たちを乗せての入港になりました。

それでは、その最後の雄姿を写真でご紹介しますので、ご覧ください。





「THE SHIP FOR WORLD YOUTH」
「Cabinet Office,Government of Japan」


乗船口です。


煙突から煙がモクモクと出ていました。






こちらが船尾です。


これで最後なのですね…。震災後に支援船として寄港し、
様々なサービスを提供して頂き、誠にありがとうございました!
大船渡の港に大型客船の姿を見るだけで気持ちがワクワクします。
遠くから発見し、近づくに連れて徐々に大きくなっていくその船体。

もう拝見することができないと聞くと、非常に寂しい気持ちになりますね…。


大型客船が寄港するだけで街中の話題になりますし、
だれもがカメラで撮影していました。ふじ丸、ありがとう!


「ふじ丸」は20日の朝、大船渡を出向していきました。

バレンタインデーのプレゼント。
2月14日といえば『バレンタインデー』です!

恋人・友人・家族・自分にチョコレートをプレゼントする日ですね!

三鉄盛駅ふれあい待合室では、テーブルの上にチョコレートを置いて、
お立ち寄りくださいましたお客様に振る舞いました!


ご用意したのは、『東京横浜ドイツ学園・清泉インターナショナルスクール』
ボランティア団体から届いていたチョコレートです!
いつもご支援、ありがとうございます。

1つ1つチョコレートを袋詰めし、リボンを付けました!


テーブルにチョコレートを置いた状態がこちら。


ご用意できたのは約50個くらい。


このチョコレートのプレゼントは、14日から16日まで行いました。


皆様、思わぬプレゼントに喜んだり、
その場で召し上がられたり、持ち帰ったりしていました。

チョコレートは、大人から子供まで大好物の美味しい食べ物です!
少しでも喜びを提供できたこと、美味しさを振る舞えて、
細やかながらプレゼントすることができて良かったです!

JR大船渡線、BRTの試運転。
2月21日の金曜日。
この日は朝からJR大船渡線で仮復旧として運行する
BRT(バス高速輸送システム)試運転が行われました。

大船渡市内・陸前高田市内・気仙沼市内を実際にBRTが走行し、
一般道から専用道路への移動や専用道路の様子、
信号の動作確認などが行われた模様です。

盛駅は、始発駅であり終着駅でもあります。
10時頃、そのBRTが盛駅前に到着しました。


BRTのバスは赤い車体で、
陸前高田市マスコットキャラクター「たかたのゆめちゃん」
登米市環境キャラクター「トメル君」「オトメちゃん」
気仙沼市観光キャラクター「海の子ホヤぼーや」
が描かれています。

駅となる停留所は先日、設置されました。

BRT運行開始記念イベントも発表され、
その記念イベントも含めて3月2日からの運行になります。

【後ろ姿】


【正面】


早く乗車してみたいですね♪その乗り心地、楽しみです!

これにより少しでも交通機関が増え、街と街を結ぶBRT。
仮復旧としての存在ですが、交通手段が増えることで、
便利になることと思います。

これも復興への第一歩!被災地の生活に少し変化が生まれます。
鉄道での復旧を願いつつ、BRTに乗車していきたいと思います。

イベント紹介!【BRT記念イベント】【さくらコンサート】【手当療法講座】
2013.3.2 大船渡線BRT運行開始!大船渡線運行開始 来て!見て!楽しんで!
「BRT記念イベント」


2013.3/2(土) 3(日) 10:00~16:00

会場:
盛駅(大船渡会場)
陸前高田未来商店街(陸前高田会場)※「マイヤ滝の里店」奥

ミニ会場:気仙沼駅(気仙沼会場)

★スペシャルゲスト★

「ふじいあきら」
3/2(土)
10:30~大船渡会場(カメリアホール内)
15:00~陸前高田会場
スーパートランプマジック!あのトランプマジックを見に行こう!

「臼澤みさき」
3/3(日)
10:30~大船渡会場(カメリアホール内)
15:00~陸前高田会場
岩手県大槌町出身 2012年7月にデビューした復興の歌姫が登場!

「KERA」
3/2(土)・3(日) 12:30~陸前高田会場
必見!ダンスストリートパフォーマンス!

「NHK交響楽団メンバー」
3/2(土)・3(日)
10:00~大船渡会場(カメリアホール内)
14:00~陸前高田会場
クラシックからアニメソングまで楽しいコンサート

「創作和太鼓集団 氷上太鼓」
3/2(土)・3(日) 11:00~陸前高田会場 PM~大船渡会場
陸前高田市を中心に活動中!

フォルクローロ いわて東和から
「ふれあい子ヤギ園」
カワイイ兄弟子ヤギと遊べるよ!
3/2(土)大船渡会場
3/3(日)陸前高田会場

「ワイワイ物産市」
地元のお店や物産品がたくさんラインナップ!

「黒船&明星食品 大船渡秋刀魚だしらーめん試食会」
カップめん発売を記念してコラボ出店! ※3/2(土)大船渡会場のみ

「伊藤園 お茶っこ会」
美味しいセミナー&クイズ
3/2(土)陸前高田会場
3/3(日)大船渡会場

「アタリ入り 餅まき開催!」
3/2(土)13:30~大船渡会場
3/3(日)11:30~陸前高田会場

お子様限定 ひなまつりスペシャル!
「お菓子セット プレゼント」
各会場各日 先着100名 ※なくなり次第終了

「キッチンカー登場 B級グルメが大集合!」
※陸前高田会場のみ

大船渡線BRT運行開始記念
「スタンプ&クイズラリー開催!」
オリジナル賞品がもらえる!

3/2・3日イベント開催中!
BRT無料試乗券プレゼント!
気仙沼~盛間、無料で3回乗れちゃう!BRTでイベント会場をまわろう!
※気仙沼駅前でも配布します。無くなり次第終了。

主催:東日本旅客鉄道株式会社
協力:大船渡市・陸前高田市・気仙沼市


------------------------

~つなごう思いと笑顔~ 大船渡市立第一中学校吹奏楽部
「第9回 さくらコンサート」



とき:2013年3月17日(日)
開場:13時00分 開演:13時30分
ところ:リアスホール(大船渡市民文化会館)
入場料:前売り500円(当日:700円)小学生以下無料


共演:
大船渡市立第一中学校吹奏楽部・同OB、OG
岩手県立大船渡高等学校吹奏楽部
岩手県立高田高等学校吹奏楽部
サンドパイパース・オーケストラ
ぷなと音楽団


主催:
第9回さくらコンサート実行委員会(大船渡市立第一中学校吹奏楽部育成会)
後援:大船渡市教育委員会 大船渡市立第一中学校PTA (株)東海新報社


チケット取扱:
リアスホール サンリア(サービスカウンター)
ローソン大船渡インター店 ローソン中井沢店
(おさかなセンター 病院店を除く)

問合せ先:
第9回さくらコンサート実行員会(090-9037-4707)

------------------------

自分の手が美顔器に!? 若返り効果も!?
手を当てるだけで心が穏やかになる!?体の痛みが和らいだ!?


誰にでもできるカンタン「手当療法」講座



お腹が痛い時に手を当てて痛みが和らいだ事はありませんか?
人間の手には遠赤外線に似たエネルギーが放出されています。
膝や腰の痛み、肩こりや頭痛など問題の箇所に手を当てる事で
痛みの緩和や、精神的な癒しにも効果が期待できます。年齢・
性別を問わず誰にでも簡単に自分や他人のココロとカラダを癒す
「手当療法講座」是非、この機会に体験してみてください。

◇日程
3月1日(金) 大船渡リアスホール展示ギャラリー
3月2日(土) 大船渡リアスホール展示ギャラリー
3月3日(日) 大船渡カメリアホール教養文化室
3月4日(月) 大船渡リアスホール展示ギャラリー


<講座受講の流れ>

① 1日、2日、3日、4日のどれか一日をお選びください。
② 希望日の朝9:00~10:00に全体で一時間ほど説明会を受けて頂きます。
③ その後、ご都合の良い時間帯に各個人1時間ずつ。計2時間の講座です。

◇費用 無料(こちらの講義は寄付金でまかなわれております)

◇参加資格 岩手・宮城・福島在住の方〈お子様連れはご遠慮願います〉

◇応募締切 2/26〈火〉※定員50名になり次第、締め切りますので
お早めにお申し込みください。

◇お問い合わせ・申し込み方法 Eメールか電話
Eメール
題名は「大船渡手当療法」とし①参加者氏名電②話番号人数③を明記の上
share- happiness@ basil.ocn.ne.jp までメールを送ってください。
電話 0 9 0 - 9 5 2 6 - 8 2 7 5  担当 長谷川 

詳しくは 「大船渡 手当療法」で検索してください。

三陸鉄道南リアス線、新車両の搬入作業一部始終【3】
搬入の報告もこれにて最後になります。

新車両が無事に線路の上に移動されました。
2つの台車も車体に取り付けられた後、
三陸鉄道南リアス線に務める社員による手押し移動が行われました。
動き出した時間は、15時45分頃。
移動する先は、三陸鉄道南リアス線運行部車両基地


だいたい…15名くらいでしょうか。
動き出す最初が大変で、動いてしまえばスムーズに動いてしまいます。


三陸鉄道南リアス線運行部の事務所前を、新車両が通過していく場面です。


車両基地の横を通り過ぎていきます。
最終的には、ここに三鉄車両を収めます。


いったん、盛駅のホームにまで車両を動かします。
その後、折り返して車両基地に入れます。

盛駅までの途中にある「みどり歩道橋」の下を通っている場面です。


もうすぐ新車両盛駅のホームに到着します。
ずっと人力によって車両を動かしてきました。


16時頃、ついに三陸鉄道盛駅のホームに到着!


ここで必要なのは、ポイント切り替えです。
車両基地まで運ぶには数カ所のポイント切り替えがあり、
手動で行われていた様でした。

切り替えが済み、再び手押し移動が始まりました。


「みどり歩道橋」を通り過ぎた辺りで、再びポイント切り替え待ち。
手押しとはいえ、停車するのも人の力…。
動き出しと同様に停車もなかなか力のいる作業であったようです。


ポイント切り替えの作業中の様子。


新車両が格納される場所は、もう目の前!
最後のラストスパート!


ゆっくりゆっくりと新車両が動き出し、前に前に進んでいきます。


既に車両基地のシャッターは全開の状態。
受け入れ準備が出来ています。あとは車両を中に入れるだけ…。


手前まできました。もうすぐですね!
その新車両が、徐々に徐々に…。


ついに、運休状態の三陸鉄道南リアス線新車両が到着し、
このように搬入されました!その姿が見れて嬉しいですね!


半分ほど新車両が入りました。


その姿が全て車両基地に収まった瞬間です!


クウェート国からのご支援に感謝します。
そして、新潟トランシスにて三鉄車両が製造され、
この度、新車両の搬入に至りました。
今月23日には、2両の新車両が搬入される予定であり、
平成25年3月15日からは試験および試運転を開始する予定とのこと。

部分開通の運転再会は平成25年4月。
その日付は先日、新聞やニュースで報道されていましたね。

「盛-吉浜駅」間の運転再開記念式典が平成25年4月3日に行われ、
平常運転は4月4日からになります。時刻表も発表されています。

復興に向けた第一歩です!
不通になっていた鉄路が一部ではありますが復旧します!
東日本大震災から2年が経過し、南リアス線がやっと動き出します。

地元に住む高校生や病院に通われる方、通勤通学で利用される方、
鉄道ファンや三陸鉄道を応援されている方、旅行や観光で来られる方など、
たくさんの人に乗車して頂き、地域を盛り上げ、
益々の復興に向けての歩みが始まることになりますね。楽しみです。

これからも三陸鉄道をよろしくお願いいたします。