三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



幸せの虹を目撃!
9月29日の土曜日14時49分頃、美しいを発見!
その鮮やかな色合いに感情が揺さぶられました!場所は、ちょうど盛駅の東側!
は、端と端まではっきり見えるキレイなアーチでありました!


太陽が西日になり、青空も見えながら小雨が降っていた環境で虹が登場しました!

山を背景にしたは特に色がくっきりと強く見えていましたね!


ここまで大きくハッキリしたは今まで見たことがないくらい美しく、
心が洗われて幸せを感じる存在でありました!

は時間と共に徐々に薄くなり、あっという間に消えてしまいます。
見えていたのはたった数分間…。


しかし、ホントすごかったです!


滅多に見れない自然現象!
その貴重な場面に遭遇することができて嬉しかったですし、最高でした!
心が躍りましたよ!

スポンサーサイト
オリジナル缶バッジ…製作いたします!
三鉄盛駅ふれあい待合室では今月、
思い切って『缶バッジ製作機』を購入しました!
これで缶バッジを作ることができます!


作れる??…そうです!

待合室では、お客様の要望にお応えして
オリジナル缶バッジをお作りします!

缶バッジの大きさは、32mm。
このサイズの缶バッジになります。

それでは、その機器の写真を掲載しながら
簡単な作り方をご紹介しますね。

製作するにはバッジにする大きさの絵柄が必要になります。
包装紙でも雑誌でもであれば作ることができます。
また、写真をパソコンに取り込んでサイズを調整し、
プリントして缶バッジにすることも出来ます!
イラストでも良いですし、商品やお店の建物や看板などの写真を
バッジにするのも面白いかもしれません。
記念写真を缶バッジにするものよいですね!
その使い道やアイディアはたくさんあると思います♪

缶バッジにしたいが用意できたら、
スタンドカッターで丸い形にカットします!


紙をスタンドカッターに入れ、
レバーを手前に引くと、丸く切ることができます。

次に、製作に必要な材料を用意します。
それぞれの名称は「シェル」「フィルム」「ピンバック」


この写真には完成した缶バッジも一緒に撮影しました。
三陸鉄道盛駅といえば椿の里、ふれあい待合室の手芸品でお馴染の「手作り気仙椿」です!


このパンチカッター「シェル」を入れ、
カットした丸いをその上に乗せます。
更に上には「フィルム」を置きます。


3つとも台に置いたらクルッと回転させ、
パンチカッターのハンドルをガシャッと手前に倒します。
そのまま今度は「ピンバック」を乗せます。
再びクルッと回転させて同じようにハンドルをガシャッと手前に倒します。

これで作業工程は終わり!缶バッジの完成になります!

ということで、お客様のご要望にお応えして、
オリジナルバッチをお作りします!お値段は200円。
製作はスタッフが作業しますので、お気軽に声をかけてくださいね!
遊び心をもってご注文するのも楽しいですよ!
自分だけの缶バッジ、好きな絵柄、欲しい絵柄の缶バッジが出来ます!


オリジナルの缶バッジを製作いたしますので、
三鉄盛駅ふれあい待合室まで、お越しください!ご利用をお待ちしております!


本日の『SANEN』情報 9/28
本日はこの商品をご紹介します。

『アップルパウンド』


大のサイズは300円。小のサイズは100円になります。
生地の下にはアップルの形がそのまま敷かれてあります!
もう~、見た目からして惹かれますね!

大サイズは3から4等分にカットすると食べやすい大きさになります!


小サイズはカップに入ったケーキ!ひと口ふた口で頂けるサイズですね!
カットしてみると、大サイズ同様に生地の下にアップルの存在があります!


アップルの酸味ある旨味とケーキ生地の美味しさが、
とってもよいバランスで味わうことができますよ!


『SANEN(サネン)』さんの10月の定休日をお知らせしますね。
日付は2日、9日、16日、21日、22日、23日、30日
基本は毎週火曜日第3日曜日になりますが、21日、22日、23日は、
真ん中の月曜日もお休みして3連休になります。
お店には営業日カレンダーが置いていますので、お持ち帰りくださいね!

ふじ丸…大船渡港に入港!
9月26日の水曜日。この日は朝8時30分頃、外航クルーズ客船「ふじ丸」が、
「秋の日本一周クルーズ」として大船渡港に寄港しました。


「ふじ丸」は全長167m、幅24.0m、総トン数23,235トンの大きい船です。
大船渡港に入港したのは今回で5回目。約270人を乗せて大船渡に訪れました。

東日本大震災時は被災地支援として、2011年4月11日、
大船渡港に寄港しました。支援活動は、お食事や大浴場の提供、
客室の利用や船舶公衆電話の開放、携帯充電の提供、
映画上映を無料で行い、避難者の支援に努められました。
その節はホントにありがとうございました!

船を降りてからお客様はオプショナルツアーとして
岩手県内の各地にバスで移動され、大船渡の仮設店舗や碁石海岸を巡られた方や
かもめの玉子の工場見学も行われたそうです。
大船渡の復興への歩みや現在の様子を肌で感じて頂けたことと思います。
また、岩手県内の観光地として内陸にある中尊寺と毛越寺、
猊鼻渓の船下りを楽しまれたお客様もいたそうです。


私は午後1時30分頃に大船渡港に着きましたが、
朝の歓迎セレモニーに登場した綾里大権現が港に佇んでおりました。


テントがいくつも並び、お土産品など色んな商品がたくさん販売されていました。
椅子とテーブルも置かれ、そのうち炭火でサンマが焼かれ始めました!美味しそうでしたよ♪


それでは「ふじ丸」を撮影してきましたので写真でご紹介したいと思います!


とにかく大きかったです!
その姿に興奮し、ワクワクしました♪


船体は大きな壁のようで、その存在感…かなり迫力がありました!


こちらが正面になります。そして後ろ側。


白い船体で太陽に反射して美しく光り、とってもカッコよかったです!


やはり、美しいです。


権現様とふじ丸。その1


権現様とふじ丸。その2


乗船口。


そして大きい…、やっぱり大きいです!圧倒される大きさでした!


何枚も撮影しました。それほど魅力を感じたのかもしれませんね。


震災時にお世話になった「ふじ丸」…。
大船渡は港町です。大型客船が何度も訪れる場所です。
地元の方もたくさん見にきていました。自転車で来られた方もいましたね!


45分間たっぷりと「ふじ丸」を撮影して堪能し、大船渡港を後にしました。
見惚れるほど豪快なその存在感、とてもステキな姿でした!


大型客船といえば、10月6日には「飛鳥Ⅱ」
大船渡港に入港する予定になっています!こちらも楽しみですね!

【告知】開業一周年記念イベント
『三鉄盛駅ふれあい待合室 開業一周年記念イベント』


期日:平成24年10月7日(日) 11:00~14:00
場所:三陸鉄道盛駅ふれあい待合室とその周辺


<内容>
餅まきさんまのすり身汁手作りドイツケーキ
ポップコーン綿あめ無料で皆さまに振る舞います!
賞品付きでカラオケ大会も行います!また、被災者が制作された手芸品をたくさん販売します!
安城高等学校の生徒さんが作られた「ミニ三鉄車両」に乗車して遊べますよ!



<ご挨拶>
昨年10月5日、岩手県をはじめ関係者のご指導により三陸鉄道盛駅舎を
「街の活性化」へ開放していただき、多くの方々のご利用をいただいております。
【1】待合室利用者は18155人(1日平均55人)
【2】無料法律相談は述べ39日開催し、
   171件(9月26日現在)の相談を受けました。
【3】ウォーキングは9回開催し、209人。
【4】復興歌声列車は10回開催し、187人。
【5】手芸品の販売や手芸講習会も開催。
【6】支援物資を置き被災者から喜んで頂いています。


皆さんと共に一周年をお祝いいたしますので、
お気軽にお出で下さいますようご案内いたします。


11:00 開会式
11:10 餅まき
      手作りドイツケーキ
      カラオケ大会
      綿あめ
      手芸販売
      色々な出店
14:00 終了


主催:NPO法人夢ネット大船渡(三鉄盛駅ふれあい待合室)

第10回 復興歌声列車
9月21日の金曜日。
この日は『第10回 復興歌声列車』を開催しました!
30℃前後の暑さが続いていましたが、やっと秋らしい過ごしやすい日になりましたね。
参加費1000円でお弁当付き!時間帯は12時~15時で行いました。

急きょ当日になって参加された方も多くて今回は20名になりました!

そして、イベントのお手伝い2名と、
三陸鉄道南リアス線のアテンダントさんにもご協力を頂きました。
ホント助かりました。ありがとうございました!

では『第10回 復興歌声列車』の様子をご報告します!

受付でお菓子と領収書、リクエストカードをお配りしました。
1時間以上前から既に来られていた方が何人もいましたね。
それほど楽しみにされているのだと思うと、ホントありがたく思います。

開始10分前になりましたのでお客様を三鉄車両へと案内しました。

まず最初に、NPO法人夢ネット大船渡が5月に「復興ほら吹き大会」
リアスホールで開催し、そのときホラ貝を吹いて会場を盛り上げて
お客様を楽しませた菊田様に、岩城理事長から感謝状の贈呈を行いました。


ご挨拶のあと、最初の20分間は「お食事&歓談タイム」にしました。
お渡ししたのは「味菜」のお弁当。これが美味しいって毎回好評です♪


この時間帯を利用してリクエストカードに曲名や歌手名など記入し、
提出して頂きました。皆様、何を歌うかワクワクしながら
美味しそうにお弁当を召し上がっておりましたね。


今回は前回に引き続き『じゃんけん大会』を行いました!
その様子は後でご紹介しますが、用意した賞品はこちらです。
参加賞もご用意しました!


12時20分過ぎ、いよいよカラオケ大会スタート!
ホントに上手な方が多く、聞惚れるほどの喉の持ち主ばかりで、
聴いてるだけでもかなり楽しい時間を過ごすことができましたね♪

その自慢の歌声を響かせながら気持ちよさそうに歌われていました!



好きな歌や得意な歌、挑戦してみたい歌など色んな思いで歌い楽しみ、
大きい声を発することでストレス解消にもなります。
どの方も今を心行くまで存分に楽しんでいる様子で、
笑顔や笑い声が響く、明るい雰囲気で賑やかに行われました。




皆を楽しませようとハロウィーンの衣装を身に付けた
陽気な常連客がおりました!いつも盛りあげて頂き、ありがとうございます!


陸前高田市で毎年行われている人気イベント
『全国太鼓フェスティバル』のポスターを持ってきて披露していました!
ちなみに今年の会場は、陸前高田市立第一中学校体育館です。
平成24年10月21日(日)に開催されますよ!


毎回、参加者が歌い終わったタイミングで、
「ブォ~~オ、ブォーブォ~~オ」と菊田氏により
ホラ貝が吹かれ、大いに盛り上がりました!


13時になったところで、柿羊羹トコロテンをオヤツとしてお出ししました。


また、参加者同士での交流や会話が弾み、明るく楽しそうに過ごされていましたね♪
写真を撮ったり会話が盛り上がったりと、皆さま賑やかに過ごされていましたね!



歌われる方は気持ちよく歌い上げ、その歌声に注目して聴き入っていた方も多くいました!
歌い終わると毎回拍手が起こり、どの方も楽しんでいるのが伝わってくる雰囲気でしたね。


14時45分頃、ジャンケン大会を行いました!
1位と2位の方にはバッグ、そして参加賞もご用意しました!
全員に起立して頂き、最初は私とジャンケンを行いました。


勝った人だけそのまま起立!それに結構、盛り上がり、
生き生きとした表情で参加されたようで嬉しかったですね!

1位の勝者は少数になる前にお一人だけ勝った形になり、
すぐに決まりました!新品のバッグを贈呈!
嬉しそうな表情が見えてよかったです!おめでとうございます!


少数にならなかったので、再び全員に起立して頂き、
再び私とジャンケンしました!同様に勝った方のみそのまま起立です。
この写真は少数が勝ち残り、1対1の決定戦の様子!


2位決定戦を制した方はこちら!
いつも待合室のイベントに参加されている方になります。
おめでとうございます!


ジャンケンというちょっとしたゲームになりますが、
参加されて楽しそうな表情をみると、よかったなぁ~と感じましたね!


参加賞はこちらになります。全員にお配りしました!


『第10回 復興歌声列車』の最後の締めは、
第7回開催のときから歌っている恒例行事!
我が故郷が生んだ大物演歌歌手「千昌夫の北国の春」を全員で大合唱しました!
皆さん座席を立って声を合わせて一緒に歌い、
みんなで一つになった場面でもありましたね!
見ていて少し熱い気持ちになりました!


参加された皆様、お手伝いに来てくださった皆様、
ホントにありがとうございました!
お客様に「楽しかった!また来たい!」と言ってくださり、
また、何といっても参加者が明るく元気に過ごされている様子を拝見し、
開催してよかったなと感じております。

これからも街の活性化、賑わい作りをして取り組んで参ります!
今後ともよろしくお願いいたします。

第23回 無料法律相談
9月22日(土)、9月23日(日)の2日間、
特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ主催による
『第23回 無料法律相談』を開催しました。

東京の弁護士事務所から男性の弁護士さんが2名いらっしゃいました。
お二人とも大船渡に訪問するのは5回目になります。
そして、研修生の方が1名とドライバーの方が1名、
三鉄盛駅ふれあい待合室にお越しくださいました。
いつも遠くから来て頂き、ありがとうございます。


会場は2日間とも
「カメリアホールの会議室」「ふれあい待合室の和室」を使用。
どちらも外に声が漏れない安心できる場所になります。

相談者は22日(土)が5名、23日(日)も5名で、今回は計10名になりました。
相談時間帯を確保するために事前申し込みが必要になりますが、
当日でも空いている時間帯であれば、相談することができます。
ですが、事前に相談時間を予約された方が確実ですので、
よろしくお願い申し上げます。

相談時間について、今までは30分間で行っていましたが、
今回より40分間の相談時間を設定して行いました。

相談者は、誰にも話すことができなかった悩みを
専門の弁護士さんにお話しすることで解決に向けて進むことができますし、
溜まっていた問題を話すことで気持ちが楽になります。

表情や雰囲気を拝見しますと明るくなられたり、笑顔も見えて、
肩の荷がおりた印象を感じましたね。
また、感謝の言葉を述べて帰られた方が多かったです。
ホントに『無料法律相談』をご利用になられてよかったと思いました。

それでは、弁護士さんと一緒に立ち会った研修生にも
感想を伺いましたので、ご紹介いたします。

【弁護士さんの感想】
『今回は債務に関する相談が多かったように思います。
金融機関が実際に回収する方向で動き出してためかもしれません。
被災者のために「私的整理ガイドライン」が定められており、
これを使えば返さなくても済み、借金を返している方も
まだまだ多いように感じます。
本来は、金融機関がガイドラインの使用ができること周知すべき
(被災者の方の多くは使用できます)だと思うのですが、
そこまでやってくれていないのが実情なのでしょう。
ガイドラインの存在と、それが利用しやすいものであることを
周知していく必要性を痛感しました。』


『今回も飛び込みの相談も含めてそれなりの相談件数があった。
今回は、震災が関連する相談が多かった。具体的な相談内容としては、
相続、借金(ローン)問題、家族間のトラブルなどがある。
まだまだ様々な悩みを抱えた方々がたくさんおられることを改めて実感した。
この無料法律相談を今後も継続していく必要が大いにあると思う。また来ます。』


【研修生さんの感想】
『今でも震災に関して生じた問題について悩みを抱えている方が
たくさんいると感じました。まだ、そうでない方でも何らかの悩みを
抱えていらっしゃる方も相当数いました。
法律相談に来ることは決してはずかしいことではないと思いますので、
参考にするだけでも構わないと思います。
是非、今後も皆様に利用していただければよいと思いました。』


今回の法律相談で件数は延べ171件になりました。
弁護士さんもおっしゃっておりますように、まだまだ震災に関する相談があります。
これから前に進むためには乗り越えないといけない壁もあります。
自分だけで考えるのではなく、やはり弁護士さんにご相談して頂ければ、
解決の方法や対策を助言して頂けますし、
これからの進む道がはっきりすることと思います。

法律の専門家である弁護士さんに無料で相談することができますので、
この機会を多くの人に活用して頂きたいですね。

お越しくださいました弁護士さんを始め、研修生とドライバーの方、
そして相談者の皆様、ありがとうございました。

今現在、開催が決まっている『無料法律相談』の日程をご紹介します。
10/13(土)10/14(日)『第24回 無料法律相談』
10/27(土)10/28(日)『第25回 無料法律相談』
11/24(土)10/25(日)『第26回 無料法律相談(仮)』


これからも月2回で『無料法律相談』を行う予定ですので、
三鉄盛駅ふれあい待合室までご連絡ください。ご利用をお待ちしております。

本日の『SANEN』情報 9/23
新商品や大きくなって登場した食べ応えある商品、
の食材を使用したものまで続々と登場しています!

それでは商品をご紹介!

『ブラウニー』100円


ブラウニーとは、チョコレートを使用した焼き菓子のことで、
生地の食感はクッキーよりもソフトで、スポンジケーキよりは重厚で濃厚な感じです。

『SANEN(サネン)』さんの商品は生地にクルミプルーンを使用!
チョコレートの香りがフワッと漂い、少しもっちりな食感♪


プルーンの酸味とクルミのカリッとした甘い食感、
これがチョコレートの生地によく合います!
ガトーショコラをちょっと軽くした感じですね。
とっても美味しい焼き菓子ですよ~!


『ロールキャベツ』380円


『SANEN』さんこだわりのロールキャベツ!
約4時間じっくり煮込んでいます!
スープの味が浸透していて柔らかくてホント美味しいですよ!
その大きなロールキャベツが、容器いっぱいに入っています!
食べ応えがありますよ!味も絶品!


キャベツの旨味やスープの美味しさを存分に味わうことができます!
ブロッコリーが添えられていて良い色合いですね。

『ブタ肉とキノコのデミグラスパスタ』350円


キノコがたくさん入っています!キノコは今が旬!
上に乗っていて白く見えるのはマッシュポテトです!
デミグラスソースも抜群に美味しく仕上がっています!
カップの底にはパスタがいっぱい入っていて、
ブタ肉もしっかりあって嬉しくなりますね!


『アップルタルト』200円


アップルが可愛らしくトッピングされてオシャレな仕上がり!
生地でサクサクな食感が味わえ、
アップルの甘い酸味が口いっぱいに広がります!
美味しそうなアップルタルトですね♪


ということで、
『SANEN』さんおご利用をお待ちしております!

本日の『SANEN』情報 9/21
9月になって登場した新商品をご紹介します。

『黒みつゼリー』200円


黒みつゼリーに仕立てました!
その上にはクリーム餡子がのっています。


色艶がよくて美味しそうですね!
クリーム餡子の組み合わせが絶品!黒みつの味もしっかり味わえますよ!


次にご紹介するのはこちらです!

『とり肉とキノコのクリームパスタ』350円


見るからに美味しそうです!いや、最高に美味しかったです!

クリームのまろやかで美味しい味とキノコの旨味、
そして、とり肉が大きくて柔らかく、とっても幸せを感じる美味しさなんです!
キノコが美味しい季節になりましたね!使っているのはシメジっぽいです。
具の下にはパスタがぎっしり入っています。食べ応えありますよ!


『SANEN(サネン)』さんには、まだまだ新商品がたくさん登場しています!
皆様のご利用をお待ちしております!

ビーズ内職講習会
9月19日の水曜日。この日は『ビーズ内職講習会』を開催しました。
主催は「がんばっぺしプロジェクト」。14時~16時30分まで行いました。
場所は、三鉄盛駅ふれあい待合室の中です。制作するのは「笑路(わらじ)」
ビーズで作る小さい草鞋の可愛らしい装飾品になります。


「笑路」は、45号線を東北被災地をつなぐシンボルとし、
復興と繁栄への「路」をみんなで笑いあって歩けるようにと、
三陸沿岸地区・福島の女性達を中心に全国の皆様と共に一つ一つ
願いを込めて丁寧に手作りされたビーズ細工です。


「笑路」は内職につながる商品です。
ご説明しますと、復興地で作られた「笑路」は、
売上の15%が復興地の作り手に支払われます。
全国のサポーターによって作られた「笑路」は、売上の15%がに支払われ、
5%が復興地の作り手に支援サポートとして支払われる仕組みになります。


商品は大きく分けてキーホルダーとストラップの2種類。
「キーホルダー」より「ストラップ」の方が、ひと回り小さいサイズになります。


講師は1名で参加者は9名。こちらが講習会の様子です。


材料は主に色の付いたビーズと透明なテグス。道具にはボンドとペンチも使用します。


机ごとに「ストラップ制作班」「キーホルダー制作班」に分かれ、
それぞれ作り方が書かれた説明書を配って行われました。


小さくて可愛らしいビーズを扱い、その穴にテグスを通す作業が大変そうでした。
最後の方では一つのビーズの穴に3、4回テグスを入れる箇所があり、
苦戦されていた方が多かったですね。


ではその細かい作業の様子を写真に合わせてご紹介します。


ビーズを何個も通して「笑路」が出来ていきます。


講師は全員の作業の様子を見渡しながら一生懸命に教えておりました。
参加者は積極的に質問しながら進められていました。


時には参加者同士で教え合って作業されていました。
ビーズをいくつ通すのかなど誰でも気になる箇所は同じです。
共通の物を作る同士で会話が弾み、楽しみながら作られていたように感じます。


小さい物を扱うだけに皆様、手元に集中されておりました。


徐々に完成に向かって進んで行きます。


片方の「笑路」が形になってきた感じですね。


15時30分頃には先生が参加者にお菓子を振る舞い、
休憩となりました。待合室からは皆様にお茶をお出ししました。
集中集中だと疲れてしまいますからね。リラックスすることが大事なのです。


休憩が終わり、再び作業開始!


色鮮やかで小さく可愛らしい存在!出来上がってくると嬉しくなってきますね♪

出来上がった片方の「笑路」になります。


丁寧に教えている場面です。生徒も熱心に教わっております。


最後の仕上げ!
ペンチで金具の輪を「笑路」とストラップに取り付ける作業です。


ついに完成!細かい作業で集中力が必要になりますが、
苦労の末に出来上がった「笑路」です!
左側がキーホルダー!右側がストラップになります!


可愛い「笑路」が出来上がり、
完成した達成感は大きかったように感じました。それほど根気も必要だったのかもしれません。
時間があるうちに「笑路」を何個も作ろうと頑張っていた方もおりました。

参加者は誰もが初めての制作であり、不慣れな作業で難しそうに感じましたが、
覚えてしまえば楽に進むような印象を受けました。
ただし、問題は小さいビーズの穴にテグスを数回通す場面になります。
ですが、拡大鏡があればもっと簡単に出来そうに感じましたね…。

参加者の中から材料を持ち帰られた方が2名おりました。
これから内職候補として関わっていくことと思います。
講習会を行い、作り方を体験して頂けたこと、よかったと感じます。

被災地支援になる「笑路」
制作者が増えて商品が販売され、人気商品になってほしいですね!

先生と参加者の皆様、お疲れ様でした!
また、三鉄盛駅ふれあい待合室にお越しくださり、ありがとうございました!
このように待合室の中で手芸の講習会を行うこともできます。
色々なことに待合室を利用して頂きたいと思っております。

最後に、この「笑路」を扱っている
「がんばっぺしプロジェクト」のサイトをご紹介しますね。

【がんばっぺしプロジェクト】
http://ganbappeshi0311.com/

【facebook】
http://www.facebook.com/ganbappeshi0311