三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お礼の手紙と、はしれさんてつ♪
11月22日の土曜日。東京の方から1枚の音源とお手紙が、
三鉄盛駅ふれあい待合室に届きました。


「盛駅ふれあい待合室 御中

突然のお手紙で失礼します。
東京で鍼灸やリハビリの仕事をしているHと申します。
昨年の11月と今年の7月に三鉄に乗りに行った際に、
待合室の方たちに、震災のことや地元の話をいろいろ伺ったり、
食事処を教えていただいたりと、大変お世話になりました。
おかげさまで思い出深い楽しい旅になりました。
ありがとうございました。


その旅で三鉄に乗って体験したこと、思ったことを元に
歌を作りましたので、不躾ながら送らせていただきます。
(中略)


また機会をみつけて三鉄に乗りに訪れたいと思っています。
みなさんのご活躍を心から応援しています。
これから寒くなりますので、どうかお身体に気をつけて
お過し下さい。では失礼します。」


ステキな歌詞でしたので、こちらもご紹介したいと思います。

『はしれ さんてつ』

「駅を出た汽車が 街中を抜けて
海沿いを走ってく 次の駅にむけて


駅を出た汽車が ぼくらを乗せて
海沿いを走ってく 次の駅へむけて


道行く人たちが 汽車に手を振ってる
なんだかうれしくて ぼくも手を振りかえす


海がみえるよ 船が浮かんでる
トンネル抜けたら 次の駅がみえるよ


トンネルを抜けて 木もれ日を抜けて
川を渡るよ 鮭が泳いでる


あの日を思うと まるで夢のよう
忘れない悲しみと うれしさが胸にこみあげる


汽車の少し先を 狐が歩いてる
狐に合わせて 汽車もゆっくりと


(間奏)

出る人 帰る人 理由はそれぞれだけど
汽車が走れば いつもどこかでつながってる


人がつながれば 子どもが集まるよ 子どもが集まれば 笑顔がふえるよ
子どもが笑えば みんなが笑うよ 笑顔がふえれば もっと人が集まるよ
人が集まれば 街ができるよ 街ができれば ふるさとになるよ
ふるさとになるよ」


歌詞は、三陸鉄道に乗車されると感じられる情景などが
内容になっていて、そのまま有りのままの様子を表現されております。
また、乗車された感想や気持ちなども織り込まれています。
曲はKeyがG。ブルース調で、ゆったりのんびりしている雰囲気を演出され、
情景がみえてくるような感じを受けました。

お手紙と作詞作曲された音源、とても嬉しいです。
聴いていると温かい気持ちになりました。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
江ノ島電鉄・深谷様からのお手紙
12月27日の金曜日。ある封筒が三鉄盛駅ふれあい待合室に届きました。
それは、江ノ島電鉄株式会社の代表取締役社長・深谷研二様からでした。

今年の夏、三陸鉄道南リアス線へご乗車のため、
深谷研二様が、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室へとお立ち寄りになりました。
その際、三陸鉄道盛駅長が会話されました。

また先日、三陸鉄道株式会社代表取締役社長・望月正彦様と
お逢いした機会もあったそうです。

そしてこの度、お手紙が届いたのです。ありがとうございました。

その内容の一部をご紹介しますね。


届いたクリスマスカード♪
12月19日の午後、一通の封筒が届きました。
差出人は『武蔵野まごころ連』からでした。ありがとうございます!


『武蔵野まごころ連』とは、東日本大震災が起こった2011年の春夏に
武蔵野市民社会福祉協議会が企画した被災地支援に行ったメンバーのなかで、
「続けよう、伝えたい、忘れまい」との想いを持った有志が起こした、
災害ボランティアの集いになります。

『武蔵野まごころ連』の方々はボランティア支援として、
何回も被災地の大船渡市に来られ、
三鉄盛駅ふれあい待合室にもお立ち寄り頂いております。

そして、母の日にはカーネーションの花束を大船渡のお母様方に届けたいと
「おおふなと夢商店街」にあるお花屋さん「加茂ガーデン」さんにご注文し、
待合室で受け取り、お立ち寄りくださったお母様方にお渡ししました。

それでは、届いたメッセージをご紹介いたします。

このお手紙は、
「ふれあい待合室をご利用の皆さん、スタッフの皆さん」宛に届きました。




大船渡の復興を心よりお祈りしています。
Merry Christmas メリークリスマス
「また行きます。絶対に!!」
「大船渡・盛駅のにぎわいを早く見たい!」
「Merry Christmas!!素敵な時間をお過ごし下さい!!」
「まだ待合室には行った事がありませんが、
皆が顔を合わせる場としてステキな場所のようですね。
私も行きたいです。」
「昨年の5月に初めて大船渡に行きました。また行きますね。」
「笑いましょう 幸せな時間は共に笑いましょうね」
「先月初めて岩手に行きました。大船渡にも必ず行きます」
「Merry Christmas 2013年も確実に前に進んでいけるように、
健康に気をつけながら、笑顔で!」


嬉しいですね♪被災地のことを思い、このように心温まる
手描きのクリスマスカード…ホント、嬉しく感じます。
また大船渡市に来られた際は、待合室にもお越しください。
スタッフ一同おもてなし致しますので、ぜひ、お立ち寄りくださいね♪

このメッセージを、さっそく待合室の掲示板に飾りました!


皆様、この温かいメッセージを読みにいらしてくださいね。
そして、お気軽にお茶を飲みにきてみませんか?
支援物資も置いていますし、様々な情報誌も置いてあります!
ご利用をお待ちしております!

京急沿線から応援メッセージ!
8月23日に三陸鉄道南リアス運行部から届いたポスターをご紹介します。


このポスターは、
「きっとつながる 全線再開へ がんばれ三陸鉄道!!」と題し、
京急沿線から三陸鉄道への応援メッセージです。

5月27日に開催された
『京急ファミリー鉄道フェスタ2012』において、
三陸鉄道支援の一環として、「京急沿線から三陸鉄道へエール」を贈る
応援メッセージを会場で配布し、お客様に書いていただいたものだそうです。


しばらくは京急線の主要駅に掲出され、こちらの三陸鉄道の駅に届きました。
うれしいですね~♪被災地を思い、このように絵や言葉が書かれ、
一つ一つのメッセージから気持ちが届きます。

震災により壊れてしまった線路や鉄橋、駅舎も多いです。
現在、復旧工事が進められていますが開業に向けて順調に進むのか分かりませんし、
高台に移す駅舎もあります。大掛かりな工事であり、新型車両の製造も行われています。
建設業者も含み、三陸鉄道が復旧へと予定通り順調に進むことを願っています。

全国は線路でつながっています。
BRTも検討されている箇所もありますが道路で必ずつながっています。
鉄道会社がこのように三陸鉄道の復旧を願い、
手書きのメッセージや絵が添えられている応援メッセージを企画し、
届けてくださりまして、ホント嬉しく思います。ありがとうございました。

応援メッセージのポスターの下にある文章を掲載しておきますね。
三陸鉄道についての情報や復旧状況、
今後の開通に向けた見通しなどが書かれています。


「三陸鉄道は、昭和59年に開業した第3セクター鉄道です。
南リアス線(盛-釜石間)と北リアス線(宮古-久慈間)の
2路線があります。平成23年3月11日に発生した
東日本大震災では、大きな被害を受け、南リアス線は全線運休、
北リアス線は震災後に小本~陸中野田間で運転を
見合わせておりましたが一部区間の復旧工事が進み、
平成24年4月1日から田野畑~陸中野田間で運転を
再開しました。三陸鉄道では、運転再開を待ち望む地元地域の
皆様や全国の期待を受け、来年4月に運行を再開する予定の
南リアス線盛・吉浜間、さらに平成26年4月の全線復旧に向け、
鋭意取り組みを進めております。」


これは期間限定での張り出しになりますので、見にいらしてくださいね。
跨線橋の中に張ってあります!

お手紙を頂きました。
8月11日の土曜日。
この日は2回目になる『三陸海の盆』が釜石で開催されました。
そこで、三陸鉄道盛駅ふれあい待合室で取り扱っている商品を、
『遠野まごころネット』さんが販売してくださいました。
誠にありがとうございました。

『三陸海の盆』とは、東日本大震災により犠牲になられた人々を永遠に供養し、
被災地と支援地が“想い”を共有するため、また、三陸、岩手、
地域が一体となって被災者とよりそうために、
昨年の8月11日に大槌町で第1回『三陸海の盆』が開催されました。

今年は更に、大震災の悲劇が風化することなく、
また各地の郷土芸能が復活することを願って開催されました。
昨年3月11日の悲劇を心に留め、犠牲者を慎む全ての人々が“想い”を
分かち合うために、そして三陸人の心の拠り所である郷土芸能の復活と、
ふるさとの復興を願い、今年も『三陸海の盆』が行われました。

販売した商品は小柄の『手作り気仙椿』『椿ストラップ』
被災者が一生懸命作られた手芸品になります。


販売をお手伝いされた『遠野まごころネット』の方から、
購入された方が書かれたメッセージカードが届きましたので、ご紹介します!



大船渡の皆様へ
妻のみやげに買わせて頂きました。
私達も応援します。一緒に前へ進めたらいいですね。



盛駅のみなさん
あつさに負けないで下さい。



かわいらしいストラップ
母にプレゼントさせていただきます。



盛駅の皆さん
いつもありがとうございます!
   大船渡の怪しい人


このように思って頂きまして嬉しく思います。
大船渡の花『椿』を手芸し、ブローチストラップにしてみました!
購入されてメッセージまで書いて頂き、嬉しいですね。

『遠野まごころネット』さんには、いつもお立ち寄り頂き、
イベントでもご協力を頂きております。ありがとうございます。
今後もお世話になります。よろしくお願いいたします。

この商品は三鉄盛駅ふれあい待合室で販売しています。
お立ち寄りの際は、ぜひ見て行ってくださいね!お待ちしております!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。