三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



報告:完成した陶芸作品
7月11日に製作し、9月12日に施釉(色付け)作業を行なった
陶芸作品が10月3日の月曜日、窯から取り出されました。

完成した作品の一部をご紹介しますね。














昨年と今年と2年間、陶芸教室で作品を作ってきました。
色や形が洗練されてきて、色鮮やかで立派な作品へと仕上がりました。
世界に一つだけ!あなただけの器になります♪

どの陶芸作品も素晴らしい出来栄えですね!

手作りの良さが出ていますね♪
施釉(色付け)するときのちょっとした工夫や
絵具を使用して細かく色付けした感じ、
色を吹きつけた感じなど、美しく着色されているように感じました。

今年度の『三陸鉄道に乗って行く陶芸教室』は、
今回を持ちまして終了となります。ご参加ありがとうございました。
スポンサーサイト
三陸地区文化祭にて陶芸作品の展示
10月15日(土)と16日(日)の2日間、
大船渡市立三陸公民館にて『三陸地区文化祭』が開催されました。
時間帯は9時~5時まで。16日は15時まで行われました。


展示部門として「絵画」「書道」「文芸」「写真」
「手芸」「陶芸」「華道」「茶道」「彫刻工芸」
「デジタルアート」
など。

体験コーナーは、各部門の体験ができる参加型になっています。
「絵画」キャンパスに描いてみよう!
「書道」半紙に一文字書いてみよう!
「文芸」短歌・俳句・川柳を詠んでみよう!
「写真」写真を撮ろう!
「陶芸」オリジナルの皿を作ろう!
「華道」お花を生けてみよう!
「茶道」自分で点てたお茶を飲もう!
「デジタルアート」写真を撮ってハガキを作ろう!


平成27年・平成28年と、
三陸鉄道盛駅(運営団体:NPO法人夢ネット大船渡)では、
『三鉄に乗って行く陶芸教室』というイベントを開催してきました。

盛駅から三陸鉄道へ乗車して甫嶺駅まで移動し、
越喜来小学校の校庭にある『さんりく陶芸工房』で、
三陸町陶友会の講師から教わり、陶芸作品を製作してきました。

その作品を今回『三陸地区文化祭』に展示。


色や形が個性的で世界に一つだけの陶器となっていますね♪
色合いがステキだったり、形が立派だったり。
湯呑み・ぐい呑み・お皿・花瓶・小鉢・マグカップ・
ペンダント・陶板画・ひな人形などなど、
様々な作品を展示してきました。




≪三陸町陶友会の講師たち≫


【三陸町陶友会の方々の作品】



多くの方が『三陸地区文化祭』へ足を運ばれ、
陶芸作品を御覧になりました。ありがとうございました!

第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室(第二期仕上げ) 
9月12日の月曜日。この日は、
『第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室(第二期仕上げ)』を行いました。
第二期として作陶した7月の作品の施釉(色付け)作業です。

参加者5名と三陸町陶友会の講師3名が参加となりました。

9時13分に盛駅を出発する三陸鉄道へ乗車。

甫嶺駅に到着したのは9時35分です。
駅から歩いて5分の場所にあるのが「さんりく陶芸工房」です。
今現在の越喜来小学校の校庭にあります。

仕上げ作業として素焼きを終えた作品に色付けを行います!

窯から取り出された作品が机の上に並びました。
その中から自分の作品を持ってきて作業開始!

まずは紙ヤスリで表面を削って形を整えます。
凸凹などガサガサの箇所があればツルツルに仕上げていきます。
また、底が平らになるように削ります。


次の作業は、紫色の撥水剤を施釉(色付け)しない底部へ塗ります。


自分だけの作品を仕上げていきますから、真剣そのもの!


器から皿、湯呑やカップ、箸置きなど様々な作品がありますね!


その後は今回のメイン作業でもある施釉を行いました!
大きなバケツには着色する為の釉薬が入っています!


様々な色のバケツが用意されました。
作品を釉薬へ浸けてから1.2.3と数えて取り出すのが
キレイに着色されるコツになります。
浸けすぎても浸けな過ぎてもダメ。
濃くなく薄くなくがいい感じに仕上がります。

少しでも理想の作品に近づけるよう手先を動かしながらも、
ワクワクな期待交じりの嬉しい気持ちも含めながら作業は進んでいきます!

やがて時間になりましたので、
「さんりく陶芸工房」を出て甫嶺駅へと向かいました。

甫嶺駅を12時35分に出発する
三陸鉄道へ乗車して、盛駅には12時58分に到着。
これにて『第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室(第二期仕上げ)』
終了しました。焼き上がりの作品を窯から取り出すのは、
10月3日の月曜日になります。
どんな作品が出来上がるのか楽しみですね♪

また、陶芸教室で作陶した作品は、
10月15日(土)、16日(日)に三陸公民館で開催される
『三陸地区文化祭』へ展示されます。

今年度の『三鉄に乗って行く陶芸教室』は、
今回を持ちまして終了となります。ご参加ありがとうございました!

【三陸町陶友会について】
陸鉄道を利用して頂く為の施設として、
県の地域活性化調整費と町予算により、
「窯」と「さんりく陶芸工房」が
平成10年(1998年)に建てられました。
毎週月曜日、陶芸製作が行われています。

第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室
7月11日の月曜日、
今年度の『第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室』を開催しました。
参加人数は6名と講師3名の計9名で行いました。
参加費は2,000円で、材料費・乗車券代になります。

9時13分盛駅発の三陸鉄道へ乗車して
降りる駅は甫嶺駅。9時35分に到着しました。
この駅から徒歩5分の場所にあるのが『さんりく陶芸工房』です。
越喜来小学校の校庭の片隅にあります。

講師から作り方の説明がありました。
それから材料の粘土を受け取り、
陶芸教室が行われました。作業開始です!


上手に作るコツは粘土に空気を入れないこと。
その為には粘土を充分にねることが大事です。
指導を受けながら作業が進みます。


自分だけの陶芸作品を作り上げていきます!


ろくろを使ったり、指やヘラで形を整えたり…。
それぞれ理想の完成形を思い描きながら、
物作りの楽しさを味わいつつ時間が過ぎていきます。


細かい部分まで丁寧に形を作り、
講師のアドバイスを受けては調整を繰り返し、
黙々と取り組まれておりました。
出来上がった作品は乾燥させます。


作業を終えた方から掃除を行い、
『さんりく陶芸工房』を後にしました。
作り上げた作品がどのようになるのか、
想像するだけで楽しくなりますね♪

参加者は12時35分甫嶺駅発の三陸鉄道へ乗車しました。
乗車した列車は、新型レトロ車両!


盛駅には12時58分に到着。これにて終了となりました。
ご参加ありがとうございました!

今回の作業は第一段階。
第二段階として色付け作業を行うまで乾燥させます。
色付けは9月に行う予定です。

【三陸町陶友会について】
三陸鉄道を利用して頂く為の施設として、
県の地域活性化調整費と町予算により、
「窯」と「さんりく陶芸工房」が
平成10年(1998年)に建てられました。
毎週月曜日、陶芸製作が行われています。

第1回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室(第一期仕上げ)
6月13日の月曜日。この日は、
『第1回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室(第一期仕上げ)』を開催。
5月に製作された陶芸作品の仕上げ作業として、
今回は施釉(色付け)を行いました。

参加者8名と三陸町陶友会の講師3名が参加。
合計11名となりました。

盛駅を9時13分に出発する三陸鉄道へ乗車。


甫嶺駅へ9時35分に到着し、そこから歩いて
5分の場所にある「さんりく陶芸工房」へ行きました。

その陶芸工房は今現在の越喜来小学校の校庭の片隅にあります。

今回は、素焼きを終えた作品に色付けする作業です。

陶芸作品が窯から取り出され、自分の作品を机の上に持ってきて作業開始!


まずは紙ヤスリで削って形を整え、表面も磨きます。
ガサガサの箇所があればツルツルに仕上げる作業となります。
または底を平らにする為に行っています。


その後、紫色の撥水剤を施釉(色付け)しない底部へ塗っていきます。


そして、絵具を塗ってステキな着色の演出をされている方も!


次に、今回の作業のメインでもある施釉を行いました!
大きなバケツに着色することができる釉薬が入っています!


様々な色のバケツが用意されていて、
浸けてから1.2.3と数えてすぐに取り出すのが
綺麗に着色されるコツです!
筆で塗られている方もおりました。


施釉のあとに色ガラスを陶芸作品の上に置いて
工夫されている方もおりました!
窯の熱で色ガラスが溶けて着色された状態に
仕上がりになります。


それぞれに参加者は少しでも理想の作品ができるよう
会話しながらも手元を常に動かして真剣に作業されておりました。


時間になりましたので「さんりく陶芸工房」を出て、
甫嶺駅へと向かいました。

甫嶺駅を12時35分に出発する三陸鉄道へ乗車して、
盛駅には12時58分に到着しました。
これにて『第1回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室(第一期仕上げ)』
終了となりました。ご参加ありがとうございました!

焼き上がった作品を窯から取り出すのは、
27日の月曜日となります。
どんな作品に仕上がるのか完成が楽しみですね♪


次回の開催をご案内します。

『第2回 三陸鉄道に乗って行く陶芸教室』
≪指導協力≫三陸町陶友会
<日程>
7月11日(月)
<集合>
8時50分に三陸鉄道盛駅
≪行程≫9時13分盛駅発⇒9時35分甫嶺駅着⇒
⇒さんりく陶芸工房(駅から徒歩3分)⇒
⇒12時35分甫嶺駅発⇒12時58分盛駅着
<参加費>
2,000円(材料費・乗車券代)
<持ち物>
エプロン、上履き
<内容>
自分だけのカップを作ってみませんか?
お気軽にご参加ください!
※作陶ほか、希望者は色付け・作品引取りなど計3回の参加可


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542