三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三陸鉄道開業30周年・盛駅ふれあい待合室オープン3周年・感謝イベント
11月15日の土曜日。この日は、
『三鉄盛駅ふれあい待合室オープン3周年・
三陸鉄道開業30周年 感謝イベント』
を開催しました。

場所は、リアスホール。開場時間は12時30分。
開演時間は、13時00分でしたが、開場時間は12時頃と少し早めに行いました。
前売り券は500円、当日券は700円になります。

時間になり、特級法螺師東光院住職「菊田信道」さんが、
ステージにせり上がって、法螺貝の演奏を披露されました!
大きな拍手を頂きながら、高らかに音を響かせ、華やかな幕開けになりました!

主催者代表挨拶として、NPO法人夢ネット大船渡理事長「岩城恭治」さんが
挨拶され、次に劇団ともえ座家元「石川陵山」様へ、
4回も公演を行い被災地に笑いを感動を与えたことによる
『感謝状』を贈呈いたしました。

次に大船渡市長の「戸田公明」さん、
そして三陸鉄道株式会社社長「望月正彦」さんがご挨拶されました。

ここから出演者の催しが始まりました!今回の出演者は「フラ・カメリア」
「新日本舞踊満月会」「劇団ともえ座」
の3団体です。

<新日本舞踊満月会>
1曲目は、可愛い子供達による「花笠音頭」
5人の小さな子供さんがステージいっぱいに一生懸命、
花笠をもって華やかに踊られている姿が、愛おしかったです♪

2曲目は「大漁太鼓」に合わせて、力強くしなやかに踊られカッコよかったです!
3曲目の「よりそい草」は、傘と扇子を使いながら、
その切ない世界に合わせて表現されていました。
4曲目は哀愁を感じる「雪簾」の歌とともに見応えある舞を披露され惹き込まれました。
5曲目は、軽快かつ強い響でがある「望郷じょんがら」。歌に合わせて
凛々しくどっしりと。また、繊細かつ軽やかでしなやかな踊りでした。
3名の息もぴったりで、とってもステキな舞踊を見せてくださいました!

<劇団ともえ座・梢巴流>
幕が上り、1曲目に聞えてきたのは「あまちゃんのテーマ~桜の如く」です♪
川門世昌さん、川門恵さん、川門のどかさんの3名による舞踊は、
扇子を両手に持って明るく元気に軽やかに!
弾むような踊りで楽曲に合う華やかさもありました!


2曲目は松宮幸扇さんによる「風流水景色」です。
着物姿で楽曲の世界を見事に表現され、見応え充分な踊りを披露されていました。

次は『寸劇 男の涙』です。川門のどかさんと石川陵山さんによる
ある夫婦の物語。泣かないでください。生きて下さい。笑っていこう!
勇気をもっていこう!どこか泣ける…そして笑いありの滑稽なお芝居♪
倒れた妻との掛け合いが面白く、笑い声も聞こえる内容でした。


次は川門恵さんによる「詩吟・春望から、白雲の城」です。
雷鳴が響き渡り、登場したその姿は赤く長い髪で紫の袴。
黄金の扇子をもって楽曲の世界を見惚れるほど素晴らしい踊りでした。

川門世昌さんの「天城越え」が始まりました。
情念がこもり、美しくも妖艶に…。そして繊細でありながら大胆に…。
最後は般若のお面を被って踊られ、とても素晴らしかったです!迫力がありました!

次は白い着物姿で登場した松宮幸扇さんの「舟帯~清五郎舟唄」です。
この時間の最後は「民謡 チャンチャカ」
最初は3人、やがて4人になり、ひょっとこ姿で踊られ、
明るく可笑しく笑いの絶えない時間となりました!
その動きがとにかく面白くかったです♪

<フラ・カメリア>
①ヘメレノ リロ
②アナと雪の女王(ありのままで)
③ふるさとは今も変わらず


「ヘメレノ リロ」は、2名の小さい子供さんの出番でした。
しっかりとフラダンスを踊られており、指先まで細かく表現されていて、
とても丁寧な踊りでした。優しい動きに魅了されました♪
衣装も似合っていて、ステキな時間となりました。


「アナと雪の女王(ありのままで)」は、大人と子供が一緒になって踊られました♪
衣装も凝っていて、物語の世界を動きで表現され、
感動的な展開をそのままに…。まるでお芝居を見ているような…。
そんな感覚にもなりました。


「ふるさとは今も変わらず」は、大人3名で踊られ、
落ち着いた大人の踊りの魅力を存分に伝えておりました。
フラダンスの魅力、歌の魅力、そのしなやかな動きを満喫し、
大きな拍手が送られておりました。


<新日本舞踊満月会>
1曲目は「秋田大黒舞」。総勢5名で踊られ、
軽快なリズムの民謡に合わせて皆の動きが揃い、1名は大黒様での登場でした。
とても御めでたい明るく楽曲と、ステキな踊りの披露でありました♪

2曲目は名曲「北の漁場」での舞踊!
子供が1名で踊られていて、表現たっぷりに見応えもあり、
釘付けになりました!


3曲目は「あんたの花道」です。4名で扇子をまわして軽やかに、
そして、しなやかに踊られておりました。

4曲目は「浪花節だよ人生は」です。
1名での登場で、キレのある綺麗な動きと丁寧な踊りを披露され、
お客様を魅了されていました。

5曲目は「オジロ鷲」。扇子を両手に持ち、
その迫力とメリハリのある見事な踊りのと表現力がとても素晴らしく、
完全に魅了されましたね♪大拍手が響く中、幕が閉じました。


<劇団ともえ座・梢巴流>
①川門恵さんと石川陵山さんによる『寸劇・清水の次郎長』
三度笠に刀を脇に差し、々しい佇まいと男らしい動きで見応えたっぷり!


そこに登場した悪人。言い合いになり、面白い展開に…♪
チャンバラが始まるかと思えば、悪人がお客様をステージにあげ、
代わりに次郎長とのチャンバラ劇が…。笑いをとったところで、
その後、悪人と次郎長のチャンバラへの展開と流れていきました!

②川門のどかさんによる「おしろい花」は、
傘を差して、柔らかい動きで女性らしさたっぷりな舞を披露。

③川門世昌さんは「田原坂」で、侍姿で登場し、
どっしりと力強い踊りで、哀愁ある楽曲の世界を存分に表現されていました。
非常にカッコよかったですね!その後「高校三年生」を歌われ、
手拍子も響く和やかな雰囲気になりました♪

④川門恵さんの「越後情話」です。切なく情熱たっぷりな楽曲に合わせて、
白い着物姿で悲しさなど感情を舞踊で表現する姿に、とても惹きつけれました。

⑤川門のどかさんが「南部蝉しぐれ」の歌に合う
見事な表現力で素晴らしく、見応えと魅力のある内容でした。


⑥川門世昌さんは艶やかに「希望」で踊られました。
堂々と緊張感のある動き、髪飾りや帯など豪華で、
踊りも衣装も、その細かい動きも表現力も、どれも本当に素晴らしかったです!
その後、「他人の関係」を妖艶に歌われました♪

⑦石川陵山さんによる「ブラジル音頭」が披露されました。
リズミカルな曲調に合わせて、コミカルな動きで笑いを取り、
次々に被り物を脱ぎ捨て、明るく楽しい時間となりました♪
大拍手で終わりました♪大人気でしたね!

⑧ついにフィナーレです。「千恵っこよされ」で、
3名が元気に軽快にステージいっぱい飛び跳ねたり走り回ったり♪
手拍子も起こり、最後の最後まで大盛り上がりとなりました!


『三陸鉄道開業30周年・盛駅ふれあい待合室オープン3周年の感謝イベント』として、
「フラ・カメリア」「新日本舞踊満月会」「劇団ともえ座・梢巴流」
3団体の素晴らしい見事な舞踊をご覧になっていただきました!

感動あり涙あり笑いありと、来場者を楽しませ、約900名がご来場となりました。
お陰様で「感謝イベント」は大盛況となりました。ありがとうございました!
スポンサーサイト
劇団「ともえ座」公演!
11月9日の土曜日、「復興ニュース発行100号記念・
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室オープン2周年記念」
として、劇団「ともえ座」の公演を、
大船渡市民文化会館リアスホールの大ホールで開催しました。


協賛出演は、満月会坂東流山形県民踊協会
主催は特定非営利活動法人夢ネット大船渡

また、復興ニュース配布ボランティア・三陸鉄道盛駅ふれあい待合室関係・
夢ネット大船渡関係の個人や協力団体代表者らに感謝状をお贈りしました。

開場:12時30分、開演:13時00分、終了:16時00分

<岩城理事長の挨拶>
「今後も皆様の気持ちを大事にしながら、
被災地が一日も早く復興すよう努めていきたい。」と力強く話され、
また、「900人以上の皆様に、楽しんでいただき、復興ニュース100号、
盛駅ふれあい待合室オープン2周年の記念イベントを行ってよかった。
引き続き、被災者や気仙を元気にするために支援していきたい」
と話されていました。

<お客様からの感想>
「とてもよかった。とても楽しく過ごせました。
色んな踊りがみれてメリハリがあってよかったです。
近所のお年寄りが「生きてたら来年も来たい。」
と話していました。
そして「またぜひ見たい!」とニコニコな笑顔で話されている方が多く、
本当に大盛況な公演になり、約900人がご来場されました。
ありがとうございました!

それでは、本編の演目の様子をご紹介します。

12時58分に公演がスタート。
最初に、気仙沼市の特級法螺師、東光院住職・菊田信道さんが
法螺貝を吹き、開場中に響き渡りました。


<13時、協賛出演「満月会」の演目からスタート>
1.秩父夜祭…歌に合わせて子供達が鳴子を持って可愛らしく踊られました。
2.酔歌…歌に合わせてでは、扇子を持った3名でしなやかな踊りを披露!
3.番屋…キレのある踊りで力強くかっこよい魅力に溢れた舞踊!

<13時15分、劇団「ともえ座」の演目>
1.おしどり妻恋…男女に扮した2人がしなやかな踊りを披露。
2.初夏秋冬花吹雪…あでやかな衣装で優雅に舞う。
3.港町十三番地…船員の格好で軽快な動きで踊る。
4.民謡メドレー…お祝いの民謡連発!お面を被り、明るく元気な舞を披露!
5.むらさき雨情…艶のある表現で踊られ、 しなやかで柔らかい動きで観客を魅了!
6.肥後の殿様…着物の格好で扇子を持って表現豊かに踊られました。
7.沖縄三線歌謡コーナー…家元が三線を弾きながら演奏。
歌いながら演奏され、最後は踊り手を加えて歌と三線でお客様を魅了!
手拍子をお客様に呼びかけ「やりづらい」と言って笑いをとっていましたね♪
8.~琉球舞踊~汝と我んとうぬない口小…沖縄民謡に合わせて
豪華絢爛な衣装を身にまとい、3人の舞をステージいっぱいに披露されていました♪

<14時00分「式典・感謝状贈呈」>


夢ネット大船渡理事長岩城恭治の挨拶から始まり、
「復興ニュース配布ボランティア」「三陸鉄道盛駅ふれあい待合室関係者」
最後に、「夢ネット大船渡関係者」を11名ご紹介し、代表の方に感謝状を贈呈しました。


<14時20分、協賛出演「坂東流」の演目>
1.夫婦一生…ふれあい待合室でお世話になっている
岩渕孝二さんが北島三郎の「夫婦一生」を歌われました。
その歌に合わせて坂東流の桂木みゆきさんが、歌の世界を見事に表現し、
素晴らしかったです。
2.潮騒のメモリー…桂木みゆきさんが客席に降り、お客様と握手しながら
ぐるっと客席を回って湧き上がりました。握手しては手を離さない方もいました。
最後はステージに戻り、歌の世界を表現豊かに踊られました。

<14時30分、協賛出演「満月会」の演目>
1.石割桜…扇子を持った袴姿の子供1名が大きなステージで立派に踊られました。
お客様の反応もよく、すっかり魅了されていましたね♪


2.海雪…銀色のキラキラした扇子を持ち、水色の着物を着た4名が舞いました。
扇子で雪を演出し、キラキラと光輝き、美しくしなやかに踊られました。
3.まつり…キレと大きく大胆に迫力ある力強い踊りで、
歌の世界を見事に表現。大変素晴らしかったです。


<14時45分、協賛出演「山形県民踊協会」の演目>
1.紅花摘み唄…山形県民謡に合わせての踊り。紅花を籠に入れ、
7名で優雅に踊られました。
2.観客からの「やっしょうまかしょうシャンシャンシャン!」の大きな掛け声と
手拍子も大きく響き渡り、会場中が全員参加して盛り上がりました。
明るく元気に華やかで勢いよく踊られ、とても素晴らしく見事な花笠音頭でした。


<15時00分、「ともえ座」の演目>
1.ソーラン祭り節…元気なよさこいから、幕が開きました。
軽快な曲でキレのある踊りを大きな動きで演出し披露!ホントかっこよかったです!

2.萬代の舞…あでやかな着物姿で、艶のあるしっとりとした舞いを披露!
その世界に惹きこまれ、見入っているお客様が多かったです♪

3.博多さのさ~人生一路…家元・石川陵山の舞台。博多さのさでは黒い着物。
人生一路では黒い着物を脱ぎ、白い着物姿で賑やかに踊られました。

4.涙を抱いた渡り鳥…侍姿で登場し、三度笠や刀を使っての舞踊を披露!

5.夜桜お七…黒を基調に金と赤の色彩が入った振袖姿で扇子を持ち、
優雅にしっとりと、時には情熱的に踊られ、見応え充分でした!

6.紫欄の花~どうにもとまらない…白い着物でしっとりしなやかな舞を披露!
お客様は食い入るように惹きこまれ、拍手も大きく最高に盛り上がりました!
「どうにもとまらない」へと曲が変わり、動きも一変。
今度は激しい曲でノリノリで踊られ、歓声も大きく手拍子も大きかったです!
笑い声も聞えてきる賑やかな感じで踊りが披露されました。
踊り手も楽しそうに、お客様も楽しまれているのが伝わるとても良い舞踊でしたね♪

7.一天…軽快な曲に合わせて、大きな動きで男らしく堂々とした舞踊を披露。

8.あんたの大阪…情熱的な歌に合わせて、あでやかな衣装で表現豊かに踊られました。

9.~一人芝居~頑固おやじ…一升瓶のお酒を飲み、酔っ払い姿で登場。
千鳥足で歩き回り、お酒を飲んでは、しゃっくりを繰り返し笑いが発生。
嫁ぐ娘の切なさや親の気持ちを面白おかしく、時には涙を誘い、
その世界観に惹きつけられ魅了され、様々な感情の刺激を受けました。
角隠しや白打掛の意味も話され、最後には鉢巻をして「ひょっとこ」のお面を被り、
明るい曲調に合わせて踊りが披露されました。
涙あり笑いありのとても内容の濃い見事で気持ちが良い芝居でした。


10.~元禄桜吹雪~決闘高田の馬場…2人芝居。
黒い衣装の侍へおばあさんから果たし状が手渡されました。
おばあさんはコミカルな動きで登場。ホウキを持って駆け回り、
常に観客から大爆笑が起こりました。 侍が果し合い場に行き、
闘っている最中の場面では、 おばあさんがホウキで邪魔に入り、
侍に変わって格闘し、大きな笑いが起こりました。
それを何度か繰り返し、最後には侍がおばあさんを蹴り飛ばし、
観客の方へ落ちて行き、また笑いが発生。
お腹の底から起こる大きな笑いを誘い、最高でした!

16時00分、全ての演目が終わり、公演が終了。
出演者全員がステージに登場し、ともえ座の家元「石川陵山」さんから
ご挨拶がありました。そして、三本締めで幕を閉じました。


その後、出演者はお客様の見送りに登場。
お客様に御礼を述べて握手し、お客様と会話され、
とっても良い笑顔の方々をたくさん拝見いたしました。
充実された時間、充分に楽しんで頂けたことと思います。
ご来場、誠にありがとうござました!


「ともえ座」公演は、900人以上の観客が入り、
皆様、楽しみを存分に味わい、笑顔で帰られました。
どなたも様々な踊りに惹き付けられ、舞踊を堪能されました。
涙あり笑いありの公演は、とても大盛況でした!


涙と笑いのともえ座公演
3月16日の土曜日、
三陸鉄道南リアス線部分開通プレイベントとして、
『涙と笑いのともえ座公演』を開催しました!


「ともえ座」の皆様とは、2011年10月24日に、
三陸鉄道盛駅ふれあい待合室オープン記念として
『ともえ座』の公演を行いました。懐かしいですね…ホント大好評でした♪

「ともえ座」をご紹介しますと、結成は1998年。
2004年以降は宮城県栗原市を拠点に全国で活躍されております。

今回は「入場整理券」を発行し、1月15日から事前に配布を行いました。
入場無料ですが、この入場整理券ご持参の上で入場することができます。
「すごくよかった!またみたい!」「楽しみに待っていた!」という声が多く、
450枚作った入場整理券は2週間後には全てなくなりました!


開場時間は13時30分。その2時間前から来られた方もいて、
待たせているのも…ということで、会場の準備が終わった
13時には開場することにしました。

350席ご用意した椅子は、あっという間に埋まりました!
嬉しいですね。ずっとずっと楽しみにしていた感じが伝わってきます。


14時になると照明が消え、ステージの幕があがると同時に、
「ブォー!」と気仙沼市出身の五葉山の山伏・菊田信道さんのホラ貝が吹かれ、
「涙と笑いのともえ座公演」が始まりました!いよいよ開演です!

最初に、夢ネット大船渡の理事長である岩城恭治さん、
そして、ともえ座の家元である石川陵山さんのご挨拶が行われました。
理事長は、「盛駅から吉浜駅まで部分開通するプレイベントとして、
ともえ座の公演を企画しました。復興へ向かっている一歩をお祝いしたい。
お越しくださいましてありがとうございます。よろしくお願いします。」
と話されました。


【1番手】
沖縄琉球舞踊が「花」の歌に合わせて披露されました!
「♪川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの
そんな流れが つくころには 花として 花として 咲かせてあげたい
泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花をさかそうよ♪」

赤と黄色の明るい衣装を身にまとい、しなやかな動きで
丁寧に踊られていたのが印象に残っております。


【2番手】
元気で軽快な小林幸子さんの曲「大江戸喧嘩花」が会場に流れました!
扇子や団扇を使いながら、にぎやかな舞踊でありました。


【3番手】
水森かおりさんの「松島紀行」に合わせ、
艶のある表情を見せながら、お客様を魅了していましたね!
「♪涙どんなに 流してみても 過ぎたあの日は かえらない
別れるための旅なのに 面影ばかり 浮かびます
ひとり松島 未練がつのる あなたにも一度…逢いたくて♪」



【4番手】
家元の石川陵山さんの出番!
三線ではなく六線(ろくしん)を持ち、弾きながら
「安里屋ユンタ」を歌われました。お客様から手拍子を要求し、
タイミングが合わず笑いが起こる場面もありましたね!


次に、六線で速弾きをご披露!
素晴らしい演奏、凄い技術でありました!


【5番手】
川門恵(かわじょうけい)さんの出番!
香西かおりさんの「酒のやど」が流れ出し、
艶のある表情で踊りも素晴らしく、見入ってしまいました!
実に色っぽいお姿です♪大絶賛な舞踊でありました!


【6番手】
坂本冬美さんの「アジアの海賊」に合わせ、
威勢の良い舞踊を披露されました。
派手な衣装を着て勢いのある力強い動きでリズミカルに踊られ、
その素早く豪快な動きに魅了されました!


ここで、三陸鉄道南リアス線運行部の吉田哲さんから
お客様にご挨拶がありました。
「4月3日から盛駅から吉浜駅まで部分開通します。
この日は無料で3往復を行います。平常運転は4月4日からになります。
3月15日、2年ぶりに盛から吉浜まで運行し目頭が熱くなりました。
全国からの熱い応援に感謝いたします。
これからは、ふれあい待合室と一緒になって地域の活性化に取り組みます。
ありがとうございました。」



地元の方々にアピールすることができて、ホント良かったと思います!

【7番手】
川門のどかさんによる大川栄策さんの「目ン無い千鳥」の歌に合わせ、
白い着物に高島田を身に付け、和傘をもってしなやかな動きで観客を魅了!


【8番手】
川門世昌(かわじょうせいしょう)さんによる
美空ひばりさんの「真赤な太陽」の歌に合わせた舞踊を披露!
歌によく似合う真紅のドレスを身にまとい、
時には激しく、しなやかに踊られていました。


【9番手】
和傘を差して華麗な舞踊を披露!これにて、第一部が終了となりました。


【10番手】
第二部は、川門恵さんと石川陵山さんによる寸劇「清水の次郎長」からスタート!
「いかさま」がきっかけで喧嘩になります!


「いかさまをいかさまといって何が悪い?!」
「いかさまな癖にお金を巻き上げる卑怯者!」
「ただじゃおかねぇ!叩き切ってやる!」
このセリフで
刀での切り合いが始まり、同時に笑いも起こりましたね!


【11番手】
沖縄民謡に合わせ、鈴をつけた傘を持っての舞踊です。
3人が登場し、リンリンを音を響かせて明るく楽しい雰囲気がありました!


【12番手】
大川栄策さんの「路傍の花」で踊りを披露!
これが、ゆったりと表現豊かに歌の世界を上手に踊られ、
存分に堪能することができました!


【13番手】
川門恵さんによる舞踊の出番!細川たかしさんの「平泉讃歌」での踊りです。
説得力のある舞踊で、見応え充分でした!この曲の選曲も良かったですね!
お客様が「こんな歌があったのか」と良い収穫になったようです!


【14番手】
北島三郎さんの「北の漁場」が会場に響き渡り、棒を持って元気に登場!
曲の勢いそのままに、軽快かつ元気に!大きく素早く大胆な舞踊を披露されました!


【15番手】
川門世昌さんが、石川さゆりさんの歌で「花は咲く」が流れました。
実に感動的な動きと表現力で、素晴らしかったです!


【16番手】
そのまま続けて、山本リンダさんの「狙い撃ち」に!
先ほどまでの静とギャップのある動の踊りに一気に盛り上がりました!


とにかく激しく、情熱的な踊りでお客様も手拍子が起こります!


【17番手】
石川陵山さんの一人芝居!
人形を抱えて面白い動きで、お客様の笑い声も大きくなり、
会場は大爆笑の渦になりました!ホント楽しかった!
腹の底から声を出すことができ、とても良かったです!


【18番手】
最後は、島津亜矢さんの楽曲「YOSAKOI祭唄」で、
4人の演者が登場し、よさこいが華やかに披露されました!


楽しく元気に!そんな最後のステージで、にぎやかに踊られておりました。


これにて「涙と笑いのともえ座公演」が終演となります。
予定時間の約1時間30分を越え、1時間45分の公演となりました!

「ともえ座」の家元、石川陵山さんが
「呼んで頂き、感謝感激です。また呼んで頂きたい。
またお会いしたい。そして、楽しみにしてほしい。
次回はまた違ったものをご用意します。お元気でー!」

と、ご挨拶を行い、三本締めで締め括りました。


お客様に何人か感想を伺いましたので、報告の最後にご紹介いたします。
「感無量!」「よかったぁ~!」「最高っ!」「またみたい!」
と、どなたもとても良い笑顔を見せておりました♪
また、「とても良かったです!楽しかったです!何もかも忘れて笑えた!
心の底から笑えた!笑いが一番!」
「選曲が明るくて良かった!上向きになれて良かった!」


来場者数は、約320人になりました。
多くのお客様にご来場くださいまして、ありがとうございました!
また「ともえ座」の公演を見てみたいですね!

終演後、演者の方々がお客様とふれあい、交流をされておりました。
感想など直接、気持ちを伝えられて、良かったです!
「ともえ座」の皆様、公演ありがとうございました!


続きを読む
『ふれあい待合室オープン記念!復興イベント!劇団ともえ座』報告!
2011年10月24日の月曜日。
この日は『無料復興イベント!劇団ともえ座』
公演が開催されました!

『劇団ともえ座』は、1998年に結成され、
2004年以降は宮城県栗原市を拠点に
日本全国で活躍されております。
涙と笑いの『人生芝居』
豪華絢爛な舞踊ショーを披露している劇団になります!

平日にも関わらずたくさんの方々に
お越し頂きまして、誠にありがとうございました!


「楽しみ」という声も聞かれ、開場前から約50名の方が
扉の前で並んで待っておられました!

陽気な音楽が流れる中、アナウンスが響き渡り、
14時30分に照明が消え、いよいよ公演が始まる…。

公演は、五葉山の山伏・菊田さんのホラ貝でスタートし、
夢ネット大船渡・岩城理事長のご挨拶のあと、
座長の石川陵山さんの司会で進行されました。


『梢巴流・劇団ともえ座』
演歌や歌謡曲、ポップスの歌詞に合わせて
舞踊を披露し、見事な表現で
会場にきた約300人の観客を魅了していました!

①にぎやかな曲調が聞こえ、
綺麗な黄緑色の衣装を身にまとった2人の舞踊が展開される。


②都はるみ『アンコ椿は恋の花』に合わせて、
ときには軽快に、ときには繊細に踊っておられました!


③侍姿で登場し、見事な剣さばきを披露!


④動きが早くキレもある踊りを披露し、
見応え充分な舞踊を満喫することができました!


⑤その後は、オリジナル曲『がんばっぺ』を熱唱!
この曲は2008年の岩手宮城内陸地震を体験して
制作した渋い演歌調の曲。
「みんな仲間さ助け合おうよ
 手を取り合って踏ん張り続けて
 がん~ばーっぁーぺ~♪」

と、前向きで人の繋がりを大切に歌う
元気になれる曲でした!

⑥白く美しい着物を身にまとい、
お花を手に持ち、実に妖艶な舞踊を披露する…。
見惚れてしまいました!



⑦石川陵山の梢巴劇ひとり芝居『頑固おやじ』
嫁ぐ娘の切なさや親の気持ちを面白おかしく、時には涙を誘い、
見ていて惹きつけられ魅了され、様々な感情が刺激されました!


お酒を飲み飲み酔っ払い姿で始まり、角隠しや白打掛の意味も伝え…。
鉢巻&ひょっとこのお面を被って踊りも披露する…。
涙あり笑いありのとても内容の濃い芝居でありました!




⑧三波春夫の曲に合わせて、槍や刀、扇子で踊り、
ポーズが次々に決まって実にかっこよい演舞でした!
その素晴らしさに集中しながら見惚れてしまいました!


⑨洋楽のロック曲と山本リンダの狙いうちを織り交ぜた
軽快な舞踊を披露していました!
(使われていたロック曲…私は好きなので分かります!)
実に見事な扇子さばきで動きも早く、豪快な踊りでありました!



⑩三度笠を身に付けて登場!
素早い剣さばきで、ホント見事でした!


⑪ムードあるデュエット曲が流れだし、
ドレス姿で登場!曲は「島倉千代子-ほんきかしら-」。
いきなり洋風な衣装で驚きました。
曲調や歌詞に合わせて妖艶な踊りを披露していただきました!

「ほんきかしら 好きさ大好きさ
 世界で君が いちばん好きさ♪」


⑫切なく哀愁たっぷりの演歌の曲で踊りを披露!
般若のお面を被って女性の情念を
表現していたように感じ、見応え充分でした!



⑬「涙そうそう」の曲に合わせて琉球舞踊を3人で披露!
「涙そうそう」…涙や感動を誘う切なくも美しい良い曲ですよね。


⑭男性の琉球舞踊を披露!太鼓の音がとても力強くて、
元気の出る軽快で明るい曲調。3人で太鼓を片手にドドン!ドン!


⑮石川陵山のMCが始まり、
「時間はあっという間に過ぎる…」「また元気付けにきたい」という嬉しい言葉を頂き、
また、「2008年の岩手宮城内陸地震は公演中に
震災を受けた」というエピソードを話され、「0から一生懸命に頑張っていく!」
「ひとりひとりが手を差し伸べて頑張る」など、共感を受ける力強い言葉を頂きました。

MC後は、新曲「がんばろう日本」を熱唱!
「明日から一歩を踏み出して歩いています~♪」
「日本全国の希望の明日を踏み出しています~♪」
「希望を明日にがんばろう♪」



⑯最後の演舞。ともえ座「花の舞踊絵巻」ソーラン節!
5人登場して豪快で明るく、元気いっぱいな舞踊を見せて頂きました!


14時30分に開演した『劇団ともえ座』は、
予定時間を大幅に延長されて90分以上の公演となりました!


ホラ貝の演奏で公演は締めくくられ、
皆様、笑顔でご帰宅されておりました!


終演後、お越し頂いた方々からは「見に来てよかったです!」
「またきてほしい!またみたい!」「元気をもらった!」
「最初から最後まで楽しかった!」
など、感想を聞くことができました。

懐かしい楽曲を聞きながら見応えある舞踊を堪能し、
内容の濃い、実に魅了された公演でありました!

ホントに楽しかったです!
心が満たされて元気をもらった素晴らしい公演でありました!

『劇団ともえ座』の皆様、
ありがとうございました!

続きを読む




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。