三陸鉄道盛駅
プロフィール

三陸鉄道盛駅

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第36回 三鉄駅弁列車
3月19日の日曜日。
この日、NPO法人夢ネット大船渡が運営している
盛駅での最後の貸切イベント列車
『第36回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は2,500円で駅弁と乗車券代になります。

参加人数はスタッフ5名を含めて38名が乗車。
豪華な内装で人気の『新型レトロ調列車』を使用しました!
見た目が紫色でステキな車体です!


盛駅を運営しているNPO法人夢ネット大船渡
岩城理事長が最初に挨拶されました。
盛駅の運営は3月31日まで。
4月からは三陸鉄道の直営になります。

その後、駅弁とお茶をお配りしました。
そして今回が最後の駅弁列車。
参加者へ記念品をお渡ししました。


11時25分に盛駅を出発!
盛駅のホームから職員がお見送り♪
車内から手を振り返して「いってきまーす!」


駅弁は、碁石給食(株)様のご協力により
『いわて恵みづくし弁当』をご提供しております。
その内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬け。
海の幸がたくさん入った豪華なお弁当で大好評♪


今回参加された方は、宮城県仙台市の方、
一関市や盛岡市、そして地元の大船渡市と
お隣の陸前高田市の方々が参加されました。

往路は岩城理事長による被災地・観光ガイドを行います。
出発前にトンネルの多さをお知らせして、ご自分の顔を
窓に映して「まんざらでもないな♪」と笑って過ごし、
「1日5回笑えば長生きできる」とひと笑い!

ガイドは沿線の各場所ごとに説明しています。
東日本大震災での被災状況、過去の大津波で被災したお話、
その歴史や石碑、災害公営住宅が建設された場所、
復旧工事の様子、防潮堤工事、嵩上げ工事、
防災集団移転への工事、など。
また、観光情報も併せてご案内!


<綾里にある明治三陸大津波の記念碑>


<電信柱にパネルに38.2mの高さ>


『恋し浜駅』には11時43分に到着。ここで7分間ほど停車。
観光名所の一つであり、恋愛のパワースポット!
全国で『恋』の文字が入った駅は4か所あり、その1箇所になります。

待合室には約3万枚以上になる『ホタテ絵馬』が奉納されています。
お立ち寄りの際はぜひご覧ください。
そして願い事を書いて奉納してみましょう!


ホームには『幸せの鐘』もあります!
「ひと鐘ならせば幸せが訪れる」と言われています♪
鳴らされた方が多かったですね!
恋し浜駅で記念写真を撮影されて楽しまれた方も♪


<三陸町越喜来の様子>


<写真中央には津波に耐えて生き残ったど根性ポプラ>
<越喜来小学校跡地も映っています>



<災害公営住宅>


<三陸町吉浜の様子>
ここには昭和三陸大津波の際に200m先から
押し流された『津波記念石』があります。
昭和50年の道路工事の際、土に埋められてしまいましたが、
東日本大震災により地表に顔を出しました。
文字が刻まれており、八千貫の文字が…。その重さは32トン。
大船渡市の津波遺構として保存されております。


吉浜駅と唐丹駅の間には南リアス線の絶景ポイントがあります!
<吉浜湾>


この日は天候が素晴らしく、見事な眺めでした♪
水平線がハッキリ見えて大型船も見えます!


12時14分に『唐丹駅』へ到着。上下線の交換になります。
ホームの柱にはここまで津波が来たという線が引かれています。


<唐丹小学校跡地>


平田駅付近では『釜石大観音』を眺めることができます!
後姿、その佇まい…美しいですね♪


最後のトンネルを抜けると釜石の街並みが目に飛び込んできます。


釜石駅には12時30分に到着。ここで折返しになります。
どちらの景色もご覧になれるようにと、
海側と山側の座席を交換しました。


その後、ホームへ降りて記念の集合写真を撮影しました!


釜石駅を折り返して12時45分に出発!


復路ではこれまでの『三鉄駅弁列車』で、
NPO法人夢ネット大船渡主催『ほら吹き大会』の笑い話を
岩城理事長がお話ししてきましたが、今回はご本人が乗車されて
いましたので、ユーモア賞を受賞された
ご本人から『地獄観光』のホラ話が披露されました!

地獄が過疎化になり、閻魔様が大改造して
リゾート地にしたお話です!
車内は笑い声で明るい雰囲気に♪


次に岩城理事長によるお得意のマジックショー!
・ねずみ小僧
・トランプ当て
・だまし絵
・バケツマジック
・ヒモ連結マジック
などなど、失敗もありつつリベンジあり!
明るい雰囲気そのままに拍手も起こり、
和気あいあいとした賑やかな空間となりました!



復路での『恋し浜駅』は、
13時17分に到着して5分間の停車!


子供連れの参加者は、模擬運転席へ座らせて、
列車の運転気分を楽しまれておりました♪
良い思い出になりますね!


盛駅には13時40分に到着。
これにて『三鉄駅弁列車』は終了となりました。
拍手が沸き起こり、最後という思いも含めて
ちょっと感慨深い気持ちになりました。


皆様、地産地消の美味しい駅弁を味わい、
車窓からの眺めも最高で、吉浜湾は自然の美しさを感じました。
6年以上が経過した被災地の現状もご覧になりながら、
三陸鉄道南リアス線の魅力や新型レトロ調列車へ乗車された、
約2時間の列車旅を過ごしました♪
今回も素敵な思い出をご提供できたことと思います。
ご参加ありがとうございました!


平成25年9月から『三鉄駅弁列車』を開催してきました。
合計36回も運行し、延べの参加人数は1332名になりました!
三陸鉄道へ乗車した思い出、2時間の列車旅、
美味しい海鮮弁当「いわて恵みづくし弁当」を召し上がりながら、
車窓から見える三陸海岸の景色を堪能され、イベント列車を楽しまれました!
今までご参加くださいました皆様、本当にありがとうごさいました!
スポンサーサイト
第35回 三鉄駅弁列車
9月22日の木曜日は「秋分の日」で祝日でした。
この日『第35回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は2,500円で駅弁と乗車券代になります。

参加人数はスタッフ3名を含めて27名が乗車。
定期列車ではなかなか乗車できる機会の少ない
昭和初期の雰囲気漂う『新型レトロ調列車』
貸切って行いました!その内装の豪華な造り、
高貴な紫色の車体など注目のステキな車両です!

11時25分に盛駅を出発しますが、
盛駅のホームから職員がお見送り♪
参加者は手を振り返して、いざ出発です!


盛駅を運営しているNPO法人夢ネット大船渡
岩城理事長が最初に挨拶され、
その後、駅弁とお茶をお配りしました。

駅弁は、碁石給食(株)様のご協力により
『いわて恵みづくし弁当』をご提供しております。
その内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬け。
海の幸がたくさん入った豪華なお弁当で大好評♪


海産物が苦手な方には別のお弁当をご用意しました。


今回参加された方は、岩手県盛岡市の方、
地元大船渡市と陸前高田市の方でした。ご利用ありがとうございます!


往路は岩城理事長による被災地・観光地ガイドを行いました。
ガイドは南リアス線沿線の各場所ごとに説明しています。
東日本大震災での被災状況、過去の大津波で被災したお話、
その歴史や石碑、災害公営住宅が建設された場所、
復旧工事の様子(防潮堤工事、嵩上げ工事、
防災集団移転への工事)などです。
また、観光情報も併せてご案内しました。


『恋し浜駅』には11時43分に到着し、
10分間ほど停車しました。
ここは観光として有名な恋愛のパワースポット!
全国で『恋』の文字が入った駅は4か所のみ!
その1ヶ所になります。


待合室には現在、約30,000枚以上になる
『ホタテ絵馬』が奉納されています♪
お立ち寄りの際はぜひご覧ください。
お時間がありましたら願い事を書いて奉納してみましょう!

また、ホームには『幸せの鐘』があります!
「ひと鐘ならせば幸せが訪れる」と言われています♪


記念写真を撮影されたりホタテ絵馬を奉納されたり
幸せの鐘を鳴らしてみたり。それぞれの楽しみ方で
恋し浜駅の停車時間を満喫!

折返しの釜石駅には12時30分に到着。
到着しましたら、参加者が海側も山側も
どちらの景色も御覧になれるよう座席を交換しております。

釜石駅は12時45分に出発!
復路では岩城理事長が得意のマジックショーが始まりました!


今回は破った紙が復活するマジックやヒモを使ったマジックを披露!
ときどき失敗することもありますがそれはご愛嬌!


お客様にもお手伝い頂き、体験するような形でも楽しませ、
笑い声や拍手が起こる明るく和やかな時間を過ごされました♪


盛駅には13時40分に到着して、ホームでは記念の集合写真を撮影!
これにて『三鉄駅弁列車』は終了となりました。


地産地消の美味しい駅弁を堪能され、
車窓からの眺めも最高で、特に吉浜湾は絶景です!
青く広がる水平線と空、緑の木々、
港や湾の様子など自然の雄大さを感じます。

実際に車窓から5年以上が経過した被災地の現状、
震災当時の様子や復旧・復興工事の様子、
そして過去の津波被害の説明やその石碑をご覧になられました。

三陸鉄道南リアス線の魅力や新型レトロ調列車へ乗車され、
約2時間の列車旅を満喫されました♪
参加者へ素敵な思い出をご提供できたことと思います。
ご利用ありがとうございました!

それでは感想をご紹介します。

「初めて三鉄に乗りました、娘と息子と乗りました。
中1のお姉ちゃんも楽しそうで、連れてきてよかったです。
10ヶ月の息子は帰りは汽車にゆられ、寝て帰りました。
語りべのおじちゃんも楽しくて、あきませんでした。
おばちゃんたちのおもてなしも心温まりました。
ありがとうございました。」


「海の幸がたっぷり入った「いわて恵みづくし弁当」は、
ボリュームあり、大変おいしかったです。
又、車掌さんのガイドもすばらしく、楽しかったです。
仙台では、味わい出来ない最高なイベントでした。
又、乗りたい気持ちになりました。」


「お弁当もでて、恋し浜や釜石駅で止まってくれてすごく
利用しやすかったです。帰りは運転室(?)で運転手さんの
ながめを体験できて楽しかったです。いい思い出になりました。」


「地域のおはなしはなかなか聞く機会がないので
おはなしもとても楽しく聞かせていただきました。
お弁当もとてもボリュームがあって食べごたえがありました。
ワイン列車とビール列車に乗ったことはありましたが、
夜だったので昼に乗ると景色も楽しめて良かったです!!」


「ガイド付きでお弁当食べながらのプチ旅行楽しかったです。
恋し浜駅でホタテに願いごとも書いたし、釜石駅にも
降りて満喫できました。これからも色々な企画を計画してください。」


「司会の方がいたので
あきずに列車の旅を楽しめました。
またイベントがあれば参加したいと思います。
個人的にも貸切も考えております。」


「最近通ることがなかった三陸を久しぶりに見て、
結構町が変わっていてびっくりした。
お弁当もおいしくて、ゆったりとして楽しい旅でした。」


「・お弁当、おいしかったです。
・普段は乗る事のない立派な列車に
乗る事が出来て、良かったです。
・おじいさんががんばって
手品をしているのが、ほほえましかったです。
・また乗りたいと思いました。」


「おいしいお弁当と楽しい話で盛り上げていただき
ありがとうございました。詳しいガイド、手品、
岩城さん多才ですね!本当にありがとうございました。」


「私は初めて乗りました。とても楽しかったです。
弁当も美味しかったです。お世話してくれたガイドさんも
おもしろかったです。皆さん有難うございました。」


「始めてのイベント列車楽しかったです。
またきかいがあれば参加したいです。」


「初めて釜石まで三鉄に乗りました。
お弁当もおいしかったです。
マジックがすごーく楽しかったです。」


10月の三鉄駅弁列車はお休みします。ご了承ください。
今後のイベント列車をご案内いたします。

『ハロウィン列車』
<日程>
10月30日(日)
<集合>
13時30分に三陸鉄道盛駅
<時間> 
14時00分盛駅発~三陸駅折返し~15時25分盛駅着
<申込締切>
10/28(金) ※事前のお申込みが必要
<参加費(乗車券代)>
大人1,000円
小学生500円
未就学児は無料
<内容>
スタッフが仮装して乗車!
ぜひ仮装してお越しください!
仮装してきた方には豪華景品プレゼント♪
 

------------

『アコーディオン列車』
<日程>
11月4日(金)
<時間>
14時00分盛駅発~釜石駅折返し~16時00分盛駅着
<集合>
13時20分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
1,000円(お茶お菓子付き・乗車券代)
<定員>
30名
<申込締切>
11/2(水) ※事前のお申込みが必要
<内容>
豪華で人気の『新型レトロ調車両』の中で、
アコーディオンサークル『風のアンサンブル』による演奏会を開催♪
そして、アコーディオンの伴奏に合わせて懐メロを皆で合唱します!
優しい音色を鑑賞♪ステキな演奏会をお楽しみください!
出発前の13時30分から20分間、盛駅前にて演奏を行います。
食べ物・飲物の持込み自由!
音を堪能しながら吉浜湾の絶景もご覧になれます!
約2時間の列車旅をお友達と一緒にどうぞ!


『The North Journey 2016』
主催:ノースジャーニープロジェクト
<開催日>
平成28年11月4日(金)
平成28年11月5日(土)
平成28年11月6日(日)
≪前夜祭(1日目)≫
11月4日(金)
●大船渡屋台村 17~20時
<1日目(2日目)>
11月5日(土)
●大船渡屋台村 ☆ 11~20時
●地の森八軒街 ☆ 10~15時
●大船渡屋台村 ☆ 11~20時
●盛駅前/MINT HOUSE ☆ 12~17時
●寿限無亭 ☆ 12~17時
●Sumita Clutch ☆ 14~18時
<最終日(3日目)>
11月6日(日)
●大船渡屋台村 ☆ 11~20時
●盛駅前/MINT HOUSE ☆ 11~15時
●ハウルの船 ☆ 11~13時
●恋し浜ホタテデッキ ☆ 12~15時
●フェスティバルトレイン ☆ 10時25分~12時30分
(乗車料金:1,000円)
<内容>
100人規模のミュージシャンが全国から気仙の地に集結して、
大船渡市内を中心とした無料ライブを行います!
『フェスティバルトレイン』
主催:The North Journeyプロジェクト
<日程>
11月6日(日)
<時間>
10時25分盛駅発~釜石駅折返し~12時30分盛駅着
<集合>
10時00分に三陸鉄道盛駅
<定員>
20名
<乗車料金>
1,000円
<内容>
The North Journeyのお楽しみ!
列車の中でミュージシャンの演奏!
明るく楽しいライブ列車!ぜひご乗車ください!
≪予約申込み可 申込みの際は三鉄盛駅へご連絡ください♪≫


------------

<主催・お申込み先・お問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

第34回 三鉄駅弁列車
8月28日の日曜日。
この日『第34回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は2,500円で駅弁と乗車券代になります。
参加人数はスタッフ2名を含めて17名が乗車。
通常ではなかなか乗車する機会の少ない
豪華な『新型レトロ調列車』を貸切って行いました!


『三鉄駅弁列車』は盛駅を11時26分に出発!
最初に盛駅を運営しているNPO法人夢ネット大船渡
岩城理事長が挨拶され、駅弁とお茶をお配りしました。

今回は、岩手県の一関市、滝沢市、宮城県の気仙沼市、
東京都や千葉県、地元の大船渡市や陸前高田市の方が
参加されました。ありがとうございます!

駅弁は、碁石給食(株)様のご協力により
『いわて恵みづくし弁当』をご提供しております。
内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬け。

海産物がたくさん入った豪華なお弁当で大好評です♪


往路は岩城理事長による被災地・観光地ガイドを行っております。
ガイドは沿線の各場所ごとに説明されています。
東日本大震災での被災状況、
過去の大津波で被災した歴史や石碑、
災害公営住宅が建設された場所、
復旧工事の様子(防潮堤工事、嵩上げ工事、
防災集団移転へ向けた工事)など、そして観光情報も併せて、
時には笑い話を入れながら分かりやすくご案内しています。

観光として有名な恋愛のパワースポット
『恋し浜駅』には11時43分に到着。ここで10分間の停車。

『恋』の文字が入った駅は全国で4か所のみ!
待合室には現在、約30,000枚以上になる
『ホタテ絵馬』が奉納されています♪
お立ち寄りの際はぜひご覧ください。

そしてホームには『幸せの鐘』があります!
「ひと鐘ならせば幸せが訪れる」と言われています♪

記念写真を撮影されたりホタテ絵馬を御覧になられたり、
幸せの鐘を鳴らしてみたり。恋し浜駅での
停車時間を満喫されておりました。


折り返し地点の釜石駅には12時30分に到着。
ここでどちらの景色も眺められるよう
海側と山側の座席を交換しております。

釜石駅は12時45分に出発!
復路では岩城理事長によるマジックショーが始まりました!

紙やトランプを使った得意のマジックを披露!
お客様を楽しませ、明るく和やかな時間を過ごしました。
時にはお客様にもお手伝いして頂きました♪

ここでサプライズがありました!
参加者の中に、アコーディオン奏者の
後藤広一さんが乗車されておりまして、
急きょ列車内でアコーディオンの演奏会が始まりました♪


実は、11月4日(金)に
「アコーディオン列車」を運行予定になっています。
その列車内演奏のテストも含め、演奏が行われました。
数曲の演奏でしたが、その優しい音色、心がワクワクする音は
とても心地が良く、素晴らしい時間となりました♪
ありがとうございました!


盛駅には13時40分に到着。
ホームで記念の集合写真を撮影して終了となりました。


ここでも参加者へアコーディオンを持たせたり、
ホームで音を鳴らして聞かせたりと楽しい余韻は続きました♪


皆様、地産地消の美味しい駅弁を堪能され、
天候も良くて景色の眺めも最高!
美しい吉浜湾の絶景をご覧になりとても喜ばれました!
車窓から見た被災地の現状、説明を聞きながら
5年以上が経過した今を見て頂きました。


三陸鉄道南リアス線の魅力や新型レトロ調列車へ乗車した
素敵な思い出を参加者へご提供できたことと思います。
約2時間の列車旅を満喫されました♪ご利用ありがとうございました!

それでは感想をご紹介します。

「今日はありがとうございました。
初めてなので又も来たいと思います。」


「素晴らしかった。ただただ素晴らしかった。
料金が安く申し訳ない様な気もした。」


「望んでいた三鉄のレトロに乗って楽しかったです。
天気も良く(8月28日)岩城さんの手品も楽しかったです。
三陸鉄道ガンバレ!」


「今日楽しい一日をすごしました。
ありがとうございました。弁当もおいしかったです。
マジックも楽しかったです。又、参加したいと思います。」


「お弁当、ガイド、お天気、全部最高でした。
10年前位に2年間大船渡に住んでいましたので、
愛着があります。又、機会がありましたら、
参加させていただきます。お世話になりました。」


「楽しい2時間の旅でした。
手頃なお値段なので気軽に参加できますネ!!
お天気が良かったので、海の色も美しく、
上からながめる川も澄んでおり川底がはっきり見えました。
四季折々の風景が楽しめそうです。又、乗りたいですネ!!
お世話になりました。」


「種々の説明によって沿線の被害の大きさと
復興の難しさを知りました。沿岸のボランティアを
結集して花で飾り、それによって沿線がきれいに
なって元気になり、集客に結びつけばと思います。
岩城さんの奮闘ごくろう様です。」


「年に1度の旅行を楽しみにして来ました。
弁当付きでとっても楽しい…。スタッフの方の手じな、
アコーディオンまでとても良かったです。
又、来たいと思います。今度は、孫達を連れて…。」


「友人のさそいで今回
三鉄駅弁列車に来る機会を得ましたが、
とても楽しい時間になり人生の思い出になりました。
2011.3.11、三陸地方の震災、津波の被害状況も
感じることができたし、8月28日の青空の下で、
青い海と空の青さにも感動しました。
又、車内での演奏やトランプ的手品etc
本当にありがとうございました。」


次回の開催をご案内いたします。

『第35回 三鉄駅弁列車』
<日程>
9月22日(木・祝)
<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時40分盛駅着
<集合>
11時00分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
2,500円(駅弁・乗車券代)
<定員>
48名(最低催行20名)
<申込締切>
9/16(金) ※事前のお申込みが必要
<最終申込締切>
9/19(月)
<内容>
豪華で人気の新型レトロ調列車をへ乗車します!
楽しい観光・被災地ガイド付き!
被災地の様子を知ることができます。
食べ物・飲物の持込み自由!
海の幸がたくさん入っている
大好評な『いわて恵みづくし弁当』をいただきます♪
約2時間の列車旅をお友達と一緒に楽しみましょう!
吉浜湾の絶景ポイント、被災地の現状、
車からとは違う視点からの景色をご覧になれます!


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542


---------

『アコーディオン列車』
<日程>
11月4日(金)
<時間>
14時00分盛駅発~釜石駅折返し~16時00分盛駅着
<集合>
13時20分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
1,000円(お茶お菓子付き・乗車券代)
<定員>
30名
<申込締切>
11/2(水) ※事前のお申込みが必要
<内容>
豪華で人気の『新型レトロ調車両』の中で、
アコーディオンサークル『風のアンサンブル』による演奏会を開催♪
そして、アコーディオンの音色に合わせて皆で合唱もします!
乗車前には盛駅前広場での演奏もあります。
食べ物・飲物の持込み自由!
音を堪能しながら吉浜湾の絶景もご覧になれます!
約2時間の列車旅をお友達と一緒に楽しみましょう!



<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

第33回 三鉄駅弁列車
7月24日の日曜日。
『第33回 三鉄駅弁列車』を開催しました。
参加費は2,500円で駅弁と乗車券代になります。
(小学生の参加費は2,000円)
参加人数はスタッフ2名を含めた28名。
今回は夏休みの期間での運行ということで、
大船渡市内にある船河原地区子供会の親子13名が
参加されていました。ありがとうございました。

豪華な内装で紫色の車体である『新型レトロ調列車』
貸切って行うイベント列車です!

『三鉄駅弁列車』は盛駅を11時25分に出発しました。
車内では盛駅を運営しているNPO法人夢ネット大船渡
岩城理事長が挨拶され、「ホームでは盛駅職員が
お見送りしていますので手を振って下さい。」
と参加者へご案内。
笑顔で手を振られていましたね♪いってらっしゃいませ!

そして駅弁とお茶をお配りしました。

駅弁は、碁石給食のご協力により
『いわて恵みづくし弁当』を取り扱っております。
内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬け。
海産物が豊富に入った豪華な内容で大好評となっています♪

往路は岩城理事長による被災地・観光地ガイドを行いました。
その内容は、震災時の様子や被災地の現状、
復興の様子、過去の津波被害の歴史や観光など、
時には笑いを提供しつつ分かりやすく丁寧に説明されました。

地産地消の美味しい駅弁を召し上がりながら景色を眺めて、
お友達とも会話が弾み、列車は釜石を向けて進んで行きます。


被災地ガイドの内容としては各場所ごとに説明し、
東日本大震災での被災状況、過去に大津波で被災した歴史や石碑、
災害公営住宅が建設された場所、
復旧工事の様子(防潮堤工事、嵩上げ工事、
防災集団移転へ向けた工事など)を案内しています。

恋愛のパワースポット『恋し浜駅』には
11時43分に到着しました。ここで5分間の停車となります。


『恋』の文字が入った駅は全国で4か所のみ!
待合室には現在、約30,000枚以上になる
『ホタテ絵馬』が奉納されています♪


ホームには『幸せの鐘』があり、
ひと鐘ならせば幸せが訪れると言われています♪


釜石駅には12時30分に到着。ここで海側と山側の
どちらの景色も眺められるよう座席を交換しています。

そして12時45分に釜石駅を出発!
釜石駅を折り返した復路では、岩城理事長による
ホラ吹き大会での漫談とマジックショーを行いました!

得意の紙を使ったマジックを披露!
2種類の破った紙がどちらも復活するマジックなど、
お客様にも体験していただきました♪

盛駅には13時40分に到着。
ホームで記念の集合写真を撮影して終了となりました。


海産物がたくさん入った美味しい駅弁を堪能し、
吉浜湾など絶景を眺めてカメラで撮影されておりました。
車窓からの被災地の現状や説明を聞いて震災から
5年以上が経過した今を把握して頂きながら、
友人やご家族、仲間と会話を楽しみながら、
約2時間の列車旅を満喫されました♪


三陸鉄道南リアス線の魅力、新型レトロ調列車へ乗車した
素敵な思い出をご提供できたことと思います。
今回は船河原地区子供会の皆様をはじめ、
岩手県の内陸にある奥州市、宮城県気仙沼市、
そして地元の大船渡市内からご参加されました。
ご利用ありがとうございました!

それでは、感想をご紹介します。


「今日は、大変お世話になりました。
テレビ等で見て一度は乗って見たいと思っていました。
災害時の様子もくわしく説明していただき、
貴重な体験になりました。おいしいお弁当もいただき、
兄弟のしんぼくも出来て、とても良い思い出になりました。
これからも体に気をつけて復興に頑張って下さい。」


「久し振りに乗った電車、大変楽しかったです。
弁当もおいしくいただきました。
ガイドさんも良く案内していただき
ありがとうございました。
元気なうちにもう一回これたらいいなー。
ありがとうございました。」


「昨年につづき2回目の乗車です。
駅弁が大変おいしかった。
ガイドの案内が上手でなれたもんですね。
感心しました。今度は老人クラブの人達を
さそって来たいと思います。(来年もやっているかナ。)
楽しい一日となりました。ありがとうございました。」


「駅弁が海のあわび、いくら、ほたて、
しばらくぶりでおいしかったです。
お話しも、たくさんできて楽しかったです。
今日も1日ホットした気持になれて、
よかったです。またよろしくお願いいたします。」


「電車から見るけしきは、とってもきれいで
やっぱり海のながめはかくべつでした。
おべんとうは、おいしかったです。」


「少し早い夏休みの親子行事で利用しました。
キレイな車両でおいしいお弁当。
子供たちも始めての電車の旅を楽しんでいました。
利用して良かったです。」


「私は、初めて三鉄に乗りました。
乗ったしゅんかんとても高級感があふれていて
すてきでした。お弁当もおいしいし、子供たちが
運転できる体験もあって楽しかったです。
早めの夏休みのいい最高の思い出が出来ました。
学校の友達にたくさん思い出話を聞かせたいです。
今日は、とっても楽しかったです。手品も面白かったです。」


「列車に乗る事があまり無かったので、
親子で楽しめました。子供がまた乗りたいと
言っているので、また参加したいと思います。
弁当も美味しかったです。」


「正直、子供会イベントであまり気乗りが
してなかったが、予想以上に子供達と
一緒に楽しめた。仕事柄出張が多く
色々な駅弁を食べたが、その中でも
おいしい部類に当たる駅弁だった。
地元民としてもうれしい。
お話しの中で赤字イベントと聞いたが
黒字運営できるようなアイディアが
必要かと思う。難しい問題では
ありますが…。頑張ってください。」


「行程、弁当と申し分なくよかったです。
これからもおいしいものを提供して下さい。
三鉄さんのがんばりに期待します。」


「始めて三陸鉄道に乗り、
大変良かったです。特にガイド案内が非常に
楽しく聞かせてもらいました。
又、機会があったら乗りたいと思います。
今日はありがとうございました。」


次回の開催をご案内いたします。

『第34回 三鉄駅弁列車』
<日程>
8月28日(日)
<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時40分盛駅着
<集合>
11時00分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
2,500円(駅弁・乗車券代)
<定員>
48名(最低催行20名)
<申込締切>
8/22(月) ※事前のお申込みが必要
<最終申込締切>
8/25(木)
<内容>
豪華で人気の新型レトロ調列車を使用!
楽しい観光・被災地ガイド付き!
被災地の様子を知ることができます。
食べ物・飲物の持込み自由!
海の幸がたくさん入っている
大好評な『いわて恵みづくし弁当』をいただきます♪
約2時間の列車旅をお友達と一緒に楽しみましょう!
吉浜湾からの美しい絶景ポイント、被災地の現状、
車からとは違う見事な景色をご覧になれます


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

第32回 三鉄駅弁列車
6月26日の日曜日。『第32回 三鉄駅弁列車』を開催しました!
参加費は2,500円で駅弁と乗車券代になります。
参加人数はスタッフを含めて29名。ご参加ありがとうございました。

品格のある紫色の車体、内装が豪華な造りで大人気の
新型レトロ調列車を貸切って行う
『三鉄駅弁列車』は、盛駅を11時25分に出発!
盛駅を運営しているNPO法人夢ネット大船渡
岩城理事長が挨拶され、
最初「ホームで盛駅職員が見送りしているので、
知らないフリをしないで手を振って下さい。」
とご案内すると
どっと笑いが起きました!
皆様、笑顔で手を振られていましたね!

その後に駅弁とお茶をお配りしました。

碁石給食のご協力により『いわて恵みづくし弁当』
盛駅の駅弁として取り扱っております。
内容は、あわび蒸し貝がら付・ホタテの煮つけ・いくら・
カキ・さんまの竜田揚げ・玉子焼き・三陸産めかぶ・
ウニと黒米ごはん(ひとめぼれ米)・しょうが甘酢漬け。
様々な海産物が入った豪華な内容でとっても大好評♪

往路は岩城理事長による被災地・観光地ガイドを行いました。
被災地の今と復興の様子、過去に発生した津波の歴史や
観光案内など分かりやすく説明されていました。

被災地ガイドをしながら時にはトンネル内で、
「自分の顔を見つめ、自分も頑張って来たなぁ」と、
自分自身に感謝してみては?など、ひと笑いを提供。

美味しい駅弁を召し上がりながら会話と列車は進んで行きます。


被災地・観光地ガイドは、
東日本大震災での被災状況、災害公営住宅が建設された場所、
過去に被災した大津波の歴史や石碑、
今でも続いている復旧工事の様子(防潮堤工事、嵩上げ工事、
山を削って防災集団移転へ向けた工事など)や、
吉浜の津波記念石や綾里大権現など案内されました。

今だに復旧工事が続いており、今でも復興に至っていない場所がある…。
実際に三陸鉄道南リアス線へ乗車することで、
高い位置を走っているからこそ見渡せる街の景色があります。
それは決して車では見ることのできない視点からの景色です。
5年が経過した現状を知って頂けたらと思っております。

『恋し浜駅』に11時43分に到着。ここで10分間停車しました。

全国で4か所しかない『恋』の文字が入った駅の一つで、
恋愛のパワースポットになっています!
待合室には現在、約30,000枚以上になる
『ホタテ絵馬』が奉納されています♪
また、ホームには『幸せの鐘』があり、
ひと鐘ならせば幸せが訪れると言われています♪


12時30分に釜石駅へ到着。ここで海側・山側
どちらの景色も眺められるように座席を交換しています。

釜石駅で停車中にホームへ降りて、
記念の集合写真を撮影しました!


12時45分に出発!釜石駅を折り返した復路では、
岩城理事長による漫談とマジックショーを行いました!

綾小路きみまろさんには負けるが、
かつてNPO法人夢ネット大船渡が開催した
「ホラ吹き大会」の面白話を語り、車内は
笑い声の響く明るい雰囲気となりました♪

更にはマジックですが「破ったチラシの復活」は見事に成功!
でも「新聞紙とトランプカードの一致」は失敗…。
配るトランプを間違えてしまったのです…。
しかし、失敗にも関わらず拍手が起きて楽しい場となりました♪

盛駅には13時40分に到着して終了となりました。

美味しい駅弁を味わい、美しい景色を堪能し、
友人やご家族、仲間との会話を弾ませ、
被災地ガイドあり、笑い話あり、マジックありの
約2時間の列車旅を満喫されました♪


三陸鉄道南リアス線の魅力、楽しく素敵な思い出をお客様へ
ご提供できたことと思います。ご参加ありがとうございました!

それでは、感想をご紹介します。

「三陸鉄道に乗って海産の美味しいお弁当を頂き、
素晴らしいガイド付、楽しい一時でした。
このイベントでなかなか見れない被害状況も目に出来、
勉強できました。
外部の方々がもっとこのイベントに参加され
実際に目にされた方々が良いと思います。
広報を頑張って下さい!!
地元の方々とお話しできる機会でもありました。
会長さん、お疲れ様でした。」


「レトロ列車に乗れて大変良かったです!!
貸切りで、お弁当も海鮮づくし(地産地消)で
美味しかった!!車内では津波のお話が聞けましたし、
何よりチョット笑えるマジックでなごみました。
岩城さん!ありがとうございます。
又、三鉄の皆さん運転手さん、ありがとうございます。
お疲れ様でした!」


「初参加です。三鉄沿線近辺の復興具合を
実感できて良かったです。又いつか…。」

「うんまい駅弁おいしくいただきました。
今日は朝ごはん少なくたべてきたので
もう一つたべられそうでしたよ。
うにがうまうまうにうにでした。
あわびわね、あわあわびでパクパクたべて
うまかったようヒうひっひ
やっぱりうめいなァー」


「まず列車の豪華さに満足でした。
1両編成なので一体感があって良かったです。
お弁当もおいしかったです。
ガイドさんのお話も聴けたので良かったです。
また乗りたいと思いました。」


「楽しかったー!夢ネットさん最高ですね。
NPOはこうあるべきだと思います。
今後も活動を続けてください。」


「弁当がおいしいしお天気も良く
列車の中でも楽しくお世話いただき、
本当に楽しかったありがとうございました。
おとなりさんも楽しそう。
「バレタ」マジックも楽しかった。」


「お弁当も大変おいしく又お世話する方々
とても感じも良く楽しかったです。
ありがとうございました。」


「2年前におひな様列車に乗りました。
次は弁当列車と思い乗りました。
おいしい、海のごちそうでした。
家にある食材ですが、今日は今日で良かったです。」


「今まで日本酒列車やワイン列車には
参加させていただいたことがありましたが、
昼間の列車には初めてでした。天気も良く、
景色も良く、ガイドさんも良く、スタッフさんも良く、
とても楽しませていただきました。
また参加させていただきたいと思うイベントです。
また、他の参加者の方とも楽しい交流ができ、
会話を楽しむこともできました。
ぜひ、続けていってください。」


次回の開催をご案内いたします。

『第33回 三鉄駅弁列車』
<日程>
7月24日(日)
<時間>
11時25分盛駅発~釜石駅折返し~13時40分盛駅着
<集合>
11時00分に三陸鉄道盛駅
<参加費>
2,500円(駅弁・乗車券代)
<定員>
48名(最低催行20名)
<申込締切>
7/18(月) ※事前のお申込みが必要
<内容>
豪華で人気の新型レトロ調列車を使用!
楽しい観光・被災地ガイド付き!
被災地の様子を知ることができます。
食べ物・飲物の持込み自由!
海の幸がたくさん入っている
大好評な『いわて恵みづくし弁当』をいただきます♪
約2時間の列車旅をお友達と一緒に楽しみましょう!
吉浜湾からの美しい絶景ポイント、被災地の現状、
車からとは違う見事な景色をご覧になれます。


<主催・申込先・問合せ先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。