三陸鉄道盛駅
プロフィール

Author:三陸鉄道盛駅
『三陸鉄道盛駅』はNPO法人夢ネット大船渡が、岩手県と三陸鉄道から委託を受けて運営している委託駅です。窓口営業時間は平成27年4月より、8時30分~18時10分。年中無休。お茶を振舞い『三鉄グッズ』『お土産品』『食品』『乗車券』等を販売。『復興手芸品』はカタログなど通信販売にて対応。三陸鉄道を活用したイベントを開催しています。平成26年4月5日より南リアス線は盛駅から釜石駅まで全線運行再開しています。三陸鉄道は復興のシンボル!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カウンター



検索フォーム



QRコード

QR



検査を終えた36-701車両
2月15日の水曜日。
この日は車両検査に出されていた36-701の車両が、
南リアス線へ戻ってきました!お疲れ様です!

車両はトレーラーで運ばれてきました。

では、線路へ移す作業の一部始終をご紹介します!

それは13時30分頃…始まりました。

<アームの取り付け①>




しっかりと固定させます。


先に台車を線路へ乗せます。中に浮く車輪!




設置完了!


<アームの取り付け②>


アームの固定完了!
2台のクレーン車で車両を道路から線路へと移動させます。


車両が浮きました!
電線に触れないよう、風の影響を考慮しながら
慎重に作業が行われました。




どんどん上がっていきます!


方向転換!クレーン車の間を通して線路の上へ…。


徐々に線路の方へと移動させています。












車両全体が線路へ移動しました。
次は、台車と合わせます。




少しずつ車体と台車が近づいてきました。








車体に台車が取り付けられました!
ここが肝心!慎重にしっかりと作業が行われていました。










牽引する車両がやってきました。
36-701を牽引して移動させます。


2つのアームが外されました。




いよいよ牽引車両と連結します!




そして車庫へと運ばれて行きました。


15時頃、全ての作業が終了し、
検査に出ていた車両36-701が戻ってきました!

おかえりなさい!
スポンサーサイト
三鉄盛駅バレンタインデー
2月14日は『バレンタインデー』です!

この日は『三鉄盛駅バレンタインデー』と題して
乗車券・商品をご購入の先着50名のお客様へ
『バレンタインチョコ』を差し上げました。


開催中のお知らせを待合室へ掲示!


それは『当たりくじ付き』のチョコです♪
この中から選んで頂きます!


この日1番に購入されたお客様は幸運の持ち主!
なんと!!!
『当たりくじ』を引き当てました!おめでとうございます!
景品は『三鉄Tシャツ』です。


他にご用意した景品は『ボールペン』『三鉄カレンダー2017』になります。

地元のお客様や遠方から来られた観光客の団体など、
列車の出発待ちで商品や乗車券を購入されました。
中には『当たりくじ』を楽しまれた方もいて、
バレンタインデーのちょっとした賑わいイベントとなり、

くじを当てたお客様は思わぬプレゼントに喜ばれておりました♪

三陸鉄道盛駅をご利用くださいまして、
誠にありがとうございました!


それでは販売商品の一部を紹介します!

『三鉄車両LEDライト』510円
三陸鉄道の車両がLEDライトのキーホルダーになっています!


「一般車両」「レトロ車両」「お座敷車両」の3種類!
車体の下にあるボタンを押すと窓が光ります。

<LEDライト:一般車両>


<LEDライト:レトロ車両>


<LEDライト:お座敷車両>


『北の海女手ぬぐい』500円
あの「あまちゃん」で使用された「北の海女」手ぬぐい!
頭に巻いて楽しみましょう♪宴会にもどうぞ!


『三鉄エコバッグ』900円
縦A4サイズで便利な収納♪
黒色の生地にオレンジのロゴが映えて、
とてもステキなエコバッグ!


『陸前高田おやつこんぶ』200円
食べやすいサイズで袋の中に入っています!
三陸の海で育った昆布をソフトに仕上げました♪


『宮古の塩飴』305円
本州最東端の自然海塩!
ほどよい甘さで大人から子供まで皆にオススメ♪
癖になる美味さです!愛好者も多いですよ!


『一本松ストラップ』1,000円
高田松原 名松 一本松!被災松再生プロジェクト!
厄除け五色房御守りストラップ♪
緑・桃・紫・黄・青と5色あります。


『奇跡の一本松御守』1,000円
本物の「奇跡の一本松」の幹をくり抜いた
真木が御守の中に入っています♪


『三鉄ビーズストラップ』1,300円
三鉄車両が3両ほど描かれているビーズで作った
可愛いストラップ♪ステキな輝きがあります!


『恋し浜ストラップ』700円
大船渡復興支援!綾里漁協小石浜青年部が制作!
金と銀の2種類あり、盛駅から恋し浜駅までの切符をデザイン!


『三鉄チョロQ』1,100円
岩手国体のキャラクターわんこきょうだいと
三陸鉄道の一般車両がコラボ!


『三鉄車両缶バッジ』1個200円
これまで運行してきた車両が缶バッジになりました♪
三陸鉄道盛駅オリジナルの限定販売!
1個200円 5個で1,000円


『カットわかめ』300円
三陸の親潮と黒潮がぶつかる荒波に
もまれて育った肉厚で歯ざわりのよいわかめ♪
水かお湯で戻すとふれます!味噌汁やお鍋にどうぞ!
陸前高田発[三陸産]


-------------

3月14日(火)は『三鉄盛駅ホワイトデー』を開催します。
同じく、盛駅をご利用の先着50名のお客様へ、
「お菓子」をプレゼントします!お楽しみに♪
待合室に寒緋桜が咲く…。
2月14日の火曜日の朝、沖縄県から宅配便が届きました。
それは公益財団法人・さやわか福祉財団
仲間勝弘さんからの贈り物です。

それは沖縄県で咲いている『寒緋桜(カンヒザクラ)』でした。


仲間さんとは、
2011年『3鉄まつり』の際、盛駅に立ち寄られ、
三線を演奏されたことでお知り合いになりました。
それから、2012年の4月と9月には
「ノルディックウォーキング」のご協力を頂き、
イベントを開催してインストラクターとしてお世話になりました。
ご支援ありがとうございました。

『カンヒザクラ』は、2012年と2013年にも
贈ってくださいました。岩手県はまだ寒いです。
そのような時期に桜鑑賞ができるなんて
とてもステキなことと感じております。
本当にありがとうございました。


『カンヒザクラ』の花びらは、濃いピンク色をしています。
そして、沖縄といえばこの桜になるそうです。


キレイで鮮やかな色の桜の花は魅力を感じます。
見ていると心が癒されますね♪


この『カンヒザクラ』は、待合室へ飾りました。
まだ寒い東北の地で、桜を鑑賞できるのは三陸鉄道盛駅だけ♪
見る人の気持ちを和ませ、楽しませてくれる存在…。
来駅の際は、ぜひご覧ください。


仲間さん、ステキな贈り物ありがとうございました!

第83回 無料法律相談
2月5日の日曜日、『第83回 無料法律相談』を開催しました。
主催は認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ。東京の団体になります。
地元のNPO法人夢ネット大船渡が協力しており、
会場の確保、新聞の広告や記事の掲載、
チラシ・ポスターの作成と掲示、広報と受付も行っています。

今回は弁護士2名がいらっしゃいました。


相談会場は「三陸鉄道南リアス線運行部」
会議室をお借りして行いました。今回の相談件数は3件。
震災の年である2011年10月から続けていますが、
今回の件数を含め、延べの相談件数は368件になりました。

弁護士さんから感想を伺いましたのでご紹介します。

「今回は合計3件のご相談がありました。
不動産売買の際の仲介手数料や著作権に
ついてのご相談、遺産分割、離婚に関する
ご相談と多岐に渡るご相談でした。
震災に直接に関係するというよりは、
皆さんの毎日の日常に発生する
出来事についてのお悩みという印象でした。
皆さんがお悩みの解決に少しでも
お役に立てれば幸いです。」


東日本大震災から5年11ヶ月が過ぎようとしています。
被災地である大船渡市は、他の被災地と比べると
復興が進んでいるように感じます。

それでも仮設住宅や仮設商店街が存在しています。

今は本設へ向けた工事が行われており、
防潮堤もだいぶ出来てきたように思います。
そして山を切り崩した高台へ向けた防災集団移転の工事が行われています。
重機や工事車両は今も多く見かけています。

大船渡市の災害公営住宅は全て完成しました。
本設された商店街や店舗もあります。
学校や私有地に建てられていた仮設住宅は解体され、
校庭の整備が行われています。
高台で学校を建設している箇所もあります。
そして今、仮設住宅は集約され始めています。

どの場面でもそうですが、前へ進もうとすれば課題が発生します。
それはいつでもそれぞれの状況ごとに変化していきます。

誰にも相談することができない、
または専門家に聞いてほしいお悩み、
お話しすることでもないと思い込んでいる事などありましたら、
お気軽に『無料法律相談』の機会をご利用ください。

何回でも相談することができますので、
ご利用して頂ければと思います。
震災に関係あってもなくても相談は可能です。

これまで課題を抱えてきていただけに、
相談を終えられた方は安心されて笑顔で帰られる方が多いです。

専門家へ相談することで解決の方向性を導いてくださいますし、
気持ちが軽くなります。ご利用をお待ちしております。

次回の開催をご案内します。

『第84回 無料法律相談』
主催:認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
協力:NPO法人夢ネット大船渡

<日時>
2月19日(日) 10時~13時20分
<内容>
日常のささいな困り事など、
何でもご相談いただければと思います
相談時間は40分間 訪問相談も承ります
税理士も来られますので【税務相談】も受付中
お気軽にどうぞ!
 ※事前のご予約が必要

<ご予約先・お申込み先>
三陸鉄道 盛駅
電話番号:0192-47-3542

ふれあいノート -2017年1月-
三陸鉄道南リアス線盛駅には
『ふれあいノート』を置いています。
震災の年から設置して現在は6冊目になります。

東北旅の想い出・訪れた大船渡の印象、
盛駅の様子や三陸鉄道への応援メッセージ、
被災地の現状など、お気軽にお書きください。
絵を描いてもよいですよ♪ご自由にどうぞ!

それでは、2017年1月の書き込みで
印象に残った内容をご紹介します。


-------------

「三陸 初日の出号のりました。
天気がよくてさいこーの初日の出でした。しあわせでした♡
みんなに幸がありますように。1月1日元日」


「明けましておめでとうございます。ことよろです。
これから赤崎へLet's Go!」


「始めての三陸鉄道たのしみ」


「ランチ&スイーツ列車乗りたい!お腹空いた…。」

「軽い気持ちでここに来たけど意外と本格的でびっくり」

「大船渡初めて来ました!今日のボランティアがんばります!」

「1月20日長野から
その時介護のまっさい中でした。
動けない父がでっとテレビ画面を見てました。
それより5年やっと来ました。私もがんばります。」


「俺がロックで大船渡を変える ロックスター」

「約6年ぶりに大船渡市、盛駅に来れました。」

「埼玉から初めて来ました!!高校生です。
のどかな風景の中にひときわ目立っている
コンクリートの塊…。内陸に住んでいると分からない
自然の厳しさを感じました。一言で「復興」と
片付けられないけれど、とりあえず全員で
前を向いて頑張らないといけない。
-いつまでもこのつらさを覚えていきたいです。
暗いことばかり書いてしまってすみません!
友人は最近こんなことを言っています。
「一寸先は光」
まずは希望を持つことからですね!
明るい未来に向けて一歩ずつ進んでいきましょう。」


「久しぶりに大船渡に帰って来ました。
色々な場所がかわっていました。
私自信びっくりしています。
今日、中学校の同好会にも出席できて
いい思い出になりました。ありがとうございました。
また大船渡に来た時は色々な人に会いたいです。
本当に楽しい思い出ありがとう。」


「今年も、健康でありますように!!」

「仙台から来ました。今日はアケ番です。
青春18キップの5回目で、この地を選びました。
気仙沼~盛はBRTの初乗りでした。
これから釜石~花巻~仙台と日帰りします。
私の好きな言葉-「津波てんでんこ」です。
津波にとらわれず「テンデンコ」が好きです。
そしてその集合体が町内会であり、会社であり、
市民・県民であり国家なのでしょう。
まずは自ら~~~!!!」




-------------

新年を迎えた1月の書き込みです。
イベント列車「初日の出号」へ乗車された方、
地元へ帰省された方、新年の挨拶を書かれた方、
ボランティアで来られた方、
埼玉県から初めて来られた高校生、
長野県から震災当時の様子を書かれた方、
青春18切符の旅を楽しまれている方、
仙台からの日帰り旅行を満喫されている方などなど、
様々な方が岩手県大船渡市へ訪れ、
盛駅にある「ふれあいノート」
記入して行かれました。ありがとうございます。

大船渡市は東日本大震災の被災地です。
震災からの復興は終わっていません。現在も仮設暮らし、
仮設店舗で営業をされている方々がおります。
人それぞれの心にある精神的な復興もまだまだ時間が必要です。
防潮堤の建設は進み、ほぼ完成された状態のように
見受けられますが、工事を終えているわけではありません。
商店街の本設へ向けた工事は真っ最中です。
高台への防災集団移転の工事は今現在、行われております。
あの日から5年11ヶ月が経過しようとしています。
今でもダンプカーや重機の姿があります。

三陸鉄道に乗車したくてお越しいただいた方、
被災地の大船渡を気にかけて訪れた方、
ボランティア活動をされた地として再び立ち寄られた方、
旅行や観光で来駅された方、地元の方々と、
ご利用ありがとうございました。

テレビでは被災地の報道はありません。
県外からでは被災地の状態を知ることが難しいです。
どこまで復旧・復興が進んでいるのか知りたい方は、
実際に被災地へ足を運び、
ご自身の目で確認されることが一番良いと思います。
そして、5年を過ぎた今の現状を知って頂きたいです。

それに、被災地へ訪れるだけでも
経済が動きますので、復興のお手伝いにも繋がります。
地元の方との交流もよい「旅の思い出」になります。
観光先・旅行先として、三陸鉄道へ乗車しながら
岩手県の魅力をいっぱい満喫してほしいと思います。

三陸鉄道は平成25年4月に一部の区間で運行を再開しました。
平成26年4月には北リアス線・南リアス線ともに復旧し、
全線で運行を再開することができました。
車両はクウェート国からのご支援により、
新潟トランシスで製造され、
南リアス線には新型車両4両が届きました。
心から感謝申し上げます。
震災後の運休状態から全線で運行再開したことで、
『復興のシンボル』といわれています。

吉浜湾の美しい絶景ポイント、被災地の現状、
車からとは違う視点から様々な景色をご覧になれます。

【吉浜湾】


吉浜駅-唐丹駅の間になります。
晴れた天候の良い日、青い空と青い海、キレイな水平線♪
広がる大自然の風景や半島の地形、港など一望できます。

そして、三陸鉄道南リアス線といえば『恋し浜駅』です!


ここは全国で4つだけ【恋】の文字がある駅の一つ!
恋愛のパワースポットになっています。
待合室には【ホタテ絵馬】が奉納されており、
現在は3万枚以上もあります!


待合室に『ホタテ絵馬』がありますので、
訪れた際に願い事を書くこともできます!


ひと鐘鳴らせば幸せが訪れると言われている
『幸せの鐘』もあります♪


ホームからの眺めはこんな感じ!


三陸鉄道南リアス線へご乗車の際は、ぜひ『恋し浜駅』へ!

三陸鉄道盛駅へお立ち寄りの際は旅の思い出を
『ふれあいノート』に書き残してみましょう!
現在の気持ち、感じたことなど表現してみてください♪
毎月、印象に残った内容をご紹介しています。お気軽にどうぞ!